075a1c5ed4b4ff9792bcaeaaf380c318_s

些細だけど気に障ったこと Part212
897: 2016/10/01(土) 15:12:22.03 ID:/WTq5qSQ.net
仕事教えてるときに分かってないのに 
分かりましたという人がイラッとくる 
はーいはいはい、そうなんですねー 
とか最もらしい返しをするけど分かってないだろうなと思い、ではこれは? 
みたいに聞くと無言になる。 


897: 2016/10/01(土) 15:12:22.03 ID:/WTq5qSQ.net
当然一から説明をするけど、凄いオーバーリアクションで分かったふりをする。
とりあえず一抹の不安を残しつつ、分かったと本人が言うならばと任すが、やっぱりちゃんとできない。
自分ならどうするかなと考えると
ここまでは分かるが、この部分か分からないと整理して話して聞いたりするなと思う。
自分が説明下手だからだなと上司に任せても同じだった。
さぁどうしたもんだろうかと…

899: 2016/10/01(土) 15:30:49.43 ID:7OXqCV4F.net
はい、わかりました(棒
932: 2016/10/02(日) 09:40:49.24 ID:fQHXncyH.net
>>897
うちにもいたわ
返事だけは良いんだけど翌日早速間違える
「この枠にはこれを書いてね」「分かりました!」→書いてない→「昨日言ったよね?」「いやちょっとよく分からなかったので・・」こんなんばっか
経営陣も最初は本当に理解してるかちゃんと確認しろ!とか言ってたけど結局契約更新しないことで満場一致になった

934: 2016/10/02(日) 10:40:46.45 ID:mXQ4sQdS.net
結局小ばかにしてるんだよね仕事自体も説明してくれてる先輩も上司も
だから「はいはいまたなんか言ってっけどこまけーなーおいおい」ってな感じでなめてるの
そういう人ってずっとそんな感じだから
雇ってしまったのは面接での受け答えとか見た目にだまされた方が運が悪かったと思って
早々に辞めてもらう方が一番いいよね
でもそういうやつってなかなか自分からはやめないから年更新みたいな契約だといいね

937: 2016/10/02(日) 11:27:13.07 ID:aSnY/j4x.net
>>934
駄目なやつでも普通に更新されたりする。
時には部署を異動させたりと。
(総合ビル管理だと警備→清掃みたいになるべく影響がない部門に)
クライアントからクレームでもくれば別だが。

意外と駄目なやつに優しかったりする。

936: 2016/10/02(日) 11:21:04.71 ID:zpAwVRBp.net
>>932
物や言葉を知らない理解力が低い若者(特に男性)が多いよ
知らないから何を言われているのか分からないので理解できない
でもプライドだけはやけに高いから質問しないし、そもそも何を質問したら良いのかも分かっていない
ここ数年の男性新入社員はこんなのばっかり

そのくせ何百といるゲームキャラの攻撃特性なんかはスラスラ答える
アスペが増えているのか

941: 2016/10/02(日) 11:45:41.16 ID:vmBTxoun.net
>>936
うちの職場にいるアラフォーの派遣のおっさんがまさにそれ
常識レベルの事や社会情勢すら全く知らないみたいで話しても理解してくれない
プライドが高くて仕事で分からない事があっても質問してこないで勝手に自己判断して自分ルールで進める

でもパチンコや競馬や宝くじ、テレビの話だとすらすら話す

938: 2016/10/02(日) 11:27:16.80 ID:WUiab+Z2.net
でも庇うと、初めての仕事を一度説明されただけで理解できる人ってそうないよ
なんとなく御愛想で理解したふりをしてしまう気持ちもわかる
実際やってみて疑問を持ったところを教わって、それでやっと理解する感じ
分からないところを教わりにいかないのはよくないけど、聞きにくい先輩
というのも存在するw

939: 2016/10/02(日) 11:40:11.40 ID:J3otd0Ih.net
一度でわからないのは構わないしそんなものだと思ってる
わからないなりに自分で理解しようとして、そこで不明点を聞けばいい
問題はわからないのにわかってないことを気付かない人、気付くような行動をしない人

初めての仕事はわからないだろうから時間的にを余裕持って教えておいて、自分で整理してわからない点は聞いてねと言って指示するんだけど
わかってないのにわかってない事すら認識してないから、最初の説明以降は自分で考えない
なので、何も聞かない締め切り前日にやろうとして初めて理解できてない事に気付いてパニックになってる


編集元: 些細だけど気に障ったこと Part212