ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。2018年10月レキソタン増量。2018年11月6日~2019年1月13日断薬 再服薬。2019年3月現在レキソタン5mgでステイ





2017年01月

化学物質過敏症?になった。
熱いうどんや汁物を食べると、体の奥から痛みが走る。


乾燥肌になっているから当然だろうけど。

もう疲れた。

昔の戻りたい。薬やる前の自分に。

人間の尊厳を奪う精神薬。

肉体と精神の持つ人間的強さをすべて奪う向精神薬。

肉体的弱さと外見劣化、知的能力の低下、判断力低下。

これにつけこむ福祉業者や一般人の残酷さ。


いい人もいるが弱いもの、劣ったものへの差別と偏見は根強い。



本人のせいではない。精神薬という物質がそうさせるのである。

ここから脱することはできないか。

再服用の後で精神薬の残酷さを認識。


こんなものに20代で手を出したのだから。



ついに腕周りの筋肉が落ちてきた。いやゆっくり進んでいたのだろう。
下山日記のコメント欄で誰か書かれていた通りで
タイプ入力も辛くなってきた。

この10年振り返ると、仕事を辞めて、旅行にでも行っておいたほうが良かったと
思う。目先のことばかりにとらわれ自分を見失っていた。


死がよぎる。

恵まれ体格をしていたのに、今ではボロボロである。
一日30㎎もベンゾをのまされていたわけだから、それも10年、

体にものすごい負担をかけていた。脳にもかかっていた。

減薬が早すぎたのだろう。ほとんどは医師の主導でこれも
計算されていたのか。

とにかくもう健常者としては無理。

完全老人である。
いや老人のほうが力があるのではないか。

肩まで辛くなってきた

本来人生でいい時期かもしれないのに、
終わりを予期しようとは。
失敗ばかりの人生だった。

最後もこんな有様だとは。
あるはずのところに筋肉がない。
皮膚は破れそうである。



たぶん来年まで生きていないと思う。
なぜか?昨年に比べると筋肉減少と皮膚異常の進行が止まらないから。
内臓も弱っている。
体重は増えたのに、衰弱している。

足もスカスカする。行動制限がある。外に出られない。

家族に電話しても理解されず。
過去の知人からも遠ざかっている。

服用中気が多くなってしでかしたことの過ちの大きさ。

取り返しようがない。


どうすべきか。衰弱死か。

まさかこんなことになるとは。





悪性離脱
この症状に当てはまる。特に筋肉と
体温調整(発汗機能の異常
限りなく異常

夏も冬も季節感がなかった。

もう遅いのかも。
憤りがある。
しかし体が朽ちると力もなく。

過去に多くのチャンスをもらいながらも足を引っ張られていたことを思い出す。

今更どうしようもないが。

■ことば 悪性症候群

 統合失調症やうつ病患者に投与される向精神薬のほか、
パーキンソン病の薬を急に中止した時にも起きる副作用。
神経伝達物資の作用を抑え過ぎて、筋肉運動や体温調節の機能が壊れる。高熱、筋肉硬化、頻脈、意識障害などが生じ、重い場合は死亡する。(毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030121-00001076-mai-soci

↑このページのトップヘ