2012年09月

元自衛隊医官のブログ 祝10万回突破

 約2年前の突然の出馬宣言からはじめたこの素人のブログに、のべにして10万回のアクセスが記録されました。本当にありがとうございます。

 今年4月から獨協医大の血液腫瘍内科に所属し、血液内科臨床にもどった今、以前よりは更新がおそくなっていますが、BLOGOSや、医療介護大会議にとりいれて頂いて、少し変わった元自衛隊医官の意見をもっと多くのみなさんがたにみていただいています。

 様々な意見をお聞かせいただける事に
感謝するとともに、
大変勉強させていただき御礼申し上げます。

 そもそも私が選挙なんてものにでた一番の理由は、医療の現場と危機管理の問題からでした。

 小泉元総理、竹中ブレインの時代からはじまった聖域なき構造改革のもと医療費削減が始まり、ただ単に患者を診る事だけに専念していた医師達が、時代に乗り遅れていくことで患者さん達との意識にズレが生じはじめ、マスコミの影響を含めて医療崩壊が始まり、このままでは患者さんを診る事すらできなくなると思ったからでした。

 また新型インフルエンザ、口蹄疫など、普通におこなえばなんの問題もない危機管理対策を、稚拙にしかおこなえない政府の対応に腹をたてていたことももう一つの理由です。

 やめた後生じた原発問題では、ミサイルが落ちても発電所は壊れないと自衛隊時代から教育を受けていた自分は、放射能事故なんかおこるはずはないと信じて、かならず安定させるマニュアルがあるにちがいないと信じて、応援のブログを書いていた事を思い出します。

 そして信じていたものが裏切られたこと、そして事後処理の下手さが相変わらずな事などから攻撃性が増していきました。

 また選挙にでることで、安定していた?公務員の立場をはなれた結果、自分のまわりの問題だけしかみていなかった自分にさらに気付かせていただけました。

 栃木の地域医療にすこし参加させていただく事で、自衛隊、防衛医大時代に感じていた医療問題のさらなる奥深さを経験させていただき、単純に医療費ふやすだけや医師の待遇改善などではすまない事も理解を深めました。

 そのひとつは医療のビジネス化として問題の認識でした。そして製薬業界を含めたいびつなビジネス体系は癒着を含めお金の使い方も現在おかしな事になっていることも理解できました。

 ある有名な公務員ブロガーから、正規と非正規の給料の違いを嘆いたら、この人間は選挙に出るのは早すぎると厳しい記事を書かれたこともありました。

 また医者としては常識として書いた記事が一般の人から非常識として非難された事も、自分の考えの浅はかさを思い知らされました。

 専門性を生かしながら、総合的にいろいろ勉強続けながら、また書いていこうと思います。


人気ブログランキングへ 

 
 ツイッターもよろしく
@yukitsugu1963
 

 

放射性廃棄物最終処分場 栃木と茨城

 国が選定した最終処分場候補地に、栃木県矢板市と茨城県高萩市が選定されました。これは国が定めた法律に基づくものです。平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法(平成23年8月30日法律第110号)

 「1月に施行された放射性物質汚染対処特措法では、指定廃棄物処理は国が責任を持って処分するとしており、処理は指定廃棄物が発生した都道府県内で実施する。最終処分場は茨城、栃木、宮城、千葉、群馬の5県で設置を予定し、平成26年度中の完成を目指している。」産經新聞記事より

 今この決定のプロセス、発表対応について問題となっています。どちらの地方自治体の長も住民も大反対として報道されています。矢板市では知り合いが建設反対決起集会に参加したそうです。

 
がれき処理では全国に分散するのに、放射性廃棄物処理はその県でというなんだかおかしな話です。

 今までも何回も書かせていただいてきましたが、放射性物質の処理は拡散を防ぎ、なるだけ狭い地域に隔離することです。

 よって阪神淡路大震災の時のがれき処理とは異なる事が少し考えればわかるはずです。プロメテウスの罠のつい最近の特集にも国のまちがった対応が書かれています。

 そして一番大事な事は、細野原発担当大臣の約束からなのか、この新聞記事によると汚染のひどい福島は候補地になっていません。(ただ法律には書かれていませんし、変更可能という条文があります)

 あれだけ痛めつけられた福島県民をさらにいじめてどうするんだという批判は受けます。

 でも私は最終処分場は福島につくるべき、特に福島第1原子力発電所の近くにつくるべきと言わせてもらいます。

 一番汚染のひどいところに集める事が、教科書的対応です

 実際、今の世界でのレベルの最終処分施設の能力で言えば、放射性物質を漏らす可能性は非常に低く、新しい原発を近くで造る事より危険性が低い事は理解しています。

 でもその近くで住んでいる人に不安から来る迷惑をかける事を強制する事は、汚染された土地を住民から買い上げるよりはもっと難しいでしょう。

 福島第1の近くの土地をそこに住んでいた住民から全て買いあげ、国有地として扱って処分場を造り、今回の事故で東北、関東で拡大した全ての汚染物質を集めて処理すべきです。 

 原発の事故では死亡者が出ていないと池田信夫先生はおっしゃっています。

 福島県立医大の医師は、福島の子供に発生した甲状腺がんは今回の事故とは関係ないと言われています。

 だから安全だと言っても、確定していない事、根拠の乏しい事、科学的にまだ完全には証明されていない事を、いくらしたり顔で言ってもだれにも信用してもらえません。

 ましてや不信感でいっぱいの人にどれだけ正しいと思える事を伝えても、納得していただける事は不可能です。

 生命に危険がなくても、自分の住む地域が悪臭等の環境上劣悪に変更される事を我慢しろといっても、だれも喜んではいとは言わないと思うのですが。 

 もっともっと不安を取り除くことをしなければいけません。

 今回若年者の甲状腺の検査は福島だけでなく他の地域との比較がおこなわれるようになりました。比較データを作る事で不安は除けます。

 また原発があった地域や世界に置ける処分場の地域の白血病や癌の発生率を他と比較して差がないことを表に出せば、かなり不安は除けると思うのですが。(差がないという前提で話しています。でも患者の正確な数が統計されていない問題はあるんですが)

 本当にほとんど影響がないのであれば、原爆、チェルノブイリだけのデータだけでものを言うよりもどんどん新たなデータを出して、住民達の不安を除くべきです。

 一番大事な事は隠したりうそをつかない事です。 でて来た結果の解釈は学者がいろいろ言うと思いますが、正直なデータを出すべきです。

 国連で中国とやりあったみたいですが、外交だけでなく内政もよろしくお願いします。

 原発再開したければ、最低上記のデータが欲しいですね。 



人気ブログランキングへ 

 
 ツイッターもやっています。@yukitsugu1963
 

安倍自民党新総裁 マスコミの読み通り コメンテーターは失敗

 自民党総裁選は決選投票の末、安倍元首相が自民党新総裁になられました。

 個人的には非常にうれしい事です。

 麻生さんも応援していましたが、本当に素敵な政治家ですし、人間です。

 ただ、体が少し弱いのと、やさしすぎるところが心配です。TBSでもやさしすぎるから、しらをとおしきれませんでした。

 以前総理になられた時に体調を崩され、本当にぼろぼろになり総理をやめ入院されました。(私はそのころ丁度官邸に勤務していました。無力さを実感しました。)

 そこから復活し、いい薬のおかげで再発の恐れはかなりなくなったとのことで今回の選挙に出られ、見事に当選なさいました。演説は力強かったですね。

 いい薬とは、レミケード、ペンタサなどが考えられます。しかしその薬よりも一度崩れてから這い上がってくることができた経験がさらに自信をつけさせています。

 そしてその人は以前より非常に強くなっています。多分次回は体を壊す事はよほどの事がないかぎり大丈夫でしょう。

 本日の朝のTVで安倍さんが2位になり、決選投票で勝つと予想されていました。本当に選挙の予想は最近正確なんですよね。前の参議院の選挙の内容も前日には判明していました。

 ところで話は変わりますが、そのテレビで検事出身の弁護士が、安倍さんは完全に治ったということを説明しないとおかしいとコメントしていました。

 診断書は準備されているとの事でしたが、その診断書の内容に絶対悪くならないとは書いてはいないでしょう。

 確率論でしか言えない病気の事を、100%求めると言う医療訴訟の一番おかしな点を、この法曹コメンテーターは要求していました。

 病気を持った人はどれだけ寛解状態になっても役職に就いてはだめだと言っている事に法曹のくせに気付いていません。

 だから医療訴訟が増え続けるのですがね。

 本題に戻り、安倍さんへ。

 日本の国の問題:経済、憲法改正、外交と山積みですが、頑張って欲しいです。 

 今度はしっかりとしたブレインをたくさん使ってください。 



人気ブログランキングへ 

 
 ツイッターもやっています。@yukitsugu1963
 

東京医科大茨城医療センター保険医療停止 

 大学病院として初めて東京医大茨城医療センターが保険医療停止になるそうです。

 3年前の不正請求に対する厚労省からの罰です

 悪い事をしたわけですので、仕方ありません。実際その請求をした先生個人を考えると、あの人だからなと思わざるを得ません。(研修医時代お世話?になりました)

 ただこの不正請求がおこなわれる事について、厚労省は分析していただきたいとも思っています。悪徳なところ以外にグレーな部分があり過ぎなんでよね。(点数の決め方等複雑すぎて)

 保険医療停止というのは、患者さんが医療を受けた後の料金を払う時、全額自費で払う事になるというものです。(医療費の1割や3割払うだけでよかったのが10割になるという事です)

 そうするといままで1000円で良かったのが3300円や1万円になるわけですから、患者さんは他の保険医療がおこなえる普通の病院にいく事になってしまいます。(同レベルの医療であれば当然ですよね。)

 結果、患者さんは減り病院はつぶれる可能性があります。

 また他の病院にいく事ができれば問題ないのですが、このクラスの病院でないと診る事ができない疾患の患者さんは(同レベルの診療をおこなえる病院がこのあたりにはほとんどないため)、車で1時間以上かけて受診せざるを得ないでしょう。総合病院にいく事になると思いますが、大きな病院にも余裕がないため大変だと思います。(私の情報の間違いでした。一部削除します)

 ちなみにこの病院に以前はありましたが血液内科は今ありません。

 患者さん達、地域医療になるべく悪い影響が出ないようにと話されていますが、この病院がつぶれてしまうと、この地域、茨城県の医療はかなりのダメージを受けるでしょう。

 この処置は12月1日からおこなわれる事になります。最大5年といわれていますが、厚労省も馬鹿ではないのでおそらくそこまではしないと思います。

 1-2ヶ月で、その間は病院の手出しでボランティアといったところでしょうか。

 今までも述べてきましたが、東京以外の関東地方の高度な医療はかなりぎりぎりで動いています。そのため、一つがおかしくなると他の部分にしわ寄せがいき、現場は大混乱となります。

 この地域ではありませんが、栃木にも茨城方面からの患者さんがよくおみえになっています。

 北関東もみんなで助け合っている事が現状です。高速道路が開通してからさらに増えているようです。

 厚労省のかた。お願いですから病院まかせにしないで、最低レベルでもいいですから危機管理を調整していただけませんかね。

 以前の上司の悪行で、真面目に働いている人間達をさらに責めないようにお願いしたいし、患者さんのためにも得意の移行処置なんかをやっていただけるとうれしいんですが。

 医療難民増やしても、「私たちは病院に指示しましたので責任はありません」とどうせ言うと思いますけど。

 PS 厚生局は「入院患者の転院や地域医療を考慮して(取り消しを)12月1日とした。(地域医療の体制は)県の政策なりで考えてもらうことになる」という記事を後でみつけました。やっぱり自分達は何もしないのね。追加します。


人気ブログランキングへ 

 
 ツイッターもやっています。@yukitsugu1963
 

ユニクロの対応 危機管理として

中国と日本の関係、今日現在まだまだ緊張が続いています。

 私はツイートで、国としてなすべき事をおこなって欲しいと言ってきました。

 日本国民の安全を守るため、在留邦人の日本帰国、損害賠償請求、国際社会への広報など、国として当たり前のことをやっていただきたいと。

 日本でもテレビを含めて各識者の方が様々な事を言っています。

「過激な対応を取らずに、冷静に。」

 正しい事です。でもあなた方は安全な日本にいます。まず中国にいる日本人の安全を守りましょう。

「中国に住む他国民の安全を守るのは、中国政府の役目だ」と正論言っても、この時期には何の役にも立ちません。

 中国のユニクロが「魚釣島は中国の領土であることを支持」と張り紙をして、ネット上でそれが公開されたそうです。

 それに対し日本のユニクロ本社は、現地の人間がおこなったことで上からの指示などはいっさいないと声明を載せています。

 そして一企業が政治的外交的問題に関して、いかなる立場も取るべきではないとして、謝罪の文章を載せています。

 謝罪はいりますか?働いているている人間が生命の危険を感じて取った行動を、非難する必要がありますか?

 日本の企業として説明は必要かもしれませんが、現状をしっかり説明し、従業員の立場をかばう事がこの時点では必要なのではないでしょうか。 

 多分、ユニクロのとった行動はグローバル企業として教科書的正解なんでしょう。でも危機管理上、安全な場所にいる自分たちをさらに安全な部署において動いていることが非常に鼻につきます。その従業員が多分中国の人である事も関係しているのではないでしょうか。

 日本国でも対中国にたいする放火等馬鹿な行動がみえてきています。

 はっきり言います。自分たちを同じレベルに落とすな。そんなことは彼らよりさらに愚かな行動だと。 

 正しい行動は取りましょう。でも低レベルな行動は絶対にだめです。今味方の中国識者も敵にしてしまいます。

 冷静に、一歩一歩。経済は一過性に停滞しても安全を確保して国として正しい態度、行動を。

 国は企業にこんないらない仕事をさせてはいけません。

人気ブログランキングへ 

 ボタンを押して応援よろしくお願いします。 
 ツイッターもやっています。@yukitsugu1963
Twitter プロフィール
記事検索
プロフィール

dannapapa

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード