いや暑い!
全国いたるところで熱中症の患者さんが救急車で運ばれてきます。

周りの温度が人間の体温近くの35度を超え、長時間そこで行動してしまうと、いくら水分、塩分を補給しても体温調節機能がやられます。

特に湿度の高い日本では、汗に伴う体温調節ができにくいので、ここまで暑くなると本当に生命の維持ができなくなるのです。

熱中症予防に、
WBGT(湿球黒球温度)指数(環境省熱中症予防情報)が取り入れられていますが、原則環境温度が35度を超えていたらどんなに水分、塩分補給を行っても熱中症の完全な予防は不可能です。

それでも仕事を含めて外で行動しなければいけないのなら、クーリング(水で濡らしたタオル、氷、保冷剤等を直接首等の血管に当てる)と直射日光予防(日傘の使用、日なたを避ける)を最低行う必要があります。時間の制限も当然です。

昔、日射病、熱射病と言われていたことを思い出してください。どんなに水を飲んでも日差しで焼けた体は熱を持ち、周りの温度が体温より高ければ理論上熱は放出されず溜まって行くだけです。

健康な成人でも命を落とす病気です。老人や子供では特に危険ですが、
体力に自信があり、無理をする人によく発生します。事
実若い人が何人も死んでいます。

でも事故であり、普通の病気と違い確実に予防できるものです。みなさん過信しないように予防し、あまり暑ければ外で長時間行動しないようお願いします。 

ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。

  

ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローしてください。@yukitsugu1963