ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン5mgで調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 

雑感

食事はごく軽いもの。
お粥、おから、味噌汁、卵料理など。 
本当は外で食べたい。ここでの生活いつまで持つかという不安がよぎる。

過去に戻りたい一心で昔のことをあれこれ後悔。慙愧の念に耐えず。

ヨロヨロと動く体で部屋を移動している。

服のほころびを治さなければならない。
これ以上精神薬に頼らない、依存しない生き方と後遺症と向き合う。

障害認定継続には精神科システムと縁を切ることができず、社会の沈め石にされた理不尽と自覚。




寒い日が続いている。布団にうずくまり寝込むというより倒れている感覚。

声が出しづらい。朝体の硬直をほぐそうと軽い体操。椅子を使って足を延ばした。
ずいぶん硬直している。ベンゾジアゼピンの筋弛緩作用の反対に硬直が出ている。寒さも相まって一段と硬直しているので簡単な体操を続けることにした。以前のような柔らかさはない。
何をやるにもぎこちない動き。足首の筋肉が落ち腹だけでいているから、前屈がほとんどできない。
老人以下ではないか。


この先が思いやられる。断薬しても筋硬直、筋肉減少は治らない。
高すぎた代償である。

朝ヘルパーに来てもらってゴミ出しをしてもらった。もう自分では難しい。冬場は実質できない。

当ブログの過去ログをみると自分でゴミを出していた記載があり、それができない今は少しずつ劣化しているのがわかる。
もしこれで一人のままだと、完全に病棟だったわけで、この点ヘルパーのお蔭で意識を保っている。

食時は無理に食べない。味噌汁を少し。あとは硬直した体をどうほぐすかである。

このままだと老化でますます萎縮する。

筋肉減少はベンゾジアゼピン離脱の筋硬直と老化が原因ではないか。厄介な薬をのんだ。
今の苦しみより原疾患のほうがどれほど健全だったか。
精神薬のプロパガンダに騙された。
ヨガの思想にあるように小食で呼吸を長くし背骨を活性化させれば、もしかすると、快方のきっかけになるかもしれない。ヨガとまでいかずとも、何らかの体操が奏功するのでは?という期待がある。


・2015年の記事を読んでいた。当時外出、歩けた、ゴミを出せた。買い物も出来た。病院にも行けた。
当時、頬がこけていた。顔だけは戻ったが、胃の不調は相変わらずで筋肉減少。これは想定外で外出困難になった。今はもう疲れた。

福祉の力にも限界がある。 精神薬をのんでいない人がうらやましく見える。

今は無理に食べない。足の脛 筋肉は仕方ない。鍛えても身につかない場所だから。

食時は少なくて済む。

それにしても今くらいの冷静さが30代にあったら・・・


なぜ自らに不利なことをしていたのか?

15:55 2018/01/16 レキソタン4.9

(メモ)
朝 ネット収入の振り込みあり。小遣程度だ。これもいつまで続くか。


筋肉を失い希望を失っている。











↑このページのトップヘ