ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン5mgで調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 

2013年09月

セルシン減薬10日目。昼の薬1回分を抜いている。
朝晩のみで10日。

何とか過ごせている。

(2018/01/28一部加筆 リライト)

減薬、断薬とはまるでリストラみたいだ。
もちろんリストラする側の感覚。

小規模ながら事業主なので、これまで多くの取引や従業員を
リストラした経験がある。(もちろんこの逆も経験している)

これまで信じて力を合わせ、知恵やヒントをもらった従業員を
リストラした後の「離脱症状」は、酷いものがあった。

それを薬で誤魔化し、今度はその薬をリストラ(漸減)するのだから、
生理的な離脱症状だけでなく、心理的な離脱症状がある。

今度は薬を飲み、処方してきた医師とその処方箋(薬)を切るのだから、
心理的な負担もかなりあるのは確かだ。
心の整理をつけなければならない。

(リストラとは本来restructuring(再構築)という意味で
企業の再編という意味であることは知っている。
いつの間にか首切り解雇の代名詞になってしまったが。)

心療内科の薬を切るというのは、通常の変化や別れリストラに伴う
葛藤や心理的苦しみはもちろん、肉体的、生理的な苦しみが生じる。
この辺に薬の怖さがある。
人生にはさまざまな変化がつきもの。
恐怖不安、離別による喪失感と悲しみ。

こうした症状を安易に薬に頼ったのが良くなかった。

欧米のように処方期間を4~6週間にしてくれれば、
健全な精神(忍耐力、打たれ強さ)を身に着け、
保つことができたに違いない。

なお、今仕事でどうしても薬が必要な人は無理な減断薬は
しないほうがいいと思います。

薬のみながらでも仕事をしなければ生きていけない世の中はどこか
間違っているような気がする。

最後になりましたが今日1回減薬成功。
朝晩(セルシン5mg×2、レキソタン5mg×2/Day)

今後の仕事は今から片付けて今後は単純な作業にするよう、
調整中。

心理的な負担にはプラスイメージと自己暗示、
本来の意味での宗教が必要ではないだろうか。

宗教に否定的な自分もここにきて宗教の本来持つ精神性を認めざるを得ない。


↑このページのトップヘ