ATの断薬日誌

ベンゾジアゼピン薬剤2種類をカクテル処方され 8年間 長期大量服用後、遷延性離脱症状に悩んでいます。ベンゾ歴は約18年  筋肉減少と皮膚異常が同時進行。同じ症状の方、事情通の方、情報をお寄せ下さい。筋肉減少、胃痛、咽喉の痛みと違和感に悩まされています。 ベンゾジアゼピン後遺症 闘病記録 

現在レキソタン5mgで調整中 ベンゾ服用歴 1)ブロマゼパム2)ジアゼパム2種類Maxカクテル処方。(15mg×2=30mg)カクテルMax期間約8年 07年~15年 2017年3月頃にジアゼパム断薬済み。常用量離脱、遷延性離脱、後遺症の症状に悩んでいます。【追記】2018/01/04 胸や心窩部の奥、体の内側から筋膜がはがれるような感覚です。 呼吸も浅いです。一日こんな調子です。手足指 の皮が薄くなって刺激が伝わりやすいです。2018年2月8日 デザイン変更 3月20日 レキソタン増量10mg。サイレースも追加 長期ストレスより楽な短命を選びました。 

断薬・減薬 ベンゾジアゼピン 薬害・後遺症

筋肉硬直・皮膚脆弱と臓器障害。この3つが主な症状です。ベンゾを減薬すると強度の強張りがあります。
最初はそれを原疾患の一つと認識して、さらにベンゾジアゼピンをのんでいました。依存させられていました。
セルシンの一日最高量追加はその典型です。確かに体はほぐれましたが、同時に思考力、判断力が低下しました。体にも負担がかかっていたと思います。セルシンの実質断薬は2016年です。

2017年2月ごろにレキソタンの代わりにセルシンのストックを服用したのを覚えていますが、あくまで暫定的。代替で依存することが無く、再びレキソタンに切り替えることができました。「体がほぐれた」という表現は、しかし、今となっては間違っていたと思います。これは、麻薬作用と同じで、常用量で耐性がつき、離脱で体がなお一層硬直するからです。

一説によると、飲めばのむほど体が硬直するといいます。こうなると一日最高量に強度に依存し、さらに依存し続けるという悪循環が出来上がります。これはもう、医師の計画的犯行と言えます。セルシンを今は断薬し、レキソタンだけで過ごしているモノの、強度に依存した日々が長かったためか、断薬の期間が長引くほど体のあちこちに不調を生じ検査しても正常という苦しさを味わいます。正直、死刑囚や捕虜の人達の方が、まだ耐えられる境遇ではないか?とさえ思っています。あまりに長く苦しい症状が断薬後に襲ってくるのです。耐え忍ぶしかありません。少しでも緩和されることを信じたいです。

「徒然に」
寒い日が続きます。一日布団でうずくまっています。人にみせられる姿ではありません。「なぜ自分がこのような地獄の責め苦を受けなければならない?」自問自答の日々です。頼りの両親との仲も最悪ででまさに弱り目に祟り目です。最後の砦の福祉ヘルパーも人間関係が複雑でどうしようもないです。今はただ3月以降の春を待つばかりです。少しは体が動きやすくなって快方の手掛かりがつかめるかもしれません。障害年金も気になるところです。審査がストップしているというニュースがあったので少し気になるところですが、3月を目安に経済的動向が明確になると思います。それよりも「食欲」」が回復しないか気がかりです。もう2年も心から食事を楽しんだことが無い。いつも物理的に食べるという感じで「吸収」されている感じがしません。これもベンゾによる臓器障害だと思います。あまりにも長期に服用して、内臓神経が痛んでいる。もちろん検査ではわかりません。梅干しを食べたり、それなりに神経に良さそうなものに配慮しています。こういう時に限って、家族との仲が最悪です。「本当の自分はこうではない!」心の叫びがります。両親との愛憎。私は何ら変わることがありませんが、学の無い父を騙したという扱いになっています。そんなことはないのに・・・


「遷延性(せんえんせい)離脱症状」。こんな難しい表現使わなくても、「後遺症」でいいものをここにも製薬企業への配慮が見受けられます。「離脱症状」という表現さえ、まだ周知されていないので薬害者はつらい一方です。離脱症状、退薬症状 耳障りのいい言葉ばかりです。本当は中毒性のある危険物質に変わりなく、製薬企業はまるで非科学的なカルト団体に思えてなりません。精神科医も悪いでしょうが、元凶は製薬企業でしょう。製造、販売、宣伝をしているのですから。この辺サイエントロジー CCHRは精神科医だけに限定?しているのは、資本家の手先としての働きをしているからです。宗教は反体制的なことを言ってもしょせん体制側なんです。「福祉は無駄」だの、「安楽死しろ」だの暗示攻撃が凄いです。彼らの唯物論理解も幼稚です。表向き製薬企業を批判していますが、裏で金もらっている「野党」部門ではないか?」などと推測しています。まあ、宗教界の読売新聞。統一教会=勝共連合とは少し距離を置いている保守部門。(これは余計だったかもしれませんが)

「唯物論=心無し」という彼らの解釈には失笑しました。「そんなんだから、騙されたままなんだ。」と思うことあります。別のカルト被害者=精神薬被害者=精神薬ユーザーを馬鹿にしてはけ口にしているだけに見えます。唯物論とは経済的土台のことでしょう。その上に宗教、学問、芸術、文化を楽しむ自由がある」という意味。もっといえば「意志決定論」なんです。それ以上の細かいことは言いませんが、彼らもまた資本主義社会の犠牲者と言えます。

アシュトンマニュアルも欺瞞ですね。データは豊富で参考になりますが、セルシン製造販売業者の手先です。普通に考えれば分かります。まあどこか大手がベンゾジアゼピン薬害の火消し役にならなければならなかったのでしょう。「ベンゾジアゼピン依存・離脱」の周知理解に貢献している点は高く評価しています。





久々に不眠です。起きています。午前4時です。体中強張っていますが、
胃痛が少し和らいでいます。
前記事で書いた横隔膜が関係しているようです。
ベンゾジアゼピン離脱の反跳作用で横隔膜が極度に緊張状態にあり、
胃痛、咽喉の痛み筋肉減少として現れていたと思います。

横隔膜が強張っていたせいで皮膚感覚が鈍り、内臓の不調もあったと思います。私はレキソタン、セルシンの1日最大量の合計30mgを長年常用していましたから、身体依存がものすごく強かったと思います。
その反動で横隔膜を中心に体中が強張り、逆流性食道炎、慢性胃炎、
嚥下違和感などがひき起こされと思います。
中枢神経が壊れたというより、ベンゾジアゼピンの反跳作用だと思いたいです。
あまりにも長期にわたっていますので、その苦しみの渦中にいる時は何度も死を考えたほどです。

このような中で一人で過ごすというのは、非常に危険なことで、福祉介護の力がなければ認知症になっていたのは確かです。それほど離脱は恐ろしい精神・身体症状をひき起こすのです。

症状は一進一退で、少しの緩和では喜んでいられません。が、今朝はほんの少し楽な感じがします。

薬物にさえ手を出さなければ苦しみで多くの時間を失うこともなかったことを思うと悔しいです。

今は横隔膜の強張りを少しでもほぐしながら認知機能訓練をすすめていきたいです。
ベンゾ服用中はあまりにも思考力判断力が低下し、人生を大いに間違いました。
大きな「心の傷」として残るでしょう。

あらゆる不幸を運んでくるベンゾジアゼピン、一時の楽は悪魔の苦しみを運んできただけでした。


本当に後悔しています。




↑このページのトップヘ