DanRonの戦湯服湯巡り

湯巡り時の基本的スタイルは戦湯服 即ち半袖短パン 数泉するならこーでなきゃ でも、真冬は変な目で見られる時も(ノ_・。)▽まぁ~そりゃそうだよね(笑)▽ ☆★☆ 我々が最近湯巡りした温泉を、思いつくままに掲載します(*^_^*) 主に青森県~福島県迄東北の温泉が中心ですが、たまに遠征もしますよヾ(^▽^)ノ ★☆★ ≪≪≪ ~2016年4月末現在 : 入湯温泉 ⇒ 1828箇所 : 再訪回数 ⇒ 1500回 : 入湯計⇒ 3328回 と、なっております (*^.^*) ≫≫≫

Ronの東京出張

青森湯巡りの途中ですがちょいとインタラプト
今回はRonの東京出張のお話です
Ronが書きましたよぉ
↓それではどうぞ(^o^)v

久しぶりに東京出張が入りました
安めの宿を探していたところ見つけたのが
『蒲田黒湯温泉ホテル末広』さんです
これは決まりです!
JR蒲田駅の直ぐ近くにあります
2872db40.jpg

玄関にはこんなオブジェがあって、
源泉がちょろちょろ流れています
de82c464.jpg

チェックアウトの際には、こんなものも見つけてしまい、
思わず購入してしまいました
195fb979.jpg

部屋は普通のビジネスホテル(ちょいくたびれ)
洗面もトイレも無いタイプで、同行した人は困惑気味でしたが
私にとってはノープロブレム
1544729d.jpg

こちらが女湯入り口です
71fda06c.jpg

期待ワクワクの浴室です
ドーン!
3~4人はゆったり入れるサイズ
男湯はもっと広く、サウナもあるそうです(私はイラン)
c4b699f8.jpg

お湯は真っ黒!!本当に黒い!
以前神奈川にいた時に通っていた丸子温泉より濃い気がします
湯温は40.3℃と温め、出られなぁ~い
8c94b188.jpg

手を入れてみてもこんな感じ
2~3センチ先は見えない!!
c24340c6.jpg

左側の湯口は稼働しておらず、
右側から循環湯がダバダバと注がれます
ade64ca4.jpg

ただこの湯口の上には穴があり、
こんな顔したライオン(?)湯口から
冷たい源泉が投入される仕組みとなっているので
循環かけ流しの湯使いとなっています
66149e10.jpg

源泉の泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉
f8182970.jpg

こちらは翌朝の画像
すべすべするとろみのある浴感で、とてもあたたまるお湯です
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉とありましたが
ほとんど無味でホコリ臭いような香りがちょっとします
塩素臭は全くありません(喜)
7a66bb34.jpg

チェックインが遅めでしたので、
夜2回、朝2回しか入りませんでしたが
(↑出張なんだから十分でしょ(-_-メ)・・・Dan筆)
日帰りが1,100円、宿泊が8,000円弱(朝パン食べ放題)
ということで、半分以上は元をとったかな(笑)
食堂ですよ
ce92e033.jpg

食べ放題のパン
45996e62.jpg

↓私の朝食(^^ゞ
0cc5c8bb.jpg

おまけ
温泉猫は終始眠っていたので、ちょっかいは出しませんでした
582ef3a4.jpg

大満足の出張でした(何しに行ったんだか・・・)
いつになるかはわかりませんが、また東京出張が入ったら
再訪まちがいなしです(^o^)v

民宿南部屋の朝ご飯

『民宿南部屋』さんでも楽しい一夜にも終わりがあります
あれだあけ酒を飲み、大騒ぎして、お風呂に入ってまた飲んで
それでも十分に睡眠をとり、オハヨ~さんです(^o^)/
アイアンストマックの持ち主のRonはどんなに飲んでも
朝は「あ~お腹すいたぁ~」ってなもんです
私はそんなに元気は無いのですが、人並みに空腹になります
あ!Ronが人並みではないって話じゃ無いっす(^^ゞ
玄関右横の↓ここのお部屋で頂ますよ
a36fb771.jpg

