2014年04月06日

書評 - The End of Poverty

もっと早く読んでおくべきだった。

2007.02.22 初出
2014.04.06 邦訳文庫版上梓につき再掲

まだ読んでいない人は、原著でも邦訳でもいいので読んで欲しい。

  続きを読む

Posted by dankogai at 09:00Comments(12)TrackBack(4)

2013年12月17日

パンドラの箱 - 書評 - コンテナ物語

404 Blog Not Found:コンテナーという革命を読んだ日経BPの黒沢様より献本御礼。

2008.01.20 初出
2013.12.17 Kindle化にともない更新

スゴ本。ものを作る人も運ぶ人もそして買う人も一読しておくべき一冊。

なぜなら、現在進行中のフラット革命を勃発させ、牽引し、そしてその行く末まで暗示しているのがこの物語だからだ。この箱の中には、その過去と現在と未来が詰まっているのだ。

  続きを読む
Posted by dankogai at 15:45Comments(6)TrackBack(5)

2012年05月11日

利の不満 - 書評 - それをお金で買いますか

出版社より献本御礼。

オビより

現代最重要テーマに、教授はどう答えるか?

これはいささか看過し難い看板の偽り。

その問いを問われているのは、市場参加者たる我々。

それに「代わりに答えてしまう」ことそのものもまた、"The moral limit of the market"を踏み越えてしまうことなのだ。

  続きを読む
Posted by dankogai at 05:00Comments(1)TrackBack(0)

2012年03月28日

会計リテラシー必要十分 - 書評 - 借金を返すと儲かるのか?

著者より献本御礼。

初出2009.06.24; 
原著「借金を返すと儲かるのか?」に対する書評

さすが「国語算数理科しごと」の著者である。「国語算数理科しごと」を小学校の教科書として、そして本書を中学校の教科書とすれば、必要十分な会計リテラシーが、現在の義務教育の範囲内で修まる。文科省はまぢで検討すべきだ。

  続きを読む
Posted by dankogai at 12:45Comments(4)TrackBack(7)

会社は見た目が9割? - 書評 - 12歳でもわかる!決算書の読み方

著者より献本御礼。

初出2010.02.23; 
「儲けにつながる「会計の公式」の表紙も参照

で、書評しようとしたら、もう磯崎さんにぺんぺん草も生えないほど完璧に書かれているという。

しかしそれを言えば、「国語算数理科しごと」「借金を返すと儲かるのか?」で書くべきことを全部書いたはずの著者が本書を著したことに申し訳がたたないような気がするので、私も書くことにしよう。

本書に、何が書いていないかを

  続きを読む
Posted by dankogai at 11:00Comments(5)TrackBack(1)

2010年10月13日

「成長なき時代」? - 書評 - 貨幣進化論

新潮社三辺様より献本御礼。

今年読んだ経済本の中で、最も納得感の強い一冊。

特に、「なぜ経済成長していない日本の円が高いのか?」という一見不可思議な現象に対する答えは、本書が一番説得力があった。

もっとも私は本書の指摘に全て同意しているわけではない。特に不同意なのは、理論ではなく現況認識。プログラムが同じでも、入力が異なれば当然出力は異なるように、理論が同じでも現況認識が異なれば自ずと答えも変わってくる。

  続きを読む
Posted by dankogai at 10:45Comments(2)TrackBack(0)

2010年07月05日

ストレートランドに学ぶ格差の本質

スタートが完全に平等で、

誰も誰の持ち物を奪わない公正な社会があったとしても、

それでもやはり格差は発生してしまう。

ことをデモするシミュレーションを作りました。

  続きを読む
Posted by dankogai at 04:00Comments(6)TrackBack(0)

2010年05月03日

s/トヨタ/自分/gとして読みたい一冊 - 書評 - トヨタの闇

はじめに申し上げておく。

初出2007.11.11; 
過労死訴訟判決を受け2007.11.30更新
ちくま文庫化を受け2010.05.03更新。文庫版献本御礼

私はトヨタ車オーナーであり、トヨタ株の持ち主でもある(といっても1単位だが)。

だからこそ、本書を紹介しないわけには行かない。

  続きを読む
Posted by dankogai at 03:00Comments(13)TrackBack(6)

2010年04月30日

s/恥ずかしい/ひもじい/ - 書評 - 会社が黒字になるしくみ

著者より献本御礼。

素晴らしい。「牛丼一杯の儲けは9円」を上回る、著者の最高傑作。正直この分野の本は献本いただきすぎていささか食傷気味なのだが、これはおすすめ。

ただ、サブタイトルの「知らないと恥ずかしい」はとても恥ずかしいタイトルだ。「知らないとひもじい」だったら完璧だったのに。知らないと恥ずかしいかどうかは読者の羞恥心しだいだが、知らないとひもじいのは確実なのだから。

  続きを読む
Posted by dankogai at 12:30Comments(2)TrackBack(2)

2010年04月04日

ミンギョウ?民行?どこにあるんっすか?

どっちも上から目線乙。

ご両人よりも銀行にとっておいしそうなワシが草の根目線でモノを言うってどういう倒錯プレイかしらないけど、何を言おうが倒錯ぶりでは銀行にかなうわけもないので。

民業圧迫とかいうけどさあ。

今世紀に入ってから、銀行が民業であったことってあるの?

  続きを読む
Posted by dankogai at 00:00Comments(0)TrackBack(1)

2010年02月22日

まずは日銀よりはじめよ - 書評 - 日本経済復活 一番かんたんな方法

光文社新書編集部より献本御礼。

書名は「釣り」だが「嘘」でも「誇大広告」でもない。安心して、いや信頼してつられて欲しい

「インフレターゲットのすすめ」本は少なくないが、やっとおすすめできる一冊が出来たようだ。

理由は三つある。

  続きを読む
Posted by dankogai at 05:30Comments(17)TrackBack(2)

2009年12月24日

書評 - 生命保険入門

ハーバードMBA留学記」と一緒に頂いたのが、本書。

初出2007.04.16; 新版登場につき改訂

この一年、いや数年のうちに読んだ中で、もっとも目から鱗を落としてくれた本であった。

  続きを読む
Posted by dankogai at 18:00Comments(8)TrackBack(11)

2009年12月02日

使われるな使え - 書評 - 60歳までに1億円つくる術

著者より献本御礼。

はじめにお断りしておくと、本書には新しいことは何も書いていない。本書もまた星の数ほどある「金融リテラシー本」の一つである。

しかしそれがコンスタントに売れているということは、その「新しくもない」ことがわかっていない人が、星屑の数ほどいることを示している。そういう人々にとって、本書はもっとも「けれんみのない」一冊だ。勝間和代を目指すにしろ目指さないにしろ。本書程度の術はもっていたいものである。

さもなければ、あなたがお金を使うのではなく、あなたがお金に使われることになるのだから。

  続きを読む
Posted by dankogai at 23:00Comments(7)TrackBack(1)

2009年08月03日

これなら許す - 書評 - 現代萌衛星図鑑

三才ブックスより献本御礼。献本いただいてからだいぶ日が経ってしまった。

「萌え本」に対する私の評価は厳しい。「もえたん」も「萌えて覚える化学の基本」も、酷評せざるを得なかった。

そんな私でも、本書は好意的に評価している。こういうのもなんだけど、本書は「はじめて基準を満たした」萌え本なのではないか。

  続きを読む
Posted by dankogai at 14:00Comments(1)TrackBack(0)

2009年06月28日

コドモ買うよりモノを買え! - 国際児童売買春をなくすには

そろそろこの話題について語っておくか。

『Santa Fe』を1年間で処分すべしとする与党案に驚く - 保坂展人のどこどこ日記
マスコミの注目を集めていたアグネス・チャンさんは、タイのチェンマイでビルマ(ミヤンマー)から売られてきた子どもたちが、いかに酷い扱いを受けているのか、また、いかに買春をされて写真を撮られているのか、その苦痛に満ちた訴えを情感を持って語った。

これを防ぐのに、

は、明日の方法のように見えて一昨日の方法でしかないので。

  続きを読む
Posted by dankogai at 19:00Comments(31)TrackBack(0)

2009年05月16日

本当に外国為替相場取引(FX)で確実にもうける方法

その通り。

Life is beautiful: 外国為替相場取引(FX)で確実にもうける方法(必勝法)
その結果分かったのは、為替相場にあまり詳しくない一般人にすべてのリスクを追わせて、自分たちだけは手数料で荒稼ぎしている業者が横行しているということ。

その名を、銀行という。

  続きを読む
Posted by dankogai at 22:00Comments(16)TrackBack(4)

2009年05月07日

軛をChokin! - 書評 - 年収200万円からの貯金生活宣言

ディスカヴァーより献本御礼。

売れている本なので、ついつい書評を後回しにしていたら、今度は著者ご本人から献本が。というわけで「借金」を「貯金化」することに。

もし本書が、ただの「貯金本」だったら、何冊献本されようがスルーすべきなのだが、幸いなことに、本書はそうではない。1,260円の本書は、定期預金一ヶ月ものの現在の金利から逆算すれば、126万円以上貯金してはじめて「元が取れる」ということになるが、本書にはその10倍の「価値」をもたらすと保証できる。

ただし、きちんと読んで実行した上での話、であるが。

  続きを読む
Posted by dankogai at 16:45Comments(3)TrackBack(4)

2009年03月02日

s/世界/市場/g であれば異論なし - 書評 - なぜ世界は不況に陥ったのか

日経BPより献本御礼。

私にはむしろ「まさか」より「やはり」という感想が強かった一冊。今の市場がなぜこういう状態に陥ったかを解説した本としては、一番説得力があると思う。例によって「世界同時バブル崩壊」に関する本が雨後のタケノコのように出ているけど、そのうちの何冊読むにしても、本書は外せない一冊となるだろう。

  続きを読む
Posted by dankogai at 21:00Comments(15)TrackBack(4)

2009年02月21日

B/Sの前にまずP/Lを - 書評 - 世界一受けたいお金の授業

エリエス・ブック・コンサルティングの古屋様より献本御礼。

初出2009.02.18; 販売開始まで更新

まだ書影も上がっていないのに(だめじゃん>三笠書房; 書影掲載2009.02.20)、今書評を上げることにしたのは、発売開始までそれほど日がないということもあるけど、本書によってミッシング・リンクが解消されるから。

以下のミッシング・リンクである。

404 Blog Not Found:ミリオネアまではこれでOK - 頭のいいお金の使い方
そういうわけで、本書は貧乏を脱している人に最適である。「貧乏を脱出している」の定義だが、金が貯まりもしないが減りもしないあたりだろうか。このあたりは人によって違う。いくら稼いでも借金ばかり増えるという中村うさぎ型の人は、まずは費やさずに済ます方法を学ぶべきだし、逆に年収300万でも本書を読む準備が出来ているひともかなりいる。

この「まずは費やさずに済ます方法を学ぶ」本そのものは「節約本」というジャンルとして決して少なくないのだが、いずれも虫瞰的視点のものが多く、鳥瞰的視点のものがあまりなかったのだ。

  続きを読む
Posted by dankogai at 00:00Comments(6)TrackBack(5)

2009年02月17日

ミリオネアまではこれでOK - 頭のいいお金の使い方

日本実業出版長谷川様より献本御礼。

初出2009.02.14; 販売開始まで更新

「頭がよい」というよりは「頭が悪くない」、もう少し補完すれば「頭のいいお金の使い方」というより「頭が悪いお金の使い方の避け方」と呼ぶべき一冊。

33歳、男、SE、年収700万(残業や賞与 込み込み)、貯金100万、独身。 700万あっても、飲みに行ったりするとすぐになくなってしまいます。 貯金が苦手です。 彼女はいます.. - 人力検索はてな
700万あっても、飲みに行ったりするとすぐになくなってしまいます。 貯金が苦手です。

ちょうどこのあたりが一番効用が大きそうだ。

  続きを読む
Posted by dankogai at 00:00Comments(5)TrackBack(7)

2009年02月10日

政府紙幣vs日本銀行券

それでは日銀が常に頑なだったのだろうか。

政府紙幣について - Baatarismの溜息通信
このような日銀の頑なな姿勢があるため、日本においては、国債を発行せずに財政政策を行う最も現実的な方法が、政府紙幣の発行となるわけです。

調べてみた。

  続きを読む
Posted by dankogai at 06:00Comments(22)TrackBack(4)

2009年02月09日

経済成長が必要な本当の理由

「累積債務が増えても国は破綻するとは限らない」という主張の根拠として、よく見かけるのがドーマーの条件。

ドーマー条件ってなに? - Pour l’honneur de l’esprit humain (ysttの日記)
累積債務のGDP比が発散しないためには、(名目成長率>名目金利)である必要があります(g > i はD/Yが収束する必要十分条件)。これが有名なドーマー条件というやつです。
  続きを読む
Posted by dankogai at 16:30Comments(6)TrackBack(1)

2009年02月03日

GDPを一日で倍にする方法(の耐えられない軽さ)

それでは、私めがGDPを倍にして見せましょう。

2009-02-02 - こら!たまには研究しろ!!
というわけで
経済成長=一人当たり実質GDPの上昇
というところから出発しましょう.

以下のとおりにすれば、GDPはすぐに倍になります。

  続きを読む
Posted by dankogai at 06:00Comments(26)TrackBack(8)

2009年02月02日

パイを大きくしたら自分のスライスが減ったでござるの巻

wj2004
wj2007

右のグラフを見れば、冷淡じゃない人でも冷えてしまうのではないか。

2009-02-01 - こら!たまには研究しろ!!
僕が常々残念だと思っているのは,低所得者層の生活保障の必要性を感じている論者の多くが(3)の選択肢に冷淡なところです.それどころか経済成長が現在の低所得者層の苦しい生活の原因だなんて思っている人までいる.経済成長と相対的な格差の関係については議論が残りますが*4,絶対的な貧困への唯一にして最善の処方箋は経済成長なのです.
  続きを読む
Posted by dankogai at 07:00Comments(11)TrackBack(3)

2009年01月30日

等身大の賢人 - 書評 - バフェットの株主総会

エクスナレッジ深澤様より献本御礼。

世界一の富豪の等身大の姿が、最もよく描写された良著。

  続きを読む
Posted by dankogai at 15:00Comments(0)TrackBack(1)

2009年01月26日

福祉としての雇用のジレンマ

理念の上でも理屈の上でも正しそうなこの提案なのだけど....

大竹文雄のブログ: 非正規雇用問題
蓄積した内部留保では、企業が雇用や賃金を維持できない、というのであれば労働者も負担を引き受けざるを得ない。しかし、正社員の既得権益を守るために非正社員に負担を押しつけていいだろうか。非正社員が不安定な雇用と引き換えに高い賃金をもらっていたのだろうか。実態は逆である。正社員と非正社員の不当な格差を温存することのコストは大きい。たまたま、就職氷河期に学校を卒業しただけで、非正社員になって、低賃金な上に景気変動の影響を大きく受ける。これほど理不尽なことはない。新規採用の停止や非正社員の雇い止めをすることが、解雇権濫用法理という判例法理のなかで、企業の解雇回避努力として評価されるいうことも問題だ。

実装のことを考えていたら、とんでもない穴があることを発見してしまった。

  続きを読む
Posted by dankogai at 08:45Comments(7)TrackBack(2)

2009年01月16日

B/Sがなぜ必要か

うーん、いろいろといたい。

簿記と会計と財務の違いについてまとめてみた - GoTheDistance
つまり、5万でEeePCを買ったという行為だけを管理するのが単式簿記で、5万円のEeePC入手&現金5万円の支出を紐付けて管理するのが、複式簿記です。

でも、これ、かつては私もやった勘(定)違い。

  続きを読む
Posted by dankogai at 03:30Comments(5)TrackBack(4)

2009年01月14日

News - 車買えない?それとも買いたくない?

これ、本当だろうか。

若者のクルマ離れ、その本質は「購買力」の欠如:NBonline(日経ビジネス オンライン)
このうち「クルマ離れ」については、若者の消費の多様化や、魅力的なクルマの不在といったことが指摘されてきた。だが、昨今の雇用情勢の悪化を見ると、実は「購買力」が大きな問題であることが浮き彫りになる。「クルマなんてとても手が届かない」という若者が増えているのだ。

ちょっと考えてみた。

  続きを読む
Posted by dankogai at 17:00Comments(52)TrackBack(11)

2009年01月12日

No. 1にはわけがある - 書評 - 「依存症」の日本経済

講談社Bizの広部様より献本御礼。

オビに「6年連続ランキング1位のエコノミストが」とあるが、確かに納得。

これだけ難しい問題を、これだけ易しく説明できるエコノミストは、確かにいない。

  続きを読む
Posted by dankogai at 10:00Comments(2)TrackBack(3)

2009年01月08日

SF - 終わりなき経済

面白い。

クルーグマン:恒星間貿易の理論 - P.E.S.
恒星間貿易の第一基本定理:貿易が共通の慣性系内の二つの惑星間で行われる場合、財についての利子費用は、輸送を行う宇宙船の慣性系内の時計によってではなく、その共通の慣性系内にある時計により測られた時間で計算されるべきである。

けれど、この第一原理に関しては、この論文の前にすでに応用がなされている。

  続きを読む
Posted by dankogai at 14:30Comments(2)TrackBack(1)

2008年12月26日

最もやさしいサイバラ本 - 書評 - この世でいちばん大事な「カネ」の話

すでに

に「営業妨害」クラス(笑)の要約が上がっているし、売れてもいるしで今回はスルーするべきかなとも思ったけどやはり書評しておくことにする。

  続きを読む
Posted by dankogai at 23:00Comments(7)TrackBack(7)

2008年12月20日

経済危機の現況を一冊で - 書評 - 世界経済危機 日本の罪と罰

ダイヤモンド社今泉様より献本御礼。

今回の「世界経済危機」の特徴の一つは「わかりにくいこと」だが、そのわかりにくい現況を解説した本の中で、もっとも包括的かつわかりやすい一冊である。

もっとも、これでも私は危機の半分しか解説していないと強く感じるのだが。

  続きを読む
Posted by dankogai at 17:00Comments(7)TrackBack(5)

2008年12月15日

2時間ではわからない。だから持っとけ - 書評 - 社会保険・年金のキモが2時間でわかる本

日本実業出版多根様経由で著者より献本御礼。

前著「労働法のキモが2時間でわかる本」よりも、役立ち度は高い。労働法を遵守するのは雇用側の責任だが、社会保険・年金は経営側だけではなく労働者側にも責任が一部あるからだ。

また、書き手としての著者の能力もまた上がっているのは確かだ。

なのに、本書は前著より格段にわかりにくい。

そして、それは著者のせいではない。

  続きを読む
Posted by dankogai at 22:30Comments(1)TrackBack(4)

2008年12月14日

無一文と似たもの

いただきます。

童貞と似たもの - 猫を償うに猫をもってせよ
 童貞が、女体とかセックスというものに過大な幻想を抱いているということはよく言われる。むろん、その期待がたちまち裏切られる、というものではないが、やがて幻想は減退していく。
  続きを読む
Posted by dankogai at 07:00Comments(1)TrackBack(1)

2008年12月10日

保証人って自然人でなくてもおkのはずだが

ちょちょmwww

ギークビルの保証人を急募とか - phaのニート日記
ギークビルができたら僕もそこで人を集めたりしていろいろ面白いことをやりたいと思ってるんだけど、誰か趣旨に賛同して保証人になってくれる人はいないかなあ。保証人問題の前ではニートは無力だ。
id:dankogaiとかやってくれないかな。。。
  続きを読む
Posted by dankogai at 00:00Comments(4)TrackBack(0)

2008年12月02日

才能あるレジのおばさんにそれ相応の給料が支払われない理由

私も15ぐらいのときはスーパーでバイトして、レジ打ちもPOSの設定もやったことがあるのでその気持ちはわかるのだけど....

才能あるレジのおばさんにはそれ相応の給料を払ったほうが良い - コトリコ
だけど僕はあのオバサンにはレジ打ちしてもらったほうが嬉しいですし、みなさんも偉大な才能が世の中から失なわれてしまうのはもったいないと思うことでしょう。

それ以上に、

それでもあのオバサンが選ぶ職業は高級官僚なのです。

となってしまうかももっとわかる。

結局のところ、そのおばさんに給与を払っているのはそのスーパーの客で、そのスーパーの客がオバサンの才能に価値をさほど認めていない、というのがその答えになる。

  続きを読む
Posted by dankogai at 11:15Comments(26)TrackBack(6)

2008年10月22日

サブプライムはわかるのだけど - 書評 - サブプライム危機はこうして始まった

ランダムハウス講談社笹森様より献本御礼。

うーん、確かにサブプライムローンとそれをめぐる問題に関してはよくわかるのだけど、なぜ「たかが住宅ローン」が「全球的」金融危機を引き起こしたのがか今イチ伝わらない。

  続きを読む
Posted by dankogai at 19:00Comments(8)TrackBack(0)

2008年10月11日

くるっと まわって いっかいてん

すごい一週間であります。経済的には。

asin:4047150924
ケロロ軍曹(現在17巻まで)
吉崎観音

ペコポン経済がこれだけポコペンになっているなら、経済占領も簡単なように自分は思うででありますが....

  続きを読む
Posted by dankogai at 00:30Comments(8)TrackBack(2)

2008年10月06日

2008年10月01日

正論は言い手を選ぶ

正論だ。

間違っているオバマが勝ち、正しいマケインが負けそうな件 - FIFTH EDITION
昨日ね、共和党のマケインのじーさんが、

"Now is not the time to fix the blame. It's time to fix the problem,"

「今は犯人捜しをしている時じゃない。問題を解決する時だ」

が、「犯人」が言った正論を受け止められるように出来ていないのよ人間は。

  続きを読む
Posted by dankogai at 11:30Comments(6)TrackBack(3)

2008年09月16日

一人一万円 - Lehman Brothers files Chapter 11

おやまあいつの魔に。

livedoor ニュース - [米リーマン]破産法申請 負債総額は米史上最大64兆円
【ワシントン斉藤信宏】深刻な経営難に陥っていた米証券4位のリーマン・ブラザーズは15日、連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用を裁判所に申請、経営破綻(はたん)した。米メディアによると、リーマンの負債総額は6130億ドル(約64兆3600億円)で米史上最大。一方、米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)は同日、株価急落で経営危機に陥った米証券大手メリルリンチを500億ドル(5兆2500億円)相当の株式交換で買収すると発表した。事実上の救済合併となる。
  続きを読む
Posted by dankogai at 13:00Comments(5)TrackBack(5)

2008年08月18日

100yenPCから投稿してみるテスト

968f80b7.pngこんな感じ。画像はちゃんとうpされるだろうか?

Dan the EeeBlggger  
Posted by dankogai at 14:45Comments(4)TrackBack(0)

2008年05月30日

仕事速っ - 書評 - イスラム金融入門

幻冬舎小木田様より献本御礼。

仕事の速さには定評のある著者だが、今回はその中でも最速ではないか。

  続きを読む
Posted by dankogai at 22:20Comments(8)TrackBack(1)

2008年05月06日

少しは持ち家派の肩ももっとくか

分譲マンション歴2件目、9年目のオレが来ましたよ。

ハコフグマン: 東京でマンションを買うこと
僕のように30代も半ばになってくると、周りの友人がみんな35年ローンとかでマンションなどを買い始める。「家賃払うより、後で自分のモノになるんだから得でしょ」「転勤すれば、そこを賃貸にすればいいし」などと言う。だけど、35年も(基本的に)解約できないモノに、何千万円もよく投資できるなと感心してしまう。

最近ではすっかり主流になった感もある「持つより借りろ」ですが、そうとも限らないこともある、ということで。

  続きを読む
Posted by dankogai at 15:00Comments(21)TrackBack(8)

2008年05月05日

2000万トンの残飯

これは、事実。

braph 「食糧サミット」で農産物自由化を - 池田信夫 blog
下の図をみればわかるように、価格が急騰している米でもここ30年で生産量は倍増しており、絶対的な食糧不足は存在しない。

しかし、これもまた事実。

日本の食糧事情|ごはんを食べよう国民運動?ごはんを中心とした日本型食生活のよさを見直しましょう?
日本で残飯などとして捨てられる食べ物は年間2000万トン、食料供給量の約1/4にもなります。金額では、11兆円に上るともいわれており、その量は年々増えています。
  続きを読む
Posted by dankogai at 19:30Comments(9)TrackBack(4)

4つ目以降に価値がある - 書評 - 会計のルールはこの3つしかない

洋泉社依田様より献本御礼。なぜか二冊も献本されてきた。

良著。「国語算数理科しごと」と、簿記の参考書のギャップをつなぐ位置に本書はある。本書をきっちり読み込めば、簿記三級なら受かるかも知れない。

のだけど、個人的には本書のスタイルにちょっと引っかかった。

  続きを読む
Posted by dankogai at 16:30Comments(1)TrackBack(4)

2008年04月27日

2008年04月22日

コイントスが割り勘の代わりにならない根源的な理由

数学的にも経済学的にも公平なこの分配法を我々が不公平だと思う理由はなんだろうか?

ビールを公平に分ける方法 - hiroyukikojimaの日記
経済学だと、次のような分け方が平然と「公平」だとして与えられる。つまり、完全に均整のとれたコインを投げて、表が出たらAさんが、裏が出たらBさんがピッチャーのビールを全部飲んでしまうのだ。

それが、わかった。

なんだ、簡単なことじゃないか!

  続きを読む
Posted by dankogai at 05:45Comments(7)TrackBack(0)

2008年04月21日

ペア書評 - いちばんやさしいファイナンスの本/アメリカの高校生が読んでいる経済学の教科書

「いちばんやさしいファイナンスの本」は日本能率協会マネジメントセンター杉崎様経由で著者より、「アメリカの高校生が読んでいる経済学の教科書」はアスペクト貝瀬様よりそれぞれ献本御礼

教科書の日米対決、軍配はどちらに!?

  続きを読む
Posted by dankogai at 11:00Comments(2)TrackBack(1)

2008年04月17日

経済の「複素」像 - 書評 - 「お金」崩壊

集英社新書編集部より献本御礼。

すぐに書評したかったのだけどやっとAmazonでも発売が開始されたので。

経済、そして経済学に「なんだか騙されている」と感じている人、必読。

  続きを読む
Posted by dankogai at 20:15Comments(10)TrackBack(7)