株価にも影響したこのニュース。情報の精度はわかりませんが、死亡されたのは偽薬を投与された医師で、普段の生活でコロナに感染されて死亡したようです。





会社はワクチンの影響はすくないとのことで臨床試験は再開し継続されています。このように偽薬での死亡が増えることがあれば別の意味で臨床試験は中止されることがあるかもしれませんが。(癌治療では実薬の効果が明らかになり偽薬を投与するのは人道的にありえない時よくあります)

でもこのような事象で反ワクチン派はまた何かいうでしょうね。HPVのときは本当に酷かった

また韓国でインフルエンザワクチンと死亡について報道されています。



この記事からの引用です。

>ワクチンとの関連性がまだ確認されていないとした上で予防接種事業を続ける方針を示した

最初の2症例はアナフィラキシーが疑われているようです。それって関連ないのかな。

ワクチンは基本病気があってもみため元気な人に投与する薬です。だから安全性は本当に他の薬よりハードルが高いものにしなければいけません。それでもいいワクチンは投与すべきものと確信しています。もちろん投与の自由はありますが、反ワクチンにだまされて受けないのはもったいないと考えます。抗がん剤と同じ問題です。

インフルエンザ、コロナのツインデミックで検査が足りなくなると予想がnhkニュースで流れていました。実際コロナ入院患者は少し増えているようです。油断は禁物です。でもオーストラリアの例のようにコロナ予防をすればインフルエンザも減るでしょう。そして冬の感染者が増えないことを期待してます。

しつこいですがまだ有効なワクチンがない今、3密予防、マスク、手洗い、消毒をしっかりしましょう。西浦さんの予想がはずれたように今回も過剰な予想だったとさせましょう。

ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローお願いします。
https://twitter.com/yukitsugu1963