HPVワクチン問題。

コクランでの解説(HPVワクチン「深刻な副反応の証拠なし」)、副作用証明実験論文の撤回(HPVワクチン論文を撤回 「手法が不適切」)など含めてやっとメディアが報道してくれています。あのHPVワクチン被害をことさら大きく取り上げた朝日新聞も、毎日と同じように題名に作為は見えますが報道しています。(HPVワクチンの論文撤回 英科学誌「不適切な方法」

正確には「HPVワクチンの論文撤回」ではなくて「HPVワクチン被害の証明論文撤回」だからね。どれだけあの証明がいい加減なのか世界の学者が判断したということだからね。

このようにある程度証拠が出てきたことでHPVワクチンの安全性(そして有効性)はほぼ担保されたでしょう。では有害事象(副作用ではない)で様々な症状が出ている患者さんはなぜ。患者家族は認めてくれませんがそれは思春期の女性によくある機能性身体症状と言われています。

ただこれ思ったより治すのが難しく症状も多彩。それこそ強い薬でもなかなか改善しない。そんなことを知らない専門でない善良な(?)医師が、精神的ではない、きっと副作用に違いないと間違ってしまったのが最初の歴史です。そこに地方議員、患者家族会などが絡みましたが、どれも医学的には間違っています。

機能性身体症状、様々な精神的アプローチで改善している方もいますし、最初の失敗(原因を客観視できない)でいい方向に行っていない方もいます。行動療法含めなかなか難しいのは別の患者さんの状態とよく似ています。

若い女性、本当何もないのに色々起こします。この間起きた集団過呼吸事案も同じようなものです。それは生理的反応であり、全然恥ずかしいことではありません。心療内科領域はちゃんとした病気です。

もうやめませんか。苦しむのは患者さん、そしてワクチンを受けることができない女性。少なくとも医師は間違いを認めましょう。私の以前の記事以前のバズフィード記事です。もう2年前か。でも今からでも遅くない。

ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。
 

ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローしてください。