ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン5mgで調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 

お金と投資

     「序論」
全く食欲がありません。健常な頃、寒さに強く食欲も旺盛でしたが、昨年末12月になってから、
食欲不振がいよいよ進行し、今では物理的に食べるのも億劫になってきました。
筋肉減少で動きも悪く、 さらに食欲さえない。

何のために生きているのかわからない状態です。家族との関係も険悪なままで、
精神的に追い詰められています。確かに私は過ちを犯しましたが、道義的に許される範囲です。

こちらの思うことと相手の思うことが違ったののでしょう。福祉関係者との交流で、
自宅での家族以外の人間関係を築くことができました。本当はもっと若いころに
家族以外の他者との関係を築くべきだったと猛省しています。

それにしてもプライドを失わせる機能低下。いつまで続くのかわからない症状。多くの薬害者の方が、その後消息不明となり、安否情報もわからず自らの不幸を嘆いておられたのを思い出します。


道義的にあまり感心できない人達ばかりが栄えているように思えます。これはおかしい。
今やそんな人達から敬意を受けられない言葉を浴びせられたことがありますが、
「そこまで私は悪いことをしたのでしょうか?」と素朴に思います。

完璧な人間はいません。誰もが個性があります。たまたま時代にそぐわなかったり、
人間関係をうまく構築できなかった、その程度のことで精神科にかかった
人がほとんどだと思います。

ここでいろいろ書いてきましたが、根性論を書こうなんて思ったことはありません。
事実だと思ったことを淡々と書くように心がけてきました。

もうすこし積極的であってもいいのかもしれません。
そういう風に書けばいいのですが、今の自分は打ちひしがれ、肉体が削がれています。信じられないような症状です。以前の自分がウソのようです。しかし今は反省することが多いです。
自らの人格を全否定するほど悪くはないと自らを鼓舞しています。


「お金にまつわる私的世代論」
「人は時代に恵まれ、時代に見放される。」そういう運命にあると思います。
ただ明らかに教養と品性ある大人になり切れていない親世代に気を許したのが間違でした。
(私もいい年ですが)

「大金」で判断力が緩んだと思います。

お金というものは怖いもので「愚者を賢者に、醜い人を美しく」見せます。
こちらが「正しい心構え」を持っていれば、そうした誘惑や判断が狂うということはなかった
と思います。

「道理の通った考えをする。」「思いあがらない」昔の人が「修身」などで教わってきた内容です。
戦後はそういう価値観をすべて否定し「成金」のような人達が、「お金=実力」と思い上
がり日本の美風や日本人の個性と品格、強さ、思慮の深さといった徳目を破壊してきたと思います。
戦後復興は修身を教わった世代が築きあげました。それが証拠に戦後世代(団塊世代)が老齢に突入した今、世の中はどうですか?格差社会、少子高齢化。これすべて戦後教育の結果です。こ
れを今の若い人達の責任にしているのは間違った考えだと思います。

「もともと才能も実力もそれほどない人たちが大金を持ち世の中に影響を及ぼしてきた」
これが今の日本の結果です。

お金は怖いもので、心が正しかった人でさえもお金の魔力で間違った考えを抱き、
人を傷つける傾向にあると思います。「成功を全て自分の体験や考えと思い上がり、
失敗を反省せず立場の弱いもののせいにする」これは以前の私の姿でしたが、

今の私の親はそれに輪を変えかけたような恥知らず、粗野で野蛮だと思います。
戦後高度成長という修羅の道を歩んできたのでしょうね。

福祉の世話に弱っている息子が死にそうでも、父は常軌を逸したかのような声を張り上げる。
「どこからそんな声を出すのか?」昨年の今頃他界した祖父の言葉です。

精神的威圧です。私が幼いころに見て嫌悪した父が70代になってまた元に戻っているのです。
やはり戦後世代の本質は同じです。私はこうした親から離れるべきでした。
当時30代、いい年をして親にチヤホヤされている内に正しい感覚を失っていました。

病気は苦しいですが、この病気で自分を見つめなおし本当の自分に帰ったと思います。

福祉の人達は問題があるとはいえ、生まれつきお金に恵まれていない人達で話していて新鮮な感覚を持ちました。一緒に過ごして話しているうちに懐かしい気分になり、学ぶところが多かったです。

「お金はないよりあったほうがいい。」「しかしそれで父世代のように夜郎自大になってはいけない。」父やその世代は私の反面教師です。本当の豊かさは家族とともに豊かに過ごすこと。

決して子供をお金儲けの道具に考えないことが大切です。「自助論」という本があります。
大英帝国(イギリスが強かったころ)の立身出世の逸話です。艱難辛苦をものともせず修養によって成功し、品性を以って道義的にも人格に磨きをかける。これこそ本当の成功で、「単なる成り上がり」人を蹴落とすだけで成功した父達と対局の姿があると思います。かつての日本人は強かった。美しかった。

しかし戦後世代が弱くした。少子化一つ見ても明らかなのに、我々が悪いとされる。主客転倒です。真の加害者と被害者を正反対にしている精神医療と同じ構図です。後半説教じみましたが、私の親、人間としての未熟さを日々感じています。独断です。私はいい年した大人=ACな私の独断です。

世代論、一絡げにできませんが、お金にまつわる私的世代論、ご容赦願います。









 「電気料金2万円台」


先月ガス料金水道料金がそれぞれ2万円台で
驚いていたところですが、今朝受け取った
電気料金通知書を確認するとこれも2万円台でした。
かなりの高額で驚いています。テレビはみていませんので、

