2012年11月04日 03:00 [Edit]

小さなピクセルの大きな重さ - 品評 - iPad (4th generation)

iPad miniと同時に入手したのでこちらも。


  • 今回も Wifi 32GB 黒。
  • 筐体に関しては、やはり妹の iPad mini に一日の長、というより一日の新がある。 ステレオスピーカーはさておき、スイッチ類は姉がiPad 2から変わらぬプラスティックであるのに対し、妹の方はオールメタル。音量ボタンも姉がフリップ式なのに対し妹はセパレート。
  • フロントカメラは、まあこんな感じ。

    左が姉、右が妹なのだが、EXIFタグでも見ないかぎり、どっちがどっちだかわからない。

    これに関しては、妹の方によりよいカメラを載せたくなる。

    404 Blog Not Found:news - Faster, Cheaper, Lighter, and Righter = iPad2
    iPhoneより大きくて重いiPadは、意外とカメラとして優秀なのだ
    これが正鵠だったのは、館長庵野秀明特撮博物館で確信した。タブレット--というよりほとんどiPadで--撮影していた人が大勢いたのだ。iPad miniはこの用法を格段に増やすだろう。
  • ちなみに iPhone 5 はこう。

    一目瞭然に別格。

  • それでも 30Pin の Dock Connector が Lightningになったのは、最もありがたい変更。Lighting化で最も恩恵を受けたのは iPhone や iPodではなくこれではないか。ご存知のように、iPadの縁にはテーパーが付いている。ふつうに平らな面においた iPad を持ち上げるのにこれは絶対に必要なのだが、これのおかげで Dock Connector の口も斜めに開口している。慣れればどうってことないのだが、最初はやはり不安になるし、そもそも慣れが要するという時点でマイナス点。この点向きを気にせず、すこし「尻を持ち上げる」必要もなくそのままぐいっとさせるLightning はすばらしいの一言。Micro USBはすごく向きを間違えやすくて、そしてiOSデバイスを除くたいていのガジェットはその周辺がプラスティックで出来ていることもあって周辺をすり傷だらけにしてしまいがちなのだ。
  • そしてパフォーマンスともなると、iOS姉妹の長女にふさわしいとしか言いようがない。404 Blog Not Found:javascript - でRGBを全て詰め込んでみる のRGBキューブのアニメーションで、50fps後半をコンスタントにキープ。ちなみにiPad 2とiPad (3rd gen.)は30前半。iPhone 4SとGalaxy S3も同じぐらい。iPhone 5でも45ぐらい。Nexus 7は12-15fpsといったところで、これはiPhone 3GS/4よりもやや低い。
  • 余談ではあるが、Sandy Bridge Core i7 な iMac のVMWare で、Windows 8のIE10が70fps以上(MetroもDesktopも)、Google Chrome が 160 fps 前後で、Firefox が 40fps前半。つまりPCでFirefox使うより、iPadでSafari使う方が速いという驚きの結果に。
  • 前述のとおり、iPad 2 と「新しかった」iPad は同程度の数字。つまり「新しかった」iPadは速度を犠牲にしていないまでも、改善するには至っていなかったのだ。今度の四台目にしてやっとiPad 2をほぼ全ての面で凌駕した事になる。「ほぼ」が取れないのは、iPad 2 が依然10インチiPad最軽量の座にいるから。
  • ただしこのパフォーマンス改善が、体感改善に至るかどうかはアプリケーション次第。iLifeやiWorkのような重量級では目を見張るような改善でも、動的要素の少ないWebページやeBookリーダーではそれはわからない。よほどのiPad中毒者でも、コネクター部分を覆って「どっちがより新しいiPadですか?」と言われたら判別できないのではないか。

まとめると、わざわざ三代目から買い替える必然性はほとんどないということ。それでも四代目購入に踏み切ったのは、手元のiOSデバイスをLightningで統一したかったことが一番の理由。速度改善は嬉しいが、嬉しいおまけ。

多くの人々にとって、 Retina Display が実はそうだったように。

iPad miniが持つ「理想的な電子書籍リーダ」としての可能性と期待感 - もとまか日記
項目解像度対iPad mini結果
iPad1の81.4%834 x 625低解像度読めるけど少し読みにくい
iPad mini1024 x 768同じ全く問題なく読めるけど
文字は少し小さく感じる
iPad3の81.4%1668 x 1250高解像度全く問題なく読むことが可能
iPad mini Retina(仮)2048 x 1536Retinaオーバースペックと予想

