ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン10mg(5mgUP)で調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 5月レキソタン朝夕再服用開始。5・7外出できました。6月現在、レキソタンのみ。サイレースは飲んでいません。家事と外出ができるようになりました。(筋肉衰弱状態は変わらず)6月再びレキソタン5mgに減量。一時断薬するも8月10mgに増量 23日再減薬5mgに。2018年10月レキソタン増量。セルシンの断薬で満足。レキソタンは当面のんだ方がよいと判断。





<スポンサーリンク>



相談支援専門員

<スポンサーリンク>

相談支援専門員Tに疲れました。

何気ないことで、こちらが譲歩して電話すると「今日休みだから」
話が別件になると「そういう話は良い」
またしても二転三転と言葉が変わる。まるで悪質な金融業者のよう。
傲慢な態度も見え隠れ。

「ヘルパーから「モニタリングが5分」とATが言っているのを聞いた、そんなことはない、
信用にかかわる、訴えるぞ?!」という仄めかし暗示攻撃=脅迫を受けました。

何をどう訴えるのでしょう?
契約違反をしているのは相談支援専門員T。
私はこれまで気が弱り、自信を無くしていたので専門員Tの違法で不道徳な
言動を大目にみていましたが、やはり専門員Tとの関係維持は無理です。

ナンクセいちゃもん、言いがかり、言葉尻とらえ正当化

まるで中高生の少年のようです。


サービス調整計画は、セルフプランでもでき来ますし、
セルフをするように専門員にも電話で促されました。もっともこれは「一人ではできないだろ?
できたとしてもしんどいぞ、オレがいなくなると困るけどいいのかな?」という弱者の
弱みに付け込んだ脅迫です。

しかしこのような傲慢な言葉と強迫を受けても「福祉の「人材確保」を重視していたので、
いつもの自分らしくなくこれまで専門員Tの強迫に屈していしまいました。

時間がたつにつれ相談支援専門員の傲岸不遜で心理的負担になり、挙句の果てに
違法行為の連続を確認。

さらに「こちらを貶めようとする悪意」を感じ、解任することにしました。
実は昨年10月から心に決めていたことです。

その間、専門員Tには、なんどもチャンスをやり大目にみていましたが、
どうも私に「根源的な敵意、悪意」を持っているのがわかります。

そもそも自宅療養の身においては、専門員Tこそ違法で、私に配慮しなければならないのです。
それを私が人間関係に配慮している現状。
障害者であろうとなかろうと、私はサービスを受ける側です。

そんな簡単な現実もわからないのでしょうか?



相談支援専門員Tを実質解任しますが、素性もわからず解任するのはこちらの個人情報を
取られているだけに不安と嫌な感じが残ります。

これが気になって今まで解任を躊躇していましたが、もういいです。

専門員Tがどこの誰であろうとも。


契約から丁度一年くらいになりますが、数々の嫌がらせ、
足の引っ張り、不遜な言動は契約直後の7月から始まりました。

それに対する反発を私の悪事、不法行為と言いふらし、悪人
に仕立て上げようと画策し始めていました。

まるで下手なスパイ活動です。

専門員Tには、ヘルパーさんも連動してやめるかもしれませんが、仕方ありません。


このブログでも「その違和感正しい」というアドバイスを受けていました。

ここでのアドバイスが正鵠を得ています。

追記)

相談支援専門員に関して新しい展開が開けそうです。本家ブログをご覧ください。



<スポンサーリンク>

以下の契約書文言「公正中立」。どう読んでも、サービスの種類又は事業者が特定の種類又は事業者に偏らないよう「公正中立」としか読めないのだが、相談支援専門員(ケアマネ)は、何を考えて「利用者と専門員の関係が公正中立」と解釈するんだ?

「専門員(事業者)は、「意思と人格を尊重し」「常に利用者等の立場にたって」と明記されているだろ。わざとなんだろうか・・・相談支援専門員は、何が何でも「利用者の意思と人格を尊重したくない」「利用者の立場に立ちたくない」という身勝手な解釈をしているとしか思えないのだが・・・

-------------------------------------------------------------------------------------
(事業者の基本的義務)
事業者は、利用者等の意思と人格を尊重し、常に利用者等の立場にたって、
利用者等に提供される福祉サービス等が特定の種類 又は特定の障害福祉サービ
ス事業者に不当に偏ることのないよう、公正中立に指定計画相談支援を行います。
-------------------------------------


----------------------------------
抗生物質様
・さっそくのメッセージありがとうございます。しっかり届いています。
何だか気を煩わせてしまって・・・

肉体症状が酷い中、契約書文言になどとらわれたくないのですが、
仕方ありません。
相談支援専門員の制度は2015年からの新しい制度なんです。
障害者が実験台にされています。あまりに身勝手。

寒い中、感謝いたします。


(コメント操作に誤りがありました。ご迷惑をおかけし申し訳ありません。対処いたしました)







<スポンサーリンク>

訪問看護有り。年末から代表の方が担当。新年の挨拶軽め。ベンゾジアゼピン薬害のことを一通り話した。前回渡した新聞記事が役立ったのだろう話をよく聞いてくれた。

私のケアの一つは薬害を話しあえること。ただ看護師は60分聴くだけで少し物足りない気がするがある程度の知識をネットで身に着けてもらうしかない。もしかすると不要かもしれない。「生存確認」に必要な措置の一つなのだが・・・

今回の訪看良い点があったのを思い出した。「足の裏が薄くなっている」と前回足裏を見てもらったときに確認したのと同様今回も足裏薄化をはっきりと明言し認めてくれた。

治療法がないとはいえ、足裏薄化を医療関係者が認めたことは大きい。
看護師を送ったあと今回の看護記録をみると「断薬」の文字。少し話しただけで「断薬」の概念の使用に驚いた。ブログつけていることを話したので、このブログの存在も知っているかもしれず今回の更新が気になる。

正午過ぎ 専門員T来訪  前回3かのモニタリングの同意書にサインのため来訪。一通り読んだが、訪看トラブルの箇所に「コミュニケーションがうまく取れず」と私に一方的な非がある文言で同意しかねる内容だが、これ以上もめても仕方ないので同意書に署名した。

会話約10分。途中私が「何とかなりませんかねぇ?」と話を振っても会話をそらした専門員。適度に会話をかわされた後適当におさめて、玄関に送り出した。ここで専門員「3日に比べると元気がないですね しんどそう」と始めて自分の言葉で話した。
やはり疲労感が出ているのを察知されていた。「相談は後で電話してください」とのことだった。

通常の相談ができるのはつい数日前、重要事項説明書で確認したばかり。専門員ともコミュニケーション不足だと思う。

福祉導入にしてもこちらから人間関係を築かなければならない。これがかなり負担になるのを彼らは察して援助してくれてもいいのだが、そううまくもいかないようだ。

・看護師 足裏薄化を認める

・専門員Tに人生問題を相談することにした。眼鏡をかけてみるとそれほど雰囲気は悪くなかった。
こちらの言動に不備があったのか? コミュニケーション能力 確かに自分にはない。一度ゆっくり話したいが、慢性的な疼痛(ノド、腹部、胃)これらを抱えているモノにとってしんどい)
全体的に筋肉も落ちている。
人の体の痛みは分からない」と彼らは言うが想像くらいできるだろう。
こんな言い分なら人は何にも感情移入できないし、感動も何もないではないか?



・控えのモニタリングシートを読んだ。例の解任看護師の所見「服薬管理できておらず」これにも承服できない一方的な文言で結果的に解任して良かったが、このような不見識が専門員に接しモニタリングシートに記載されるとは心外だ。

・「専門員の意志」が「私本人の意志」として摩り替え記載されている。(一貫してこんな感じだ)

・このブログを読んでいるのだろうか、表現方法に「仄めかし」あり。

簡単に言うと想像力が極端に欠如した人達が医療の現場にいる。本来いてはならない。

疲労困憊 疲れ果てた。元気がない。

・専門員や看護師の肩を持つのなら「解任」してもいい。ヘルパー事業所とは契約している。
ヘルパーの調整のみ。この方が楽だろ。

あとは年に一度の受給者証の更新に計画書を出すだけ。この一年の苦労より楽な作業だ。

こういわれたくなければ支援を見直すべき。

医療従事者 福祉事業者、どれも私が最も忌み嫌っていた人種だ。しかし今はここを頼るしかないのだ。

改善 改革・・















<スポンサーリンク>

専門員T問題点

1)ヘルパー 、(又は看護師)を使って外部からコントロールしようとする。

2)息のかかった一人のヘルパーにスパイをやらせる (夫は独善的教団構成員)


3)スパイ情報をもとに外部からコントロールしようとする (私が不動産売買の流れ=「昨日今日で売買できない」旨をヘルパーに言うと専門員T「昨日今日でヘルパー入れ替えできない」と仄めかし。


結果私の要望に応えず 1ヘルパーの都合=専門員Tの都合を優先=私の不利益
 =不当で身勝手な専門員Tの都合ですべてが展開される 私は病苦と不都合を我慢させられる。(虐待に等しい)


ちなみにスパイヘルパーの料理はスープだけそれも配膳無しでこの点からもどうでもよい。(ただいろいろ話を聞いてくれたことには感謝している)年末別の料理の得意なヘルパーが「スープしか作らない、それも配膳しないヘルパー」に驚いていた。


看護師にはマインドコントロールができていなかったが11月に専門員Tに
洗脳されたのか12月私とのトラブルになった。

今度は代表者が看護担当。しかし、この日に専門員Tが私のサインを取りに来る(いつもはモニタリングの2日後なのに、今回は7日後の訪問看護の日を狙ったストーカー的な予定を組み付きまとい始めた)


こんな下らん連中に自宅で頭下げる理不尽。
これも薬害と割りきりたいが、あまりにも残酷。


力を振り絞ってインターネットの力でこれまでの困難を克服できた。


専門員Tとたった一人のヘルパーのために私が使われている。
普通ではない

「背乗り」を狙った者ではないか?


上記のことが杞憂だとしても、他の要素 言動、仕事面からダメ。


自分で直に事業所と交渉したほうがスムーズな予定が組みやすい。


・「通院介助」「移動支援」使おうとせず。いつも息のかかった1ヘルパーの都合に合わせ私を困惑させ、結果「足を引っ張っている」

故意か勉強不足なのか?










<スポンサーリンク>

年明け最初の訪問介護あり  新年の挨拶をした後、体調など最近の事情を話した。
部屋の中の掃除機がけをするヘルパーありがたいが、
情けない姿を全てさらけ出している。


調理はシーフードカレー。カレー粉の成分=化学物質に過敏になっている。

今日は胃から喉にかけて萎縮と軽い痛みを感じる。寒さのためだろうか。
水やカレーをのみ込むと横隔膜回りが痛む。

体が内側からヒリヒリとしみる。化学物質のカレールーに特に反応する。
年末から調子が悪くなったままだ。
平成30年になる 若い人に昭和から平成のことを話す自分に老いを感じた。

老化症状で痩せがすすむ肉体では特に老いを感じる

体がスカスカ 痩せが進行している。これがずっと続くのか


ヘルパーも異変を察知していたが、あまり深入りされず。
先に不安と過去の後悔 体の痛み  苦しみばかりである

あたたかくなれば回復するのだろうか。

16時20分レキソタン4.9mg服用。

風呂に入った 胸回りから筋肉が落ちている。腹部は薄くなり痛みがある。
これは肉体が薄くなっていることからの痛み。


・追記 19:30 2018/01/04


専門員Tは、移動支援の契約をまた延期。 曰く「あたたかくなってから」  移動支援受給者証をヘルパーに先に渡させて 受給者証には、既に「契約日11月8日」と記載されているのに。

そもそも「地域移動支援」は8月に申請できた。それを専門員Tは故意に延期し11月、
さらに2か月延期した


これ経済的虐待 心理的虐待ではないか。 移動支援 なので 文字通り 「足の引っ張り」

「サービス」遅延は、経済的虐待だろ

・放棄・放置でもある。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/shougai_shisaku/gyakutai_kenriyougo/gyakutai_teigi.html


専門員Tは危ない 虐待されて育ったのでは?

育成過程での人格の歪みが見られる(私が言うのは何だが)

・そもそも何故 他社 ヘルパー会社の契約権をケアマネが握っているのか?

私は専門員Tに委託 委任した覚えはない。

なぜ専門員Tが契約の当事者になりえるのか?ヘルパー派遣会社は大手だ。
そこの従業員の代わりになって契約行為をしている。他の法人に所属しておいて。
 これは不法ではないか?権利義務の主体は大手ヘルパー会社にあるはず。






・虐待業者に専門員Tの影がちらつく。

ならばサービス遅延だけでなく、虐待防止の観点からケアマネは私には必要ない

・専門員Tはストーカーのような付きまとい 監視 嫌がらせをする。

看護師との共謀さえ疑われる ガスライティングをサービス提供者に行い私を孤立させているように思える。これは専門員Tとの契約以降ずっと継続しているように思える。
















↑このページのトップヘ