ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。2018年10月レキソタン増量。2018年11月6日~2019年1月13日断薬 再服薬。2019年3月現在レキソタン5mgでステイ





2018年02月

こんにちは。

毎日倒れ込んでいます。筋肉が薄くなった体は以前の自
分ではなく重力感もないまま寝起きしています。

左足首回りの肉がごっそり落ちたようです。

2月最後の日です。明日から3月ですね。看護師さんのよると、
暖かくなるそうです。

冬季を乗り切ることができたようです。ただ胃は相変わらず萎縮し
たままで筋肉減少は徐々に進んでいるようです。


訪問看護を受けたばかりで看護師さんからも
「服がブカブカになっている」と言われました。
背中をさすってもらうと筋肉がごっそり落ちているのを
認めてもらいました。自分でも筋肉の喪失感がわかります。



2月はブログ更新を頑張ったので「目が充血している」ことも指摘されました。

ヘルパーさんとのこともあり、心身共にかなり疲れていま
す。小食で栄養不足なのも気になります。

脳の中枢神経ですので、回復はかなり難しいです。
このような中、家族の協力もほとんど得られず収入を確保しなければならない状況です。

厳しすぎる現実です。


追記)固形物はまだノドを通ります。ただ食欲が極端に低下しています。


筋肉の回復に魚介類がいいと思い、ネットスーパで新鮮なイカ、タコ、牡蠣(かき)タラコを取り寄せました。

これまで肉卵が中心で脂肪が多くタンパク質が少ないことがわかりました。これではメンタルにも良くないです。

イカやタコ、牡蠣(かき)にはタウリンが豊富で筋肉の再生にもいいようです。
新鮮な魚介類をスーパーで取り寄せうる。金銭的な不安もありますが、これが現実的な治療法でしょう。
普通の家庭料理です。

精神薬と過労(老化)栄養不足 この3つが相互作用したと思います。


昨年94歳で他界した祖父の好物はイカやタコなどが中心でした。
貧しい中でも魚介類は入手できていたようです。酒の肴ばかりですが、先人の知恵が伝わってきます。
こうしたものをあまり食べない習慣が良くなかったことに気づかされました。

思うに魚介類が不足した偏食が精神不調の原因だと思います。


(イカやタコは消化に良くないので胃病の私には良くないかもしれませんが、
栄養豊富。筋肉再生に必要だと思います。)

2月何とか生きることできました。肉体は衰亡しています。

回復に向かえばいいのですが・・・多くの歳月が流れました。







こんにちは。全身の委縮を特に感じます。
アドセンス通ったうれしさ反面、体が朽ち、追い詰められた状況にあるなか「この先やっていけない」
という不安があります。自然断薬から4日目。また再服用するかもしれませんがしばらく頑張ります。

恐ろしいほど筋肉が落ちヘルパーさんから見てもわかります。


食欲完全にありません。

ネットも短めにしたいです。



2・26みたいなことが起こらないためのクスリでしょう。皮肉な話です。

断薬しても体ボロボロですから。

追記 昼レキソタン5mg 服用。少し昼寝でき、目の充血が緩和されました。
過度にブログをやったためしょう。本家ブログ18時50分更新。

福祉人間関係考えごとあります。
食事が物理的にもいらなくなりました。

「一応食べる」というスタンスです。終わりが見えません。
厳しい現実だけが見えます。


完全に体が朽ちた感じがします。
左足首の肉の喪失感があります。胃も左側に軽い痛みがあります。
首回りもスカスカします。

「よくこれで起居動作ができるな」と
感心します。

昨年の今頃はベンゾ離脱の一番酷いころだったと思います。

今は肉体症状がすすんでいるとはいえ、精神的には比較的マシになったと思います。
それでもこの先どうなるかわかりません。
過去の記憶が出てきます。
Hana-Biという映画、20年前に公開されたのを覚えています。
邦画はあまりみないので詳しくありませんが、98年の映画。つい最近だと思っていたら、
もう20年経つんですね。

まだ20代でした。

今から考えると贅沢な悩みを持っていました。

30代の記憶はあまりありません。外交的で家事もすべてこなしていたのに、その当時の記憶があまりありません。クスリの影響でしょうか・・・


今は効かないレキソタン5mg。この二日間は飲んでいません。もうなまなくてもいいような気がします。
体が朽ちるところまで朽ちたので、「もしかするとV字回復するかも?」と淡い期待。


昨年の今頃のように「死」を意識することは少なくなりました。

しかし生きた心地しません。

「40過ぎたので十分生きた」と諦めも出てきます。
今の30代の人達が羨ましいです。


自分は人生観を間違っていました。
再生すれば、やり直すことできると思うのですが。

追記)
・2・26事件から82年  間抜けなことを書いている。

・少しずつ解毒 排毒 栄養をつけて運動  かなり時間がかかる

筋肉や皮膚は回復するのか・・・

・19日サムライファクトリー様からのメール拝受。
担当者様 メールありがとうございます。
偶然と言っては何ですが、24日頃忍者AdMaxを設置いたしました。よろしくお願いします。

・20時Google様からのメール「アカウント承認」メール拝受。

審査に合格しました。驚きました。





本家ブログ
カタログ記事グが良かったのか・・朝日新聞と中国共産党を名指しで批判した記事なのに・・・
(「言論の自由」を歴史的文脈から考える という視点からOKだったのかもしれません)

あるいは「言論の自由のために戦う自由ブログ」みたいなノリがアメリカ企業的にはいいのかもしれません。
ただの偶然かもしれませんが・・・






ベンゾ後遺症で体の各器官が萎縮しているのでしょう。
胃や食道(ノド)の違和感は器官の萎縮から生じているのがわかります。


筋肉も臓器なら筋委縮も当然のことで、筋肉を外面的にとらえると本質を見失うと思います。

昨年に比べると萎縮は進んでいますが、痛みは部分的になりました。



どこかでV字回復してほしい一念です。

今日はどんよりとした曇り空で気分も切なくなります。
20年前30年前の記憶が甦ってきます。
思えば「恵まれた環境と体格」でした。それを薬物で潰してしまったことが悲しいです。


レキソタンを放り込んでウォーキングに励んでいました。アホです。
ヤク中がハイになっていいただけなんです。

鍼灸、整体など薬物でない対処療法で良かったです。

クスリにやられた心と体はあらゆる悲惨を服用中も服用後も持ち込んでくきます。

<メモ>ガス代通知  1月分 16,175円 領収済み

        2月分  7,844円   減った。

ブログ)広告 忍者ADMax ライブドアブログ 広告配信中

 ワードプレス ブログでは、「アダルト配信に✔入れなければ配信しない。掲載不可」

と忍者AdMax様からの通知   

アフィリエイトは成り立たないと思います
成り立つのは一部業者で「儲け方」をコンテンツにしているようなところでしょう。
怪しい系ですね。(ワードプレスやサーバー設定の知識は役に立ちますが・・・)


・A8ネットの広告主検索が面白いです。自己破産専門の弁護士事務所。
成功報酬=電話問い合わせが1万5千円と高い。
高利貸しの広告主もあります。あと離婚専門結婚指輪買取など。ナニワ金融道の世界。

面白い文章書いて、クリックしてもらえたらお金になるんですね。





少しばかり暖かくなってきましたが、胸のあたりに違和感。
「左、気管支に穴が開いているのでは?」と思うほどです。

左足首もスカスカ感があります。


食べても身につかず。食欲が全くない。


終日臥せっているので、生きているのか死んでいるのかわからない状態です。

このよう中、ヘルパーさんの出入りが週3回あるのですが、異常を察知されないのでしょうか?



どこかで回復してほしい。
しかし中枢神経ですからね。


追記

ヘルパーさんが来たけど、機嫌悪そうで話さず、
奥の部屋で寝ていた。

帰り際、呼ばれたので立ちあがると、ようやく話してくれた。
料理たくさん。


どうやら「看護師」の存在を疎ましく思っているみたい。
こちらは医師との連絡係で必要なのに。




体中痛む。









↑このページのトップヘ