けだし同感。Retina化への渇望はディスプレイが大きくなればなるほど、目との距離が離れれば離れるほど薄れ、iMacぐらいになるとほとんど消失してしまう。そしてRetina Display化はディスプレイの解像度を倍にしただけでは不十分なことは、端境期のデバイスどおしを比べてみればわかる。画面更新のパフォーマンスは、iPhone 3GS と iPhone 4が同等で、iPad 2 と「新しかった」iPad が同等なのだ。いずれの場合も、ディスプレイだけではなくCPUが交代し、RAMが倍になっているのに、やっとどっこいなのである。がっかりしないで欲しいというのは技術屋の甘えだろうか。これだって実はすごいことなのである。本来必要な能力と容量は、二倍ではなく四倍なのだから。

Linus Torvaldsには申し訳ないことに、このことはPCの世界でも成立する。MacBook Pro Retina 13 の「まあまあの解像度」(reasonable resolution)でさえ、Intel HD4000には荷が重すぎた。日常的な利用でもたつくことこそないものの、QuickTimeのScreen Recordingで一桁台というのは私には足りない。ちなみに「20世紀の解像度」の MacBook Pro 13 のそれは、40fpsを超えていた。この点では Pro Retina 15 を上回る。GPUが追いつくまでは私のMacBook は Air のままでいい。もはや15インチには戻れないし、iMacがあるのでその必要もない。

しかし新しいiPadは、性能面でもRetinaの四倍ピクセルの重さをきちんと受け止めた上でiPad 2と同等ではなく凌駕し、PCにすら王手をかけている。解像度王者の座こそ Nexus 10 に譲ることになるが、正直Androidデバイスのピクセル数は単にスペックでiOSデバイスを上回りましたというだけでまるで中身を伴っておらず、特にアプリはプリインストールされたもの以外は砂漠もいいところで、少ないという以前にGoogle Playでタブレット最適化されたアプリを探す機能すら見当たらない。少なくともNexus 7ではそうである。

Google Nexus 10 review | The Verge
Google's now proven conclusively that it can design great Android hardware, but until developers prove they can design great Android software it's still hard to recommend the Nexus 10 over an iPad.

そのことを示したiPadのCMはあまりにエレガントだ。これを見なければ私は今回双方とも入手を見送っていたのに(苦笑)。

GarageBandのようなアプリはGoogle Playに最も欠くものだし、曲の選択がまたニクい。Heart and Soul、それこそが、iPadにあって他のタブレットにないものなのだから。

しかし iPad としての Heart and Soul はあっても、mini に Retina Display はない。

iPhoneほどには切実に求められなかったRetina Displayも、やはり現物を知ってしまうと「手放すには惜しい」。この気持ちはとてもよくわかるし、iPad miniのレビューが古くからのiPadユーザーほど厳しめの傾向にあるように感じられるのも、Retina Displayがいかに素晴らしいかの証だろう(例えばthe vergeのレビューでは妹が9.0なのに対し。姉が9.3)。

miniが出た今となってはひときわ重く感じる652gも、膝や机やベッドの上では問題にならないし、ましてやノートパソコンとは比べるべくもない。そして Retina Display 搭載のために頑張りすぎ感があった先代と違い、A6Xを積んだ四代目には余裕さえ感じられる。iPad mini の姉の彼女が、タブレット界の女王として君臨しつづけることは間違いなさそうだ。

Dan the Owner Thereof


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
私もiPad(4世代目)買いました。早速、電子書籍(txt書類)を作りましたのでよろしければご覧ください。
iPadでの簡単な電子書籍の作り方(URL参照の事)
by言力屋
Posted by https://me.yahoo.co.jp/a/Qt7EHsFXNIXMpa1A0melhTba3CWBcqgicig-#3c4be at 2012年11月07日 02:53
個人的には、PC向けの画像を小さめの画面で見るより、スマホ向けの画像を大きめの画面で見るほうを望みます。
一番が一番であり続ける面白さとは別の面白さにも期待したいです。
Posted by atoman0 at 2012年11月04日 16:55