ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン5mgで調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 

今度は断薬せず、レキソタンで安定を計っています。
たかがレキソタンといえど、長期服用した自分には抜きがたい薬物です。


服用当初は飲み忘れることが多く、そのまま自然断薬が可能でしたが、

仕事や家事の重圧でレキソタンとセルシンというカクテル処方で
精神的にも肉体的にも依存し中毒と化しました。

2015年の大幅な減断薬時は、大量の発汗と胃痛でまさしく離脱症状でドクターショッピングを繰り返したものです。


その後は体が衰弱する一方。とにかく食べて体重を増やすことが命にかかわると判断し、
食べに食べました。
福祉を導入し助かりまあした。欲を言えば、初代のケアマネ、相談支援専門員のTが「普通」なら地獄の苦痛

に追い打ちをかけられることはなかったでしょう。

今の相談支援専門員Eさんは、今のところ、とても良い方です。


私はこの一年福祉の勉強をずいぶんしました。


障害福祉医療費制度まで勉強しています。


ネットで研究すると、公には知られていない得をする制度があるんですね。

こうしたことを研究し、お金を節約しながらケアをすすめ、収入を増やす努力を希望しています。

筋肉と皮膚症状は日にち薬で治ると信じています。
体温を取り戻し昨年と違い喚起する時間が多くなりました。

回復の兆しかもしれません。(背中は硬直したままですが・・・)

レキソタンを戻したとはいえ、治療の一環と割り切り、罪悪感を持たないよう注意したいです。



福祉で人の力の大切さを知りました。

この年で学ぶこと多いです。



やはりクスリが必要なんだなと再服用を何度も
した経験とその過去記事を読んでわかりました。

5月18日、蒸し暑くエアコンの除湿を入れました。

少し体温を取り戻しています。

筋肉減少や体温低下は

ストレスが原因の不調だったのではないかと思い始めています。


分析より今ある薬で効くものを適宜服用するのがベターかもしれません。

ただあまり薬に依存するようなことが起こらないように配慮したいです。



ストレス性か老化によるものかわかりません。

ベンゾが原因薬剤とは信じたくありません。



↑このページのトップヘ