ヒーターを入れ続けたのが最大の原因でしょう。
さっそくエアコンの電源を切りました。今冬は冷
え込むとはいえ、家の中にいるので、何とか凌げ
るはず。それができないまま電気ガス水道それぞれ

2万円台で合計6万。食費も5~6万以上ですから
月に12万以上の支出になります。今の自分にはそれだ
けの稼ぎはない。親の支援と自らの貯金を切り崩してい
るだけです。体がボロボロで生活費が高まる。

福祉サービス業者からの軽い侮蔑。この状況心理的にも
正直、辛すぎます。「なんでこんなことになったのか?
」と打ちひしがれています。


      「節約と収入」

体調面は何とか我慢するとして、高すぎる光熱費と食費を
抑える節約術を考えなければなりません。最近は入浴多数
の異常状態は大幅に緩和され、シャワーだけで過ごしています。

これもある意味異常なのですが、この一週間湯船につからず、
シャワーだけで済ませたので、水道代、ガス代はかなり
安く済んだと思います。問題の電気代。エアコン以外考えられるのは、
パソコンです。

これは一日電源を入れっぱなしなのでたまに電源オフにする必要が出てきました。
2月現在、寒い日が続いているのである程度の電気代は仕方ないのですが、
もうすぐ3月になります。
そうすれば、今より光熱費がぐっと安くなります。

その時期まで待ちたいです。また、暖かくなれば体も動かし
やすいでしょうから、その面からも異常な入浴や食事も緩和され
、光熱費と食費の削減が期待されます。


問題は収入です。今の私にこれといった収入はありません。
ネットのお小遣い稼ぎをコツコツやってまとまった額にすることだ
けです。運が良ければ障害年金支給で、貯金とあわせてしばらく

は親への負担を軽くして生活することができるでしょう。
支出を抑えたところで、その間にネット収入を増やす努力を続
けなければなりません。今考えているのが、ブログです。

このブログでアドセンスとアフィリエイトをやる。
PV数が気になるところで毎日のように記事を更新する努力が必要
になります。一番最悪な体調の時にネットビジネスをやらねばらなりません。


「お金にならずとも、もう少し早く、ブログを書き続けて記事を
貯めておくべきだった」と後悔しています。日記ですが、
積み重ねると、いろいろな可能性が見えてきます。
とにかく何か書き続けます。


朽ちた体でのタイプ入力が辛いですが、積み重ね、継続こそが
収入への道になるとの確信を持っています。とはいえ書く内容
、ネタに困ることが多いです。

食欲があった頃は胃のことを気にせずなんでも読書を楽しみ、
その知識をもとに
「考えの種」を育て上げることが出来たのですが、今となって
は少し「しんどい」作業になっているのは否めません。

      「ネットの力」

たまにものを考え書く作業が楽しみになるので、
その時期に集中的に書きためておく
のもいいかもしれません。家事や通院といった煩わしいこ
とが減ればブログ運営に専念できるのですが、

それを阻むのが体調と、福祉業者との連絡調整です。
これがまたうまくいかない。本来、専門員がすべて
計画立案し私の負担を減らさなければならないのに、
 専門員はあれこれ理由や理屈をうけて怠慢になっています。

これを虐待と市に通報してもいいのですが、それも
また大きな心理負担とトラブルになることは目に見え
ていますのでどこまでも我慢が要求されます。福祉の足り
ないところは全てネットで行っています。

買い物、市への問い合わせなどインターネットを活用しています。
お蔭で悪徳に近い福祉業者に完全に屈することなく自我を保つことができています。

ネットスーパー、Amazonなど通販サイトのお蔭でお金さえあ
れば、自分の手足になってくれます。医療もネットで代行できれば、
福祉業者に頼ることはなくなるでしょう。


ネットで稼ぎ、ネットで各種代行ができれば、肉体的なハン
デがあっても健常者とほとんど変わりない生活ができると思うのです。
少なくとも誰かに頼ることは少なくなる。頼る人が必要でも
ネットを介せば効率的で不正の少ないサービスを享受する
ことができると思うのですが・・・

電気代、生活費、お金、福祉サービス いろいろな側面
でインターネットを活用すれば、大きな助けになり、ハンデを克服できます。

ただ、薬害や体調面だけはどうしようもありません。
そもそも水道代にしても、薬害で筋肉と皮膚さえ脆弱にな
らなければ、安く済ませることができたのですから。

ここでも精神薬の破壊性と非生産性が浮き彫りになります。
このような薬をばらまくことが本当に医療なのでしょうか?
高すぎる電気代金の通知をみてあらためて疑問に思いました。


問題はあるとはいえ、身の回りの利便性は既にネットで高ま
りつつあるので、収入もネットで確保したいです。

(6日朝 追記)

障害年金も生活保護も一時的な福祉措置であって永続的で
はありません。更新するための精神科医の診断書も必要です。
あまりに不自由です。12~15万円の収入を確保すれば、
贅沢無しでやっていけるはずです。 健康回復だけはそういきませんが。


参考ログ 

GABA受容体の回復を信じたい


自立支援の更新時期です不本意な通院で診断書が必要です

参考リンク
向精神薬断薬後の筋肉硬直について





↑このページのトップヘ