>「旧経営陣3人が巨大な津波の発生を予測できる可能性があったとは認められない」

東電の重役たちの裁判、3人とも無罪でした。道義的にはどうあれ、まさに昨日の記事と同じで法の限界でしょうか。

>「原発事故の結果は重大で取り返しがつかないことは言うまでもなく、何よりも安全性を最優先し、事故発生の可能性がゼロか限りなくゼロに近くなるように必要な措置を直ちに取ることも社会の選択肢として考えられないわけではない。しかし、当時の法令上の規制や国の審査は、絶対的な安全性の確保までを前提としておらず、3人が東京電力の取締役という責任を伴う立場にあったからといって刑事責任を負うことにはならない」

いや普通の災害はその通りでしょうが、なんか放射線被害対策に関していうと若干甘くないかな。(道義的には限りなくゼロに近くなるように必要な措置はやるべきだと思うんだけど)

>長期評価の信頼性は低かったと反論した。政府の中央防災会議や同業他社も長期評価に基づく津波対策を講じていなかったと指摘。長期評価は、原発の運転を停止する根拠としては不十分で、事故は予見できず、回避もできなかったと主張

長期評価から今までの基準の土木学会に判断を差し戻したとのこと。まあ学問的に定まっていない津波の予想ですので、やはり法的に責任取らせるのは正直厳しいです。ただこの社長一番忙しい時に雲隠れしてたからな。道義的にはなんか処罰欲しいな。

またNHKでは原子力村の横並びの忖度の話が出ていました。そう安全を高めるために東電の承諾なしに抜け駆けはできなかったようです。今でも存在する日本の問題です。まさに道義的にダメな世界です。

どこまでやれば安全。これには基準があります。ただどこまでやれば安心?きっと答えはないんだと思います。だから安全だから安心だと科学で決めるしかないんです。

それこそ安心を得るために対策すればするほどコストはかかりますのでどうしても限界はあります。当時世界最大だった防潮堤のあった岩手県宮古市田老地区ですらあの津波は防げてはいません。(もちろん被害は減らしたという解析はされています)東電が対策をとっていたら事故が防げたかは正直わかりません。

それでも科学を突き詰めて基準を作り、過剰や不足と言われようとそれに従って行動するしかないのです。そしてその分析を超えて被害が出てしまったら仕方ない。それが自然災害というものです。後だしジャンケンで処罰はできないんです。

話は少しそれますが、この安心を突き詰めようとすると本当に厄介なことになります。医学のワクチンもそう。それこそトリチウム処理水もそう。ああ築地の地下水もそうでしたね。

本当その手の人はどうやったって安心しません。何年たっても科学を理解しようとしないし、最後には組織が信じられないで終わる。不安神経症のレベルです。そして医学において病識のない患者が実は一番厄介です。苦労します。

すいません話が大きくそれました。法律と道義的責任は分けることは仕方がないというのがこの記事の結論です。

ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローお願いします。
@yukitsugu1963