山火事理論改 N浦さんとの違いはここ

麻生さん、橋下さん2人が吠えています。






なぜN浦先生の予想は実数とかけ離れているんでしょう。それは学問としての数字で、単なる予想ではないからです。

例えば教科書的に感染者数予想は「感受性人口=人流」×「接触率」の掛け算で決まると話されており、今回の人流が減っていないのに感染者数が低下したのは、若者の行動変化による接触率の低下だと説明されている感染症の先生方が多いです。

ただこれが本当とはとても思えません。またワクチンも20代はほとんど接種できていないので20代の減少をワクチンの効果で説明するのも否定的です。

ではなぜかという仮説が山火事理論です。あくまでN浦先生の予想は全ての人間の感染しやすさが時間、場所関係なくほぼ同じと仮定して計算されています。それゆえ人流と接触の割合を抑えなければ感染は教科書的には止まりません。

ところが山火事理論では、燃え残った木はすでに燃えにくくなっています。その上ワクチンもかなりの数接種されており、燃えにくい木が増えて少々人流が増えてもそれ以上燃えることはなく感染は収束していくのです。

そして第1波から第3波まで(火種の残りが燃える)と今回の第4波と第5波(変異株)の違い、変異株の出現が波を産むという仮説を永江さんが厚労省のデータから導き出しました、私もそれに乗っかり、山火事理論改をツイートしました。そう4波から5波はリバウンドではなくただ変異株が続けて猛威を振るっただけなのです。(ただこの時期人流を減らすと感染者のピークはそこまで増えなかったかも)





実はこの5波、人流はほとんど減っていないのに収束のスピードが早いことが言われています。このアルファからデルタの流れ、大きな感染の波が短期間で続いたことでこの収束の速さを証明できる可能性があります。

おおきく感染拡大すれば、周りに不顕性含めた感染が大量に生じ、いわゆる自然感染免疫が誘導されます。しかも今回アルファから連続してデルタの感染が拡がったため、燃えに燃え続け、アルファで誘導された自然免疫もさらに強くなり、デルタで誘導された自然免疫もかなりの広がりを見せ、ワクチン含めて日本のコロナ感染免疫は今までで最強の可能性があります。それゆえ周りが何も燃えなくなったからあっという間にはやく収束している可能性が高いのではと思っています。デルタより感染力の強い株でも入ってこなければ今はもう何やってもほとんど燃えないのでしょう。

この自然感染免疫が誘導されることがなければN浦さんの計算通り感染者は増え続けます。しかし実際はインドのコロナ患者数含めて山火事が燃えることで自然に免疫が誘導され周りがどんどん燃えなくなっていくのです。ワクチンはそれへの上乗せです。そして免疫が低下すればまた波が来ます。それが大きな波か小さな波かはウイルスの感染力の強さで変わるのでしょう。

しつこく言いますが、人流は初期の感染拡大に関与しています。でも収束を始めたら今まで人流で増えていた感染が人流にあまり関係なくなるのです。そこがN浦さんや他の感染者数予想がいつも少なくなる理由です。

免疫って本当に面白いです。そしてコロナって本当に厄介です。そして山火事理論は仮説です。ただ少なくとも大きな矛盾なく説明できている点からもかなりいい線行っているのかなと思っています。


ブログランキング参加しています。
よろしければボタンを押して応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローお願いします。
https://twitter.com/yukitsugu1963

「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」 ワクチン後のポストコロナ 現場の医師からの提案

シルバーウィーク、たくさんの人出だったそうです。天気が良かったことも含め、もうお願いベースでは無理でしょうね。

もし今までのようにワクチンが無ければおそらくまたすぐ波が来るでしょう。でもワクチン後の今回、感染者が少し増えても医療逼迫などのそこまでの爆発はないことを私は予想しています。国会召集される辺りの10月初旬の感染者数、重症者数楽しみにしましょう。

NHKで尾身さんと一般の人たちとの対話の番組が流れていました。その際さまざまな業種の人が現政権のコロナ対策の問題点をしっかり発言されていました。その中で「ワクチンパスポートは若者が入れないことでの業界分断のため反対」という飲食店代表の言葉はとても意外なものでした。その分無料の検査での陰性証明の施策(リスク0ではなく減少させる意味で)が必要でしょうね。

後半の「現場ばかりみて一生懸命対応してくれている対策側の人達のことを考えていなかったのも問題」という歌舞伎町のライターの言葉は声が届いていないさまざまな現場の不安をよく表していたと思われます。でも日本人って話せばわかるといういい人が多いですね。

最後のリスクコミュニケーションの専門家の「対話が目的の対話は意味がない。信頼につなげていかなければ」という言葉はまさに菅政権の問題点でしたね。そう相手の立場に立たないと、細かな行政はできません。でもこの言葉の対象は分科会ではなく政治家の仕事、メディアの発信の仕方ですけどね。

そんな中、この番組にも参加していた私も尊敬する在宅医の佐々木先生の発言がとても納得いくものでした。 感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる。

医療の現場からやっとこのような意見が出てきました。そうワクチンのブレイクスルー感染で不安をいくらメディアが煽ってもワクチン接種後の患者はほとんど重症化していないことや、接種後半年以上経ったイスラエルと最近接種が拡大した今の日本は免疫状況が異なる事を理解さえすれば、今かなりの数が燃えにくくなっているため(山火事後とワクチン接種後)経済との両立は数ヶ月前のイスラエルと同じでできるはずなんです。

もちろん後半免疫が低下して燃える木が増えてきたら、強いウイルスが出てきたら少し制限が必要になるとは思いますが、この時期は一番動くのがベストのタイミングです。日本の思いっきりを期待し、経済回復の流れを作りましょう。

昨日のブログから再掲します。

感染者数はそれほど重視しない、重症者、死者を減らすことを重視して今後の対策を行なっていく

それゆえ疫学調査をしっかり活用し爆発しないようにすると同時に、万が一爆発した時の医療体制を強制力を持って整備し、人をしっかり補充し今までのような緊急事態宣言はそこまで実施しない。

そしてそれでも制限をしてもらわなければならないときには、医療だけでなく全ての職種に保証をきっちり行う
(コロナ前の半分の保証など?)


ブログランキング参加しています。
よろしければボタンを押して応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローお願いします。
https://twitter.com/yukitsugu1963


4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

自民党4候補が各場所で討論を行っています。各サイトから公約部分を引用します。

河野太郎
>新型コロナウイルスについて、最新の科学的知見に基づいたわかっていること、わからないこと、できること、できないことをしっかりと国民と共有し、謙虚に、わかりやすい対話をしながら決めていきます
ワクチン接種を迅速に進め、必要な3回目接種の準備をします。 また、ワクチン2回接種後の経済・社会の平常化プログラムを提示します。
必要な時には思い切った人流抑制で感染拡大をおさえます。
検疫を強化して、新たな変異株の国内侵入を防ぎます。
医療提供体制を拡充し、治療薬と国産ワクチンの開発を強力に支援します。

岸田文雄
>「医療難民ゼロ」
「ステイホーム可能な経済対策」
「電子的ワクチン接種証明の 活用と検査の無料化・拡充」
「感染症有事対応の抜本的強化」(感染症対応を一元的に担う「健康危機管理庁」の創設等)

高市早苗
>● 重症者数・死亡者数の極小化
● 日の丸ワクチンと治療薬
● パルスオキシメーターの配布
● 必需品の国内生産体制の強化
● ワクチン接種の課題
● 自衛官にもワクチン優先摂取を!
● 感染患者の移送困難事案
● 「東京方式」は十分に機能していない
● トイレの利用方法の啓発
● 「ロックダウン」ができない日本
● 憲法も含めて法制度整備が必要
● 大胆ですばやい財政措置
● 創薬力の強化と日本の弱点
● 米国との研究資金の差

野田聖子
コロナに特化してまとめた記載はあまりない?
ロックダウンはいらないというのが他候補との違い

注)立憲民主党
>医療現場を支援
感染を封じ込める
暮らしと事業を守る

日曜討論では
前菅政権の問題点(初期の油断、広報の問題、治療環境の不備、医療提供体制の改善等)は基本4候補とも共通ですし、ロックダウンも野田さん以外みんな実施するですし(高市さんはエボラ用?)、正直4候補のコロナ対策はこれといってそこまで大きな違いはありません。

またコロナ後の対策に関しても、新技術への投資(法人税減税を使った企業の人件費の分配促進)、分厚い中間層実現(日本型の資本主義、格差の改善)、機動的な財政出動(効率の改善、現預金課税)、子供への投資(世界への投資受け入れ、子供費用を国債で)といった内容に少し違いを産んでいるのかもしれませんが、
野田さんが少し感染の危険性に対して緩め以外そこまで違うとは思えません。

それこそ6月に改定された立憲民主党「zero コロナ」戦略含めて理想は美しいが具体性にはどれも欠けるといったところでしょうか。

また数人が挙げている国産の話ですが、今まで予算を削減し放置していたぼろぼろの日本の研究基盤を考えるとそんな簡単なものではないことを自覚すべきです。(大阪の国産ワクチン会社の国産ワクチンどうなっています?シオノギも効果弱くてやり直しとか)

個人的には一番最初に手を挙げた岸田さんの内容が一番具体性が強いと今の段階では思います。特に

>「臨床医療」、「疫学調査」、「基礎研究」を一体的に扱う「健康危機管理機構(仮称)」の創設。

これが本当にできたら日本の医療体制がまた世界と競争できるかもしれません。(可能ならFEMAみたいに健康以外もやってほしいですが)

ただはっきりと

感染者数はそれほど重視しない、重症者、死者を減らすことを重視して今後の対策を行なっていく

それゆえ疫学調査をしっかり活用し爆発しないようにすると同時に、万が一爆発した時の医療体制を強制力を持って整備し、人をしっかり補充し今までのような緊急事態宣言はそこまで実施しない。

そしてそれでも制限をしてもらわなければならないときには、医療だけでなく全ての職種に保証をきっちり行う
(コロナ前の半分の保証など?)

と述べてもらった方が好ましいと感じるのですが。でないといい仕事をしていたのに干された菅内閣のようになってしまいます。

ブログランキング参加しています。
よろしければボタンを押して応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローお願いします。
https://twitter.com/yukitsugu1963
Twitter プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

dannapapa

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード