ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。2018年10月レキソタン増量。セルシンの断薬で満足。レキソタンは当面のんだ方がよいと判断。





<スポンサーリンク>



雑感

<スポンサーリンク>

食事はごく軽いもの。
お粥、おから、味噌汁、卵料理など。 
本当は外で食べたい。ここでの生活いつまで持つかという不安がよぎる。

過去に戻りたい一心で昔のことをあれこれ後悔。慙愧の念に耐えず。

ヨロヨロと動く体で部屋を移動している。

服のほころびを治さなければならない。
これ以上精神薬に頼らない、依存しない生き方と後遺症と向き合う。

障害認定継続には精神科システムと縁を切ることができず、社会の沈め石にされた理不尽と自覚。




<スポンサーリンク>

寒い日が続いている。布団にうずくまり寝込むというより倒れている感覚。

声が出しづらい。朝体の硬直をほぐそうと軽い体操。椅子を使って足を延ばした。
ずいぶん硬直している。ベンゾジアゼピンの筋弛緩作用の反対に硬直が出ている。寒さも相まって一段と硬直しているので簡単な体操を続けることにした。以前のような柔らかさはない。
何をやるにもぎこちない動き。足首の筋肉が落ち腹だけでいているから、前屈がほとんどできない。
老人以下ではないか。


この先が思いやられる。断薬しても筋硬直、筋肉減少は治らない。
高すぎた代償である。

朝ヘルパーに来てもらってゴミ出しをしてもらった。もう自分では難しい。冬場は実質できない。

当ブログの過去ログをみると自分でゴミを出していた記載があり、それができない今は少しずつ劣化しているのがわかる。
もしこれで一人のままだと、完全に病棟だったわけで、この点ヘルパーのお蔭で意識を保っている。

食時は無理に食べない。味噌汁を少し。あとは硬直した体をどうほぐすかである。

このままだと老化でますます萎縮する。

筋肉減少はベンゾジアゼピン離脱の筋硬直と老化が原因ではないか。厄介な薬をのんだ。
今の苦しみより原疾患のほうがどれほど健全だったか。
精神薬のプロパガンダに騙された。
ヨガの思想にあるように小食で呼吸を長くし背骨を活性化させれば、もしかすると、快方のきっかけになるかもしれない。ヨガとまでいかずとも、何らかの体操が奏功するのでは?という期待がある。


・2015年の記事を読んでいた。当時外出、歩けた、ゴミを出せた。買い物も出来た。病院にも行けた。
当時、頬がこけていた。顔だけは戻ったが、胃の不調は相変わらずで筋肉減少。これは想定外で外出困難になった。今はもう疲れた。

福祉の力にも限界がある。 精神薬をのんでいない人がうらやましく見える。

今は無理に食べない。足の脛 筋肉は仕方ない。鍛えても身につかない場所だから。

食時は少なくて済む。

それにしても今くらいの冷静さが30代にあったら・・・


なぜ自らに不利なことをしていたのか?

15:55 2018/01/16 レキソタン4.9

(メモ)
朝 ネット収入の振り込みあり。小遣程度だ。これもいつまで続くか。


筋肉を失い希望を失っている。











<スポンサーリンク>

ここでささやかな闘病録をつけているが、どうやら関係者に情報が漏れているようで、具体的な事柄を列挙することに限界が生じてきた。

メールマガジンを発行しているので、具体的な出来事、固有名詞はそちらで販売しながら記録保存している。(少し後ろ暗いが、今の自分=弱者にとって「暴露」が救いの一つになる)

小遣程度だが、定期読者がいる。なのでそちらの読者の方に精神医療の闇、障害福祉の裏情報として発行中。

もちろん福祉には良い面、救われている面があるので、その点は配慮している。問題は有害物質を撒き散らかしている精神医療でこの点は遠慮は無用だと思っている。(このブログでいただいたコメントやメールの転載などはしていません。あくまで「自分」のこと限定です。例えば福祉事業者の悪態、悪だくみなどそのまま書いて配信しています。定期読者の方は何でもありの様子ですので、甘えさせていただいています)
(メルマガ収益があるといっても小遣程度でそう長くは続けません。情報の売買などしていません。自分の受けた虐待を告発するのが最大の目的です。)


体が朽ちる中での限界と関係者に察知されたことでの苦しみが生じてきた。

・今日の記録を簡単に。

朝はいつもと同じように痛みを抱えながら起床。睡眠は不思議なことに眠れている。
普通私のような肉体症状になれば睡眠薬でも使わないと眠れないはず。なのに眠れている。質はよくないが、眠れている。

レキソタンは一錠だけ。
食欲はない。お粥を無理に食べる程度。  鏡に映る肉体は以前のようながっしりとした筋肉はなく、痩せて腹だけが出ている。初老の老人のよう。しかしパッと見た目には分からないと周りから言われる。

断薬しても構わないが、この先何があるかわからない。

今は何とか年を越せた安堵感がある。昨年から「死」を予期していたがそれも乗り越え奇跡的に生存している。
夕方 小雨。今日は珍しく寒さが和らいだと思っていたら、雨の前触れだったようだ。

食欲がないのが一番辛い。かれこれ2年近く続いている。「ベンゾジアゼピン断薬後に筋肉が削げ落ちる」という報告がある。ベンゾは筋弛緩作用があるので耐性離脱、常用量離脱で反対に筋硬直をひこ起こし、内臓の運動が低下し食欲がなくなる。
この説が自分的には正しいと思う。

あたたかくなれば少しは食欲も出てくるだろうが、筋肉減少と皮膚脆弱がどこまで続くか不安と恐怖に満ちている。
経済的な不安もあるが、やはり肉体症状が一番の悩みの種である。







<スポンサーリンク>

もうこんな恥さらしを書くのをやめたい気持ちになりますが、
ブログは唯一の自己表明の場。

ツイッターもやっておりますが、限界があります。

落ちた筋肉でPCに向かうのも困難。

あらゆる器官が衰弱し、このままどうなるのか不安です。

痩せこけるところまで痩せれば止まりV字回復するのでは?と期待していますが、
現状はどうもそうではなさそうです。



脳神経の破壊説を信じたくありませんが、筋肉減少の速度が速すぎます。

今では腕を動かすのも辛いです。その割には更新回数が多いですが、これはいつか書けなくなる日を予期しているからだろうと思います。

何とか回復してほしい。それだけです。

食欲も全くありません。

中枢神経  食欲中枢にも支障があるのではないでしょうか。


生命維持の本能が狂っている。さらに孤立、罵倒、闘争。

疲れ果てました。

薬害に理解ある介護士の存在が希望です。


看護師もいつか理解してくれるでしょう・・・
死の前かもしれませんが・・・

愚かな人生でした。

自己卑下しすぎでした。ありのままの自分を肯定すれば良かったのです。

・「夕方」

17時30分ごろ軽めの夕食 レキソタン4.8

完全断薬は危険で5ミリ前後で推移したほうがいい。

障害年金の手続き終わった。あとは社労士22日の申請で完全に年金作業は終了。

年金結果は来年になるが、落ちても再審もできるのでそれにかけたい。


・体力の回復  福祉 訪看との折り合い。

今や被差別なれど、「非課税」をメインコンセプトにして生きる。

収入はネットを使う。小遣程度でも稼げればいい。

障害者手帳があれば所得税控除が27万くらい。

基礎控除が38万くらいだから仮に所得が発生しても非課税。
薬害者の報復は福祉を使い倒し、「非課税・控除・免除」などを使いまくる。

・障害者控除として27万円(特別障害者のときは40万円)が所得金額から差し引かれます

https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/03_2.htm



<その他>
・入浴多数 日に十数回の異常。




<スポンサーリンク>

相変わらず筋肉減少は続いています。少し止まったような感じでも、
この2年を通してみると、
ゆっくり衰弱しています。

食欲無し、胃痛、その他家族の問題、経済の問題、戻れない過去への執着、後悔。

毎日こんなことばかりです。

読者の方も辛いでしょう。

私も好きでこんなこと書いていません。
今でも腹部の内側からえぐれるような痛みがあります。

内臓疾患ではありません。あきらかにインナーマッスルがはがれているのです。



これを医療関係者に訴えると、重度の精神病扱いですので、言葉を選びます。

これがまた苦痛です。

介護士だけでいい。

相談支援専門員も妥協します。専門員のお蔭でヘルパーを確保・維持できているのですから。

「回復はあるのか?」意識は回復しました。
肉体がどうなるかです。
・薬物  ・親からの洗脳 ・近隣からの集団ストーキング(事実です)

この5年の苦痛の連鎖


自分の人生30代前半がピークでした。もっと楽しんでおくべきを、自らを罰するような行動ばかりでした。


「肉体さえ回復すれば、貧しくとも生きていくのに・・・」

最低限の肉体の力さえありません。

朝からほとんど何も食べず、気絶するような睡眠だけ。

肩こりに伴う「不眠」でクスリを飲み始めたことを思うと、愚かな選択をしました。

経済的に失敗しても何らかの助けはある。しかし精神薬だけはどうしようもありません。
取り返しつきません。

ブログコメント、ツイッター、その他ウェブ情報
そして福祉・介護士が今の私の助けになっています。


ーーーーーー

「こんなこと本当にあるんですかね?」筋肉減少のたびに私が心の中でつぶやく一言です。

あまりにも残酷すぎます。










↑このページのトップヘ