2013年02月13日 07:30 [Edit]

過去作を抹消する新人作家?

ご愁傷様です。

新人賞をとって、ミステリー作家になりました。 - 「俺の邪悪なメモ」跡地
このたび「日本ミステリー文学大賞新人賞」という賞を得て、ミステリー作家としてデビューすることになりました。

おめでとうございます、ではなくて。


なぜか。

葉真中顕(はまなかあき)が、罪山罰太郎のみならずその作品を「殺して」しまったから。

404 Blog Not Found:「本は、購入した人の所有物ではありません」という著者は一刻も早く完全電子化を!

ところが電子書籍であれば、こんなことも可能なのです。

アマゾンは「ビッグブラザー」? 電子書籍を無断で遠隔削除 国際ニュース : AFPBB News
【7月19日 AFP】米インターネット通販大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)が、電子書籍用端末「キンドル(Kindle)」ユーザーに販売したジョージ・オーウェル(George Orwell)作品の電子書籍をユーザーに無断で遠隔削除したことが分かった

まさに、これが行われたわけだ。

今までつけていた「Web日記」を消してしまうことそれ自体に、問答無用で[これはひどい]タグをつけるつもりはない。消したい過去がない人は、歩むに足りる人生を歩んでこなかった人だとすら断言してもよい。「消せるものなら消したい」のなら、消せるのだから消せばよい。理由は何だって構わない。「ストーカーが怖くなったから」から「むしゃくしゃして消した」まで。

しかし彼は、作家となることを選んだ。

作家とは、何か?

作品を生み出す人のことである。

作品とは、何か?

作家の、作家による、読者のためのものである。

それは著作権という名の利権を有するという点においては作家のものであるが、それを読むことによって得られる体験は、もう作家のものではない。「作品は自分の子供のようなもの」というのは、まさにこのことを指す。

つまり一度publishされた=世(public)に出された作品を抹消するのは、子殺しのようなもの、ということになる。

今や404となったこれらの記事をどう供養すればよいのやら。

私自身、告白すると自分の過去作品を見ると痒くなる。特に今月は「「中卒」でもわかる科学入門」のみならず、「本を読んだら、自分を読め」も上梓されるので、いつにもまして痒い。

しかし、世に作品を送り出すということは、死ぬまで--いや死後も--この痒みに耐え続ける事ではなかったのか?作家になるということは、その痒みを引き受けることを世に問う行為ではなかったのか?Amazonの「☆一つ」に耐えることを決意する行為ではなかったのか?

[これはひどい]タグを甘受する行為ではなかったのか?

不可解なのは、彼が葉真中顕が罪山罰太郎であったことを明かした上で、罪山罰太郎の記事を抹消したこと。

これを機に、ブロガー罪山としての活動はオシマイにして、「葉真中顕/はまなかあき」名義での作品づくりに専心しよう思います。今、新人作家の生き残りはきわめて難しいといわれてますが、精一杯がんばってみるつもりです。

「過去の『罪』を消した」だけでも作家に悖るというのに、その「罪」を公言することにどういう意味があるのか。過去の作品を抹消するような作家を応援することに、読者はどんな意義を見出せばよいのか。

作家の資格があるとかないとか以前に、この先生きのこることが出来るのだろうか?

「処女作」を遥かに上回るミステリーであることは間違いない。

Dan the Publisher


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
まあ何が言いたいかというと、もちろん作家がブログ記事を消すのは自由なんだけど、そういう「迷い」とか「恐れ」とか「恥ずかしさ」みたいなものがあるなら、いっそ開き直っちゃったらいいじゃない、くらいに読めたんだよなあ、このエントリは。

もっと作家として自信を持てよ、プライドを持てよ、過去作品を公開し続けることに誇りを持てよ、というのがdankogaiの真意なのではないかと。

とはいえ
>つまり一度publishされた=世(public)に出された作品を抹消するのは、子殺しのようなもの、ということになる
この部分は少し的外れで、まさしく
>それを読むことによって得られる体験は、もう作家のものではない
からこそ、ブログ記事を消したくらいじゃ「作品を抹消した」ことにはならないんじゃないかと思う。

それはまさしく、はてブで
>段階的に消すから読みたい記事は各自で保存しておいてねとずっと前から告知されていたので,ちゃんと保存しました
と言っている人がいる通り。

もちろん「だったら最初から消すなよ」という話ではあるし、魚拓を取っておけばいいとかそういう話じゃなくて、作家としての心構えを問うているのだとは思うけど。
Posted by https://me.yahoo.co.jp/a/gRhvlIIARPbuD.He6hevBz2mr9vyXYwDfeBVlQCm#c42cb at 2013年02月13日 16:15
はてブでは「作家はブログの記事を消してはいけないっていうルールは初耳」「残念だが本人の自由」という趣旨の意見が多数出ているが、そんなのはみんな分かってるし、dankogaiが言いたいのはそんなことじゃないと思う。

むしろこれは
>えっ、これはツンデレdankogaiなりのいままで面白い物をありがとうそして心機一転作家頑張れエールであって過去を消したことを非難しているわけじゃないと思ったんだけど…
に近く、本の著者という同業者(そしてもちろん一読者)として、自分の過去作品という「黒歴史」と戦っていくためにはどうすればいいか、どういう覚悟が必要かを説いたものではないかと。

この葉真中顕さんを批判するというよりは、激励する、活を入れる意図の方を強く感じた。つまりdankogaiは怒っているのではなく、残念に思っているか悲しんでいる。

関連エントリとしては http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51008678.html や http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50985072.html などがすぐに思い浮かぶ。

それにしても「この先生きのこる」に反応する人が多いのには驚いた。てっきり常識だと思っていたが、このネタを新鮮に感じる人がいるとは。この分じゃ金太の大冒険なんて知っている人はもういないのではないか。
Posted by https://me.yahoo.co.jp/a/gRhvlIIARPbuD.He6hevBz2mr9vyXYwDfeBVlQCm#c42cb at 2013年02月13日 16:00