フジテレビ報道プライムサンデー 医学部裏口入学の舞台 勉強なりました 裏口入学と官僚の犯罪は分けるべき問題

自分のブログを見てくれたそうで、医学部裏口入学についてフジテレビ報道プライムサンデーから、医学部の現実などの取材を受けました。高須先生の発言なども含めて多分報道内容確認のための意見収集だったと思うのですが、実際の番組を興味深く拝見させていただきました。(特に私のブログ紹介等はありませんw)

放映された内容です。
1 文科省の官僚の犯した行動は絶対に許してはいけない
2 政治家の関与はもしかしたらあるかも
3 受験予備校含めてブローカーが今でも裏口入学に関与している可能性がある
4 医学部の学費が下がって偏差値が上がったことで優秀な生徒が入学するが、代わりに寄付してもらえるお金がすくなくなり、医学部が裏口入学をやめれない理由となっている?
5 アメリカにはオープンにされているある意味優先枠、レガシー枠というのがある
6 国家試験、留年を考えると医学部裏口入学はあまり効率的ではない

2はあまり根拠ないなと思いましたが、その他の内容はとても納得できるものでした。特に1については一貫して強く批判されていました。裏口入学と官僚の犯罪は分けるべきという結論は全く同意です。

4に関してはなるほどと再確認させていただきました。入学後しか寄付は要求できないので、払わなくなった学生が多くなっているのは知っていましたがそれが原因の一つかもというのはなるほどです。

5に関しては推薦含めて私立医大であれば推薦入学の拡大解釈としてありなのではと強く感じました。なにせ国家試験に受からない限り医師にはなれませんので、裏口入学させてもそこまでとんでもな医師を作るわけではありません。もちろん親の財力の意味で不公平ではありますが。

今回の番組勉強なりました。

ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローしてください。

熱中症 エアコン早くつけなよ 死んだらとりかえしつかないよ

パソコン壊れてます(; ̄ェ ̄)このままではいつものような原稿が書けない。とりあえずスマホでなんとか、と思ったらやっと復活!
いやはや、熱中症患者たくさん出ています。それこそ自分の勤務している病院でもほぼ毎日救急車来ています。

昨日の全国の救急車搬送患者は2392人。そのうち8人が死亡!死亡率0.3%!心筋梗塞の5%前後、脳梗塞の7%(後期含む)に比べればそりゃ低いけど、ちゃんと予防すれば100%防げる病気、いや外傷だけに残念です。御冥福をお祈りします。

小学一年生の事件は後出しジャンケンのような感じ含めてコメントしにくいのですが、35度超えたら極力外での行動はやめるべき。それでも働かなきゃいけない人は、水分補給、体の冷却、十分な休憩をとり、仕事の効率は諦めなきゃ。2014年の昔の記事です。

WBGT指数で学校における全ての運動は禁止すべきなのは当然。そして学校にエアコン完備していなけりゃあまりにひどい時は登校停止でもいい。死んだらとりかえしつかないよ。そう台風や大雨と同じくらい大変な状況だからね。

もちろん昔はエアコンなんてなかったという意見を聞いてもいいけど、ここ最近の温度変化を理解すべきだし、何より自然変化には勝てないからね。

もう一度、子供を守るために何を大人はしなければいけないか考えて欲しい。

また自衛隊員の熱中症の記事も出てたけど、隊員しっかり予防して頑張れ!自分で自分の体をしっかり守るのも訓練だよ!レンジャー訓練ではないんだから。

ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローしてください。

がん検診で3度見落とし 女性死亡 小さい時はゆっくり大きくなる肺がんは胸部単純写真での確定は難しい 念のため検査はやはり必要? がんもどきからがんへのいい例

朝日新聞ニュースです。(がん検診で3度見落とし、40代女性が死亡 杉並)患者さんのご冥福をお祈りします。それにしても4月に症状出てから3ヶ月以内の死亡は早いな。そしてがんの大きくなるスピードが4年というのも平衡相と逃避相の関係なんだろうか。今年1月からあっという間に大きくなったのかな。

タイトルがあまりにも過激です。でも内容は想像できます。最初の2014年の検査で陰影を見つけています。しかしそれを正常に存在する乳頭と判断し、精密検査を行わず正常と判断したのでしょう。そして翌年も当然陰影はあるのでしょうが、一度乳頭、正常と捉えていたためまた同じ判断をされた可能性が高いです。(この時大きさの変化はあったのでしょうか)

ただ2014年、2015年はまだしも、2018年1月は本当に乳頭で説明がつく大きさだったのかな。そのあとの進行が早いことを考えると少し疑問です。肺がんにおける胸部XーP写真での検診の限界を説明しているメドレーのいい解説です。

近藤理論で言えば2014年、2015年当時は「がんもどき」だったのかもしれません。でもこうやって「がんもどき」のように見える腫瘍ががんになるのは本当当たり前のことで、予想がつかないのです。

本日病院が会見を開き説明するそうです。肺がん検診と過剰検査(放射線)の問題があるのですが、念のため検査はやはり必要なのかなと思ってしまいます。

ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローしてください。


Twitter プロフィール
記事検索
プロフィール

dannapapa

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード