アントニオ猪木さん永眠 三遊亭円楽さん含めて医療の進歩はあった ただ本人の気力、体力が重要

アントニオ猪木さんがお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りします。



病名は心アミロイドーシス(全身性?)。ユーチューブで闘病を配信されていました。

>治療
アミロイドーシスの病状進行を防ぐ治療として、ALアミロイドーシスでは化学療法や自家末梢血幹細胞移植など、ATTRアミロイドーシスでは2019年に保険適用となったタファミジスという薬剤などがあります。

血液内科において全身性アミロイドーシスに対してつい最近骨髄腫の治療薬が最近保険適用されました。正直それまでは化学療法と言っても進行を遅らせるだけの治療で、一部の大学において臨床研究としての末梢血幹細胞移植が行われていたというのが実情です。

令和2年7月の病名発表から何度も死から復活されたのは、もちろんアントニオ猪木さんであったからですが、そこにここ数年の医療の進歩は間違いなく関与したかなとは思っています。

ただ2018年に肺がんの発表されて、9月30日にお亡くなりになった三遊亭円楽さんも医療の進歩はいくらか貢献したとは思いますが、ご本人の闘病歴、肺がん手術脳腫瘍(脳転移?)3度のICUからの復帰何回もの胸水(癌性?)穿刺脳梗塞?(脳転移の影響?)そして直前の肺がんの再治療など、円楽さんでなければここまではなかったんだろうなと思います。



お二人の気力、体力だからできたとは思いますが、それでも医療の進歩をみんなが享受できるよう医療者は頑張っていきたいと思っています。だってそれまでは何も治療できなかったのに、本人の助けが入りますがここまでできるようになったのですから。

お二人のご冥福をお祈りします。そしてありがとうございました。

ブログランキング参加しています。よろしければボタンを押して応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローお願いします。
https://twitter.com/yukitsugu1963

シオノギコロナ内服薬ゾコーバとエーザイ認知症薬の逆襲 しっかりした臨床試験で結果を出せばみんな納得

なんとあのシオノギのコロナ内服薬ゾコーバが臨床試験第3相パートをしっかり実施して、症状を24時間改善させることが有意差を持って証明できたそうです。





>軽症・中等症患者を対象とした試験で、対象患者集団で症状が消失するまでの時間が短縮されたほか、3回投与後におけるウイルスRNA量を有意に減少させ、優れた抗ウイルス効果を確認したという。

これでインフルエンザタミフルと同じ使い方ができる根拠となりました。もちろん副作用、他の薬との飲み合わせに気をつけなければいけませんが、今ある重症化予防薬2種類より使いやすそうですし、そして本当に効果があるということが臨床試験で証明されたので、今までの反対の立場は捨てて新しい薬ができたことを喜びたいと思います。

軽症のコロナ患者に高額薬?を使用するかどうかはなかなか難しいところではありますが、少なくとも効果のなかったイベルメクチンに比べて医師として使う根拠がしっかりでてきました。

ほらあの時早期承認しておけば良かったのには無しですよ。これはあくまで結果論です、最近の医師は根拠ないものを何となく使うことを毛嫌いする人種なので。ただシオノギが最後までしっかり試験を行い出た結果には拍手を送りたいと思いますし、前回のようなズルをしなければ良かったのにと未だに思っています。

そしてもう一つ、認知症薬レカネマブがエーザイから承認されそうです。



>レカネマブ投与群が偽薬(プラセボ)投与群と比較して27%の悪化抑制を示した。

今までの歴史から否定されかっていた認知症アミロイドβ起源が証明されたこととなり、それこそブロックバスターとなる可能性があります。

こちらの記事に最初の臨床試験でだめだった歴史などが書かれています。



>レカネマブの治験の設計の妙は、どちらに転んでも言い訳のできないシンプルさにある

本当認可されたけど評判の悪かったアデュカヌマブ(日本や欧州では認可されず)を社会に認められていないとこれ以上深く追いかけず、新しい薬で臨床試験を実施し続けたエーザイ、そしてシンプルにいい結果を出したことは賞賛に値します。

早期アルツハイマーから使うことで認知症予防効果がしっかり認められたとのことですが、ただこちらも早期の診断と使い方、薬剤費はなかなかの問題でしょう。医療のコストは常に考える必要があります。

どちらにしても企業の努力で大逆転はとても喜ばしいことだと感じます。

ブログランキング参加しています。よろしければボタンを押して応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローお願いします。
https://twitter.com/yukitsugu1963




安倍元首相国葬 反対は500人?1万5000人? 主催者発表を垂れ流すメディア

安倍元首相の国葬が無事終了しました。



>一般献花台にはおよそ2万3,000人

菅前首相の弔辞は日本国民においてこの2人の成し遂げたものの偉大さをあらためて教えていただけるものでした。



世論が2分された、いや反対が6割とメディアが報道してきた国葬問題。反対のデモは写真を見る限り数百人のようですが、一部の記事によれば1万5千人と主催者発表をそのまま垂れ流しています。まあ人の数が実際正しいかどうかはメディアには関係ないんでしょう。

一般献花台に2万3000人が粛々と並んで花を届けた大多数の方が4割で、お祭りのように騒ぎながら安倍さんの写真を射的のまとにしたり、警察に罵詈雑言浴びせる人たち数百人が6割?

どちらが日本の世論を代表しているか、一部メディアや選挙で選ばれなかった野党が反政府を誘導しようとしても結果は出てしまったようです。

最後に安倍元首相おつかれ様でした。菅さんの言葉を借りますが日本人の大多数はわかっているようです。安らかにおやすみください。

>いま、あなたを惜しむ若い人たちがこんなにもたくさんいるということは、歩みをともにした者として、これ以上にうれしいことはありません。報われた思いであります。

ブログランキング参加しています。よろしければボタンを押して応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローお願いします。
https://twitter.com/yukitsugu1963




Twitter プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

dannapapa

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード