2013年12月06日

訃報 - Nelson Mandela, 1918-2013

嗚呼。

Message from The Nelson Mandela Foundation, The Nelson Mandela Children’s Fund and The Mandela Rhodes Foundation
It is with the deepest regret that we have learned of the passing of our founder, Nelson Rolihlahla Mandela – Madiba. The Presidency of the Republic of South Africa will shortly make further official announcements.
  続きを読む

Posted by dankogai at 13:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年07月07日

金子勇さんのこと

こんな気持ちは、itojunの訃報に接して以来か。

  続きを読む
Posted by dankogai at 12:00Comments(0)TrackBack(2)

2011年12月02日

手元に残すならあれとこれ - 書評 - スティーブ・ジョブズは何を遺したのか

出版社より献本御礼。

今やジョブズ本の数は、ジョブズ復帰前のMacのラインアップに匹敵するほど溢れているし、アインシュタインの伝記が今もなお書かれているのと同じ理由で今後も出続けるのだろうけど、「手元に三冊だけ残せ」と言われたら、私は本書を含める。一冊はもちろん「正伝」、"Steve Jobs"(といっても日本語版は上下分冊だけど)。もう一冊は留保。

  続きを読む
Posted by dankogai at 13:30Comments(0)TrackBack(2)

2011年10月24日

A Figure Hires an A+ Biographer - 書評 - Steve Jobs

asin:4062171260 asin:4062171279
スティーブ・ジョブズ(上下巻)
Walter Isaacson
[原著:Steve Jobs]
Kindle Edition

講談社からの献本(上巻)が届くころ、Kindle版を駆け足で一周した。

iPad 2のKindleで、iPhone 4Sに入れたIn My Lifeを聞きながら。

  続きを読む
Posted by dankogai at 17:00Comments(0)TrackBack(0)

2011年10月07日

ポータブルとモバイルの本当の違い、あるいはiの真意

むしろパソコンしかなかった世代ほどこういう勘違いをする。

Twitter / @TERRAZI: 突き詰めると今のところスマートフォンには「普通にWe ...
突き詰めると今のところスマートフォンには「普通にWebページが見れますよ」「タッチパネルが使えますよ」以外の利点が無いように見える。それをさもすばらしいものとすり込むことに成功したのは、PCは使いにくいものという下敷きがあるから。

私自身を、含めて。

  続きを読む
Posted by dankogai at 12:00Comments(2)TrackBack(0)

2011年10月06日

2011年08月02日

継ぐのは誰か? - 小松左京哀悼の辞に代えて

訃報をヴェトナムで知った。

本当だった http://bit.ly/nOHpgH 亡くなった事実より写真の痩せた姿に途惑う< 小松左京が亡くなったって本当ですか?less than a minute ago via TwitBird Favorite Retweet Reply

すぐにentryを起こそうとしたが、著者の作品はおろか本を一冊も持たずに来た異国で作品を「暗読」しまくりはじめてしまいそれどころではなかった。日灼けが日焼けとなった今頃、やっと少しは落ち着いて何かを書ける気がした。

  続きを読む
Posted by dankogai at 01:45Comments(2)TrackBack(4)

2010年04月11日

訃報 - 井上ひさし

なんと。

asin:4101168164 asin:4061852663
吉里吉里人(上中下) / 四千万歩の男(全五巻)
井上ひさし
時事ドットコム:井上ひさしさん死去=作家・劇作家、「吉里吉里人」など
「吉里吉里人」「四千万歩の男」など奇抜な設定と軽妙なタッチの小説や戯曲、エッセーで知られ、護憲運動にも力を注いだ作家・劇作家の井上ひさし(本名廈=ひさし)さんが9日夜、肺がんのため神奈川県鎌倉市の自宅で死去した。75歳だった。

最も遅筆したい訃報だ。

  続きを読む
Posted by dankogai at 08:30Comments(1)TrackBack(1)

2010年04月06日

言葉は死なない - 書評 - 個独のブログ/伊藤計劃記録

どちらも出版社より献本御礼。

今まで紹介しあぐねていたのだが、これのおかげで糸口がつかめた。

死ぬ言葉 (内田樹の研究室)
それは言い換えれば、「ひととともに生き死にする言葉」だけが語るに値し、聴くに値する言葉だということである。

これは、嘘である。

なぜなら言葉というのは、発したものの死をもって不死となるのだから。

  続きを読む
Posted by dankogai at 17:00Comments(4)TrackBack(2)

2009年10月25日

一度議論してみたかった - #書評_ - 若き友人たちへ

集英社新書編集部より献本御礼。

著者は少し産まれるのが早かったかも知れない。

私ぐらいの年齢だったら、リアルとネットを取り持つ最高のアルファスポークスパーソンとなりえたのではないか。

  続きを読む
Posted by dankogai at 03:30Comments(21)TrackBack(0)

2009年10月12日

Para Bellum - 書評 - 軍事とロジスティックス

日経BPより献本御礼。

長らく書評しそびれていたことが悔やまれる。

[訃報]軍事評論家・江畑謙介さん死去 - livedoor ニュース
江畑謙介さん60歳(えばた・けんすけ=軍事評論家)10日、呼吸不全のため死去。葬儀は近親者のみで済ませた。

著者の作品はかなり読んだが、やはり本書が最も面白く役に立つ。特に平和時にも役立つという点において本書の価値はひときわ高い。著者の訃報を受けて早速売り切れているのもうなずけるところだ。

  続きを読む
Posted by dankogai at 18:30Comments(15)TrackBack(2)

2009年07月31日

A Thriller Like No Other - 書評 - LIFE MICHAEL 1958-2009

ディスカヴァーより緊急献本御礼。

史上最も人間離れして見えた人の、人生のアルバム。

ファンでなくとも、打ちのめされる。

そしてファンであれば、少しだけ癒される。

  続きを読む
Posted by dankogai at 19:00Comments(2)TrackBack(1)

2009年07月07日

訃報 - Robert McNamara, 93

20世紀を形作った人物が、また一人。

livedoor ニュース - <訃報>マクナマラ氏死去 元米国防長官、ベトナム介入拡大
米メディアによると、ケネディ、ジョンソン米政権でベトナム戦争を指揮したロバート・マクナマラ元米国防長官が6日、死去した。93歳だった。
  続きを読む
Posted by dankogai at 19:30Comments(1)TrackBack(0)

2009年06月26日

訃報 - Michael Jackson, Age 50

まじ?

Michael Jackson is dead - Los Angeles Times
Pop star Michael Jackson was pronounced dead today after paramedics found him in a coma at his Bel-Air mansion, city and law enforcement sources told The Times.
  続きを読む
Posted by dankogai at 10:30Comments(13)TrackBack(2)

2009年05月27日

訃報 - (栗本薫|中島梓)、グイン・サーガ未完のまま

なんと。

ハヤカワ・オンライン|早川書房のミステリ・SF・ノンフィクション:新着ニュース
2009年5月26日、19時18分、栗本薫さん(別名義に中島梓)が、膵臓癌にてお亡くなりになりました。享年56歳でした。

言葉に、ならない。

  続きを読む
Posted by dankogai at 20:00Comments(18)TrackBack(2)

2009年05月03日

訃報 - 忌野清志郎死去

まだ還暦に達してなかったのか。

livedoor ニュース - [訃報]忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け
「ベイベー!」や「愛し合ってるかーい!」などの決めぜりふ、奇抜な衣装と演出で知られるロック歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志=くりはら・きよし)さんが2日、がん性リンパ管症のため死去した。58歳だった。
  続きを読む
Posted by dankogai at 00:00Comments(9)TrackBack(4)

2009年03月23日

緊急書評 - 自我という「病」 - ハーモニー

いつか書評しなきゃな。具体的には春休みにやるか。と思っていた矢先の訃報。

伊藤計劃逝去 - 綾波書店
伊藤計劃(id:Projectitoh)逝去
表紙 - 伊藤計劃:第弐位相
とはいえ、またすぐ入院するのだけれど。なんだかガンマ線ナイフというのを患部に当てるらしく、意味もなくわくわくしている自分がいる。

ガンマナイフというのは、脳にしか使わない治療器具。

ご自身の病が、前作「虐殺器官」、そして本作につながったのだとしたら、運命というのはなんと酷なのだろう。

そう、著者の作品のように。

  続きを読む
Posted by dankogai at 01:00Comments(2)TrackBack(1)

2008年12月24日

News - 飯島愛、死去

びっくり。

livedoor ニュース - [飯島愛さん]都内の自宅マンションで死亡 元タレント
元タレントの飯島愛さん(36)が24日、東京都渋谷区桜丘町の自宅マンションで死亡しているのが見つかった。外傷などがないことから警視庁渋谷署は自殺か病死とみて詳しい死因を調べている。

と同時に、なぜか「納得」もしてしてしまった。

  続きを読む
Posted by dankogai at 19:00Comments(13)TrackBack(1)

2008年09月29日

哀悼 - わが「父」、重松義行

晴天の、霹靂。

千夜一夜の皆様

nineHalf大人さんこと重松義行さんは、9/28 22:40 癌のため死去されました。
享年56才でした。
ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでご通知申し上げます。

未だ私の心は覚醒剤と麻薬を同時に打ったらこうなるのではないかという混沌の中にあるが、その混沌をも含めて彼への思いを綴っておくことにする。

  続きを読む
Posted by dankogai at 22:30Comments(11)TrackBack(0)

2008年08月07日

やっと「これでいいのだ」と言える - 訃報 - 赤塚不二夫&弔辞byタモリ

いつかその日が来るとわかっていたものとしては、この人の死もあった。

  続きを読む
Posted by dankogai at 23:00Comments(7)TrackBack(2)

2008年07月26日

訃報 - Randy Pausch, the Lecturer of "the Last Lecture"

その日がついにおとずれたとのことです。

404 Blog Not Found:「最初の講義」 - 書評 - 最後の授業
最後の瞬間まで注目せずにはいられない。
An Enduring Legacy - Carnegie Mellon University
Randy Pausch, the professor at Carnegie Mellon University who inspired countless students in the classroom and others worldwide through his highly acclaimed last lecture, has died of complications from pancreatic cancer. He was 47.
  続きを読む
Posted by dankogai at 18:30Comments(2)TrackBack(12)

2008年07月01日

So long, BillG. Save your little finger for your foundation.

というわけで、Bill Gates が引退する。のでひと言書けとあちこちから言われているのでここにまとめて書く。

Life is beautiful: ビル・ゲイツの引退と「ソフトウェア・ビジネスの興亡」と
つまり、ビル・ゲイツは「人類の歴史始まって以来初めて、土地・金・石油などの天然資源ではなく、知的プロセスをコントロールすることより世界一の金持ちになった」という点で特異な存在だというのだ。

それも一つ。

しかし、私にとって、彼の最も偉大だったのは、「みんな」と常に戦い、そして負けなかったことだ。

  続きを読む
Posted by dankogai at 14:30Comments(14)TrackBack(4)

2008年05月25日

訃報 - 弓手大之さん、株式会社イーツリーズ・ジャパン社長

logo

つい先ほどmailが入った。

弊社、取締役社長 弓手 大之儀、5月23日急逝いたしました。
ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでお知らせ申し上げます。

う、うそ。

  続きを読む
Posted by dankogai at 00:45Comments(3)TrackBack(0)

2007年10月31日

訃報 - itojunさん

そんなばかな。

http://www.hoge.org/~koyama/itojun.txt
萩野純一郎(享年三十七歳)が10月29日、夜に永眠致しましたので慎んでご通知致します。
  続きを読む
Posted by dankogai at 02:05Comments(0)TrackBack(3)

2007年08月12日

河合隼雄を使うだって?

共感するが同意は全く出来ない。

My Life Between Silicon Valley and Japan - 取り返しはつかない
新潮9月号に掲載された養老孟司「追悼河合隼雄 取り返しはつかない」である。
  続きを読む
Posted by dankogai at 19:30Comments(7)TrackBack(1)

2006年11月18日

石川賢、逝く。

え?

livedoor ニュース - [訃報]石川賢さん58歳=漫画家 「ゲッターロボ」作画
石川賢さん58歳(<本名・賢一=けんいち>漫画家)15日、急性心不全のため死去。葬儀の日取りと喪主は未定。69年、漫画家、永井豪さんのアシスタントとなり、翌年「それゆけコンバット」でデビュー。大ヒットした永井さん原作の「ゲッターロボ」シリーズでは、作画を担当した。他の代表作に「虚無戦記」など。

  続きを読む
Posted by dankogai at 03:45Comments(1)TrackBack(0)

2006年11月02日

白川静先生死去

おおなんと。

livedoor ニュース - [訃報]白川静さん96歳=漢字研究の第一人者、中国文学者
漢字の成り立ちを明らかにした辞書「字統」などを著した漢字研究の第一人者で中国文学者の白川静(しらかわ・しずか)立命館大名誉教授が、先月30日午前3時45分、多臓器不全のため亡くなっていたことが分かった。96歳だった。
  続きを読む
Posted by dankogai at 00:00Comments(0)TrackBack(3)

2005年07月17日

Niftier than its brother

鯖と格闘中に、某SNSで懐かしい方が声をかけてくださった。

Hero の独り言: パソコン通信サービスの終焉
他社が TTY 通信サービスを終了していく中,独りニフティだけがサービスを続けてきたわけですが,もはや限界というところでしょう。どうして?というより,長い間よくぞ続けてくれましたという思いの方が強いですね。

Hero(へろ)さん、ご無沙汰してます。

  続きを読む
Posted by dankogai at 05:02Comments(2)TrackBack(1)

2005年06月16日

「小飼」弾

漫画家の木下小福さんが、blogで夫婦別姓に関して触れている。

小福のへりくつ
でも、名前を変えたことに後悔はない。なぜなら、「面白い」んである。名前変わるのって、楽しいよ。今まで抱えていた罪深い部分とか恥ずかしいこととか足かせになっていたものとかが、全部老廃物になって排泄されるような気がするからね。

実は、私は識別子としての姓名の略号として名ではなく姓が使われている現状にいささか辟易している。

  続きを読む
Posted by dankogai at 11:41Comments(5)TrackBack(3)

2005年04月12日

Homo Laughiens

もし私が辞書を書くとしたら、「人間」の定義には

笑う動物 - An animal that laughs

と書くと思います。

そして、辞書でなく百科事典だとしたら、それがどれほど艱難辛苦に満ちたものかも実例付きで。

とりあえず、実例の一つをここに示した上で,正三郎さんへの返事。

弾さんへのコメント: ホットコーナーの舞台裏
本文の行数が多すぎるといって、書けないので。

いやあ、正三郎さんのような「豪速球投手」こそ、commentでなくてTBですよ。というわけで、早くTBとばせるようにして下さい>草野さん@朝風呂

というわけで本題は「続きを読む」にて。

  続きを読む
Posted by dankogai at 14:30Comments(1)TrackBack(4)

2005年04月08日

女性ジャーナリストvs.男性工学博士

野中ともよ評はR30さんに先を越されちゃったので、桑野幸徳評をしておこう。

[R30]: 【速報・三洋電機】CEOは何をするのが仕事か
 うおおお。遅れたマスコミ業界のことをねちねち考えている間に、世の中でははるか先を逝くできごとが。
  続きを読む
Posted by dankogai at 19:35Comments(1)TrackBack(3)

2005年04月03日

The Forgiving Man Has Been Forgiven at Last

訃報を楽屋で知る。福岡の地震といい、なぜか大ニュースの発生と前後するようだ>サンデージャポン。

私も時折「カリスマプログマー」などと呼ばれることがあるようだが、本物のCharismaの前では恥ずかしくて返事もできない。「超」や「激」と同じく、「カリスマ」もう少し惜しんで使ってほしい言葉の一つではある。

私は神を信じてはいない( Atheisticというより Agnostic )。しかし、彼ほど赦しを乞い、また赦して来た人が赦されぬ道理はなく、そして「赦し」を受動態ではなく能動態にする時、適切な主語が欲しいと思うときは時々ある。

「亡くなった」というよりは、「この世から暇を貰う事を赦された」という逝き方かたであった。

「冥福を祈る」資格は私にはない。その資格のある十億人には私は入っていないから。それでも、歴代のどの Pontifix Maximus (直訳すると「橋大工の棟梁」)より多くの橋を渡して来た男に、弔意よりも敬意を伝えずにはいられない。

Requiescat in Pace, Papa.

Dan the Unforgiving and Unforgiven

  
Posted by dankogai at 12:20Comments(4)TrackBack(3)