祈っていれば被害は起きない、いや対応はしたくないけど被害はいやだという記事です。(PAC3配備 「どう対応すれば」地元から不安や疑問の声

>「軍事的な挑発に対し、日本が行動を取ることが、北朝鮮に刺激を与え、核戦争へとつながるかもしれない」
>「政府には国民の心配をあおらず、冷静になれと言いたい。話し合いで、北朝鮮に『このような行為はやめろ』と伝えてほしい」

ていうか、撃たれた時点でもう戦争始まってるよ。それこそ北朝鮮へ言わなきゃとかいうけど日本は国連含めてずっと伝え続けてるよ。それでも日本政府が悪いの。

>「北朝鮮は本当に撃ってくるだろう。島根にミサイルが落ちてくることはないと思うが、もし迎撃ミサイルを撃てば破片が落ちてくるのではないか」

なぜ2つの仮定?なのに迎撃された破片より本物落ちることは嫌じゃないの?もしも日本に落ちた時どうするかの対応ですよ。

>PAC3を配備すれば、逆に北朝鮮から狙われるのではないか。日本は米国と北朝鮮の間に位置し、戦争になってほしくない」
>「通過せずに落ちたらおしまいで怖い。でも、ミサイルを防ぐためと言って戦争になるのはいやだ」

もうすでに日本はずっと前から狙われているよ。いやだということは何もしないということ?じゃあどうすれば?その答えがPAC3の配備、被害を最小にするための準備だよ。

それこそあの政府が叩ければなんでもいいTBSサンデーモーニングにおいてさえ、コメンテーター岡本行夫さんが、「アメリカに撃たれたミサイルをただ眺めているだけだったら安保は崩壊」といってるんだけど。

>「小中学校に通う2人の子がいるが、子どもしかいない時にミサイルが落ちたらと思うと怖い。地震に対する知識や訓練の経験はあるが、ミサイルにはどう対応すればいいのか」

なぜミサイルにも知識を持って訓練対処しようと思わないの?

まあいつもの毎日新聞だから仕方ないんだけど、全体として不安を羅列しているだけ。

この記事(防衛相 北朝鮮グアム攻撃 「存立危機事態」なら迎撃可能)にも書いているけれど、本当正しい判断を冷静に発言することができる小野寺さんでよかった。だから北朝鮮は名指しで批判する。相手が嫌がることが外交における戦争防止。じっとしていたから今の北朝鮮の核がある。

そしてなぜ中国・四国地方の4カ所に配備したかを考えて欲しい。日本に落ちる可能性。対米安保対応。対北朝鮮への意思表明。全ての可能性を考慮して、今ある装備を運用しての日本ができるベストな対応だと思う。

PAC3を配備してもグアム行きのミサイルは撃ち落せないとか、カバーしている地域はほとんどないとか、何をしても無駄だ、準備することは意味がないとしたり顔で言っている方々。今行える可能性を吟味し評価をしましょう。

そして戦争が起きるかもしれないことを話した後に、加計学園、森友問題、日報問題を話すTBSサンデーモーニング。本当時間の無駄。(でもスポーツコーナーは嫌いじゃないw)

ブログランキング参加しています。下や横のボタンを押してよろしければ応援お願いします。

  


一部修正しました
寺島 実郎さん→岡本行夫さん 8/13 1646