2013年05月

医師が患者家族になった時 マニュアルだけでは人間の感情がコントロールできません

更新おそくなっています。すいません。

個人的な内容ですが、今私の身内は入院しています。しかも介護病棟です。

今まで在宅で頑張ってきましたが、様々な事情から在宅をあきらめました。

入院してから状態は決してよくありません。でも悪くなったといって助ける治療を積極的におこなうわけではありません。

病院勤務者の人間と話をしました。

今の医療状況にある程度詳しいと自負している私ですので、私の身内におこなっている医療内容は理解できています。

でも感情が揺れ動いています。本当にこれでいいのかと。

いままで患者さんが自分の身内だと考えて、治療の選択をおこなってきました。

今回も治療の選択は医学的に間違っていません。

でも医療者として、今まで患者さんの家族に対してしゃべっていた言葉は本当に足りていたのか、本当に共感できていたのか、自分がそうなった現在また模索しています。

医療安全を含めてマニュアルは整備されてきています。

しかし、人間は医学的に正しくとも必ずしもどうしても心が従えないことが多々あります。

それが生命、健康に係ることであればいうまでもありません。

外交等の政治決定は、相手に対するやさしさが時に害になります。それ故坦々とおこなわなければいけません。

でも国内の医療等においては、やはり医療安全の坦々としたマニュアルより、医療者と患者サイドの信頼関係の構築という非常に浪花節的な部分が絶対に必要なことを実感しました。

そこには相手の立場を理解し合うために話をする時間と、医療者と家族が患者と向き合う時間の共有が必要です。(ただ現在そこに費やす時間は大学病院等の医師にはほとんどありません)

そういった部分をだれが分担し、どう教育していくのか、決めていく必要があります。

医師も人間です。

ブログランキング参加しています。よろしければ応援お願いします。

 
人気ブログランキングへ 




 

橋下市長慰安婦発言問題 議論の作り方 マスコミ報道誘導

橋下市長の発言がまさに波紋、いや津波を引きおこしています。

各政治家がけしからん発言を繰り返し、維新の会のメンバーも火消しにやっきです。

そのなか石原御大はまさに戦時における売春は当然とまさにストレートに橋下さんを擁護します。

今回マスコミも食いつきました。

橋下さんの、風俗産業に対するコメントは、今まで政治家が触れてこなかったタブーです。

現実として日本だけではなく世界に存在するこの産業、世界最古の職業と言われているこの悪を、タブーを越えて全世界に拡げました。

最初の会見でこの人もさすがにやけになったのかと思いましたが、今回2回目の会見をみせていただいて、彼の行動はまさに計算されたものであることを理解しました。

韓国から誤った内容を世界に発信されて、それに対して何も行動をおこしてこなかった日本国の不名誉な行動を非難し、今までできなかった日本の正しい立場をマスコミを使って世界に発信し、日本の
子供や国民達に正しい知識を教えようとするための方法であったことが理解できました。

彼の主張はここです。

暴行脅迫拉致をしていないのであれば、日本だけが戦時中の行動で責められるのは
おかしい

日本だけが戦時中特別な性奴隷を使っていたのではない

橋下市長定例会見5/15

もっともっと議論を深めましょう。その議論を世界に発信しましょう。それが彼の望んでいることでしょう。日本の立場をしっかり伝えましょう。それが外交です。

ブログランキング参加しています。

 
人気ブログランキングへ 




 

生物兵器の可能性 あくまで科学者の倫理 危機管理の考え方

昔はソ連、アメリカに眠っていた天然痘ウイルス。アメリカで問題になった炭疽菌。リシンといった毒素。そのようなものが生物兵器と言われていました。 米国炭疽菌事案、本当に兵器レベルまでいくと封筒で人が死んでしまいます。 しかし以前ブログでも述べましたが、今の遺伝子工学を駆使すると生物兵器と言われるウイルス、細菌、毒素といったものは簡単に作成できます。 それは、巷のちょっとした研究室でもできるレベルです。 今、日本をはじめ世界の研究室などでは、そのような感染性を持つようなものを取り扱う際には、しっかりとした国際的取り決めを守り、テロに使われない、盗まれないようにしっかり管理されています。(ということになってます) インフルエンザ関連の学術誌への投稿が禁止された時期がありましたが、中国の研究者は取り決めを遵守しながら研究を続け、解禁になった現在このようにサイエンスという1流雑誌に結果を発表したわけです。 この論文を読めば、本来飛沫感染であるインフルエンザウイルスを空気感染できるウイルスに変更できるようになります。それは感染コントロールが大変難しいことを意味しています。 いやこの結果と、H7N9の結果を使うと、人に空気感染できるトリインフルエンザウイルスが作成できます。 取り扱いはP4(私が知る限り日本では稼働している施設がない)。人に感染できるようになったら、本当に致命的なパンデミックになりそうです。本当に中国って、変なウイルス作るね。 原爆の作り方が極秘だった時代から、オープンにされ、北朝鮮を含め各国が核を持つ時代。 シリアが化学兵器を使ったのではないかと言われているこの時代。 生物兵器がマスコミをにぎわさないように期待しますが、もうできているのかもしれません。

すこしマニアックな話でした。
ブログランキング参加しています。

 
人気ブログランキングへ 

自民党 おごれるものは久しからず

本当に筆がおそくてすいません。

川口元環境大臣の行動で与野党がもめています。川口氏の解任決議案で対立続く

とてもばかげたことがまたはじまりました。 

与党自民党が、川口さんからの中国滞在延期依頼を認めたそうです。

 国益のために仕方ない、中国要人と会うのが必要だった。

そんなことはわかります。でも国会の決まり事を破ったことは事実です。

そうすると野党の方々に低姿勢で謝って、許してもらうのが礼儀です。

頭を下げたかどうかはわかりませんが、野党のみんながへそを曲げて、解任要求!

つまり自民党の方々(担当者?)は、周りの野党の方に日程を含めた調整すらできなかったことを表しています。

そして、野党に対して解任要求はおかしいと高飛車な態度。

野党は共同で行動します。当たり前です。与党のミスですから。選挙のためのあら探しです。

国益を考えるのなら、どんなに頭を垂れても野党にお許しをいただく必要があったはずです。

それが、国会の空転という国益にはほど遠い事象を避けることができたはずです。


これでまた安倍さんが都知事のときのようにフォローしなければいけません。(国会には関係ないのでしょうが、自民党総裁として)

自民党は前回下野したことをもう一度思い出してください。


ブログランキング参加しています。

 
人気ブログランキングへ


 
Twitter プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

dannapapa

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード