生活保護より貧しい人がちゃんと生活しているから保護費を下げる? 貧乏自慢

毎日新聞記事です。(生活保護見直し案 最大13%減 母子加算2割カットも

>生活保護の生活費は最低限度の生活を営むのに必要な水準が支給され、生活保護を受けていない低所得世帯と同じ生活水準になるよう算出。5年に1度見直している。

今生活保護家庭がもらっているお金は、生活保護ではない低所得世帯より高いということで減額されるとのことです。つまり貧乏な家庭のお金で健康で文化的な最低限の生活ができていると政府は判断したのでしょう。

正直今まで生活保護問題については書いてきましたが、病院にかかる生活保護患者というバイアスがあったことを考え、態度が悪いとか、不正しているとかいう感覚は一部の悪しき人だからと理解してきました。

ただこの減額含めて一体基準は何?苦しい生活と生活保護を受けなければいけない生活との違いは?以前の記事でも書いた内容です。それだけデフレがまだ解消されていない?

>大都市部では多くは減額になるが、地方都市では増額となるケースもある。

なんか複雑なんですよね。結局個別の対応が必要なんですが、なんかお金の額ばかり取り上げられて、「健康で文化的な生活とは」にもっと真摯に向き合ってくれないかな。貧乏自慢してもしょうがないだろうに。

ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。
 

ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローしてください。
@yukitsugu1963    


 

政治と医療 自治体はどうすれば? くらて病院問題から

仕事の関係で更新が遅くなり申し訳ありません。特に健康状態になんの異常があるわけではありませんのでご心配なく。

本日はあのくらて病院の問題。なんか画期的な新聞記事が毎日から出ています。(「くらて病院」問題 「全ての責任は町長に」 町議会特別委が報告書 /福岡

>鞍手町の地方独立行政法人「くらて病院」の常勤内科医6人が来年3月末で辞職を表明している問題で、町議会特別委員会(田中二三輝委員長)は6日、「全ての責任は徳島真次町長にある」などとする報告書を議会に提出した。
>報告書は「副理事長を退職に追い込んだ」など嘆願書が挙げた6項目を法や病院定款を逸脱した「町長の不当な介入」と認定。

議会が町長の責任を認定!しかも全て!今までの田舎の議会ではあまり考えられない行動です。

この病院自体は黒字経営とのことで、少なくともこのままの状態で維持させておくことで貴重な鞍手町の財産だったにもかかわらず、建て替えの問題(の利権?)からこじれてしまったこの問題、本当なぜこうなったのかはこの議会報告書からは市長個人の問題だったことがわかります。

政治家が医師の人事権にも介入しようとしておきたこの問題。他に医師の供給があれば何の問題もなかったのでしょうが、地方の医師は本当不足状態。そんな当たり前のことにも認識せず、一人の政治家の勘違いで地方自治が医療を崩していく構図が示唆されます。

>「町長自身が、患者やその家族、町民らに誠意ある謝罪を行うとともに、病院に対しては、今後一切不当介入を行わないことを誓約し宣言する必要がある」

以前は町長の言葉が絶対だった時代、鞍手に住むこの町長が時代に遅れてしまっていたのでしょうが、せっかくの町の一つの財産が消えようとしています。

ただこの政治家問題とは別に、正直一般病棟100床、包括ケア病棟22床、回復期リハビリテーション病棟60床、療養型病棟40床、老健施設60床を有するケアミックス型の病院が万が一なくなっても、慢性期医療において色々調整は必要になるでしょうが 、急性期医療行政的にはおそらくなんとかなるでしょう。それこそ福岡は東京を除いて一番医学部が多い県で、救急車受け入れ率も最高の地域ですから。 

ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。
 

ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローしてください。
@yukitsugu1963    

豊洲入札不調 バカにされているのに赤字の仕事はしないのは当たり前

日経記事です。(小池知事に激怒 ゼネコン「豊洲の乱」)本当失敗はどうして起きるのかがわかりとても興味深いです。

ゼネコン業界、今後の付き合いを考えるなら赤字の仕事を受けることはあるでしょう。まして東京都。たくさんの公共工事がこれからも回ってくるのですからお付き合いは大事です。いわゆる忖度!それでも都が出した予定価格では入札がありません。損して得取れのゼネコン業界、一体どうしたのでしょう。

>「4億円の工事で1億円単位の赤字などありえない」(ゼネコン大手幹部)今後につながる工事なら赤字でも取りに行くことがあるが、豊洲の工事は終盤で次の発注も見当たらない。「都の工事の積算能力こそ、問題なのではないか」

とんでもなく低い予定価格をつける都の能力を批判しています。ただこれは本当職員だけの問題なのでしょうか。それとも上からの指示があったのか。実はその点も興味深いところです。

>「当時の事情に触れぬまま、金品をかすめ取る泥棒のように言われては、今後も都の案件で何を言われるかわからない」(ゼネコン首脳)。「プライドはないのか」という強い発言には汚名を着せた小池知事への強い怒りがある。

これだけ騒がれた豊洲問題。建設業界では全く問題がない事象でも面白おかしく陰謀報道され、頭の黒いネズミ扱いされたんじゃそりゃ利益、リスクを考えれば普通仕事は受けませんよ。

まあ一番は景気の問題です。人件費高騰、材料高騰、それこそ2%のインフレはとっくに起きている感じがあります。高齢化含む労働者不足も今後さらに大変な問題です。それでもまだ後々のことを考えたらやはり入札してここで都に恩を売っといてと思っていても、予定価格が論外!ましてこの状況で受けても小池知事じゃ恩と思ってくれそうにない。

まあ昨年の小池さんの敵を作る自由な思いつき本当高くつきましたね。 

それでも頭を下げて、丁寧に説明して、お願いしなければオリンピック間に合いません。なんとかしなければいけないのです。今後の小池さんの手腕が試されるところです。

もしこれがうまくいかなかったら、所詮派手なプレイヤーだが、落とし所も、調整力もない政治家と証明されるでしょう。

ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。
 

ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローしてください。
@yukitsugu1963   
 
Twitter プロフィール
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード