いやはや。アメリカ女子サッカーチームラピノー選手の発言から、日本の野球選手サファテの発言に飛び火し、それが差別だと日本で大騒ぎです。

バズフィード
「そんなにアメリカが嫌いなら出ていけ」女子W杯優勝のラピノーを批判、プロ野球選手が弁明

こちらはハフィントンポスト
「そんなにアメリカが嫌いなら、出てけ!」プロ野球・ソフトバンクのサファテ選手が暴言 何があった?
まあいろいろあるでしょう。

ラピノー選手のこの発言、
>「国歌斉唱中にひざまずいたのは、侮辱的な行為だったと思うか」と問われ、「思わない。抗議することは常に居心地の悪さがあるものだと思います。全ての人に自分の内面を見つめ、今まで知っていると思っていたことを自問自答させるものだから」

この発言の自由は守られるべきです。そして彼女は代表として結果を残しています。それはキャプテンとして自分の仕事をこなしたのだからその点も評価すべきです。ただ国の代表としてどうあるべきかはアメフト選手とは少し違うかもしれないという意見はあるでしょう。

そしてサファテ選手のツイート。そしてこの問題が起こった後の弁明です。

>私は、大好きな日本で、母国に誇りを持って働いており、そのどちらの国の悪口を言ったことはありません。
代表チームの主将は、なおさらその国に敬意を持ってほしいと感じています。
本当に米国も、国歌も国旗も嫌いなのであれば米国以外にもプレーする場所はたくさんあるし、誰もそれを禁止しないよと伝えたかった。

ラピノー選手との考えとは違うけれど尊重されるべき言葉です。そうこれも一つの考えです。言葉の表現の問題はあったかもしれませんが、私も本筋同意します。

これに対する日本人?の返信ツイートがまさにバカ。

私は言いたい。トランプが嫌いでそのことに対して批判をする自由はある。それがアメリカ。と同時にそのような発言をする人間に対して昔からの愛国心を持って批判する自由もある。それがアメリカ。いやそれこそ民主主義。

そのような発言を自分の価値観だけで、正義感だけで規制しようとするのは逆差別としか思えない。いや他人の価値観を認めない、多様性を認めない愚かな行動としか思えない。

LGBT含め、今迫害されているのだから、自分たちのそのような過激な行動は許されるとか理由づけするのなら、その吐いた唾は必ず自分に降り注ぐと思ってほしい。今まで自分がやられた嫌な行動をやり返しているだけ。そしてそれは結果としていい調和は生み出さない。

本当日本って国は歴史を知らない中途半端な民主主義だと思う。まあ戦後の歴史があれだから仕方ないのだろうけど。

昨日はアメリカの医療はいやだと書いたけど、民主主義の成熟度はやはりアメリカなどにかなわない。

ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローお願いします。
@yukitsugu1963