どうもこの2日間東京の感染者数は前週より減ってません。先週木曜が祭日であったことが影響しているのでしょうか。それこそ若者の割合が増えているので、また少し緩んだのでしょうか。

でもこれだけ検査数が増えて500未満がずっと続いていることを考えると、With コロナを目指しているのであればもう解除していいんじゃないのかな。もちろん医学的正解はもう少し待つことなのはわかっているけど、ワクチンの素晴らしいデータもイスラエルから出てきている事からも、最低今後も維持ならば解除して経済をまわして欲しい。

今回の記事は少し危ない内容です。表題は「ワクチン接種で死亡したら4420万円支払い 厚労相」



>田村氏は医療機関側の過失の有無にかかわらず、接種によって死亡した場合は遺族に対し、4420万円が支払われると説明。

そう万が一ワクチン接種に伴う副作用(有害事象も?)で患者さんが死亡したら4420万支払うというインパクトのある答弁です。ただノルウェーの事案を含めて、因果関係のない死亡も保証するのかどうかが正直わかりません。

もしワクチンを接種した後患者さんが死亡し、因果関係がなくてもお金がもらえるとかになると、がんや心不全や認知症の終末期の患者さんや、PS2以上の風邪と同じくらいの副作用の発熱でも耐えれないような患者さんにわざとワクチンを接種して、その結果状態が悪くなって死亡したら遺族に4420万円なのかな。多分今のうちに規制をしっかり明示しておかないととんでもないことが起こりそうな気がするのですが。

個人的には、問診票(本来そのような人に接種しないようにするためのもの)で接種可能と判断した医師の診断書等の提出、入院、入所しているのなら接種数日前のバイタル、当日の食事量含めた全身状態、ここ数ヶ月のPS等の記載記録などの提出と厚労省による精査の義務化、過失が認められたら医師免許停止などを絶対やっておかないと、いわゆる変な医師も絡んで安楽死もどきが絶対おきてしまうと思うのですが。

厚労省のワクチン対応記事はかなり医療者たちや患者たちが善人である前提で書かれています。正直もう少し禁忌症例を明示した方がいいかなと思っています。

ブログランキング参加しています。よろしければボタンを押して応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローお願いします。
https://twitter.com/yukitsugu1963