少し古い記事ですがこの臨床の何たるかを知らない厚労省推奨の発熱患者の診療について記事を書きます。



>患者にはコロナの検査キットで陰性なら事実上の「インフル陽性」と判断し、受診先を決めてもらうことを検討している

>厚労省は同時流行への対策として、インフル患者にはできるだけ発熱外来ではない医療機関を受診してもらうための方法を検討している。コロナの検査キットで陰性の場合は発熱外来ではなく、近所のかかりつけ医などの医療機関を受診するよう呼びかける。

発熱の原因はコロナウイルス感染、インフルエンザ感染以外にそれこそ100以上あります。コロナが流行していた時期にもコロナ抗原検査陰性、コロナPCR検査陰性、インフルエンザ抗原検査陰性の発熱患者はいっぱい来ました。

細菌感染の患者が大部分でしたが、田舎の病院でも当たり前、いや教科書として当然の発熱患者対応を無視してこのような記載をするようなコメントを出した厚労省に呆れます。

またさらに当たり前のことですが、当日
コロナ抗原検査陰性でも翌日には陽性となりコロナ感染だったこと、またコロナ抗原検査陰性でもコロナPCR検査陽性でコロナ感染だったことなんて田舎の病院でも当たり前に起きていたことです。そんなコロナ診療の常識を知らないなんて正直言葉悪いですけど臨床研修ちゃんとやってきました?

まあ気持ちはわかるんですけどね。
コロナ抗原検査陰性だから普通の医院が発熱患者みてくださいとするための政治的妥協なんでしょうが、結局対応に慣れていない医院でクラスターが出てボロボロになるのが見えているだけですけど。

いっそ今臨床現場で使用している一回で両方分かるコロナ・インフルエンザ抗原キットを薬局で販売してコロナだけでなくインフルエンザも自己診断させるとか、それこそ発熱患者が増えてきたら流れ作業で検査、投薬を行う軽症専用ドライブスルー発熱患者センターを地域ごとに作ればいいだけなんですが。

本当臨床を知らないくせに命令だけしたがる人には反感しか感じません。

ブログランキング参加しています。
よろしければボタンを押して応援お願いします。
 
ツイッターもやっていますので興味のある方はフォローお願いします。
https://twitter.com/yukitsugu1963