歌う時にうんと喉に力を込めてしまう

これも多くの人が抱える問題ですね。

大まかに分けて喉の脱力は三つのアプローチが考えられます


ゞμ弔鯀やすことで聴こえやすい声にする

喉仏が動かないようにする

L蟻未並の圧力を減らす


こう書くと何だか当たり前のことでインパクト無いですね(笑)

,任垢共鳴が少ないと当然声が小さくなります。
これを大きな声にしようとすると喉に強い息の圧力をかけて発声するので”力み”につながります。
これは殆どの人が無意識で行っているケース。
『声量は力で出すのが当たり前』の発想になってしまっているんですね。
”共鳴で声量を稼ぐ発声”は実際にやってみないと分らないものです。
力んでいないのに声が大きく聴こえたら・・誰も力を込めようとはしませんよね。
共鳴で声量を稼げるようになると喉の脱力にプラスです。


△任垢、よく頂く質問で『鏡の前で喉仏が上がらないように練習しているのですが高音になるとどうしても喉仏が上に上がってしまいます』というような内容があります。
これは当然。
喉仏が上がるのは結果であって原因ではありません。
原因は喉の前の筋肉に力が入り過ぎ。
力を抜かずして喉仏の動きを止めることはできません。
ここで、生徒さんに『喉の力が入り過ぎですね。力を抜いてください。』とお願いしても受け入れてはもらえません。
なぜなら力を抜くと声まで小さくなってしまうことが殆ど。
これでは力を抜くことをやめることができません。
ですので”意志で脱力”は難しいんです。
そこで効果があるのは”条件脱力”というやり方。
喉仏が上がらない条件を喉に課して発声する練習方法。
喉仏が上がらなければ脱力できます。
声量も変化しません。

ですが、発声する際に必要以上の息の圧力を喉にかけてしまう人きっと多いですよね。
これを減らせば喉の負担が減り喉は楽になります。
ところがこれも意志で減らそうとすると声が小さくなります。
ですのでこちらも”条件脱力”
意志とは無関係に息の量を減らすことで声量を減らさず息の圧をさげて喉を楽にします。

上記の考え方で練習した方は皆さん効果の高さに不思議がりますよ(*^_^*)
やり方を詳しくここに書くことはできませんが皆さんが今後練習する際のヒントになるかと思います。






DAISAKUホームページ http://www.daisakuvoice.com/
渋谷ボイトレ・ミックスボイスレッスン
大阪出張ボイトレ定期開催中♪
教則本『ボーカリストのための高い声の出し方〜ミックスボイス・ホイッスルボイスをマスター!!〜』