DanRonの戦湯服湯巡り

湯巡り時の基本的スタイルは戦湯服 即ち半袖短パン 数泉するならこーでなきゃ でも、真冬は変な目で見られる時も(ノ_・。)▽まぁ~そりゃそうだよね(笑)▽ ☆★☆ 我々が最近湯巡りした温泉を、思いつくままに掲載します(*^_^*) 主に青森県~福島県迄東北の温泉が中心ですが、たまに遠征もしますよヾ(^▽^)ノ ★☆★ ≪≪≪ ~2017年7月末現在 : 入湯温泉 ⇒ 1862箇所 : 再訪回数 ⇒ 1615回 : 入湯計⇒ 3477回 と、なっております (*^.^*) ≫≫≫

スキー場の直ぐ側3

2017年9月2日 再訪

本日最後の一湯へと参ります
同じく山の上の方にあるホテル、『ホテル樹林』さんです
ここへ辿り着くのも迷ったなぁ~(^^ゞ
何度もホテル前まで来ているのに見つけられなかった
何かの先入観が目を曇らせてるのかもね

樹林1
やっとこさたどり着きました(笑)

樹林2
あんなに大きく「ホテル樹林」って書いてあるのに(^^ゞ
ま、ともかく到着して良かった~

樹林3
フロントで入浴をお願いし浴室へと

樹林4
こちらも綺麗にしてはる脱衣所ですわ

樹林5
源泉は高見屋2号源泉です
そういやここも「高見屋グループ」ですもんね
小野川温泉「山川」とかあつみ温泉 「久遠」とか山形県内に
12ヶ所の温泉施設を有してる巨大グループですわ
色々経営に苦しくなった温泉施設を吸収してきたんかな?
スケールメリットなのでしょう
鳴子温泉も「大江戸温泉物語」の進出で変わりつつあるみたい
旧態依然とした経営方針や殿様文化的な温泉街では変化に・・
ちょっと話が違う方向に(^^ゞ、これはまた別の機会にね

樹林6
美しい!
木造りの浴槽に硫黄泉、これは好きなパターンだわ
蔵王温泉にはこのスタイルが似合いますよね

樹林7
洗い場
浴室全体が木造りなもんで、素敵ですよね

樹林8
湯口さんですよ

樹林91
湯口の中を覗いてみると、2ヶ所からお湯が注がれてます
これは高温の源泉と低音の加水(井水?)ですね

樹林92
注がれてる源泉温度は48.0℃

樹林93
加水チームは18.2℃(水風呂ならパスだわ(^^ゞ)

樹林94
でもって、湯船の中では43.0℃と適温に調整
2本の注ぐバランスと外気温で湯温が決定されてるのかな

樹林95
お湯は窓際の方に↑この切れ込みから掛け流されてます

樹林96
冬が来る前に修繕はされるでしょうが、窓枠故障だわ
このままじゃ大変なことだもんね(^^ゞ

樹林97
山の上の方にあるホテルだもの、外は鬱蒼な木々が広がり
夏場は眼に緑、冬場は白一色だわね

樹林98
↑こちらは女湯ですよ

樹林991
湯口ね

樹林992
女湯から声が掛かりました
Ron:「露天風呂ってあったっけ?」
Dan:「無いよ、お風呂は一個だけだよ」
Ron:「なんか露天風呂へ出る扉があるんよ」
Dan:「ありゃま、そりゃ女湯だけ得した気分だね」
↑てなことでこれがその扉

樹林993
で、↑こちらが露天風呂
いいですねぇ~女湯だけ

樹林994
露天風呂にポチャン浸かったRonは
「やっぱ内湯の方が良いわぁ~」だそうで↑こちらに戻り
ジックリと入ってたそうな

樹林995
そうそう、浴室はもう一つあります
案内してくれたホテルの方曰く「こっちは温泉じゃありません」
だそうで、当然我々はパス致しました

樹林996
最後に見るだけってことで見学
う~ん、入らんでもええわな(笑)

  (^o^)v   (^o^)v   (^o^)v

ここらのホテル群、冬場は来るのが大変です
無論積雪が無ければ全然OKなのですが、雪が積もっていると
ただでさえ狭い道幅が更に狭くなるし、坂だし、運転に慣れて
無い方は遠慮したほうがいいと思います
行くなら晩秋までかな~
良い雰囲気のお風呂も多いので、未湯の方は是非是非(^o^)v

初回訪問:2005/1/29
最新訪問:2017/9/2
訪問回数:3回
現在評価:B++

山の上の方3

2017年9月2日 再訪

やっぱ蔵王温泉のお湯はいいよね~って言いながら次へ
蔵王大露天風呂近くの道路が工事中、目的の温泉施設へは
大きく迂回して行くこととなりました
狭くて走りにくい道とかがあって大変っす
カーブで対向車が勢い良く曲がってきたりビックラとか
「てめぇ~死にてぇのか!」とRonが言って・・ません
「ウギャー」って叫ぶくらいでしたよ(笑)

ルベル1
やっとの思いで駐車場に車を駐めホテルへ向かいます
駐車場から見えた↑これは「源七露天風呂」さんですね

ルベル2
やってきたのは『ホテル る・ベール蔵王』さんです
2008年12月以来、3度目の訪問となります
あ、そん時はI嬢と雪の中ヒィヒィ言いながら来たんだ

ルベル3
フロントにて日帰り入浴をお願い致しまする

ルベル4
案内に従って廊下を進みます
Ron:「こんなだっけ?」
Dan:「う~ん?」←我々の記憶は忘却の彼方へ(^^ゞ

ルベル5
DanRon:「あ、思い出した!」←見覚えあり

ルベル6
浴室前に到着ですじゃ

ルベル7
綺麗な脱衣所

ルベル8
入浴上の注意事項  蔵王温泉のお湯ですからね(^o^)

ルベル91
源泉はインキョ源泉と折口源泉の混合泉ですね

ルベル92
お風呂は内湯が一つあるだけですよ
↑美しい!

ルベル93
注湯口↑ですよ
ここからザコザコとお湯が注がれてまして

ルベル94
↑こういったルートで浴槽へと注がれています

ルベル95
お湯は浴槽奥(窓際)の方に掛け流されてまっせ

ルベル96
横から見たら↑こんな感じですじゃ

ルベル97
浴槽湯面には温泉成分が析出したものが浮いてました

ルベル98
注湯段階での湯温は52.3℃

ルベル991
湯船の中では43.9℃

ルベル992
冬場には↑この窓は雪で埋もれているか氷漬けかな
何れにせよこんなにキレイにガラスは見れないな(笑)

ルベル993
洗い場~

ルベル994
湯底には蔵王温泉の湯の花が沈殿してます

ルベル995
入浴後のお風呂(^o^)v
11枚上の画像と比べると違いがよく分かります

ルベル996
時折心地よい風が入ってきます
天井に湯気抜きの窓があるんでしょう
そこから入ってくると思われます

ルベル997
女湯内湯ですよ
こちらも入浴前、透明感のあるお湯がいいっすね

ルベル998
Ronも撮ってた浴後のお風呂(^o^)v

  (^-^)/  (^-^)/  (^-^)/

ここは久々に来たってことあるけど迷ったっす
ナビが指し示す場所に来ても見つからず焦りましたよ
Dan:「廃業しちゃったのかな?」
Ron:「さっき買った湯めぐりこけしには載ってるよ」
Dan:「じゃ~あるよね」、と、更に探すこと数分・・
あった、あった!
看板が出てないし、分かり辛い道だしって言い訳(笑)
山の上の方のホテルは穴場、独泉率が高いです(^o^)v