4月末といえども青森の朝はまだ寒いっすよ
↓これがセットされててお部屋は暖かかったです
314583fd.jpg

7人分の朝ご飯がセットされていました
K温泉さん、GNZさん、Gさん、へすさん、I嬢、我々
どんな朝ご飯なのでしょうか~?(^o^)
4a4fca2f.jpg

右奥窓側の席にしました
あれま、上座にちゃかっと座っちゃた?(笑)
煮物2点、海苔、納豆、お漬物
b7144c8a.jpg

あ!焼き魚もつくのでしたね
( -_[◎]oパチリ
Gさん:「また、全部揃う前に撮っちゃったね(笑)」
Dan:「そ~なんですよねぇ~、ガマンできずですわ」
700810a8.jpg

これでワンセット揃いましたよ
それではモリっと頂きま~す(^o^)v
50e2b31e.jpg

前回宿泊した時の朝ご飯と比べるとアッサリしたもんでした
Ron:「ここの朝ご飯ボリュームたっぷりだからねぇ~」って
宿泊前に言ってたくらいだもんね
我々にはこれっくらいが丁度いいよね
さぁ~、遠征湯巡り最終日のスタートですよ
皆さん、どういった行動計画なのか・・・これから決めます(笑)

民宿南部屋 お風呂編4

2016年4月30日再訪

それではイヨイヨお風呂編へとまいります
「民宿南部屋」さんはお風呂場の改築工事をしておりました
我々が利用したこの日昼間まで掛けてなんとか工事を終われせて
頂き、我々がリニューアル最初のお客様となりました
チェックイン後、まずはお風呂に入りましょうとやって来ました
浴室前は変わらなってなかったですよ
5a096e60.jpg

「十和田湖温泉」のご説明
浴室の反対側に掲げてありますよ
a4e83604.jpg

男湯のこじんまりとした脱衣所
浴室は男女は夜に入れ替えとなります
でもって、朝方にまた入れ替えとなりますよ
その時間は・・・・・忘れちゃった(笑)
b1873a31.jpg

ジャ~ン、男湯です
綺麗になりましたよねぇ~
素晴らしいとしかいいようがありません(^o^)v
陽の光が射し込んできているのがいいっすね
ea0449db.jpg

風呂桶も木造り新品ですよ
d01f4eac.jpg

湯口っす
これは変わりありませんが、周りが綺麗になりました
お湯の香りは相変わらず良いもんがあります
71d186d8.jpg

浴室窓・・・その1
7a6da862.jpg

浴室窓・・・その2
361ad61b.jpg

折角なので(^o^)v
b9eaf911.jpg

↓これらも木造り新品ですよ
63984b1a.jpg

リニューアル後の一番風呂に入らさせて頂きました
すみませんねぇ~(^^ゞ
ところで↓桶を重ねて置いてた跡が朝方でも消えてませんでした
これって乾いたら無くなるのかなぁ
このままってことはないんでしょうね
0eb7ab8f.jpg

↓女湯です
浴槽は以前のままですね
次回、こっち側の浴槽も新しくするのかしら?
94c33104.jpg

樽風呂が新設されてました
これが温めで気持ちいいんだわ
夜に何回か入りましたよ(^o^)/
442b7d49.jpg

↓これも今回設置したと思います
竹が良い雰囲気を醸し出していますよ
8add8009.jpg

いや素晴らしい
お風呂場がカッコよくなっていい雰囲気でした
それでも一番良いのはここの温泉ですけどね
何度入ったか思い出せないくらい入りました
思い出せないのはお酒のせいかも知れませんが(^^ゞ

初回訪問:2014/11/1
最新訪問:2016/4/30
訪問回数:2回
現在評価:A’

十和田温泉民宿南部屋 お宿色々編

宿泊宿に到着いたしましたよ
駐車場に車を駐め、荷物を持って宿へと歩を進めると、
玄関先で犬がギャンギャン吠えています
よく見ればシッポ丸めて怯えていました
ったく、このジャニーズ(以下省略・・・自主規制)
今宵のお宿は十和田温泉『民宿南部屋』さんでございます
我々2014年11月以来、2度目の宿泊となりました
お宿色々編、お風呂編、朝ご飯編にわけて紹介致しまする

前回の時もお宿を紹介したので、今回は川柳中心で(笑)
西日が照らす「民宿南部屋」さんです
1395b360.jpg

次の日の朝の様子
3日目は生憎の小雨模様でしたね
29b08ec5.jpg

宿泊したお部屋
この広さを3人で使用しました
襖を取り外して2部屋連結で使わせて頂きました
別途女性用に一部屋ね(^o^)v
f1b62fab.jpg

フッカフカなお布団でしたよ
ed4e7821.jpg

さて、ここからは館内至る所に貼ってある川柳を紹介します
↓いいっすね(笑)
0630034c.jpg

お嫁さんをいじってるのが多いです
278309b5.jpg

う~ん(笑)
03f11434.jpg

居るね、こういう人
我々はあまり気にしないなぁ
2円安くても50Lで100円だもんね~
でも500円の入浴料が600円だとムっとします(笑)
8a1fc3c7.jpg

あるある
c927a0ee.jpg

でしょうね~
47115877.jpg

辞表もらったら一応止めますが、積極的ではありません
辞める奴ってのは所詮その程度だもの(笑)
他にもシュールなのが多いっすね
e0afc772.jpg

こちらも嫁さんバージョンですね
437ecd20.jpg

そうなった!
a32a8799.jpg

能あるブタの爪はチョキ!
66daf35d.jpg

夢だった あの温泉が 今は枯れ(^^ゞ
affc5f90.jpg

そうそう、ドラマだけ(^o^)v
697ee49f.jpg

福沢諭吉先生の訓はなんとお手洗いに(^^ゞ
これをジーっと読みながら用を足してくださいってことね
e40760a6.jpg

「民宿南部屋」さんにご宿泊の際には、是非御覧ください
とても笑える作品が多いのです
次回宿泊時は新作に置き換わっているかもね
また宿泊したい旅館の一つですバイ(^o^)/

ダメじゃん(-_-#)

25日、舛添都知事が厳しい目を持つ第三者に依頼したことを
記者団の質問に答えたみたいっすね

選出したのは、元検事の弁護士2人だそうで、氏名や弁護士事務所に
ついては公表しないらしいですね
でね、「調査を依頼した2人は、これまで一度も付き合いはなく
面識はない」といい、事務所や知人を通じて推薦されたんだとさ

舛添都知事が選んでギャランティも舛添都知事が出すんでしょ
いくら面識が無いなどとほざいても誰が信用しますかね
どう考えても出来出来の展開が目に見えますよね
恐らくは多少のダメージはある結果発表にはなるが、政治家生命は
なんとかキープできるギリギリの線を演出してくるんじゃないでしょうか

桝添都知事は「元検事の方なので非常に厳しい目で見てくださると思い、
最終的に判断した。厳格かつ公正な目での要求があると思うので、
全面的に応えていきたい」とも述べたみたいっすね
ちゃんと逃げ道作ってくれたら名前とかを公表するんだって(^ω^)

例え法律的にセーフだったとしても、今問題になっているモラルって
事については何もクリアされないよね(-_-#)
色々セコいことして政治資金を使っているやん
私用のが間違って入っていたから返金して済むと思っているの?
指摘されたから公用車は使わず湯河原にも行かなくてよくなった?
全然説明責任を果たしていないさね~
アホらしい
さっさと辞職してくんないかなぁ~

むか~し、世論調査で総理にしたい人物ナンバー1になったとき
力も無いのにその気になっちゃって、自民党内でかなり大口叩いて
結局自民党をおんだされたじゃんか
昔からこの男は胡散臭くて嫌いだったんだよね~

既に死んでた男を担ぎ上げた自民党公明党にも責任の一旦はあるよね
色々な政治的な事情があって、延命になるかも知れませんが
そこを都議会とかが確りやってもらわないと、益々政治不信に拍車が
かかるってもんじゃないですかね( *`ω´)
都民の方々も黙ってはいないでしょう
リコールやったって*\(^o^)/\*



十和田温泉奥入瀬グリーンホテル3

本日の宿泊宿へ行く前最後の一軒へとまいります
十和田温泉『奥入瀬グリーンホテル』さんです
ここらは狭い温泉街に温泉施設が集中的に在りますので、
夏場とかの連湯はキツイものが有るかもしれません
あっという間に到着です(^^ゞ
933597aa.jpg

日帰り入浴の受付をして頂いてお風呂場へと向かいます
↓この階段を下りて行くみたいっす
ca7624a2.jpg

浴室前到着ですよん
19efd6e5.jpg

浴室には入った瞬間ほのかに香る硫化水素の香り
これが我々は大好きなんすよ(笑)
↓コンパクトな浴槽でしたよ
広すぎず狭すぎず、この温泉にはピッタシです(^o^)
8362cc71.jpg

源泉の泉質は単純温泉です
たしかここら地区は猿倉温泉の引湯がメインでしたよね
ここもそうなのかな
610f4e76.jpg

ガンガンに掛け流し
これはまた素晴らしいっすね(^o^)v
1116b6e3.jpg

ちょっと湯縁に腰掛けてお湯を楽しみましょう
と、腰を下ろした瞬間、イタタッ(/_;)
何、なんなんだ?
表面がザラザラで析出物が尖ってるわ
おまけに↓なんか釘みたいのが出てるっす。。。(--;)
c1e1b603.jpg

浴槽の大きさに比べたら広い洗い場でしたよ
d84775fd.jpg

さてそれでは外に出てみましょう
素敵な露天風呂の登場です
f6b1d7c9.jpg

湯船に身を沈めたら、なんと前方に桜の花が(^o^)v
お花見露天となりましたよ
GNZさんが座っていたら、K温泉さんがニヤニヤしながら
前方に座っちゃいました
GNZさん:「何小学生みたいなことやってんの(笑)」
時々こういう子供じみたことをするK温泉でした(^^ゞ
8d2c2fc6.jpg

湯船にも桜の花びらが飛んできてましたよ
6600d952.jpg

湯船の中では湯の花がボアボア舞っていましたよ
内湯はこれ程じゃなかったような気がします
bc5a53a3.jpg

↓女湯内湯です
男湯と同じ様な形をしてました
68fcde98.jpg

↓同じく露天風呂っす
6afd59b4.jpg

女湯もお花見露天となってましたよ
18ce741f.jpg

こちらにも花びら飛来ですね(^o^)丿
a54516ef.jpg

湯底に沈殿していた湯の花
これにドヤドヤと入り込んだからボアボアになったんだね
77f7e607.jpg

ここまで移動中、先頭を走る私の車の前の車、ブレーキ踏む踏む
「何故そこでブレーキを踏む!」(-_-メ)
見ればレンタカーナンバー、慣れない路だってことは分かるけど
私だって慣れた路じゃねぇ~っつの
入浴を終え宿泊宿へ移動しようとした時、ガラガラとバックを
引いて駐車場からホテルへ向かう若いあんちゃん二人
降りてきた車を見たらあの車だ!
こいつらのうちどっちかがチカチカドライバーだわさ
ま、お陰で事故もなくこれたと考えることにしました(^o^)v
(おっとなぁ~(笑))

初回訪問:2016/4/30
最新訪問:2016/4/30
訪問回数:1回
現在評価:B++

十和田温泉野の花焼山荘3

板留温泉を後にして大移動を開始致します
国道394号線を東へ約40km超進みます
途中、酸ヶ湯温泉、猿倉温泉、谷地温泉、更には蔦温泉とかの
近くを通りすぎて来ました
見えた所ではGWだけあって多くの車が駐めてありましたねぇ
地獄からの誘いのような睡魔との戦いの末に、やって来たのは
(私は賑やかな車内だったので睡魔は来ず(^o^)v)
十和田温泉『野の花焼山荘』さんでございます
4a284395.jpg

