2015年08月

国会前デモ 12万と3万

各地で安全保障法案反対デモがおこなわれたようです。安保法案反対、全国で一斉デモ 国会取り囲み廃案訴え

記事にもありますが、本日夜のNHKニュースでも、主催者発表12万、警視庁発表3万と参加者の人数が報道されていました。ニュースバリューを考えると、3万でも十分だと思うのですが、なぜ12万と盛るのでしょう。

沖縄の時もそうですし、なんかわざと実際以上におおきく発表される必用を感じているのでしょうか。それともある意味嘘をついてでも大きくすることに慣れていらっしゃるのでしょうか。嘘の発表は主張の正当性の点からも逆効果だと思うのですが。

安全保障法案。議論しあうことはいいことと思います。ただどうしても反対されている理由に妥当性を感じません。多分このように嘘をついてもいいという姿勢が相手に見え隠れするからでしょう。

国会討論もそうです。揚げ足取りばかり。中国が攻めてくる可能性は低い。だからこの法案はいらないと言うのならまだしも、戦争法案で自衛隊がアメリカと一緒に戦争に行かされるという中国の行動より確率が低いことばかり取り上げ、前に進ませない印象操作。

アメリカ共和党トランプ氏が、韓国は安全保障ただ乗りだと批判していましたが、徴兵制のある韓国でこれなのに日本はどうします。アメリカと一緒に行動するのがいやならそれこそ対案で国防軍作りましょうと言って欲しい。

山本太郎さんの国会での総理への質問。米国の原爆、東京大空襲の戦争犯罪としての是非と、イラクにおけるファルージャの民間人虐殺を対比する質問なんて、外交上を含めて国会という場所で答えを求める質問ではないと思うのですが。なんかTPOを知らない小学生のような馬鹿さ加減を感じます。でもそれを支持者達はタブーに突っ込んだと讃えているんですよね。まあ来年の選挙対策でしょうが。

社民、共産だけでなく、岡田党首、小沢党首も参加したこのデモ。政治家の方の軽さを感じてしまいます。維新の会を含めた野党再編を含めて、この国の野党(次世代除く:コメントから修正します)が安全保障をまともに議論しようとしないことがとても悲しく感じます。

ブログランキング参加しています。下や横のボタンを押してよろしければ応援お願いします。

  

ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローしてください。@yukitsugu1963 
  


 

まだたらい回しと書く朝日新聞 公立病院は?

朝日新聞埼玉版の記事です。埼玉)救急たらい回し防げ 断らない病院、県が指定中

>2013年1月、呼吸困難を訴えた久喜市の男性(当時75)が受け入れを36回断られ、約2時間後に搬送先が決まったが、到着後に死亡。また、同年2月には川口市の50代の女性が受け入れを38回拒否されるなど、「たらい回し」が大きな問題となった。

以前私が書いた記事です。
救急搬送36回:NHKさん。受け入れ拒否ではなく受け入れ不能です今度は川口で38回拒否「女性の持病は専門外」埼玉県の対応と新聞社 どちらも進歩していない

埼玉の医療体制の分析も以前しました。(埼玉の救急問題;週間ダイアモンドより 上原先生は長島やイチローみたいなもの

川越救急クリニックの出現もはじめ、県の救急体制はそこからは少し進歩しています。この病院指定の内容については埼玉県がやっと少し動いてくれたことを肯定的にとらえて以前ツイートしました。

新聞記事の中でこの部分

>「搬送困難受け入れ病院」は、消防機関が緊急あるいは重症の疑いがあると判断した患者が二つ以上の医療機関から受け入れを拒否されたなどの場合、原則受け入れる病院。医師や空床の確保などで年最大2千万円が補助される。
 
>春日部中央総合病院(春日部市)の指定を発表したが、同病院は3日後に辞退した。同課によると、「予定外の医師の退職があり、十分な態勢がとれない」との申し出があったという。 

受け入れると病院が言ったら、医師が突然やめてしまったのでしょうか。少なくとも県が望む救急をやるとすれば、当直は内科と外科の二人体制。常勤看護師、薬剤師、X線技師、臨床検査技師も24時間常駐、そして全ての科がオンコール当番で呼び出せばいつでも緊急手術が可能なくらいな状況でないと無理でしょう。

つまり救急外来を本気でやるとしたら、莫大な人件費と設備投資が必要になります。年最大2千万円の補助なんて全然足りません。

今埼玉の緊急の救急をやっていただいている8病院はこちらに載っている8病院です。ちなみに救急告示病院は2013年当時184件あります。

・三愛病院(さいたま市)
・久喜総合病院(久喜市)
・埼玉医科大学病院(毛呂山町)
・戸田中央総合病院(戸田市)
・自治医科大学付属さいたま医療センター(さいたま市)
・上尾中央総合病院(上尾市)
・イムス富士見総合病院(富士見市)※
・埼玉石心会病院(狭山市)※

残念ながら市民病院、県立病院、防衛医大病院は入っていません。そして記事に書かれた事故が起きた県北の病院と言えば本当に悲しい限りです。

この8つの病院の方々がボランティアでやっているといって過言ではありません。特に埼玉石心会の地域の救急との会議の議事録をみる限りほとんど使命感だけです。(以前勤務していましたが、本当いい先生が多い病院なんですよ)(第10回地域医療支援病院運営委員会 議事録

まだまだ問題だらけです。ただ4つから8つになり、少しずつ増えてきている現状は悪いことではないと思います。今後さらに問題点の整理、予算の拡充を4期迎えた上田知事よろしくお願いします。

ブログランキング参加しています。下や横のボタンを押してよろしければ応援お願いします。

  

ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローしてください。@yukitsugu1963 
  


愛情の叱咤激励 初心忘るべからず

日曜日に恩師の10周忌に行ってきました。もう1人の恩師である奥様も九州福岡でお元気に活動されて、70近いとはとても思えませんでした。本当この夫婦にどれだけ面倒みていただいたかわかりません。それこそ究極のおせっかい(一部セクハラ、パワハラを飛び越えていました)をしてくれる防衛医大の恩師夫婦でした。

その会の宴会で、2個上の先輩から叱咤激励されました。(防衛医大で学年2個上は王様と召使いの差がありますw)

「俺のところにお前の政治家になろうという活動が聞こえてこない!何をやっているんだ!」

その先輩は埼玉北部人口2万の町で開業され、土・日に診療し、カルテが2万冊になったというある意味医療過疎の土地で獅子奮迅、赤ん坊から老人まで診療されている外科医です。

「今の医療を改善するといって選挙に出たくせに、大学病院で診療をすることがお前にとって本当に必用なことなのか」

「今の俺の地域では本当に医師がぎりぎりでやっている。時間がないんだ」

現場の頑張っている医師からの、耳が痛い話でした。もちろんブログのことや、各種方面で意見発信をやっていると言い訳はしたのですが、先輩が言っていることは正論でした。

また別のすこし酔った先輩から「中途半端なんだよお前は」と軽く殴られたりしましたがw、パワハラやいじめではなく愛情がこもっていた叱咤激励でした。

前回の選挙から5年経ち、あの時受かった参議院議員さんが今度の選挙で改変されます。医師会からの候補者はもう選ばれています。少なくとも私の次の参議院選挙の出馬はないでしょう。いや国会議員なんて、まだ時折興奮して言葉の使い方を間違える私としてはまだまだと認識しています。今回も自分のブログに厳しい、そして正しいコメントを頂きました。(医師会と厚労省と政府の戦い 目的は患者に対する医療改善なんだけど

血液内科臨床にもどると言ってから獨協医大で働き出して、3年半がすぎました。栃木に血液内科がいないということである意味仕方なくはじめた勤務ですが、医学の面白さにかまけてそのままになっている自分がいます。焦らずにじっくりやっていくことは変えませんが、初心を思い出させてくれた愛情ある恩師、先輩に感謝します。

ブログランキング参加しています。下や横のボタンを押してよろしければ応援お願いします。

  

ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローしてください。@yukitsugu1963 
 

残薬の問題 本日のあさイチより

通勤時間に車で聞いた本日のあさイチ 実は怖い!あなたの家の“残薬”。処方薬が余る高齢者の残薬の問題です。

以前のブログ(NHKクローズアップ現代 薬がのみきれない! ~知られざる“残薬”のリスク~ 医師以外にもチームで頑張る必要)でも書いています。

まず例の提示。多施設からの睡眠薬を別々に投与。トータル3種類。幻覚、幻聴が出て神経内科受診。そして神経内科の診断は薬が多すぎる!この医師本当に名医ですね。普通の医者だとここに認知症、アルツハイマー用の薬が追加されます。そして11種類から2種類へ減薬。とてもうまくいった症例です。

どうしても必用な薬は仕方ないですが、やはり高齢者の必用でない薬は可能な限り減らすことがいいです。(高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015案 とてもいい提言です!

この時の問題点、お薬手帳が3種類存在していたため薬の重複がわからなかった!これって医者もだめだけど、薬局薬剤師は何しているの?本当手帳出してシール貼れば点数がとれるからといって、服薬指導せずというまさに魂いれずじゃない。(規制見直しめぐり議論「医薬分業」は誰のため? 本来の目的が達成できていないのはなぜ?)これが多数なのかそうでないのかはわかりませんが。

身体の調子が悪いからお薬手帳持って行けないのは仕方ないという室井佑月コメンテーター。まああなただから仕方ないけど、そんなこと言ったら患者さんは何も責任とらなくていいということですよ。

医師が悪いんではないかという柳澤さん。一部その通りだけど病院、医院では一応問診で確認しているわけですので患者に罪はない?前も書きましたが、確信犯が実施する詐病の否定ぐらい難しいことはありません。本人がちゃんと飲んでいますと言っちゃうと医師は信じちゃうんですよね。

最近高齢者に質問した時に、短い外来ではうまく聞き出せなくてとても大変と感じることが多くなってきました。かかりつけ薬局はこの投薬重複防止のために必用だと思っています。だからこそ、医師、薬剤師、患者、家族、みんなちゃんとしましょう。

ブログランキング参加しています。下や横のボタンを押してよろしければ応援お願いします。

  

ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローしてください。@yukitsugu1963  

 

消費税増税が病院に影響

朝日新聞記事です。(消費増税、病院経営を圧迫 「8%」ショック )記事には亀田総合病院が医師のボーナスを削減したとも書かれていました。

さあ、病院が普通の診療をしてお金儲けできなくなってきているようです。このままでは赤字になりながら、患者さんをみていくことになります。もう医療費の消費税導入、いや輸出業と同じシステム(あとで返還)を考えなければ、医療はつぶれていくところが出るでしょう。

経営が傾きかけた病院の買収、統合等も書かれていました。今後開業医の廃業も出てくるでしょうか。たった3%でしたが、消費税問題大変なことになってきました。 日本のGDPの成長率も止まりましたからね。

以前も消費税については書いていますが(医療と消費税 複雑にしても良い事はない)、いびつなビジネスモデルはやはり無理です。必用なものの値段はそれなりにしないといけません。

円高、世界株安が出てきた現在、この問題のインパクトは薄らいでしまいますがどうしても忘れないでいて欲しい問題です。

ブログランキング参加しています。下や横のボタンを押してよろしければ応援お願いします。

  

ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローしてください。@yukitsugu1963  
Twitter プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

dannapapa

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード