2014年03月24日

Windowsという名の薄皮一枚

寝込みうどんになりながらiPadで以下を読んだら熱がぶりかえしたので。

いや比べるべきは Windows と Mac じゃないのよ。

  続きを読む

Posted by dankogai at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月13日

些末なゴミは出所を問わず拾うのが客商売

たとえ話を一つ。

些末なコードレビュー - naoyaのはてなダイアリー
あるサービスの JavaScript が重いとか、そのコードが難読化されてないとか、担当者とおぼしき人間が書いたコメントがそのまま残ってるから消しましょうよとか、そんなことが書かれていた。JavaScript が重い、という話は結局そのサービスの JavaScript が重かったのではなく、ユーザーが自分で導入した広告が重いというだけの話だった。
  続きを読む
Posted by dankogai at 16:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月06日

今年最高の傑作が世紀の名作になり損ねた理由 - 映画評 - Pacific Rim

惜しい。

惜しい。

惜しい。

アレさえあれば、この先何十年も残る傑作になったのに。

  続きを読む
Posted by dankogai at 02:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年07月01日

ロングピース社への対義提言 - 作評 - 翠星のガルガンティア

翠星ちきゅうに、つかの間の静けさがもどった。

警告:以下、ネタバレ全開マキシマイズ

  続きを読む
Posted by dankogai at 22:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年06月29日

窓から机を放り出す勇気を - 品評 - Microsoft Surface & Windows RT

もう半年以上前ですか。

iPad以外の名前も知らずに
地に墜ちたシェアは8を待ちわびる

と謳われてから。

ひょんなきっかけで次女がSurface RTを手に入れたので、やっとわかりましたよ。いやあ、実際に触ってみないとわからないものです。

いかに、Windowsという希望が、デスクトップという呪いへと変貌したかが。

  続きを読む
Posted by dankogai at 05:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年06月17日

事実は小説よりbraveなり - 書評 - すばらしい新世界

出版社より献本御礼。

なんという天啓か。

これがリリースされた時点で、手元にとどくとは。

そして改めて読んでみて、いかに自分が若造だったか思い知らされた。

作品世界の現実をそのまま受け止めるのではなく、その中の見たい現実だけ見ていたという意味で。

  続きを読む
Posted by dankogai at 04:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年06月13日

採点できないなら、しなければいいのに

ほぼ二年ぶりにMatzにっきが更新されたので何事かと思いきや…

Matzにっき(2013-06-12)
「ちょっと待った!小中学校でのプログラミング教育」
そこで、若いプログラマを育てるために、小学校や中学校での情報処理の教育やプログラミング教育に力を入れようという動きもあるようです。しかし、自分自身のプログラマとしての経験から考えると、これにはなかなか困難がつきまとうように思えます。

おっしゃる通り。

しかしそうおっしゃるRubyのパパ自身もまた、一つの罠にはまっていらっしゃる。

  続きを読む
Posted by dankogai at 01:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年05月23日

異星人+超光速=宇宙戦争 - 書評 - 老人と宇宙

体調が悪いと何が良いかって。SFを読みたくなる事、かな。

しかし邦題ひねりすぎだ。「宇宙の戦士」しろこれにしろ。田中啓文的なダジャレSFかと思いきや、古き佳きというか、Beetleに対するNew Beetle的な宇宙冒険活劇だったではないか!

ラノベじゃちょっとなまぬるい。でもSFってなんだかこわいって読者にどんぴしゃり。

  続きを読む
Posted by dankogai at 20:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年05月18日

兵器は凶器なのになぜ美しいのか?

あるところで「戦争は嫌だけどミリタリーは好きだ」という一文を見た時、前から引っかかっていたこの設問を思い起こしたので、とりとめなく。

  続きを読む
Posted by dankogai at 18:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年05月17日

棒読ミノスゝメ

これは為政者ではなく有権者にこそ必要で、にも関わらずあまりに知られていない大事なことなのでblogにも書くことにしておこう。台本と同じで、何度も稽古しとかないといざ本番で役立たない。

  続きを読む
Posted by dankogai at 18:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年05月09日

Why not here? - 書評 - Yコンビネーター

訳者より献本御礼。

奇妙な言い回しになるが、某社CTOを辞して以来、最も「読者という他人としての態度を取り難かった」一冊。

「なんでおまえもやんなかったの?」と言われているような気がして。

  続きを読む
Posted by dankogai at 15:00Comments(0)TrackBack(1)

2013年04月20日

仕事を通じて成長しなくても許されるのは貴族まで

まあ、成長の果実の分配においても、後継者の育成においても疑問符をつけざるを得ない方にそう言われては、ねえ。

仕事を通じて成長なんてしなくていい - 脱社畜ブログ
先日話題になったユニクロ柳井正会長のインタビュー記事では、「人間は、仕事以外で成長する方法はないんですから」とまるでそれが普遍の真理であるかのように語られていて、怖い気持ちにすらなった。

でもね。

職場で無成長って持続可能なの?

  続きを読む
Posted by dankogai at 09:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月16日

挨拶を笑う者は泣く泣く挨拶を再発明する羽目になる

どこか似ている。

金持ちほど浪費しないのと、「たかが挨拶ぐらいしなくても」いい立場の人ほど挨拶が見事なのとは。

  続きを読む
Posted by dankogai at 22:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月05日

職業病としての中二病 - 画評 - となりの関くん

長女が発見。

初出2012.03.15; 以後続巻ごとに更新

でかした。

いや、本作の登場人物たちと同じ中学生とあらば、そこは「けしからん」というべきかも知れないが、面白いものは面白い。

関くん、その手があったか。

  続きを読む
Posted by dankogai at 02:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月02日

いつやるか?後でしょ! - 書評 - すべては「先送り」でうまく行く

出版社より献本御礼。

邦訳版タイトルは秀逸だが早とちりでもある。

待ちと先送りは似ていて異なるのだから。

本entryは、それについて主に書く事になるだろう。

  続きを読む
Posted by dankogai at 18:00Comments(1)TrackBack(0)

2013年03月07日

2012年11月18日

Don't be shy and show your code - 紹介 - Webサービスのつくり方

出版社経由で著者より献本御礼。

こういうのもなんだけど、自著が上梓されるのと同じぐらいかそれを上回るぐらいうれしい。

でも、タイトルちょっとおとなしすぎたかな。

「Webで一人前になるための33のエッセイ」とか。

Webからただ受け取るのではなく、Webに貢献するために必要な秘訣が、本書一冊でわかるのだし。

  続きを読む
Posted by dankogai at 17:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年11月04日

2012年11月02日

一触瞭然 - 品評 - iPad mini

いくらなんでも「これじゃ褒め殺しだよ」と思いましたよ。所詮小さなiPad 2じゃないか、と。

”勝負あった!?”、iPad miniが与えるインパクト(本田 雅一) - 個人 - Yahoo!ニュース
いわば、”勝負が決まった”と振り返るならここだろう、と言える発表会場だった。アップルがこの劇場でイベントを開催するのは、あの音楽アーティストがアップルの味方についた発表会以来のことである。あるいはアップルは、デジタル音楽プレーヤの勝負が決まった当時を思い起こし、”タブレット市場での勝負を決めに来た”のだろうか。

Apple製品に1日24時間1週間7日1年366日どっぷり漬かってる私でさえ。

@rokuzouhonda、正しいのは貴方でした。

今日から Kindle Fire や Nexus 7 を買う人は、情弱乙という他ない。

情報弱者であると同時に、情感弱者という意味で。

  続きを読む
Posted by dankogai at 17:30Comments(0)TrackBack(2)

2012年10月26日

人類には早すぎるPC - 品評 - Windows 8 Preinstalled PCs

iPad miniとiPad Retinaディスプレイモデルを予約注文するや否や、私の足は有楽町へと向かった。

はじめて Windows 8 をプリインストールされたPCたちに出会いに。

祈りからはじまった私のWindows 8への期待が、絶望に終わるとも知らずに。

「ユーザーたちを裏切ったのは僕たちじゃなく、むしろ自分自身の祈りだよ。どんなUIも、それが人間工学にそぐわないものである限り、必ず何らかの歪みを生み出すことになる。やがてそこから災厄が生じるのは当然の摂理だ」ということですか、関係者各位?

  続きを読む
Posted by dankogai at 20:00Comments(9)TrackBack(1)

2012年09月30日

Map Unreduced - 書評 - Mapion・日本一の地図システムの作り方

出版社より献本御礼。

ひゃー、たまげた!

絶対値としては、iOS6の面白地図を目の当たりにしたのと同じぐらい。

もちろん符号の向きは逆。

ここまで明かしてくれますか。

まだ20世紀、Webの黎明期に「未来にある普通のもの」で、今や「未来にある」抜きで普通のものとなった、Web地図サービスがどうやって動いているかを。

  続きを読む
Posted by dankogai at 19:00Comments(0)TrackBack(1)

2012年09月20日

紹介 - あたらしい書斎

著者より献本御礼。

というより本書の場合私も本書一部なので、書評でなく紹介だけ。

  続きを読む
Posted by dankogai at 22:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月18日

中年コーダーが教える本当にクリーンなコードの作り方 - 「リーダブルコード」の書評に代えて

遅まきながら出版社より献本御礼。

基本的に、以下のスライドを一冊の本にすると本書になる。

なのに「リーダブルコード」を読了した時の気持ちと、共訳者による以上のスライドを見た時の気持ちは180度違った。前者ではとても嬉しくなったのに、後者ではとても悲しくなったのだ。

なぜそうなったかを書くことで、本書に何が書かれているのかを紹介することにする。

  続きを読む
Posted by dankogai at 15:00Comments(1)TrackBack(0)

2012年09月14日

javascript - でRGBを全て詰め込んでみる

スマフォでも持ち歩けるようにしてみた。

存在するRGBカラーを全て詰め込んだ本 : ギズモード・ジャパン
8×8×8インチ(約20×20×20センチ)のこの本は、印刷するのが困難なRGB色全てを網羅した本
  続きを読む
Posted by dankogai at 11:45Comments(0)TrackBack(0)

2012年08月28日

Fleshpunk - 書評 - 屍者の帝国

出版社より献本御礼。

これ、もしかしてラノベ?

「夭逝した鬼才の遺志を、芥川賞作家が継いで完成させた」というメタデータはあえて無視して読んでいい。なにこれ普通に愉しめる。そうやって一通り作品そのものを愉しんでから、「元ネタ」や「アラ」を探す「つっこみ読み」をして二度美味しい。

コラボフィクションとしては、最高の一作ではないか。

  続きを読む
Posted by dankogai at 19:30Comments(0)TrackBack(0)

2012年06月12日

作品から商品へ - 書評 - 職業としてのAV女優

出版社より献本御礼。

P. 237 おわりに
本書はAV女優でもしようかな?と思っている女性や、娘を持つ親達に読んでほしい。

私はまさに後者に該当するのだが、まったくもってその通り。

これだけ「おいしくない」仕事、滅多にないのではないか。

  続きを読む
Posted by dankogai at 20:00Comments(2)TrackBack(0)

2012年05月14日

文字通り、型無し - 書評 - インクジェット時代がきた!

共著者(山路)より献本御礼。

そうか、そうだよ!

インターネットが「グーテンベルク以来の革命的技術」なら、こっちだって負けず劣らずそうじゃないか。

「印」も「刷」もなしに、「印刷」出来る技術は、印刷技術を超えているのだから。

  続きを読む
Posted by dankogai at 18:00Comments(1)TrackBack(1)

2012年04月25日

What goes to the bones - 書評 - アップルのデザイン

著者、つまり日経デザイン編集部より献本御礼。

P.69
デザインというのは奇妙な言葉で、
どう見えるかということだと考える人がいる。
しかし、もっと深く考えると、実際にはどう機能するかだ

本書に何が記されているかといえば、これに尽きる。

いくら 決算の数字を眺めても見えないことが、これで見えてくる。

  続きを読む
Posted by dankogai at 15:00Comments(1)TrackBack(0)

2012年04月10日

責任者出てきた - 書評 - 僕がアップルで学んだこと

出版社より献本御礼。

やはり中の人というのはすごい。「Inside Apple」を読んでもわからないことが一目でわかる。

なあんだ。秘密なんて何もないじゃないか。

あるのは、責任と権限。ただそれだけ。

  続きを読む
Posted by dankogai at 12:30Comments(0)TrackBack(0)

2012年03月20日

秘密主義の秘密 - 書評 - Inside Apple

出版社より献本御礼。

原著は本年1月25日発売だけど、邦訳の上梓のタイミングの方がむしろよかったのではないか。

Jobs の死後に iPhone 4S と New iPad という二大製品を成功裏に立ち上げ、そして17年ぶりに配当と自社株買いを発表したこのタイミングの方が。

Posted by dankogai at 12:45Comments(0)TrackBack(0)

2012年03月12日

実は誰もが知っている「AppleがSonyになれた本当の理由」

設問が間違っていては、たとえその設問に対する答えが正しくとも意味がない。

Life is beautiful: 誰も言いたがらない「Sony が Apple になれなかった本当の理由」
そろそろ、「会社は誰のためにあるか」という根本の部分から見直さないと日本の家電メーカーは世界で戦えない。TPP で市場を開放する前に、しておくべきことは沢山ある。

それではなぜHPもDellもNokiaも、MicrosoftですらGoogleですらAppleになれなかったのかを問わねばならないだろう。

もっと的確な設問があるではないか。

  続きを読む
Posted by dankogai at 07:45Comments(1)TrackBack(0)

2012年03月05日

わたしの、最高の一作 - 画評 - フランケン・ふらん

全8巻を大人買い。

なんてこったい。

この作品を、連載完了まで知らなかったなんて。

木々津克久、すごい。

漫画、すごい。

漫画は、物語は、ついにこれほどの高みにたどり着いたのか。

人類には早すぎるかもしれないが、まあ、いい。

人類には、二種類いるのだから。本作を読んだ者と、読んでいない者と。

作者はどっち?どっちでもない。ネ申なのだから。

  続きを読む
Posted by dankogai at 23:45Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月26日

コードについて書く方がコードを書くより読まれる現実

ご高説もっとも。

小野和俊のブログ:メンテナビリティの高いソースコードを目指して
ソフトウェアを中長期にわたってメンテナンスしていく場合、メンテナンスしやすいコードと、メンテナンスしにくいコードとの間には、同じ機能を実現していたとしても、その価値には雲泥の差があります。

で、どこですか?

あなたの、コードは。

  続きを読む
Posted by dankogai at 13:00Comments(0)TrackBack(2)

2011年12月12日

社長は職位ではない - 書評 - Back to the Basic with Innovative Manner

出版社より献本御礼。

日本の企業に必要なのは、一人のSteve Jobsではなく百人の原田泳幸なのかも知れない。御社が

  1. 看板製品を持ち
  2. 創業者社長がもういない、あるいはこれから去る

のであれば、必要なのはこういう社長である。

  続きを読む
Posted by dankogai at 17:30Comments(1)TrackBack(0)

2011年11月09日

18歳までに身に付けた偏見

リクエストにお答えして。

@dankogai あたりが http://t.co/jbKKocjD を「はてなブログ発・初ツッコミ対象」として、なにかを弾言してくれそうWed Nov 09 05:59:04 via web

  続きを読む
Posted by dankogai at 18:30Comments(0)TrackBack(0)

2011年10月30日

備忘録 - iTunesの日本語楽曲をあいうえお順に並べる

気が付かなかったのは私一人という感じの機能かも。

404 Blog Not Found:iOS5にした人必携 - 書評 - iPhone 4S Perfect Manual / iPad 2 Perfect Manual for iOS 5
今回私が気づいた「新機能」は、ずいぶんと昔からあったはずの機能でiOS 5とは関係ないのだけど、本書を通読することで「あ」っと気づいた。
  続きを読む
Posted by dankogai at 19:00Comments(2)TrackBack(0)

2011年10月11日

次期iPhoneは5ではなく…

3.5vs4.21

新iPhoneで私が最も評価しているのは、変えるべきを変えたことより、変えざるべきを変えなかった事。

Dan Kogai - Sep 13, 2011 - Public
そろそろ iPhone 5 マダーという季節だけど、筐体は変わらないというのがワシの希望的観測。

業界人ほどわかってないというのも、Guy Kawasakiの言う通りなのだけれども。

「iPhone5」に跳べなかったアップル 立ちはだかる互換性の壁  :日本経済新聞
。特にiPhoneが見劣りするのが画面サイズ。アンドロイドスマートフォンでは、ハイスペックモデルは4.2インチ以上が常識になりつつあり、年末商戦で4.4や4.5インチの大画面モデルもいくつか登場すると見られている。
  続きを読む
Posted by dankogai at 12:00Comments(1)TrackBack(0)

2011年10月07日

ポータブルとモバイルの本当の違い、あるいはiの真意

むしろパソコンしかなかった世代ほどこういう勘違いをする。

Twitter / @TERRAZI: 突き詰めると今のところスマートフォンには「普通にWe ...
突き詰めると今のところスマートフォンには「普通にWebページが見れますよ」「タッチパネルが使えますよ」以外の利点が無いように見える。それをさもすばらしいものとすり込むことに成功したのは、PCは使いにくいものという下敷きがあるから。

私自身を、含めて。

  続きを読む
Posted by dankogai at 12:00Comments(2)TrackBack(0)

2011年10月04日

まずはアイコンから - 書評 - デザインセンスを身につける

著者および出版社より献本御礼。複数来たので。

正直、「構図」をもっと工夫して欲しかった。フォーカスが甘い。

壮大にして抽象的な「グランドデザイン」に関する語りは最小限にとどめ、いや可能であればばっさり切って、第一章第一項の「デザインのセンスは「アイコン」に宿る」だけで一冊にするべきだった。

しかし、この部分が素晴らしい。この部分こそ"designphobia"解消の第一歩となるべきものだ。

  続きを読む
Posted by dankogai at 19:00Comments(2)TrackBack(0)

2011年09月25日

そろそろMetro UIに関して一言言っておくか

404 Blog Not Found:0th Impression - Windows Phone IS12T
Metro UIに関しては別記事で改めて書くことにして

やっとこさ素材が揃ったので。

  続きを読む
Posted by dankogai at 17:30Comments(0)TrackBack(2)

2011年09月03日

どこにでもいるJobsに、だれもがなれない理由

半分正解。

スティーブ・ジョブズはどこにでもいる
アップルは、「シード・ドリブン」の会社なのだ。一見すると、ジョブズが夢のようなアイデアを思いついて、それが形になって出てきているように思える。しかし実際には、いい材料(キーデバイスやキーテクノロジー)が手に入ったときに、料理人のようにそれを最善の方法で調理してお皿に盛りつけているのだ。

つまり、及第点に及ばず。

Jobsは料理の鉄人である以上に、農夫であり、養父なのだから。

  続きを読む
Posted by dankogai at 23:30Comments(1)TrackBack(2)

師は詐欺師の師

ふむ。

学ぶ力 (内田樹の研究室)
 第一に、「自分は学ばなければならない」という己の無知についての痛切な自覚があること。

ハァ?

