ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。2018年10月レキソタン増量。2018年11月6日~2019年1月13日断薬 再服薬。2019年3月現在レキソタン5mgでステイ





こんにちは。久々にライブドアブログ、それもスマホ、iPhoneから更新です。

さて先月7月3日にレキソタン  断薬1年を迎えました。
我ながら快挙です。

訪問鍼灸の施術効果です。

鍼灸師さんも喜んでくれました。

思うにレキソタン  といった筋弛緩作用を持つ薬は恐ろしい。
服用直後から違和感、筋肉の強張りを感じていました。

それにも関わらず服用して頭をぼかすことでごまかしていたのです。

それが更なる地獄をもたらしました。

薬は逆効果。薬以外では鍼灸マッサージしか治療法はありえないと考えています。

辛いですが少しずつ良くなっているので耐え忍びたいです。


久々のライブドアブログの更新です。
本家ワードプレスブログでも触れましたが、最近は鍼灸と漢方を生活に取り入れ、

レキソタンは5mgでステイの状態を保っています。


5月下旬に帰省。祖父の墓参りをすることができました。


今はただ流れゆく月日を感じながら無為に過ごしています。


こんなはずではなかった人生。

30代、道を間違いました。


途中で「ストップ」「中止」することの重要性を痛感しています。
ベンゾ然り、下請け仕事しかり、途中で辞めておけばよかったものを、
ただ「続けることが目的」と化しドツボの人生です。



続けて良いこと悪いことがあります。

今の自分にとって何が必要で有意義で利益になっているか?を冷静に考えます。


健康でお金に結びつくものでなければ、平たく言うと「コスパ悪ければ」

思い切って中止することが大切です。

洗脳された状態や薬物で思考力が低下している状態では難しいでしょう。

利益と計画。そして志しは何か?常に自分に問いかけ、
無駄なことに時間とエネルギーを消耗しないよう
注意しなければなりません。


ベンゾが最悪の選択でした。しかし今はレキソタンをある程度服用しなければ、危ない状態です。
漢方と鍼灸にかけるにも一気断薬などせず、ゆっくりことをすすめていきたいです。


ブログ更新もそうです。今はストック記事を垂れ流していますが、今後更新を不定期にします。

自分がやるべき活動は他にあるのです。

毎日更新が目的と化したブログ運営はナンセンス。



自分を見つめなおす。そして中断する。薬もブログも下請け仕事もすべて共通しています。


よって本家ブログの更新は、不定期になります。当面ストックが予約配信されます。


レキソタンは5mg。漢方と鍼灸を導入。



近況でした。

本家ブログもよろしくお願いします。


2019年5月、令和元年。相変わらずベンゾに振り回されています。

もう苦しいだけなのでレキソタンを5mg増やしました。なので一日10mg服用しています。


気分はまあまあ。胃部、腹部のチクチク感と違和感は相変わらずです。

食欲もありません。



鍼灸マッサージ施術を週3回受けています。


障害福祉も受けています。ヘルパーの人手不足で空の曜日があり不便を感じています。


2年前の2017年と違って意識がはっきりし、自分でやれることが増えただけマシです。


筋肉は衰弱したまま。脳神経の変性かその他の原因かわかりませんが、クッションのない体で生きています。

鍼灸師には何も指摘されません。痩せは認めているでしょう。

鍼灸マッサージとストレッチやヨガで体に活気を与える。ゆるやかな回復法を実践。

どこまで奏功するかわかりません。


レキソタンを断薬してこうした各種療法に取り組みたいのですが、無理な断薬や減薬状態は苦しいだけです。


過去の教訓を生かすなら、レキソタンをある程度のんで一日を気分良く過ごせる日を増やすことです。


この際薬害は極力気にしないことにします。QOLと安定。そして鍼灸、ストレッチ、ヨガ。
全体的に緩やかに回復をはかります。

本家ブログもよろしくお願いします。

まだレキソタンは抜けきれていません。
5mg玉一錠でステイ。

他の向精神薬はのんでいません。体は枯れました。枯れたような感じではなく
「枯れた」のです。根や茎に相当する体の各器官が枯れてその上に脂肪がついているのです。

これまでの痛みは筋萎縮=枯れる過程で起こる症状だったのです。


枯れ果てると、苦痛は減少しますが、神経が一本抜けたような感じで
過食と拒食を繰り返します。


保温 保湿能力も低いままでシャワー風呂の回数相変わらず多いです。

ガス代、電気代、水道代。これまで親が支払っていましたが、これからは自分の貯金と年金で

負担しなければなりません。


ここにきて学問や芸術、言論、諸々の精神活動は経済土台によって成り立つのだと
実感してわかりました。


個人レベルでのこうした経済土台の理解。社会に活気が無いのは土台である経済が低迷しているからです。


ここでいくらマインドを高めても意味がありません。無理に高めようとすると、
精神科、心療内科での薬物の罠にはまるだけです。

何事においても経済。断薬するにしても経済基盤がないと無理なのです。


枯れた体で自分と社会の経済土台に思いをはせるのです。肉体的経済的終末を予期しながら、
薬害の終わりなき日常・・・

本家ブログもよろしくお願いします。




自分の都合の悪い過去を「洗脳」と言ってるわけではありません。
当時自分を見失い向精神薬をのんでいました。

2000年代、「理性」的なもう一人の自己を感じながら、
正常な判断と正反対のことをしていたのを
覚えています。

悪い意味での「いい加減」さに心が埋め尽くされていました。

過保護、お金、ベンゾ、そしてショッキングな出来事で自分を喪失
破滅への道を歩んでいたのです。

なので、「洗脳」されていたといえるのです。

今20代の感覚に戻っています。
毒父の洗脳が少ない頃でした。

2019年、洗脳は解除されるほど、90年代の我に帰り
洗脳されていたことに気づくのです。

ベンゾの薬理作用で洗脳に拍車がかかっていました。


見捨てられ、薬物が抜ける この二つが同時進行です。洗脳は解除されてきたものの
長い歳月が経っています。

時間と肉体、お金 あらゆるものを失いました。

心の置き所がありません。

頼りにしていたヘルパーさんも退職されました。




心の空洞ができたままです。


レキソタンとはしばらく必要でしょう。



本家ブログもよろしくお願いします。


↑このページのトップヘ