前前回の記事(ミックスボイスについて長く書いてみよう)では仮に貴方がミックスボイスを出せたとして実際にミックスボイスを使って曲を自由に歌えるようになるには大きく分けて三つのことが問題になってくると書きました。

『ミックスボイスまだ出せないよ』という人でも参考になる部分が沢山あると思いますので是非読んでみてください。

三つの問題の二つ目です。

ミックスボイを身に付けたばかりの方はかなりの確率で喉に力が入った状態で発声しています。
このままで曲を歌うとすぐに喉が疲れてしまう・・・やはり曲中で自在にミックスを使えるようにはなりません。
ですので『喉の脱力の練習』をしなくてはなりません。

前回の記事(ミックスボイスについて長く書いてみよう)で書いた『鼻腔共鳴で声量を稼ぐ』ことができれば間接的に脱力につながります。
(力を使わなくても声量が出せるので結果的に脱力につながる)

ですが共鳴だけで全ての脱力ができる訳ではありません。
効率良く喉の脱力を行うには、

‖の圧力を下げた状態で歌えるようにする(声量は減らさない)
喉仏の位置を安定させたまま高音を歌えるようにする


が必要となります。
上記の二つが上手くこなせたら相当楽に高音発声が行えるようになります。
『ミックスボイスを使って自由に歌える』がグッと近づいてきますね。

ところがこれらの作業は自分の意志では上手く行えないものです。
自分の意志で息の圧力を押さえて高音発声をしたら声量下がると思いませんか?
『同感!』という方少なくないはず。
ですので『条件脱力』という手法を使います。



ボイトレのやり方を文章で正確に伝えるのは非常に難しいのですが比較的簡単に行える『条件脱力』の方法を一つ紹介しますね。

‖の圧力を下げた状態で歌えるようにする(声量は減らさない)←に効く練習方法です。

まず、普段力んでしまう高音フレーズを何も変えずに発声します。
(自分の意志で息の圧力を減らそうとは思わないこと)

その際、口と鼻を両手ですっぽりと覆ってしまいましょう。
この時のコツは『できるだけ息が逃げられないように隙間なく覆う』ことです。
隙間ができてしまうとそこから息が逃げてしまうので効果が落ちてしまうので注意です。

口の前から呼気が逃げだせない状態でいつもと全く同じフィールで高音発声をしましょう。
短いフレーズを三回、四回と繰り返し歌います。
そうすると、アラ、不思議!?
喉が楽になった!!と感じるはずです。

喉が楽に高音を出せるようになったと感じたら手を離した状態で同じフィールのまま発声します。
その場で『おお!!喉が楽だ!!』となる可能性高し!!

即効性があるのがこのやり方の良いところ。
間違ったやり方で行いさえしなければ最初に歌った時よりも喉の負担が大幅に減ったように感じると思います。

一番多いミスは口と鼻を手で塞いだつもりが何処かに隙間ができてしまい、そこから息が漏れた状態で練習してしまうケース・・・かなり多いです(苦笑)

では何故喉が楽になるのか?

口の前を両手で塞ぐとどんなに息の圧力が強い人でも息の圧力が負けます。
歌えば本人の意志と関係なく強制的に息の圧力が下がるのです。下がらざるを得ない。

息の圧力が下がったところで手を外して発声するとしばらくの間は息の圧力が下がった状態が残るので喉が楽に感じたまま発声できるのです。

しばらくすると薬が切れるがごとく元の状態に戻ってしまいます。
そうしたらまたしばらくの間、口を塞いで発声します。
そうすると新たに薬が効きだしたのごとく喉が楽になります。

カラオケなどではいつも歌っている曲を手で口を塞いだまま歌い切り、今度は手で塞がないで歌ってみると・・・。
『普段より楽に歌える!!』なんてことが高確率で起こります。
簡単でしょ?

物は試しで行ってみてください。


〜次回に続く〜


今までどんなに練習をしても高い声で歌えなかったという方是非レッスンにいらしてください(男女問いません)
そんな貴方を救うメソッドがあります☆彡
『レッスンの効果を感じなければ全額返金キャンペーン』実施中!!
もちろん初心者も大歓迎♪

渋谷、新宿ボイトレ・ミックスボイスレッスン
大阪出張ボイトレ定期開催中♪


教則本『ボーカリストのための高い声の出し方〜ミックスボイス・ホイッスルボイスをマスター!!〜』
DAISAKUホームページ http://www.daisakuvoice.com/