編集元: 親に不倫された子供のスレ5

172: 2007/01/28(日) 01:26:33 0
長文の上、スレチだったらスマソ 
親に不倫されたというか、
自分がその親の不倫の片棒担いでたような立場だった。 

すべてが発覚するまでは、
会社員の父・専業主婦の母・俺という
平凡な家族構成のもと普通に生活をしていた。その筈だった。 
高校生の時、電話口で父が何やら揉めている所を見つけた。 
何かあったのか、ときいても要領を得ない返事で誤魔化されるだけ。 
そんな事が数回あった後、
たまたま俺がひとりで留守番していた時に郵便が届いた。 


172: 2007/01/28(日) 01:26:33 0
差出人を見ると、父が時々電話で口にしていた人らしき名前。 
いけないと思いつつも、ここ数日の事もあったので、
つい好奇心から中を覗くと、
父の名前でそこの住所にあてた現金書留が、
封も切らずに送り返されていた。 
金額欄を見ると、大金とまではいかないが結構な額が。 
「ココ最近の電話といい、一体どういう事だ。
 この(送り返してきた)人は、ウチと何の関係があるんだ」と
キツい口調で尋ねると、父は黙り込み、母は泣き出した。 
静まり返った空気の中、
やがて父が話してくれたのは、想像もつかないものだった。 
かつて、父には別に家庭があって、
母と一緒になる為に彼らを捨てた(かなり強引に離婚した)事。
その際、母のお腹の中には俺がいた事。 
つまり、俺がいた所為で、
父のかつての妻子は捨てられた事になるのだ。

173: 2007/01/28(日) 01:27:36 0
当時、父は仕事の関係で単身赴任をしていて、
故郷に残してきた妻子に会えないさみし 
さから、赴任先の女子社員(俺の母)と関係を持ったらしい。 
ぶっちゃけラリってた父は、遠くにいる妻子よりも、
身近な母に入れこんじまったんだろうな。 
この時点で「人でなし」と怒鳴りたくなったが、
更にショックな事が判明した。 
これは父も後になって知ったらしいが、父に捨てられた女性が、
離婚してから間もなく子供を残して自殺していたのだ。 
つまり、郵便を送り返した人は、亡くなった女性の両親。
(残された子供を引き取って、育てていたらしい) 
罪滅ぼしのつもりか、これまで父は俺たちに内緒で金を送っていたが、
それらをすべて突っぱねて、こちらに返送していたようだ。 
丁度電話で揉めていたのは、
その子供(俺にとっては異母姉)が、
育ての親である彼女の祖父母達と正式に養子縁組をしたらしく、
もう金輪際あなた(父)とは関係がない、 
一切連絡をしないで欲しい、と言われたみたいだ。 
そういえば、何となく変な気はしてた。 
これまで親戚と全然交流がなかった
(死んだと聞かされていた)のも、
もとをただせばそういう理由があったからなのか。 
「人でなし」だけでなく、「人殺し」かよ。 
もし、俺がデキなけりゃ別の道もあったかもしんないのに。

174: 2007/01/28(日) 01:30:36 0
悪いのは自分達(両親)でお前は何も悪くない、と言われても、
ひとりの女性を死に追いやり、
子供に酷い仕打ちをした間接的な原因が俺なのは間違いない訳で。 
それまで普通だった両親が、
とても薄汚いものに見えて来て、
散々酷い言葉で罵倒した俺は、高校卒業後、
彼らから離れるように地方の大学へ進んだ。 
本当は直ぐにでも働いて自立しようと思っていたが、
「将来の為にも大学へ行ったほうが良い。行って欲しい」
という両親に根負けした情けない理由もある。 
大学卒業後、実家に戻らずそのまま地方で就職した俺は、
ある時何を思い立ったのか、 
コッソリ連絡先を控えていた異母姉の所へ、
ダメもとで「会いたい」と連絡を取った。 
(何故か、電話で父が口にしてた名前を覚えていた) 
断られると思っていたが、
意外にも「一度だけ。誰にも知らせずひとりで来るのなら」 
という条件付きで、会う事になった。 
初めて会う異母姉(かなり年上なんだけど)は、
何処となく父の面影があり、
特別美人ではないが、穏やかそうな人に見えた。 
待ち合わせのレストランの高級な雰囲気にすっかり呑まれた俺は、
料理の味もロクにわからないまま、異母姉の話を聞いていた。 
多感な時期に父と母を一度に失い、
哀しいなどの感情を通り越えて途方に暮れてしまった事。 
「あなたは先に、おじいちゃん達のお家に行ってなさい」
と手紙を渡された時、怪しんだり中身を確かめておけば、
母親を止められたかも知れない、と今でも悔やんでいる事。 
祖父母は優しくしてくれたが、
他人行儀な関係が何年も続いていた事。
(「やっぱり昔の人だからか、自分の娘を殺した男の血が
 混ざってる子供って認識が強かったみたい」 
とは異母姉の談) 
あまり世話になるのはしのびなくて、
中学卒業後は、
バイトしながら夜間の高校から奨学金で大学へ行った事。

175: 2007/01/28(日) 01:31:18 0
現在は、会社でバリバリ働きながら、
育ててくれた祖父母に恩返しをしているらしい。 
流石に結婚には、あまり魅力を感じないそうだ。 
「俺達の事、恨んでますよね」と尋ねると、
ちょっと困ったように笑いながら
「あんまり長い間憎み続けて来たから、
 もうそういった感情持つのは飽きてしまった」と。 
そして
「あなた(俺)は謝る必要はない。謝ったりしないで欲しい。
 あの人(父)は寂しがりだから、
 自分の代わりに大切にしてあげて欲しい」とも言った。 
「言える立場じゃないけど、
 父は、今でもあなたに会いたいと思いますよ」と言うと、 
「もう、私はあの人を信じたくても信じる事が出来ない。
 もしも伝えられるのなら、あの人に伝えて欲しい。
 どうか私の事は忘れて下さい、と。
 それが、あなた(父)が私に出来る唯一の優しさだ」
と、寂しそうに笑ってた。 
俺の異母姉は、幸い養父母に恵まれ、現在に至ってるけど、
内心では俺たち親子を、今でも憎んでいるかも知れない。 
それでも、俺の前ではそんな姿はまるで見せず、
それどころか気遣いさえしてくれ、
始終温厚な姿勢を崩さなかった彼女には、
本当にスマンカッタ、とオヤジの代わりに土下座したくなった。 
ご馳走になった(一応割り勘を主張したけど、
「ここはおねーさんに任せなさい」と茶化すように断られた)
後は、お互いに元気でいよう、とだけ挨拶を交わすと、
それっきり今日まで一切連絡を取っていない。 
そして、時折連絡してくる実家の両親に、
あの時の異母姉の言葉を未だ伝えていないヘタレな俺がいる。

176: 2007/01/28(日) 01:43:45 0
父母を許してやれよ。
他の誰もが許さなかったとしても。

178: 2007/01/28(日) 02:26:13 0
>>175 
あなたが 
>本当にスマンカッタ、とオヤジの代わりに土下座したくなった。 
と思えたのなら、 
両親は根本的には悪い人達ではなかったということ。 
DQNな親はDQNな子供が生まれるからね。 

まあ、ムリせず、ゆっくりありのままを受け入れるしかないね

179: 2007/01/28(日) 03:31:06 0
いや親は確実にDQNだろ。
単に人の殺し方が罪にならない殺し方だっただけ 
>>175は被害者みたいなもんだしあまり気にせず生きれば良い。

180: 2007/01/28(日) 11:45:24 0
うむ。親はクズ。それは間違いない。 
が、子供のお前さんは関係ない。
人の痛み判らないゴミ親と違って真人間みたいだし、 
子供は親を選べないんだからあまり気に病むな。

181: 2007/01/28(日) 14:24:41 0
ゴミからはゴミしか産まれないさ。

182: 2007/01/28(日) 15:16:38 0
       パーン 

    _, ,_ ∩ 
 ( ‘д‘)彡☆))Д´) >>181 
   ⊂彡 
 

188: 2007/01/28(日) 17:34:59 0
>>181が言いたかったことは 
「ゴミじゃない存在を生んだ親についても、
 ゴミと決めつけてはいけない」 
だったりしてな。