 第二に、「あ、この人が私の師だ」と直感できること。
 第三に、その「師」を教える気にさせるひろびろとした開放性。
 この三つの条件をひとことで言い表すと、「わたしは学びたいのです。先生、どうか教えてください」
  続きを読む
Posted by dankogai at 07:30Comments(17)TrackBack(16)

2011年09月01日

「こちら側」再び - 書評に代えて - iCloudとクラウドメディアの夜明け

編集部より献本御礼。なぜか二冊別々に来た。

本書のタイトル、実は「釣り」である。

iPhoneがiPadへの「釣り」であったのと同じように。

本書の主題は、iCloudでもクラウドでもない。

ウェブ進化論」で言うところの、「こちら側」の復権の話なのだ。

  続きを読む
Posted by dankogai at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2011年08月28日

FAQ - JobsとWoz、どっちのSteveがえらい?

この気持ちは、わかる。

「100年先の未来から現在を振り返って、コンピュータや通信など情報技術の世界で偉業を成し遂げた人物を一人だけ挙げよ、といわれたら、そこでは迷わずSteve Jobsの名前が出ることでしょう。」 http://t.co/0di2RGr 本気で言ってる?less than a minute ago via web Favorite Retweet Reply

  続きを読む
Posted by dankogai at 21:00Comments(2)TrackBack(1)

2011年08月25日

news - So long, Steve Jobs!

asin:4062171260 asin:4062171279
スティーブ・ジョブズ(上下巻)
Walter Isaacson
[原著:Steve Jobs]

その日は、私の予想より二月ほど早くやってきた。

Apple - Press Info - Letter from Steve Jobs

August 24, 2011–To the Apple Board of Directors and the Apple Community:

I have always said if there ever came a day when I could no longer meet my duties and expectations as Apple’s CEO, I would be the first to let you know. Unfortunately, that day has come.
  続きを読む
Posted by dankogai at 09:30Comments(0)TrackBack(2)

2011年08月18日

麻雀の魅力十三面待ち - 角刈りすずめの画評に代えて

初出2010.12.24; 追記2011.08.18

なにこの天和大三元的なバカ2面白さ!

と同時に、心配になってきた。

原作者あとがき
私は麻雀を全く知りません。
やったことは一度もありません。
正直、これまでの人生でやりたいと思った事は一度もありません。
役とか点数とか覚えられる自信が微塵もありません。
ぶっちゃけめんどくさい。

そんな無知識で、連載大丈夫か?

というわけで、原作者に麻雀の魅力を伝えるつもりで一荘、いや1 entry打ってみる。

  続きを読む
Posted by dankogai at 18:00Comments(3)TrackBack(0)

2011年07月12日

書評に代えて - 「スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション」8つ目の法則

前作に引き続き、日経BP中川様より献本御礼。

惜しい。実に惜しい。

何が惜しいかというと、一番大事で難易度が高い「8つ目の法則」が抜けていること。

  続きを読む
Posted by dankogai at 00:15Comments(2)TrackBack(1)

2011年04月22日

画評 - さよなら絶望先生

絶望した!

初出2007.07.20;新刊発売の都度更新
  続きを読む
Posted by dankogai at 01:00Comments(29)TrackBack(12)

2011年02月18日

DECが死んだ理由!=VMSの未来がなくなった理由

これ、DECについては正解なのだろうけど…

2011-02-17 - 未来のいつか/hyoshiokの日記
DECの凋落の原因は、むしろ無能な経営者によって引き起こされたというよりも、むしろ、有能だったがゆえに、成功の呪縛から逃れられなかったという風に考えられる。

VMSについては違うのではないか。

DECユーザーにして、(ほぼ)非VMSユーザーとしては、納得しかねる。

  続きを読む
Posted by dankogai at 02:15Comments(4)TrackBack(0)

2011年02月02日

プログラミングいつまでに学ぶ?なぜ学ぶ?

どちらもFAQ中のFAQなのだけど、いい機会なのでまとめて。

  続きを読む
Posted by dankogai at 18:00Comments(0)TrackBack(2)