中村ゆきつぐのブログ

現場の声を国政へ

マスコミさん 医療の"ミス" 言葉の使い方を変えるのは無理ですか

ガン患者としての一つの正しい情報を提示してくれた小林麻央さん。本当悪性新生物を扱う医療者として感謝するとともに尊敬しています。

そしてマスコミの対応、海老蔵さんの対応、いろいろな価値観を踏まえ、人それぞれが生きていく上で多様性の世界で行動されていることを尊重します。成田屋の代表として、子供の親として、夫として、海老蔵さんを尊敬します。

その中でこの朝日の記事。(小林麻央さんが後悔した乳がん診断 「医療ミス」と思ったらどうするか?

>がん医療の技術は日進月歩ですが、いまだ完全ということはなく、発展途上にあります。まして、がんは個人差が大きく、たとえば検査で明らかにできることには限界があります。また、どんなに訓練をつんでいても、ミスは人間の行為につきものです。真実が明らかになり、どのような決着がついても起こってしまった事故はもとに戻せませんが、将来の患者のためにも、真実を明らかにして再発防止につなげたいものです。

記事の内容は悪くないのですが、この表題、麻央さんの例は「医療ミス」なのですか。

授乳中のしこり。医療において乳がんである確度は正直高くはありません。もちろん0ではないため数ヶ月後の受診をすすめていたと書かれています。麻央さんはそのことを忘れて少し遅れて受診され、残念なことにがんが進行しており今回の残念な結果が起きたと言われています。しかしそれは医療ミスではありません。あの当時のパチンコ玉の大きさの腫瘤ががんかどうかは正直わかりません。

すぐに診断できなかったことはミスではありません。それこそ最初の時に手術されていたとしても悪性度の高い腫瘍であることが想定されていますので結果はなんとも言えません。またガンでなければ過剰医療と言われ、別の"ミス"の疑いすら出てきます。

したり顔の医師たちも、あの時手術していれば亡くなることはなかったという人も多いです。そんな医師の気持ちもわかりますが、ただそれも100%ではありません。そう医療の不確実性です。不信感を生み出すその言葉、医師として言わなければいけない言葉でしょうか。

でも今回とは別に、医療ミスは間違いなく存在します。それを防げない"ミス"か防げるミスにしっかり分けることが必要で、助からなければ医療の"ミス"というこの記事の表題の持っていきかたは正直気に入りません。仕方がないのですが、こういう記事でまた対立を作ろうとするのではなく、今後のがん治療における麻央さんの貢献を前に進めていってほしいです。

生きたいような自分になる。それこそ、マギーズのように。海老蔵さんのブログのように。 宜しくお願いします。

ブログランキング参加しています。下や横のボタンを押してよろしければ応援お願いします。

    

 

小林麻央さんお疲れ様でした

最後の最後まで頑張っていた小林麻央さんが昨日お亡くなりになりました。ご冥福をお祈りします。

彼女のブログに励まされた患者はおそらくたくさんいらっしゃったと思います。もうあの笑顔が見れないかと思うと残念です。私も触発されて彼女について記事をいっぱい書いています。((1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)

海老蔵さんの会見を見る限り、本当マスコミも仕事なんだろうけどそっとしてあげられないのかなと思いました。ただ歌舞伎の世界を背負って立つ海老蔵さんにとって、舞台含めてこの会見も仕事なんでしょうね。本当あのやんちゃだった、自分を変えてくれたと言った海老蔵さんを尊敬します。おそらく麻央さんの分までちゃんとやろうとしているんでしょう。

34歳という若年者癌患者の闘病記。緩和ケア、在宅というある意味受け入れなければいけない運命を知らしめてくれた彼女、最後まで他人への愛を忘れなかった彼女、そしてそれを支えた家族にお疲れ様でしたと伝えたいです。 ご冥福をお祈りします。

ブログランキング参加しています。下や横のボタンを押してよろしければ応援お願いします。

     

日本の防衛 相手に合わせて変化しないと無意味 NHKクローズアップ現代+から

昨日のクローズアップ現代+、日本の防衛の問題です。(岐路に立つ防衛政策 ~“敵基地攻撃” “防衛費”は~

>核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮や、海洋進出を強める中国など、安全保障環境が大きく変化する中、自民党の安全保障調査会は20日、敵の基地を攻撃する能力の保有や、防衛費の確保について踏み込んだ内容を記した提言の案をまとめた。今後、防衛力をどのように整備していくべきなのか。岐路に立つ防衛政策のあり方を考える。

正直憲法9条の解釈をずっと行い続けている日本でこんな番組が作られることにびっくりです。

1 対基地攻撃能力は必要か
 北朝鮮のミサイル危機が高まった今、発射する蓋然性が高まった時に基地を攻撃する能力を持つ必要性が議論されていました。ちなみに以前国会では自衛隊出身の宇都隆史議員がこの質問をしていましたが、特に大きな話題にはならなかったです。抑止力としてのミサイル、打たれた後の防衛より打たせないための装備、一般的には前者は当たり前のものです。

 まあ艦船が近くに行ったら基地攻撃できる武器はすでに持っているというコメントは本当そうで、距離を伸ばすことで武器に歯止めがかからなくなる恐れは正直ありますが、まあ相手にしっかり合わせないと迎撃ミサイル使う間もなくどんどんやられるんですよね。ちなみにこの抑止力の最終系が北朝鮮の核ミサイルであることはみなさんお気付きでしょう。

 医療で言えば、対基地攻撃はがんが出来る前に予防するワクチン、迎撃ミサイルはがんができた後の検診・治療てとこでしょうか。どうしても検診・治療は予防に効率、予算的に勝てません。

2 防衛費GNP2%
 倍ですか。まあいきなりは無理でしょうけど、中国考えるとある程度仕方がないですかね。そうはいえ、相手の言い値の高い買い物に慣れている日本は今後なんとかやり方を変えなければいけないでしょう。あと人件費も予備自衛官等で頑張っているんですけどね。

 でも医療費と同じで新しくていい武器は高いんですよ。それ考えると相手に対処するためには1%超えるのは仕方がないでしょう。でもそうすると社会保障費は減るな。景気あげないと。

 みんなで考えましょう。声に出しましょう。北朝鮮、中国がどのように行動するのか。そして東南アジアで暴れているISなどを考えた際、どれだけ同盟が大切で、どれだけ抑止力が必要か(フィリピンと米軍の関係)理解しましょう。

 何度も言いますがお題目で9条改正反対と唱えても外国は認めてくれません。装備を持つことと戦争をすることとは別です。国際的には当たり前のことです。

ブログランキング参加しています。下や横のボタンを押してよろしければ応援お願いします。

    

 

 
Twitter プロフィール
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード