週刊現代の記事です。WELQ問題は落ち着いてきましたが、では医師の監修の元の週刊誌記事はどうでしょう。前回の続きになるかもしれませんが書きたいと思います。ちなみに上先生は医療界において過激ですけど尊敬している先生です。

上昌広 (かみ・まさひろ)
93年東京大学医学部卒業。国立がん研究センターなどを経て、現在は医療ガバナンス研究所・理事長を務める
川口恭 (かわぐち・やすし)
93年京都大学卒業後、朝日新聞社入社。'04年に独立し、医療専門誌『ロハス・メディカル』を創刊

この2人の座談会形式の記事です。

>日本は世界の中でもっとも薬の値段が高い国の一つ
薬剤の値段を決めている日本の中医協を、製薬会社が決めているイギリス、アメリカと比較してガバナンスがうまくいっていないから高くなるのだと断罪しています。でも社長が変わったら上がった薬についてはスルーです。そして安くなりすぎると製薬会社は利益が出ないと製造をやめます。(昔の記事です。日本小児神経学会フェノバルビタールの薬価引き上げの要望:いい薬なのにもうからない)(今では補助金が付いています。)

>中医協の仕組みは、人口や経済が右肩上がりの時に、パイの奪い合いを調整する場として作られたものです。それを今の時代に採用し続ける神経が私には分かりません

これは同意します。システムを変える時期です。ちなみに本当ジェネリック会社が今一番利益成長している製薬会社です。副作用が出ても、何の保証も精査もしない会社、元の薬元会社に丸投げしているだからでしょうが。これをマーケットということはおかしいです。

補助金で調整する時代はもう無理だと思っています。心臓マッサージや救急の値段があまりに低いから、大きな病院はやればやるほど赤字になり、厚労省が補助金つけなければ潰れてしまうため、大学病院の医師は厚労省に逆らえなくなりました。それが今の時代です。元医師会会長の武見さんのような無双はもう出来ません。だって逆らったら亀田の小松先生のように潰されますから。

>アメリカのように「マーケット」が値段を決めればこんなことにはならないのですが……厚労省も中医協も製薬メーカーに便宜を図って値段を決めている。当たり前ですよね。大事な天下り先なんですから。

これも一部は正解を持って全体の評価をされています。アメリカの市場医療が本当にいいか。アメリカの医療費は日本よりダントツに多く世界No1です。そして医療で破産している人間が多いのは明らかに米国です。一部の真実から全体を批判することは少し煽りです。

>上 一番大切なのは、高齢者になってもきちんと医療を受けられて、日常生活を過ごせることです。
薬の値段は、今後も勝手に決められていきます。もっと国民が国や医療業界の動向に注意して、監視していくしかない。

川口 未来ある子供や孫たちも、しっかり医療を受けられるように、皆が危機意識を共有する必要があると思います。

これは同意です。でも言ってるほど日本の医療はそんなに悪くはありません。ただ増え続ける高齢化社会において何かはしなければいけないでしょう。

また企業側から言えば世界で臨床試験を行うには本当にお金がかかります。それを考えるとせっかく高くしてもらった薬を安くしますとはなかなか言えません。それこそ株主にどう説明します。

この目的を達成するためには、全部正直に冷静に話し合うべきです。それこそ大山鳴動して鼠一匹かもそれませんが、必ず何かが生まれるはずです。そのやり方として、この一つの正解を言って全体を評価する手法は結局まとまりませんので評価出来ません。

値段が組み込まれるとさらに医療は難しくなります。

ブログランキング参加しています。下や横のボタンを押してよろしければ応援お願いします。

  

ツイッターです
@yukitsugu1963