2018年09月

乳酸菌は免疫の働きを高める? ハウスのテレビ CMから

最近気になっていたCM。(ハウス まもり高める乳酸菌)テレビでは風邪をひきにくくなるとデータを短い時間出していました。

腸内細菌、とても大好きな話です。記事も以前書いています。((1)(2)(3))様々な他のヨーグルトを給食にとり入れることでインフルエンザにかかりにくくなるというデータはいっぱいありますし、最近は腸内細菌の免疫治療薬への反応も医学論文化されています。

そんな中出てきたハウスの乳酸菌。販売のHPからはリンクしていませんがちゃんとデータが載っているサイトもあります。(乳酸菌 HK L-137 研究所)(専門向け

免疫力UP!!HK L-137で健康な毎日を HK L-137の研究成果
>インフルエンザ感染防御効果
2009年論文発表 in vivo試験(マウス)
>IFN-β血中濃度上昇効果
2012年論文発表 臨床試験
>風邪予防効果
2013年論文発表 臨床試験
>歯周病改善効果
2016年論文発表 臨床試験
>健康関連QOLの改善効果
2006年論文発表 臨床試験

強力な免疫賦活機能。本当この免疫力という言葉は健康食品界隈でよく使われます。以前書いた免疫力の総説です。(「免疫力」って何?(2))どれも栄養学の論文が多いため正直あまり知らないものが多いのですが、ネズミさんの実験データではTh1のサイトカインIL-12の産生データを他の乳酸菌やBCGとの比較のグラフを出しています。その他の臨床試験のデータも悪くないデータです。もちろんnは少なめですが。

これぐらいのデータがあれば薬に持っていくのもできるかなとは思うけど、臨床試験やって外れた時が大きいから健康食品のままにするんだろうな。

効果は少し期待できそうです。ただ一番大切なのはこれ飲んでたら運動も食事療法もやらなくていいにはならないということです。

ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローお願いします。
@yukitsugu1963

MDS(骨髄異形成症候群) ついに移植なしで薬で治るかも 本当の免疫治療の進歩 

少しマニアックな話です。そして日本ではまだ使えるわけではありません。

今患者さんに少し特殊な治療をおこなっていて(ガイドラインに違反はしていません)、今までの常識と違う(と私が思っていた)とてもいい反応が出ました。

そのためMRさんに会社に何か情報ある?と聞いてみたらあんまりパッとしない反応でした。そのため久々にこの分野での論文検索を改めてしたら2017年のこんな報告を見つけました。(Immune Checkpoint Inhibition in MDS: Data from the Phase 2 Trial of Nivolumab/Aza vs Ipilimumab/Aza

>the combination of azacitidine-nivolumab is producing a response rate of about 80% (when the responses are looked at by the IWG criteria looking at CR, CRi hematological improvement). Now, this is about double the response rate you would get with azacitidine alone in a similar high-risk frontline MDS. 

2016年のヨロッパの学会(EHA)で報告された下記の論文からのさらなる進歩を話していました。

前の2016年の論文
>The ORR was 69% (6/11) in the AZA+Nivo cohort including 2 CR, 5 mCR+HI, and 2 HI. The ORR was 0% and 22% (2/9) in the Nivo and Ipi arms, respectively (p=0.156). 

かなりいいなとは思いながらも、骨髄腫で行われたレブラミド+オプジーボでは副作用のため生存率で有意差が出なかったことがあとで報告されたので、この論文は少し放置していたのですが、その後の報告でさらにいい成果が出てるようです。実際、今も様々な免疫チェックポイント抗体が臨床試験されています。最新のレビューからです。(Table 1 Ongoing trials of immune checkpoint inhibitors and HMAs in AML and MDS)ただまだどれも結果が出ていないため正式な論文はあまりないようです。

現在まともな効果がある唯一のMDSの薬アザシチジン(ビダーザ)。それでも効果は限定されています。この薬と免疫チェックポイント抗体を組み合わせることで、単剤よりも倍の反応があるとのこと。なんかMDSが薬だけでコントロールできるすごい時代になってきています。以前のMDSに関する記事です。

またビダーザが効果なくなったMDS患者(もう効果がある治療法がない患者と認識)にも効果が認められたとのことも報告されており、本当MDSに骨髄腫の時と同じブレイクスルーが起きるかもしれません。

それにしても医療の進歩は早い。それもこれも「本当の免疫治療の進歩」なんだよな。

ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローお願いします。
@yukitsugu1963 

ソリリス:高いけどいい薬 でもこんな会社は人の命を守るという意味で最低

いやとんでもないニュースが飛び込んできました。思わずした引用ツイートです。正直怒っています。

ミクスon line記事「アレクシオンソリリス 不適切プロモーションで適応外使用誘発 死亡例も多数 薬機法68条違反か」からの引用です。

適応外使用を助長するプロモーション活動を行い、直接的な因果関係は不明であるものの、複数の死亡例が報告されている

適応外使用。昔はよくやりました。助けるためには仕方ないだろう。私に医師の傲慢さが出ていた時代です。でも効くことが前提ですがまだ行われていることも事実です。(保険外使用 保険病名 目の前の患者に何ができる 忖度の要求)。

>診療ガイドでは、「エクリズマブによる治療が対象となるのは、本邦の2013年の診断基準での補体制御異常によるaHUS,本診療ガイドでのaHUS(補体関連HUS)であり、二次性TMAに対する使用は現時点では推奨されない」と明記されている

二次性TMAに対するソリリスは俗に言われるエビデンスがない治療法になります。

>死亡による投与中止は31例報告 補体制御異常は3例
>二次性TMAが疑われる「骨髄移植・臓器移植関連」が10例
>なお、ソリリスは全例調査の対象となっており、同社はこうした実態を把握していたものとみられる

そう会社は適応外使用をわかった上で、そしてその中に死亡者が出ているのを知った上で厚労省に正確に届けていなかったということになります。

>「造血幹細胞移植後のTMAに対するソリリスの安易な投与は厳に慎むべき」と注意喚起している。
>「我々が営業の人間に言っているのは、二次性TMAのなかにはaHUSがいる可能性があるので、医師に対してそれを訴求する。判断はもちろん医師に任せる。そういうストーリーでお話をさせていただいている」

造血幹細胞移植後のTMA、この病態はあまりいい治療法もなく致死的なものです。それこそ移植医はなんとかして患者を助けたいと考えて、ソリリスが効果があるかもしれない、患者を助けてくれるかもしれないと信じ込まされて使った可能性があります。

おそらくソリリスが効かなかっただけでソリリスが原因で死亡したわけではないかもしれません。でも正しくない方法で投与され、高い値段かけて無駄、もしくはかえって悪くなるでは許せません。

>製薬企業にとっては、患者数は少ないが、一例処方させることによるインセンティブは高い。まして、マーケットサイズに見合わない前年比180%という高い目標の設定や、MRに対するインセンティブが、革新的新薬の価値を歪めた可能性は否めない。

PNHやaHUSには他にいい薬は全くなく、ソリリスを使うことで初めて患者の症状も予後が改善しました。本当に薬はいいのです。そしてビジネスは大事です。ただ利益を出すためにMRが嘘をついてまで販売を増やそうとするこのアレクシオンという会社、人間の命を預かる製薬会社を止めるべきでしょう。

ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローお願いします。
@yukitsugu1963 

ある医師をかたったステマのSNS 閉鎖されました 法律改正の影響はいい方向に行っている?

桑満先生のブログ(ニセ医者疑惑急浮上!!内科医工藤って誰だ????)で紹介されていた変な医師のSNS。どうも閉鎖されたようです。

この方アフィリエイトの世界では有名だった人のようです。(弱小メディアは非承認と発言していたゴリラさんが、内科医偽装でアフィリしていた!?)きっと攻めていたんでしょうね。

なぜこれが問題なのか。

1 医師を語って健康になる食品について一般的記事を書いた(偽称)
2 そしてあのブロリコという東大が開発し売っている自社製品のサイトへ誘導した
3 がんに効果があるような誤解を与えたことが問題(錯誤の誘導)
4 一部は法的に問題となる可能性が指摘(詐欺罪)

それはこの4点になると思います。

彼は会社をすでに首となり、今回のようにSNSを謝罪と共にすぐに閉鎖したことも含めてまだ救いと個人的には思います。実際被害額もそれほどではないようです。

では今回のような事案と、一般的健康食品のCMにどれだけの差があるのでしょうか?それこそ本当の医師だったら許されるのでしょうか?(内海氏近藤氏週刊現代など)その部分をないがしろにして彼だけ責めるのはどうかと感じています。

だって彼が悪いのは1。
3、4に関してはブロリコの会社側にもあるよね。

ブロリコのHPなんてカイコの自然免疫を出して人間の免疫と混乱させ、この曖昧さを東大の名の下最大限活用しているからね。まさに錯誤の誘導じゃん。

健康食品嫌いじゃないですけど、もしかしたらがん予防には効果があるかもしれないけど、がん治療には絶対証明されていないこのような健康食品問題、昨年改正された医療法と今回のようなアフィリエイトの問題含めて皆さんに議論して欲しいと思います。

ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローお願いします。
@yukitsugu1963 

裸の王様 貴乃花親方暴走! 感じたら止まらない

貴乃花親方が引退を宣言しました。協会との食い違いも多く、正直見た目は抑えきれない暴走行為のようです。(意思疎通ままならず「孤立化」進んだ貴親方/解説

>誰も助言できない、誰の助言も聞かない「裸の王様」状態になっていた。

ワイドショーでも説得に応じない貴乃花の行為、協会の(一部?)のいやらしい行動など様々な報道がなされています。

当日の朝決断し、その日の昼に千賀ノ浦親方に連絡したことが協会から指摘されています。この点も貴乃花のこの言葉とは食い違います。なんか一般的に言われる正常な行動ではありません。

パワハラを感じている人間は側から見たらとんでも無いことをたまに犯します。(パワハラかどうかは別です。)もっと大人になりなよという言葉に、されたことのない人間にはわからないという反論もよく巷には出ています。体操などの事件との共通事項でしょうか。今回裸の王様の貴乃花に誰かなんとかできなかったのか、そして一度は一兵卒になった貴乃花が耐えれなかったのがとても残念です。

誰かがこの精神的に不安定なヒーローを助けられないのかな。NHK刈屋富士雄さんのあの言葉が救いでしたが、組織の不備を治そうとして、周りの協力を得られず、結果このような行動をとる貴乃花、そして弁護士達に少し残念です。

明日の会議でどうなるかは決まるでしょう。仲間をまとめない限り大きな組織は変わりません。裸の王様ではダメなんです。

ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローお願いします。
@yukitsugu1963 
Twitter プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

dannapapa

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード