2011年12月31日

引越しのお報せ

皆さん。
2011年が終わろうとしています。
それと同時に「駄の日常」も終わろうとしています。
といっても、タイトルが変わるだけですが。
基本的に内容は今までと変わらず猫中心、・・・というか、
タイトルがすでに『猫とビターチョコレート』です。
夜勤をはじめて目にするようになった「ちょっと怖い話」とか
妄想的なものも書いていくつもりです。
妄想だらけになってきたら、誰か止めてください。
めったに更新しないブログなのに足を運んでくださった皆さん
本を買ってくださった皆さん、
今年もお世話になりました。
来年もお世話かけます!
ブログは移動しますが、これからもよろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えください。



danonichijou at 21:58|Permalink

2011年12月26日

これから

えーと、皆さん。
以前の自費出版のときの記事について
たくさんのコメントをありがとうございました。
拍手コメントなのでお返事はかけませんが、
とっても励まされました!
そして本を買っていただいた皆さん。
本当にありがとうございました。

さて、このブログなんですが…
なんでこんなに更新できないかと言いますと。
忙しいってこともあるのですが
『ログインできなくなる現象』がおきてしまうのです。
理由が分らないときもあるし、
パスワードやIDが分らなくなっちゃったこともあって。
デザインいいし気に入ってるんですが…

ライブドアブログと相性が悪いみたい。
嫌われたみたい。
旅ブログも止め時だし、日常ブログ一本に絞るため、
新たな場所でやり直そうかと思ってます。
「駄の日常」のタイトルも変えます。
平仮名とはいえ本名をさらしてしまったし、
プライベートのこと書くときは気をつけなくちゃいけません。

今私は何を書きたいんだろう、って考えてます。

日常ブログやって
宝塚ブログやって
旅ブログやって
また日常ブログに帰ってくるんだけど、
前と同じじゃいけないはず。
進化してなくちゃいけないはず。

本当に書きたいのは
日記でもツッコミでも旅行記でもないかもしれない。
自分でもはっきりとはわからない。
次のブログは、もしかしたら、
「本当に書きたいものを探すためのブログ」
になるかもしれません。

このブログに来てくださる方は昔なじみの方が多いので甘えてしまいます。
ふらふらと彷徨う私について来てくださった皆さん、
読み続けてくださった皆さん。
ありがとうございます。
これからも私を見守って、育ててください。
どうかよろしくお願いします。

danonichijou at 11:40|Permalink

2011年12月18日

来週の予定

 「来週のシフトなんだけど」
昨日、上司がやってきて、こちらを伺うような口調で尋ねた。
 「何日くらい出勤できる?」
何日って。
週6日バッチリ出勤するに決まってますやん。
なんで今更そんなこと確認するんですか?
 「あの、23の祝日も24日も一応、仕事あるんですが」
だから出勤しますってば!
土曜も祝日も関係ないのはいつものこと。
何で今週だけそんなこと聞いてくるのですか?
上司は答えなかった。
それから2時間くらいしてようやく気づいた。
・・・来週、クリスマスかい!
今の仕事は準夜勤。
終業は深夜になる。
つまり上司は
 「クリスマス・イヴの夜も仕事するの?」
と聞いてきたわけだ。
・・・イヴの夜に仕事して何が悪い!!

danonichijou at 11:09|Permalink

2011年12月17日

声変わり

うちの息子、声変わりしたんですよ。
可愛い声だったのに急にダミ声になって。
 「へえ、そうなんだ。今おいくつ?」
14歳です。
 「じゃあもう、お年頃よねえ」
ええ。
猫ですけどね。
 「・・・・・・」
相手は固まっていた。

猫のアジャリ(14歳オス)が、ある日突然、声変わりした。
自慢のボーイソプラノがおっさん声になって
ぎゃあぎゃあ。
ぎゃあぎゃあ。
と、やかましい。
発情期で鳴きすぎてつぶれたのだろうと笑っていたのだが
先輩に「ポリープかもしれないよ」と言れ、心配になって病院に連れていったら
  「あ、風邪ですね」
一言で済まされた。
まあ。
ポリープじゃなくてよかったけどね。
そう言っていた次の日から、私の喉もおかしくなった。
頭も痛い。
ハナも出る。
・・・猫の風邪を、うつされた。

danonichijou at 11:01|Permalink家族 

2011年12月11日

月食

今年も残すところあと3週間。
年末は何かとあわただしくて、みんなくたびれている。
週1日でも休める私は幸運なほうだ。
久しぶりに顔を合わせた仕事仲間は
 「もうなんだか、いろいろ疲れました」
とこぼした。 

昨夜はせっかくの皆既月食だったが
仕事が夜中まであるせいで見られない。
外から帰ってきた上司が
 「赤いお月さんが出とったでー」
と報告してくれるのを、羨みながら聞くだけだ。

仕事が終わって帰り際。
 「見たかったなあ、赤いお月さん」
 「見たかったな」
未練がましく話していたら。
 「早く早く、みんな外に出て!」
歓喜の声が更衣室にとびこんできた。
 「まだちょっと欠けてますよお月さん!」
・・・いろいろ疲れました、って言ってた子が報せにきてくれた。
顔が輝いていた。

みんな大急ぎで服を着て飛び出した。
わあっ、と声をあげて、ちょっぴり欠けたお月さんを見上げた。
皆既食には遠く及ばない。
それでも銀貨のように冷たい月は、半身に薄い翳りを帯びていた。
幸せだけど、ちょっと悲しい。
満ち足りてるけど、ちょっと寂しい。
そんなふうな月だった。
傍らには、オリオン座が寄り添っていた。

首が痛くなるまでみんなで月を見あげ、
クシャミと鼻がでてきたのでみんな帰った。
今日もいちにち、お疲れさん。

danonichijou at 23:41|Permalink