ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。2018年10月レキソタン増量。2018年11月6日~2019年1月13日断薬 再服薬。2019年3月現在レキソタン5mgでステイ





レキソタン飲んだり、飲まなかったりしながら日々を過ごしています。

本家ブログではこういうことはあまりかかないようにしているので、
ここで書きますが、
このまま筋肉症状が改善しないのなら絶望です。

昨年より意識ははっきりしているものの、
胃の調子は悪いままで、食欲など本能系の欲をすべて失いました。


体の内部から崩壊しているのがわかります。

本家ブログでも書きましたが、梅田散策しお寿司を食べに行くなど、
活動的な面も出てきましたが、
「背中」の筋肉痛になりました。足は痛くなりません。

普通、運動不足で外に出ると足、太ももが痛くなるはずなのに、

背中の筋肉痛です。

僅かにあった食欲も今では完全に消え失せました。

ノドの違和感は暖かくなってきたためか少し楽です。


離脱症状で耐えれば快癒するのでしょうか?


わかりません。中枢神経の破壊、故障、信じたくない言葉が脳裏をよぎります。


障害福祉を受ける決意をしてはや一年。

苦しいながら耐えてきました。


本当の回復はいつか?そもそも存在するのか?

困惑しながら過ごしています。



KBさん。いつもタメになるお話ありがとうございます。

自分の人生を少し肯定できました。




新しい相談支援専門員と契約し新体制ができました。

運営はこれから。新しい相談支援専門員の提案で
ついでに訪問看護ステーションまで変更になりました。


以前の相談支援専門員も訪問看護もどこか違和感と私に対して「やり辛さ」を
感じていたようで、今回の改革は双方のためになったと思っています。


専門員Tがアポなしで来訪し、謝罪。突然のことで驚きましたが、
円満に解決したようです。

専門員Tはどこかほっとした顔。

役所に電話を入れたので、ずいぶん圧力があったのでしょう。
それが私への不満になって、
さらに私の専門員Tへの不満という負のスパイラルに陥っていたようです。



今回はこれで解決。ヘルパーさんは納得。

訪看が余計ですが、障害年金のための布石。障害年金は一年更新ですので、
「受給できておわり」というわけにはいかないのです。

訪看費用、自立支援で一割負担とはいえ余計な費用。


福祉は完全無料にしてもらいたいです。


本家ブログ

5・7追記)


KBさんメッセージありがとうございます。
非常に示唆に富んだ内容。

いつもながら頭の良い方だと感心しております。



相談支援専門員Tに疲れました。

何気ないことで、こちらが譲歩して電話すると「今日休みだから」
話が別件になると「そういう話は良い」
またしても二転三転と言葉が変わる。まるで悪質な金融業者のよう。
傲慢な態度も見え隠れ。

「ヘルパーから「モニタリングが5分」とATが言っているのを聞いた、そんなことはない、
信用にかかわる、訴えるぞ?!」という仄めかし暗示攻撃=脅迫を受けました。

何をどう訴えるのでしょう?
契約違反をしているのは相談支援専門員T。
私はこれまで気が弱り、自信を無くしていたので専門員Tの違法で不道徳な
言動を大目にみていましたが、やはり専門員Tとの関係維持は無理です。

ナンクセいちゃもん、言いがかり、言葉尻とらえ正当化

まるで中高生の少年のようです。


サービス調整計画は、セルフプランでもでき来ますし、
セルフをするように専門員にも電話で促されました。もっともこれは「一人ではできないだろ?
できたとしてもしんどいぞ、オレがいなくなると困るけどいいのかな?」という弱者の
弱みに付け込んだ脅迫です。

しかしこのような傲慢な言葉と強迫を受けても「福祉の「人材確保」を重視していたので、
いつもの自分らしくなくこれまで専門員Tの強迫に屈していしまいました。

時間がたつにつれ相談支援専門員の傲岸不遜で心理的負担になり、挙句の果てに
違法行為の連続を確認。

さらに「こちらを貶めようとする悪意」を感じ、解任することにしました。
実は昨年10月から心に決めていたことです。

その間、専門員Tには、なんどもチャンスをやり大目にみていましたが、
どうも私に「根源的な敵意、悪意」を持っているのがわかります。

そもそも自宅療養の身においては、専門員Tこそ違法で、私に配慮しなければならないのです。
それを私が人間関係に配慮している現状。
障害者であろうとなかろうと、私はサービスを受ける側です。

そんな簡単な現実もわからないのでしょうか?



相談支援専門員Tを実質解任しますが、素性もわからず解任するのはこちらの個人情報を
取られているだけに不安と嫌な感じが残ります。

これが気になって今まで解任を躊躇していましたが、もういいです。

専門員Tがどこの誰であろうとも。


契約から丁度一年くらいになりますが、数々の嫌がらせ、
足の引っ張り、不遜な言動は契約直後の7月から始まりました。

それに対する反発を私の悪事、不法行為と言いふらし、悪人
に仕立て上げようと画策し始めていました。

まるで下手なスパイ活動です。

専門員Tには、ヘルパーさんも連動してやめるかもしれませんが、仕方ありません。


このブログでも「その違和感正しい」というアドバイスを受けていました。

ここでのアドバイスが正鵠を得ています。

追記)

相談支援専門員に関して新しい展開が開けそうです。本家ブログをご覧ください。



レキソタンしばらく服用します。

これまで断薬と服薬を繰り返しながらわかったのは、服薬しているほうが調子がいことです。

最高量でのんでいたの時の間違いは、ジアゼパムのせいにします。


レキソタンだけでずいぶん違います。



それでもストレスか後遺症で長引いている胃痛やノドの違和感は相変わらずで、

落ちた筋肉、手足の指の薄化など全身の衰弱が進行しました。


脳神経の影響かどうかわかりません。

少し動けるようになってことが全身です。


朝夕レキソタン5mgで安定させつつ体力を取り戻したいです。


ネットの情報にまた振り回されるかもしれませんが、一日でも楽に過ごせるようにします。



セルシンを断薬したからいいとそましょう。



福祉がらみのトラブルも予想されますし、何かと受難です。

本家ブログ

更新しました。ダラダラ書いています。文章修行中です。



雨が降ってきました。相変わらず不調です。

13日に障害年金が振り込まれていました。

ネットバンクで年金入金を確認した直後、郵便受けをみると社労士からの請求書。

14万!高いですね。成功報酬として2か月分+消費税1万。

ネットで即振り込みました。

ほとんどの苦労は私がしたので、過払い請求をしたいくらいです。


10日ごろに社労士に別件でお願メールを送信したにも関わらず、返信がいまだにきません。

多分請求額振込み確認後のタイミングを見ているのでしょう。
他愛もないことなのに。


無視が続けば「虐待」として通報します。(セコセコした社労士に一種のいら立ちがあります。
やはり「やましい」人たちなんです。報酬は8万くらいでいいのに弱者の弱みにつけこみ搾取。)



福祉、年金、すべてネットがなければ成功しませんでした。



体調悪いままです。

レキソタンまた飲むようにした方がいいようです。



レキソタン一種類が効くうちはまだ助かっているのかもしれません。

筋肉は戻りませんが・・


本家ブログ


レキソタンはまだマシ。セルシンが有害だったようです。

ベンゾでひとくくりにしていましたがセルシンのんでから意識がぼっとしたままでした。

レキソタンはまだ許容範囲。

心身症に効果あると思います。

そんなに悪い薬ではないと思い始めています。

弱い毒ですが、ストレスも毒。

レキソタンで立て直せれば儲けもの。その確率高いです。

正当化かもしれませんが、経験上、レキソタンはまだ存在価値があるように思えます。

あまり断薬に固執するのはかえって良くない。


KBさん、eさんメッセージありがとうございます。
勇気づけられました!



↑このページのトップヘ