初回訪問:2005/1/29
最新訪問:2017/9/2
訪問回数:3回
現在評価:B++

山形蔵王温泉へ3

2017年9月2日 再訪

寒河江市を出てもう一度南下致しまするぞ
訪問先の温泉地は山形蔵王温泉←好きだねぇ~(^o^)
私が下調べした温泉施設は今回4つ(全部訪問は無理)
Ron:「つるやに行きたい」←突然言い出す大魔王
Dan:「ええっ?」
そういや、行程作っている時にもなんか言ってたなぁ
ということで、Ronのリクエストに応えて蔵王温泉の
第一湯目は『五感の湯 つるや』さんに決定致しました

つるや1
↑ホテル一階にある駐車場に車を入れます
管理人:「こんにちわ~、お名前をお願いします」
Dan:「日帰り入浴をお願いしたいんですけど~」
管理人:「それならGS隣の第二駐車場に駐めて」
Dan:「分かりました」
と、一旦バックしてGSまで戻り指定の駐車場に駐車

つるや2
徒歩で戻ってきて2階のフロントへと参ります

つるや3
綺麗な館内ですよ
流石蔵王温泉の玄関口に位置するホテルだけあるね
フロントでお手続き、湯めぐりこけし1枚ですよ

つるや4
案内板に従ってお風呂場へと進みます
お風呂場は4階にあります

つるや5
男性脱衣所だす

つるや6
お風呂は内湯と内湯から直接行ける露天風呂があるっす
こちら内湯ね
そうそう、こんなんだった(←見てから思い出す(笑))

つるや7
奥からも眺めてみましょう

つるや8
湯口さんですよ
光の関係でブルーに見えるお湯がいい感じだわさ

つるや91
湯口での湯温は53.6℃、流石は蔵王温泉、熱めだね

つるや92
当然の掛け流し状態っす

つるや93
湯船の中で44.0℃
蔵王温泉には夏バージョンはおまへん(笑)
しかし蔵王温泉のお湯は冷めるもの早いからね
だから連湯しても全然ヘッチャラですよ(^o^)v

つるや94
洗い場ですよ
右か左に一歩動くと・・・映るわ(///△///) オハズカシイ 

つるや95
お年寄りの方や身体の不自由な方には必須アイテムね
ユックリ浴槽に入りお湯に浸かって下さいまし

つるや96
「五感の湯 つるや」さんのお湯紹介です
ホント5感がありますね
私は「お肌にピリっと刺激」よりは「ヌルスベ」を感じます

つるや97
「温泉の老化現象」って表現がいいっすね
「お湯が劣化して」とか言うことが多いかな(^o^)

つるや98
↑この扉から露天風呂へと出ます

つるや991
ジャン!
露天風呂でごわす

つるや992
外にある分若干温めです
蔵王温泉はもう真夏じゃないですからね
この日はちょっと肌寒く感じましたよ

つるや993
露天風呂から見える山の方はガスってましたね

つるや994
↑こちら女湯内湯ですな

つるや995
男湯と同じ感じの湯口です

つるや996
同じく女湯露天風呂ね

つるや997
↑同じ4階に貸切風呂があるんですよ
これは宿泊者専用だと思います

つるや998
4つの貸切風呂があるんだね
「北斗の寝湯」ってのに惹かれるなぁ

つるや9991
↑4階にあがるエレベータの中にあった案内
お!4つ貸切風呂で一番人気は「北斗の寝湯」ですやん
う~ん、いい感じですねぇ・・・泊まってみたい

つるや9992
冷たいお水のサービス・・・↑これを撮ろうとしたら
Ron:「待った~?」と、言いながらお水を汲む
Dan:「あがったとこって、今これを撮ってたの!」
Ron:「あらそぉ~」⊂(^^ ) ごくごく
Dan:「・・・・」(はよ飲み終われ(-。-) ボソッ)

  (・∀・)  (・∀・)  (・∀・)