Dan:「日帰り入浴をお願いしたいのですが」
旅館の方:「入浴ですが、5時までですが宜しいですか?」
Dan:「大丈夫で~す(5時までは1時間以上ありました)」
館内は驚くほど綺麗でございます
受付けで入浴料金お支払いです
c0b5562e.jpg

ロビーの様子
14f6fb05.jpg

なにやら手芸品のようなものが販売されてました
どれもとても綺麗に作られていましたよ
9b63f988.jpg

お風呂場はこっちね
途中、
へすさん:「どうも、どうも(笑)」
旅館の方:「あれま、この間は宿泊頂きありがとうございました」
なんと、へすさんここに最近ご宿泊でしたか
d78b8749.jpg

浴室前でございます
f0aaf6cd.jpg

男湯の露天は「花うつしの湯」ってんだね
fc56eff2.jpg

何かお知らせが貼ってありました
へすさん:「今日は女湯が内湯と露天が離れてるんだね」
我々男湯は内湯と内湯から直接行ける露天風呂があるパターンです
331aeb29.jpg

内湯でございますよ
d0d83f9b.jpg

源泉の泉質は単純温泉、様々な源泉がブレンドされたお湯でした
ちょっとだけ、ピリっとした浴感を感じましたね
e797fd96.jpg

洗い場はこんな感じっす
82651f32.jpg

外に出ますれば露天風呂
4人が一斉に出た後なので、お湯が減ってます(笑)
入る前は掛け流し状態でしたよ(^o^)v
7da4936b.jpg

湯口さんです
eccc5acd.jpg

内湯では気付かなかったのですが、露天風呂には
何故か木っ端湯の花とか沢山の湯の花が舞ってました
44136058.jpg

たった5分で見捨てられた女湯内湯(^^ゞ
湯温が40℃しかなかったんだって
9b1587ad.jpg

Ronのメモに「露天最高」とありました
いい感じの岩風呂ですね
156c14d4.jpg

入浴開始時間の関係とかでこの温泉地に宿題が3つありました
そのうちの1つ、まずはクリアでございます
良かった~、良かった~(^o^)v
で、引き続き宿題その2へ行ったら休業中(T_T)
GW期間中に休業ってことはもしかして・・・動向を見守ります

初回訪問:2016/4/30
最新訪問:2016/4/30
訪問回数:1回
現在評価:B+’

板留温泉斉川3

板留温泉、続けて『斉川』さんを訪問しました
現在入れるか否かをへすさんが確認してくれて、男湯はまだ
溜まってないけど壷湯はOK、女湯は溜まってるそうです
「いいじゃん、入ろうよ」ってことでまいります
8b02243b.jpg

「立寄り湯可」を撮るI嬢を撮る私(^o^)v
c2109bd9.jpg

ここにもあったコケシです
743354e4.jpg

提灯やらこけしやら、色々飾ってありました
実際にここで寛ぐことはないんでしょうね
419d20fe.jpg

男湯です
ゲゲゲ!ほんとお湯が溜まってないわ
もう少しは溜まってるのかなぁ~って思ってました
4e705207.jpg

これですもの、寝転がってもキツイっす(笑)
7669a542.jpg

一生懸命注湯してますです
源泉の泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
注湯温度は57.1℃ありました
6ce7843a.jpg

洗い場ね
シャワーは少し出しっ放しにする必要がありそうです
5405590f.jpg

この浴室奥の窓から外に出ますと壷湯があります
へすさんのお話では「これが中々ヨカよ」とのこと
2つあるんですね
4f607ed4.jpg

左側がブルー
81cb4902.jpg

右側が朱色
どちらも壷の内側が鮮やかで綺麗でした
7e5fd61a.jpg

どれどれ、ザザザーっと溢しながら入ってみましょう
注がれてるお湯の温度は56.0℃
でも壷湯の中では38.1℃、こりゃ温すぎですね
外気に触れっ放しですから、この季節はこうなるかな
0fe244a1.jpg

湯の花でしょうね
細かいのが沢山舞ってましたよ
999506db.jpg

↓こちら女湯です
こっちはバッチシ入れますね
(後刻、女将さんのご厚意で男性チームも入れて頂きました)
0c266f6d.jpg

女湯の注湯口っす
1641b005.jpg

湯船を遮る様に壁が出来てます
2dfad7d7.jpg

陰には一人分が入れるスペースがありました
女将さん:「手術とかで人に見られたくない人もいるから」
だそうで、お宿の気配りさが見えましたねぇ~
18c2b3de.jpg

ここにも陶器風呂が設置してありました
GNZさんは鼻歌交じりでここにズーっと入ってました
7125b27a.jpg

家族風呂を特別に見せて頂きました
女将さん:「ここ造る時、宮城県の遠刈田温泉にある「大忠」さんに
      宿泊して、同業者なんですがって相談にのってもらったの」
Dan:「私は宮城からきました」
女将さん:「あらそう!「大忠」さんて上品な旅館ですよね」
Dan:「ハイ!畳敷きの廊下で、お風呂も素敵で」
等々、暫し「大忠」さんの話で持ちきりになりました
男女別浴室へ向かう階段の下あたりに入口がありました
1ffc4636.jpg

おお!これはまた鮮やかな陶器風呂ですねぇ~
夜に入るより明るい時間帯に入りたい感じがしますね(^o^)v
0d701b08.jpg

こじんまりとした洗い場もついてまっせ
c5ade159.jpg

思わぬ所で地元宮城の温泉旅館の名前とそこへのお褒めの言葉を
聞くとになるとは(^o^)
なんかとても誇らしげな気持ちになりました
とても優しい女将さんでしたよね
また訪問したくなるホッコリした気分にさせてくれました

初回訪問:2016/4/30
最新訪問:2016/4/30
訪問回数:1回
現在評価:B++

板留温泉丹羽旅館3

うちのバカナビったら、目的地とした温泉街から離れた山の中で
「目的地に到着いたしました」って「何もねぇ~だろが」(▼▼メ
改めて場所を確認して「ここに行く」で再発進です
やっとの思いでたどり着いたのは板留温泉『丹羽旅館』さんです
駐車場に車を駐め玄関まで来ると「いらっしゃいませ」と笑顔で
へすさん登場っす(^o^)v
ナビトラブル無くてもへすさんの方が早かったみたい(笑)
e2c88ccb.jpg

玄関先にデカイこけしが飾ってありました
近くの落合温泉でも同じようなの見たことあったから、
この地区の伝統文化なのかなぁ
8086c24d.jpg

日帰り入浴のお方は履物チェンジでお願いしますよ
a775c182.jpg

男湯入口です
お手洗い前に荷物を放り出して利用してる人は誰かな?(笑)
49307404.jpg

↓女湯入口です
こちらにもこけしが色々とありますね
983a67d9.jpg

男湯内湯でございます
まぁ広めの浴槽で、ユッタリと浸かれます
7ae4af54.jpg

湯口から注がれる湯温は44.1℃
湯船の中では43.0℃、ちょっと温めのお湯でした
源泉の泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉です
c8339402.jpg

何故か湯口の脇から気泡がコロコロと上がってました
モレてきているのかな(^^ゞ
21c200a3.jpg

軋む引き戸を開けて外に出ます
露天風呂ですよ
6f090928.jpg

内湯からのポイポイ湯が注がれています
湯温43.0℃のお湯では露天風呂温いっしょ
5332fd1d.jpg

あんれ?
結構ピリっとくる熱めのお湯じゃありませんか
湯口に近づくと、表面アチチの首切り状態
df23514b.jpg

注がれてる湯温は60.8℃、こりゃアチチだわ
湯口にビッシリと石膏成分が付着してます
こりゃ露天風呂の勝ちですな(^o^)v
85cb8f7d.jpg

四人で一斉に入ったもんでザバ~状態(笑)
f27aaed1.jpg

↓男湯とそっくりな造りの女湯内湯です
8ba6bd8c.jpg

湯口もそっくりですわ
よく見れば薄~く石膏成分が付着してますね
1b0ade80.jpg

男性側より小さめの露天風呂
091e3bf7.jpg

こちらの湯口にもビッシリっすね(^o^)
Ronのメモに「飲んでもうまい」ってありました
(石膏成分じゃないですよ、お湯ですからね(笑))
6ad82c18.jpg

珍しく湯温をチェックするRon
女湯露天風呂の注湯温度は59.0℃
やっぱ緑のは高めにぶれるなぁ(/_;)
dabaf9f5.jpg

湯船の中は45.0
いい湯加減じゃないですか
66970d19.jpg

近所の温湯温泉や落合温泉の旅館のお風呂には入浴したことが
何度もあるのですが、板留温泉はこれがお初でした
まずまずヨカ温泉でした~(^o^)v

初回訪問:2016/4/30
最新訪問:2016/4/30
訪問回数:1回
現在評価:B+’

マルミ・サンライズ食堂

大満足で「新屋温泉」さんを後にした一行はちょっと早いですが
昼食タイムとすることとあいなりました
黒石ICから東北自動車道にのり浪岡ICでおり、JR浪岡駅
方面へと南下します(遠征時は少しでも時間節約っす(^o^))
やって参りましたのは『マルミ・サンライズ食堂』さんです
ここはK温泉さんたってのご希望で来店となりました
道路に面して看板も完備、見つけやすいっすよ
44ddba71.jpg

そうそう、こんなお店でした
お店前の駐車場が一杯でしたので、しばし路駐させて頂き
その後スペースが空いたので移動させました
845176a3.jpg

お品書き1ページ目
「ラーメン」が人気だそうで、皆さんそれに
が、強者達はちょっと違いますよ
K温泉さん:「私はラーメンと焼きそばにしよっかな」
レンさん:「お!いいですねぇ~、私もそれにします」
GNZさん:「私は焼きそばの大盛りにしよっと」
1174f4c1.jpg

お品書き2ページ目
2013年9月に訪問時、私が注文した「濃い鯵ラーメン」が
とても美味しかったので、Ronはそちらをチョイスです
(Ronはその時「ラーメン」を食べましたよ)
私は「津軽ラーメン」にしましたよ
04aaa01f.jpg

「津軽ラーメン」到着です
スープは鰯干しと鯵煮干し二種類の煮干しがベース
ちょっとしょっぱ目の煮干しダシがいい感じでした
a670cd10.jpg

麺は細めストレート
スープと絡んでスイスイと食べちゃいます
美味しい麺ですよ
5c65a989.jpg

ネギたっぷりにシャキシャキメンマ
大きめのチャシューは噛み切るのが大変でした(^^ゞ
9270b1ab.jpg

Ronの「濃い鯵ラーメン」です
こちらは鯵煮干しと豚骨スープがベースです
Ron:「煮干しが濃いけどまろやかなスープだわ」
4c58990a.jpg

麺は「津軽ラーメン」と同じですね
Ronは海苔が3枚のっているのに大喜び
麺と絡めて食べると美味しいだそうです
2cfbde04.jpg

こちらのチャーシューも大きめでしたね
半熟の味玉もまた美味しかったそうな(^o^)v
abcbeeda.jpg

私が頂いた「津軽ラーメン」のドンブリだけが店名入り
だからなんだ?って話ですが(^^ゞ
d85d3f8c.jpg

強者K温泉さんが注文した品々
これをペロって食べちゃうんだから凄いっすよ
c13e7cd4.jpg

さぁ食った食った、湯巡り再開ですよ
(レンさんとはここでお別れでした(^-^)/~~~マタネ~)
この日の宿泊宿のある方向に移動しながら湯巡りですよ
目的地を決め、浪岡ICから再び黒石ICへと向かいました
途中へすさんは下道で行くと・・・流石地元民です
(結果的に彼の方が我々より早く目的地に着いてました(^^ゞ)
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor プロフィール
danronbannar

本ブログで記載している温泉地、施設の情報は記載当時のものです。
最新の情報は温泉地、施設にお問い合わせをお願いいたします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