新型コロナウイルス治療薬レムデシビルがFDAに認可され、アメリカで初めて治療薬として認められました。株価は高騰したようです。



この薬、抗ウイルス剤と呼ばれる物でウイルスの増殖を抑える薬です。それゆえ今はサイトカインストームで重症化した後には効果がない可能性が高いことが想定されています。だからこそこの薬の評価は世界で分かれています。(以前の記事です。)

WHOはこの薬にあまり高い評価をしていません。



WHOは臨床試験の結果を踏まえて、レムデシビルを含めた4種類の薬について、死亡率改善や入院期間短縮に「ほとんど効果がないか、もしくは全くない」とした。WHOは今後、予防目的や、入院にまで至らない患者への投与で効果があるかどうか判断する別の臨床試験を実施する可能性がある。

現場の医師も評価は分かれていますが、早期からデキサメタゾンと併用で治療が行われれているためなのか
1波に比べて致死率は明らかに減っています。使い方とかタイミングが重要なんでしょう。それこそ保険申請されたアビガンと全く似たような傾向です。

実はインフルエンザ薬のタミフルも同じように未だ評価が分かれています。発症後48時間以内に投与されたときに1日発熱期間を短くすることが効能効果として認められているだけで、脳症とか肺炎による生存率の改善には寄与していないことが言われています。そのため感染症医はむやみやたらに使わないよう自分たちで制限をつけています。(亀田総合病院の使い方

正直今回のアメリカでの認可は大統領選挙も絡んでいるため評価は難しいと思いますが、抗ウイルス薬の使用は時と場合を選ばないとやはり難しいということ、そして使い方によっては命を助けるということ、その割合はまだはっきりしないということ、コロナと薬の歴史はまだ浅いということでいいのかなと個人的には思っています。

今後の歴史が評価してくれるでしょう。新型インフルエンザの時にタミフルいっぱい使って日本で死者が少なかったことなど含めてウイルス治療はなかなか判断は難しいです。

ブログランキング参加しています。ボタンを押してよろしければ応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローお願いします。
https://twitter.com/yukitsugu1963