蔵王温泉は、普段のパターンだと一湯目の訪問が多いです
するとね、午後から営業開始とかの温泉宿は中々再訪する
ことが出来ないのよねぇ
なので今回はそういった温泉宿を選んでやってきましたよ
一度に全部訪問出来ないので残りは次回ですじゃ(^o^)v

初回訪問:2013/5/3
最新訪問:2017/9/2
訪問回数:2回
現在評価:B++

お昼だよー(^。^)

そろそろお昼いたしまする
東根温泉訪問時のお昼はあっこの中華そばが定番
しかし今回、Ronはお蕎麦を強く希望致しましたよ
ってなことで寒河江市のお蕎麦屋さん行きを決定っす
訪問したのは『そば処 ふもと』さんです
ここは人気店なので我々が席に座った後行列が出来てました
Ron:「ギリギリセーフだったね、もう並んでるよ(驚)」
Dan:「そうだね、やっぱ人気なんだわ」
以前私は友人と来たことがあったけど、Ronは初めてっす

ふもと1
国道112号線沿いに看板が出てますよ

ふもと2
お店向かって左手がメインの駐車場になってます
駐車場が少し狭いかな・・・って、一般的には十分だと
思うけど、人気店なので直ぐに一杯になりそうだわ

ふもと3
大きな窓からは近くを流れる寒河江川が見れます
右側に見えるのが臥龍大橋です
橋のたもとの「ふもと」ってか(笑)

ふもと4
メニューを拝見いたしまする
「板そば」だと1800円・・・何人前なんだろか?
私は「もりそば」を注文することにしたっす

ふもと5
Ron:「あ~、冷たいラーメンがある、私それ!」
Dan:「おいおい、蕎麦食べたいって言ってたじゃん」
Ron:「今年、冷たいラーメン食べてないもん」
Dan:「そ~だね(毎年食わなアカンのかいな(笑))
ま、冷たいラーメンはお店でアタリハズレがあるからね~
ここのはどうなのでしょうか?

ふもと6
前回訪問した時のレポにも書きましたが、
「道を守れば天これを知るところ有り」という意味だって
ラーメン道、蕎麦街道とかは関係無しだわな(^^ゞ

ふもと7
「もりそば」さん到着です

ふもと8
コシにおあるお蕎麦です
美味しいわぁ~
Ronも一口・・・「あ~美味しい!」だそうな

ふもと91
お友達、、、つけ汁美味しいです
この蕎麦にあってるわ
蕎麦湯と飲んでも最高でしたよ

ふもと92
Ronの「冷たいラーメン」の到着です
スープを一口。。。
Ron:「う~ん、こんなもんかな」←ちょっと不満顔

ふもと93
麺は普通サイズ(細めかな)のストレート
ズズズと食べ始めたRonがポツリと一言
Ron:「蕎麦の勝ちだな」(笑)

ふもと94
チャーシューはホロホロ系だったかな

ふもと95
ここは山形、ラーメンにも漬物は付き物ですよ
「つけもの」は「つきもの」ってか(笑)←面白くない

   (´∇`)  (´∇`)  (´∇`)

Ron:「もりそば一杯だけで大丈夫?」
おいおい、人を何だと思っているんだ、このオナゴは(^^ゞ
Dan:「途中でもう一軒って言うかも」←そうくる(笑)
ま、この日はここ一軒でお食事は終了しましたがね
やっぱ山形のお蕎麦はうんまい!!!

営業してますよ(^^;;

2017年9月2日 再訪

東根温泉でもう一湯まいりましょう
お次は『あづまや』さんをチョイス致しました
到着しお宿が見えてきたら、
Ron:「ねぇ、営業してる?ツブッた?」←失礼な奴
Dan:「おみゃ~さ、前回も同じこと言ってたよ」(^^ゞ
Ron:「だっけ?・・あ、そういや確認しに行ったわ」
Dan:「そうそう、玄関先行って○印出したじゃん」
↑ってことは私もそう見えたって話ですよね(^^ゞ

あづま1
「あづまや」さん専用駐車場に車を駐めます

あづま2
ちゃんと営業してまんがな(^^ゞ

あづま3
お宿の手前で温泉が出てました
ちょいと温めでここで洗い物とかしてましたよ
別源泉なのでしょうかね?
だったら、↑この源泉浴槽があると嬉しいかも(^o^)v

あづま4
すぐ側に「東根温泉由来記」がありました

あづま5
由来は知らなかったのでジックリと読みましたよ
天野さんのお陰で我々もヨカ温泉を楽しめています

あづま6
綺麗な館内だわさ

あづま7
フロントから右手に進むと浴室があります

あづま8
浴室前ね

あづま91
お一方入浴中でございますよ
それにしても豪快な脱ぎっぷりだなぁ(^^ゞ

あづま92
お風呂は内湯があるのみですよ
男湯内湯っす

あづま93
湯口・・・スターウォーズに出てきそう(笑)

あづま94
注湯段階での湯温は41.7℃!!!
ビックリする位に温めの注湯だわさ

あづま95
ジャンジャンと掛け流しっす

あづま96
湯船の中では更に温く40.5℃
ここも東根温泉夏バージョンですわ(笑)

あづま97
東根温泉って言えば↑このお湯の色ですよね

あづま98
ジェットが一基ありました
強くはありませんが、肩こり解消には良いかな

あづま991
女性浴室との境
↑隙間があるので声がけ可能ですな

あづま992
その女湯ですよ

あづま993
Ronは必ず立ち位置を変えて数枚撮るんだよね

あづま994
女湯もスターウォーズ湯口だわ
こっちも温めだったみたいですよ

 o(*^▽^*)o  o(*^▽^*)o  o(*^▽^*)o

一緒に入浴してたおじさんに話しかけられました
ご自身は東根市出身だそうですが、北に隣接するの村山市に
ついて熱く語っていました
おじさん:「村山市は昔は栄えてたけど、今はダメだな」
Dan:「蕎麦街道とかで一時期盛り上がってましたよね」
おじさん:「今は人口が25000人まで落ち込んでサッパリだわ」
昔は映画館が2つあったとか、東根市に引っ越してくる人が
多いとか、廃れる村山市、発展を遂げる東根市を熱弁です
村山市を心配しているのか東根市を自慢しているのか(^^ゞ
かつて威勢を放った市への憧れにも似た感情が渦巻いてる?
このおじさんに捕まってあがる時間をオーバーしちゃった
Ron:「なんか捕まってたみたいだね」(笑)
ま、男女問わずよくあることですよね~~

初回訪問:2004/7/11
最新訪問:2017/9/2
訪問回数:3回
現在評価:B+

東根温泉へ4

2017年9月2日 再訪

山形市南部からちょいと北上、東根温泉を目指します
東根温泉は何度となく訪問しているお気に入りの温泉地
我々の入浴リストを確認し、最近再訪してないお宿を選択
まずは『大二館』を訪問いたします
ここは何回も訪問しているので、つい最近行ったつもりが
2014年9月以来でした、こりゃビックリだわさ(笑)

大二1
草ボウボウだと廃業しちゃった?って思われちゃうね

大二2
大丈夫、ちゃんと営業中でございますよ

大二3
Ron:「ごめんくださぁ~い」
と挨拶すると↑左側のお部屋から女将さん登場
日帰り入浴をお願いし、OKっす

大二4
「夏らしくない天気だねぇ~」などと話しながら浴室まで
案内して頂きました

大二5
右側が女湯、左側が男湯

大二6
青が男湯

大二7
赤が女湯
女将:「これ暖簾逆になってるけど、こっちが男湯ね」
右側が男湯、あの2つの浴槽がある方だわさ(^o^)v
女将:「あとで逆にしとくから」
我々があがった時でも代わってなかった(^^ゞ

大二8
そうそう、こっちが男湯ね

大二91
広い方の浴槽

大二92
小さい方の浴槽

大二93
両方に注ぐ湯口

大二94
注湯段階での湯温は57.0℃
東根温泉の熱いお湯が注がれておます

大二95
が、浴槽内での湯温は42.3℃
夏バージョンだわね、ちょっと温めで気持ちいいわ

大二96
「大二館」さんの特徴でもある大きな湯の花

大二97
浴槽の中にも浮いてますよ

大二98
↑この窓を大きく開けて湯温調整してるみたい
女将さんが「窓は閉めないでね」って言ってました

大二991
静かにお湯に浸かっていると、浴槽表面の波が消え、
お庭の風景が映し出されました
そっとデジカメを取りパチリ( -_[◎]o

大二992
女湯ですよ

大二993
もう一丁、湯口入りバージョン

大二994
寝湯ってもんじゃないですけど、枕付きです
足を伸ばせば対岸に付くかな(^o^)v

大二995
昔の「大二館」さんのお写真
「元木支店」って書いてありますよね
本店もあったんでしょうから、手広くやってたのかな?

 (⌒θ⌒)♪♪   (⌒θ⌒)♪♪   (⌒θ⌒)♪♪ 

7回目の訪問も満足度が高いもんでした
やっぱ東根温泉はいいよね
全くの平野に湧き出す良泉、ほんと山形は温泉天国だわ

初回訪問:2005/11/13
最新訪問:2017/9/2
訪問回数:7回
現在評価:A

営業してるうちにね^ ^

2017年9月2日 再訪

お食事をした後に立ち寄ろうとしてた温泉が第2湯目
Dan:「こっちを先にして北上しよう」
Ron:「だね、予定どおり行動したロスになるもんね」
おお、行程に無頓着な大魔王でもわか・・バキッ!!☆/(x_x)
お次は『飯田温泉』さんをチョイスです

飯田1
2015年12月以来、8度目の訪問となりました
前回は忘年会の翌日にゾロゾロと来たっけね

飯田2
Ron:「日帰り入浴させて頂きたいのですが」
宿の方:「9時からなんですけど・・」この時8時55分
Ron:「待たせてもらっていいですか?
宿の方:「・・・・・・」
Dan:「外で待ってた方がいいですかね?」
宿の方:「・・・じゃいいですよ、どうぞ」
すみません、時間前に来てしまって(T_T)

飯田3
当然ですが、独泉です(^^ゞ

飯田4
内湯ですよ、相変わらず美しい
ちょっとお湯が曇ってて、打当の共同湯みたいでした

飯田5
湯口から十分な注湯

飯田6
注湯段階での湯温は46.7℃

飯田7
温泉成分で赤くなってましたわ
鉄プンが大好きなオナゴは大喜びだな

飯田8
浴槽内の湯温は44.5℃
そうでしょう~そうでしょう
ここは何時来てもピリっと気合が入りますね

飯田91
↑奥が脱衣所からの入り口ですよ

飯田92
浴槽内に舞っていた湯の花・・・鉄泉だねぇ~

飯田93
女湯ですよ

飯田94
ちょっと立ち位置を変えてもう一枚

飯田95
湯口は撮りますよね

飯田96
こちらも掛け流し
温泉成分による変色は少しだけだね

  \(^-^)/  \(^-^)/  \(^-^)/

うちのナビが悪いのか、物覚えの悪い運転手なのか
この温泉旅館は過去7回も訪問しているのに迷った(^^ゞ
なんか判りづらくなっちゃった?←んなわけない(笑)
未湯の方はある内に訪問をお勧めいたします(^o^)v

初回訪問:2002/8/16
最新訪問:2017/9/2
訪問回数:8回
現在評価:B++

久々の湯巡り(^^;;3

2017年9月2日 再訪

久々に湯巡りしまひょってことでお出かけです
あの心が折れたお盆休み以来っす
すっかり怠け者となりまして、湯巡り意欲も減退・・・
ってなことがあるわけないのですが(笑)
綿密に行程を計画しいざ出発!
朝早めに起きてしまい(遠足の朝か(笑))行動開始っす
スムースに流れて予定時間より早く現地到着の見込み
あ、行き先今回は(も、かな?)山形県を予定してます
Dan:「行く所、まだ営業してないでしょ」
・・・ 調べるRon ・・・
Ron:「だね、1時間くらい早いね(^^ゞ」
Dan:「じゃ予定変更、八百坊は何時から入れる?」
Ron:「ん~とね、ありゃ6時半から営業してるみたい」
Dan:「じゃ、まずそこに行きましょう(^o^)v」
思い付きの行程変更はいつものことだわさ
第1湯は八百坊温泉『健康温泉道場 八百坊』さんに決定

八百1
駐車場に車を駐め少しだけ徒歩で進みます
看板発見

八百2
庭園のような所を通っていきまする

八百3
到着ですわ

八百4
入浴券を購入するです・・・550円ね

八百5
券売機からすぐの所に浴室入り口がおます

八百6
脱衣所・・・お!独泉状態じゃん(^o^)v

八百7
浴室入って左側に棚がありますよ

八百8
男湯ですよ
広くていいですよ

八百91
別角度からもう一丁

八百92
湯口からジャンジャンと注がれてますよ
注湯段階での湯温は47.4℃でしたよ

八百93
それを惜しみもなく豪快に掛け流し
ツルスベした浴感がいいっすよ
朝風呂には気持ち良いお湯だわさ

八百94
湯温は43.0℃と適温

八百95
そうそう、ここには別源泉で水風呂があるっす

八百96
湯温は27.0℃
これなら水風呂苦手な私でも入れるかな(^o^)v

八百97
水風呂に浸かって・・・

八百98
内湯浴槽に浸かる

八百991
水風呂に浸かって・・・

八百992
内湯浴槽に浸かる
まさにループ状態突入ですわ

八百993
女湯でございます

八百994
湯口ね

八百995
当然Ronも入った水風呂
ループ状態だったそうな・・・ま、そうだろね(笑)

   (^o^)  (^◇^)  (^o^)v

朝一で良い温泉に浸かって大満足な我々
Ron:「良かったね~、これからも朝一にいいかも」
すっかりお気に入りのRonでした
ま、久々の温泉ってのもあったかな(^o^)v

初回訪問:2013/5/3
最新訪問:2017/9/2
訪問回数:3回
現在評価:B+’

終わったぁ(/ _ ; )

あ〜あ
韓国にもまけちゃった〜
悔しい!
決勝には行けない
残念だわ
残念

スーパーラウンド組合せ

スーパーラウンド組合せ

9月 7日(木) 22時30分 対 オーストラリア
9月 9日(土)  6時00分 対 カナダ
9月19日(日)  2時00分 対 韓国
時間は全て日本時間

【スーパーラウンド 順位表】
 1位 韓国      2勝
    アメリカ    2勝
 3位 カナダ     1勝1敗
    日本      1勝1敗
 5位 オーストラリア 0勝2敗 
    キューバ    0勝2敗
     
だそうです

オープニングラウンドの成績は、スーパーラウンド進出
チームとの分だけ引き継がれるんだね
こりゃ勘違いしてました(^^ゞ

ま、何れにせよ、決勝は「日本対アメリカ」じゃ!!!

ところでさ、
今年から女子硬式野球の第1回アジアカップてのが開催
されてたみたい
開催地:香港
出場する国と地域:日本、韓国、香港、インド、パキスタン
台湾の6チーム
日本は女子高生で代表チームを編成し、5戦5勝で優勝
5試合で53得点1失点だったんだと
日本女子マドンナジャパン、他より抜きん出てるね
おめでとうございます🎉

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor プロフィール
danronbannar

本ブログで記載している温泉地、施設の情報は記載当時のものです。
最新の情報は温泉地、施設にお問い合わせをお願いいたします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