美味しんぼ鼻血問題について、いろいろ書いてきましたが、医師からも様々な意見があがっています。

その中で医学的な妥当性からの考察で私は放射線の影響ではないとずっと言ってきました。

当然反対の意見、つまり放射線の影響だという医師もいます。

放射線治療医として長年臨床をおこない、様々な酸いも甘いも乗り越えてきた北海道がんセンターの名誉院長西尾正道先生は、チェルノブイリでの鼻血患者増加のデータ、伊達市の保原小学校の保険だよりによる鼻血生徒の増加を指摘し、放射線の影響を否定する医師は診察もしていないICRPが書いた物しか理解できない御用学者達と批判しています。

放射線障害の機序として、放射化した微粒子が呼吸で鼻粘膜に付着し持続的に障害を続ける。そのため低線量だが長時間被曝するため生じると言っています。

最後のまとめ文章です。

受けた刺激を無視し、採血や肉眼的な粘膜炎所見などの明らかな異常がなければ、放射線が原因ではないとして刺激の実態をブラックボックス化するICRPの盲信者は科学者としては失格です。ICRPの健康被害物語では現実に起こっている被ばくによる全身倦怠感や体調不良などのいわゆる「ぶらぶら病」も説明できません。そのため何の研究や調査もせずに、精神的・心理的な問題として片付けようとする訳です。今後、生じると思われる多くの非がん性疾患についても否定することでしょう。鼻血論争は、未解明なものは全て非科学的として退け、自分たちの都合のよい内容だけを科学的と称する非科学的なICRP信奉者の発言の始まりでしかないと思います。 

肝に銘じます。

ただそれでも今の福島の放射線量
(これ重要です)、つまり美味しんぼで問題にしている舞台において鼻血は放射線でおきないと思います。

放射線が高く、放射能に汚染された粉塵が飛び交っていたかもしれない原発事故後の初期、情報もなかったあの時期、障害が起きる可能性は確かに否定できなかったと思います。

栃木の私ですら、子供達にマスクをつけさせあまり外での遊びも控えさせました。そのせいかもしれませんが、鼻血は出していません。

伊達市の小学生の鼻血も初期におきていますのでもしかするとそうかもしれません。ただ、前も書いたように様々な原因で鼻血はおきますし、そして放射線治療でおきる火傷は、臨床医としての経験上そんなに簡単に止まる鼻血とは思えないのです。

放射線で生じた皮膚の傷は普通外来の処置なんかで出血は止まらず入院等が必要になることが想定されています。それは血小板の数が正常でもです。創傷治癒は遅延し、最悪植皮が必要にもなります。ケロイドを思い出してください。それが鼻の中でおきていたら鼻血は止まりません。

いや普通の鼻血のようにすぐ止まる放射線誘発鼻血が起こりうるのかもしれませんが、テロを含めて放射線兵器関係も勉強した医師(普通の医師ではありません)として個人的には考えにくいのです。(米軍の受け売りかもしれませんが)

とは言っても、結局医師達の間でも断定ができない、100%これだとは言えない、それがある意味現代の医療の限界なのです。学説と言って構いません。

外部被曝低線量では障害はおきないというICRPを信奉する医師達(経済発展等を重視?)の反論に対し、松井英介先生、肥田舜太郎先生、矢ケ崎克馬先生達、小出裕章先生、小野俊一先生のように放射線障害肯定派は、低線量内部被曝理論の機序から放射線障害の危険性指摘します。今回のフリーラジカルもそうですね。

放射性物質がどのように舞うか、どのように気道に付着するのか少なくとも日本の科学者は研究していません。米軍のデータではダーティーボムをつかった
シミュレーションがありますが、人間ではもちろん確かめられないため(昔は米軍は兵士を使ってデータをとっていたようですが)どうかはあまりわかりません。

もう一度言います。確度は限りなく低いですが、低線量で鼻血は生じないという100%の証明はできないのです。でも医学のほとんどは100%の証明はできていない物ばかりです。

この薬を飲んだら、脳梗塞、心筋梗塞再発は100%おきませんなんて口が裂けても言えません。

この戦いはある意味学説のぶつかり合いとしては面白いのですが、どちらも今ある材料だけ、つまりどちらもあいての意見を駆逐できない部分で戦い続けている、医学の何たるかを知っているくせに知らないふりして戦い続けている不毛、つまりいつまでたっても結論が出ない戦いなのです。

初期対応に失敗したためこれだけこじれた放射線問題。(シリーズ東日本大震災 空白の初期被ばく ~消えたヨウ素131を追う~:学者のいい仕事です

前回も書きましたが、新たな疫学情報を取りましょう。それを広報しましょう。

福島医大、中間報告を出してください。今こそこの学説の不毛な戦いに終止符を打つ時です。


ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。

ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローしてください。@yukitsugu1963