2011年12月26日 11:30 [Edit]

「本は、購入した人の所有物ではありません」という著者は一刻も早く完全電子化を!

いやあ、書評しなくてよかったなあ。献本いただいたのだけど御礼とおりこしてありがた迷惑だった一冊だけに。

佐藤秀峰さんの本やマンガへの考え方について(岩崎夏海) - BLOGOS(ブロゴス)
本は、購入した人の所有物ではありません。そもそも、太陽とか土とか水でできた紙を使ってできた本を、数百円払ったくらいで「所有」しているという考え方がおこがましい。

内容は「ドラッカーを誤読しまくったあげく上あまつさえその誤読を本にしたあげく売りまくった」ことを除いてきれいさっぱり忘れてしまったのだけど、おかげで我が身の忘却力を再確認できたし、私が選考委員であればイグノーベル文学賞はこれ以外推奨しようがない。いや、イグノーベル平和賞か。どれだけ原典を食い物にして慰み者にしようがおとがめなしなんて、これ以上の平和はありえない。いっそ文学賞は著者に、平和賞は出版社にというのはいかがかと。「ありがた迷惑」なんてとんでもない。改めて献本御礼申し上げます。

ところが現状は「おれの誤読本には金を出せ。ただしそれを誤読することは許せん」という岩崎夏海氏の願いも空しく、読者によって裁断されスキャナーにされようが、表紙の女子高生で尻を拭かれようが、著者には手も足も出ないのが現状です。

佐藤秀峰 日記 | 漫画 on Web
スキャンされない唯一の方法は、本を販売しないことです。

ところが電子書籍であれば、こんなことも可能なのです。

アマゾンは「ビッグブラザー」? 電子書籍を無断で遠隔削除 国際ニュース : AFPBB News
【7月19日 AFP】米インターネット通販大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)が、電子書籍用端末「キンドル(Kindle)」ユーザーに販売したジョージ・オーウェル(George Orwell)作品の電子書籍をユーザーに無断で遠隔削除したことが分かった

岩崎氏をはじめ読者に誤読権がないとお考えの著者におかれましては、一刻も早く著者による遠隔削除が可能な電子書籍プラットフォームを立ち上げた上で、すでに紙で出版された書籍を一冊残らず回収することをお勧めします。そうそう。紙の本の回収と誤読者に対する遠隔削除にあたっては、返金なさることもお忘れなく。「クソレビューで埋もれた」Amazonでさえそうした以上、そうでもなければすでに普及しつつあるプラットフォームに対して勝ち目はないのですから。

Dan the Unreadable


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
秋元康の運転手をしながら車の中で「もしドラ」の草稿を書いていたという「もしドラ...
売れたもん勝ち【Web屋のネタ帳】at 2012年08月14日 23:42
訴訟提起側の意見も聞いてみてから意見するのがスジであろうと考え、記者会見全編動画を見てみた。 ところが、あまりにも感情論のみに終始しており、ロジカルな根拠が示されないことについて驚きあきれた。 この記者会見で見えたことは、 「オレたちの作品が読みたきゃ、オレ
自炊代行訴訟で白熱教室!「ドラッカーを読んだ方がいい岩崎夏海によろしく」【op54】at 2011年12月28日 15:34
この記事へのコメント
弾小飼に告げる。

私は私のtumblrアカウント上であなたの著作権を侵害しているとすることが可能な行為を行っている。#過度の引用

貴方は私を、社会的で常識的判断と法の正しさという素晴らしい理念に基づいて、私を糾弾する事が可能である。

だが、あなたが私を糾弾したとしても、私はあなたの意見に従わない。

よって、権利を主張するのであればあらゆる手を尽くして徹底的に圧力をかけてTumblrの記事を消すことを目指して下さい。

http://r-pdd-ld.tumblr.com/post/15094244188/2011-12-25-2012-01-01
Posted by mainichimainichir at 2012年01月05日 06:01
岩崎センセイはテレビで長く活躍した人らしく、とりあえず"立つ"ことを目的にしてるんじゃないでしょうか。
テレビのように安い出演料で顔を売っといてその他で回収する、ユーザーに飽きられないように露出しつつ本を売る。
話題にすればするほどシメシメ感が出てるので、一切触らないのが得策かも
Posted by https://me.yahoo.co.jp/a/ymkRZuBxNubSFlZRMShPN0ZDtOKm#e278c at 2011年12月27日 23:19