GWみなさんいかがお過ごしでしょう。令和を迎えてお祝いムードもまさに絶頂を迎え、高速道路の渋滞もすごいことになってます。お疲れ様です。

基本病院は10連休にはせず、中日を診療にして普通のような生活をおこなっています。仕事を休むより普通の休みに来た方が楽だと思われている方々も思ったより多く、病院はほぼ日常業務です。本当日本人て大部分は休み下手です。

天皇陛下の初一般参賀も前回の喪に服した時と異なり本当に明るく行われています。天気にも恵まれいい時代の始まりと錯覚できます。思いこみは大切です。それがあると前へ進む動力になります。

私は改元発表を1ヶ月前におこなったこと、そして改元の日をこの時期に持ってきて10連休にした政府の施策はとてもよかったのではないかと感じています。もちろん予想を超えた渋滞、休みに関わる仕事の停滞など終わった後の分析は必要でしょうが。

休み、改元なんて関係ないと思われているかたもいっぱいいるでしょう。本当に必要な人には支援が行ってないという方もいると思います。それでもかなりの多数の方が明るいと思いこめた施策はいいことです。だってオリンピックと同じくらいの経済効果があるのでしょう?働き方改革との連動含めて休み方の練習にもなったでしょう?

そんなことはない、日本はダメな国だ、今後も暗い時代が続く、と言って嫌な思いを拡げることは自由が尊重されている日本において自由ですが、今がある程度いい状況であることを否定したいために前回の記事みたいに過去をわざわざ取り上げるのはどうかとは思いますし、NHKで行われた憲法論議だって30年前と同じことしか議論してないし、戦争をする国になると言い続けている政党はいったいどれだけ現実逃避をし続ければいいのでしょう。

失敗を恐れず、失敗してもバックアップをとり、国民を前向きにする施策。これが政治に望まれていることで、過去の反省だけしても意味はありません。今を評価しましょう。

ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローお願いします。
@yukitsugu1963