2012年06月28日 07:00 [Edit]

Power of, by, for, and to the People - 書評 - 日本は再生可能エネルギー大国になりうるか

出版社より献本御礼

弾言せざるを得ない。

2012年に最も読まれるべき新書であると。


本書「日本は再生可能エネルギー大国になりうるか」は、福島原発事故独立検証委員会委員長による、「これからの『日本のパワー』の話をしよう」。あえて「エネルギー」ではなく「パワー」としたのは、それが「電力」を意味し、「力」をも意味するから。

目次
第1章 民間事故調から学んだこと 原子力のリスクを明らかにする
福島の原発事故とは何であったのか
過密な原子炉と使用済み燃料貯蔵
破滅的な事故までいかなかったのは偶然の幸運!
なぜ、菅首相は現場を直接指揮しようとしたのか
東電が現場から撤退する!?
エリートパニックによる情報操作
空気を読み合う無責任集団
原子力規制庁はきちんと機能できるのか
第2章 原発事故における科学者・技術者の責任
沈黙してしまった科学者・技術者
情報発信の責任と、学問の自由
真実はどこまで伝えるべきか
「それでも地球はまわる」といわねばならない
心の問題に科学は助けになるか
第3章 エネルギー政策の選択肢 日本はどの道を進むべきか
3つのエネルギー源:原子力、化石、再生可能エネルギーの相対比較
日本のエネルギー政策6つのシナリオ
脱原子力・再生可能エネルギー導入に必要な「投資」と「電気料金」
省エネは新たなエネルギー源
FIT(電力固定価格買取制度)の導入による「育エネ」
第4章 再生可能エネルギーの経済学
世界の原子力発電の現状と動向
原子力はなぜ夢のエネルギーとされたのか
年月を経るとともに価格の上がるエネルギーと下がるエネルギー
第5章 新エネルギー革命がこれからの100年をつくる
脱原発に必要な省エネルギー
世界各国に見る再生可能エネルギー
鍵を握るのは「グリッド・パリティ」
海洋国家の洋上風力発電の可能性
メタンハイドレートは日本を救うか
再生可能エネルギーには電池が必要という神話
「ソーラーシェアリング」:農業と発電業の兼業
エネルギー小国から、国産エネルギー大国への道
再生可能エネルギーへの投資レースが始まっている
日本は未来エネルギーの世界のセンターに
若者たちが担うこれからの100年
おわりに

目次をご覧になってわかるとおり、本書は事実上の二部構成となっている。第一章および第二章は「福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書」のダイジェスト版で、そして三章以降が本題だ。正直本書はそれぞれの部ごとに分冊した方がよかったのではないかとも感じたのだが、日本の「パワー」のこれからを語るにあたって、フクシマは欠くことのできない文脈でもあるので、これはこれでいいのだろう。

で、本題である。日本は再生可能エネルギー大国になりうるか。著者たちは複数のシナリオを示した上で、こう結論している。

Yes, we can.

本書が類書や類論と異なるのは、そのために何が必要で、いくらかかるのかを具体的に示していることである。

毎年5兆円を再生可能エネルギーに継続投資。これは日本の電力費のうち福島事故前の原発分に相当する。そうして原発を一時的に化石燃料で置き換えた上で化石燃料を徐々に再生可能エネルギーに置き換えていくと

  • 2020年までにその半分が置き換わり
  • 2025年から2030年までの間に発電による二酸化炭素排出がゼロになり
  • 40年〜50年後には発電以外を含めた全エネルギーが再生可能エネルギーに

なる。

累計投資額、200-250兆円。巨大な数字であるが、これは日本の化石燃料代10年分に相当する。それ以降は、今まで消費していた年間20-25兆円が、社会投資にまわせる金額となるのだ。

ハイライト「北澤 宏一 氏(日本学術会議 東日本大震災対策委員会「エネルギー政策の選択肢分科会」委員長) - 「原発ないと日本は本当にやっていけないか」 科学技術 全て伝えます サイエンスポータル / ScinecePortal
日本の電力費は、年約15兆円で、このうち原子力発電は約4兆5,000億円、GDP(国内総生産)の0.9%だ。娯楽費は年約100兆円でGDPの20%を占める。「クリーンな電力は国民の楽しみ」と捉えたら、とたんに安い出費と言えるのではないか。

今後数十年において、これほどやりがいがあり、そしてこれほど報われる事業は他にはないのではないか。それは日本のみならず世界に脱「ひとり勝ち」文明をもたらすのだから。日本はそのための技術力と財力を、他のどの国よりも持ち合わせて来た。そして今、その潜在力を解き放つだけの動機を、他のどの国よりも持っている。

P. 256
これまで、日本という国は、いつもスタートするのが遅い--けれどもいったんやりはじめると、一気に走りはじめる--そして早い--その意味で、私はあまり心配していません。

「失われた20年」の中でさえ、世界有数の通信料金の高い国から、世界一ブロードバンド料金が安い国になったことを、世界は知っている。エネルギーで同じことが起こせるわけがないと考える方がむしろおかしいのではないか。

404 Blog Not Found:自分を救いたければ他を救え - 書評 - 科学技術は日本を救うのか
科学技術は、普遍性があるからこそ科学技術なのである。日本でだけ有効な「科学技術」というのはありえない、日本を救いうる科学技術は、世界を救わずにいられないのだ。科学技術が日本を救うとしたら、その唯一の方法は世界を救うことなのである。

再生可能エネルギーが、日本を、そして世界を再生する。

再生にとりかかろうではないか。

Dan the Enpowered


この記事へのトラックバックURL