2014年03月13日 16:30 [Edit]

些末なゴミは出所を問わず拾うのが客商売

たとえ話を一つ。

些末なコードレビュー - naoyaのはてなダイアリー
あるサービスの JavaScript が重いとか、そのコードが難読化されてないとか、担当者とおぼしき人間が書いたコメントがそのまま残ってるから消しましょうよとか、そんなことが書かれていた。JavaScript が重い、という話は結局そのサービスの JavaScript が重かったのではなく、ユーザーが自分で導入した広告が重いというだけの話だった。

駐車場に停めてあったクルマがぐしゃぐしゃになっている。向かい側に停めていた人が、アクセルとブレーキを踏み間違えて、いきおいよくぶつけちゃったらしい。クルマの持ち主はもちろん、クルマのメーカーも何も悪くない。だけどつぶれてはみ出したクルマのワイアハーネスに、こんなタグがついていた。

// ここは難しいのでとりあえず放置
// なぜやってるのか不明
// いろんなエラーが出るけど些細な問題なので無視する

これを見ちゃった持ち主は、果たして同じクルマのメーカーからクルマを買い直してくれるのかな?

とあるご縁で、先日ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを見学させていただいた。その時のことは後日改めて書くとして、アトラクション以上に印象に残ったのは、「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?」の著者でもある森岡CMOをはじめ、我々一行を案内してくれたスタッフが路傍のゴミを見つけた時の反応。

カメレオンも舌を巻く速さで拾う。我々一行から視線もそらさず。あまりに速くて、彼らの舌ならぬ手が動くのを見てはじめて、そこにゴミがあったとわかるレベル。

まだ舞浜駅も出来ていない頃にはじめて東京ディズニーランドに行ったときに、風に吹かれてこぼれたポップコーンが10秒と待たずにすっ飛んできたジェニターに片付けられたときにもたまげたけど、しかしまだあちらは専門職。我々一行を案内してくれたスタッフのジョブディスクリプションに、「園内のゴミを見つけ次第片付ける事」ということが書いてあるようには思えない。

それでも彼らは拾う。我々一行を案内するという本来の仕事もおろそかにせず。

もし彼らが「ごみは落とした人が拾うべき」というこの国における社会通念や「ごみはジェニターに任せるべき」という「グローバル・スタンダード」(?)に愚直にしたがっていたらどうなっていただろう。

多分USJはとっくに廃園していたのではなかろうか。

ゴミが落ちていることを指摘したら「それは落とした人が拾うべき。そうそうあなたもゴミを落としましたね拾って下さい」と中の人やOBが返事するような遊園地に行きたい人はリアルには見当たらないけど、ネットには充分いるのだろうか。

些末なゴミであればこそ、拾ってしまうべきではないのか。出来れば客に見つかる前に。誰が拾うべきかという自転車置き場の議論するよりずっと手間暇も少ないのは間違いない。

それはそれとして、http://hatenablog.com/jsのBODYよりも気になったのが、これ。

% lwp-request -mHEAD -S http://hatenablog.com/js
HEAD http://hatenablog.com/js
200 OK
Cache-Control: public; max-age=315360000; s-maxage=315360000
Connection: Close
Date: Thu, 13 Mar 2014 07:32:33 GMT
ETag: d2b76fcdd90ebd168d464b3836b1234737c742dd
Server: nginx
Vary: User-Agent
Content-Type: text/javascript; charset=utf-8
Expires: Wed, 13 Mar 2024 06:06:30 GMT
Last-Modified: Thu, 01 Jan 1970 00:00:00 GMT
Client-Date: Thu, 13 Mar 2014 06:06:30 GMT
Client-Peer: 54.249.1.150:80
Client-Response-Num: 1
P3P: CP="OTI CUR OUR BUS STA"
X-Content-Type-Options: nosniff
X-Dispatch: Hatena::Epic::Global::Static#js
X-Frame-Options: DENY
X-Page-Cache: hit
X-Revision: 8698e21d4c679550dfea5e63dd2d9694
X-Runtime: 0.023787
X-XSS-Protection: 1

これだとせっかくコード直しても、見た人が強制リロードしないかぎり古いコードがずっとキャッシュに居座っちゃうのでは?

Dan, a User Thereof


この記事へのトラックバックURL