TOP > ダンスク 靴 レザーサンダル ブーツ > ダンスク(DANSKE)の靴

ダンスク(DANSKE)の靴

ダンスク(DANSKE)の靴やサンダルは
ナチュラルなクレープソールが特徴です。
クレープソールは、すり減りにくい
純粋な天然ゴムで、たいへん柔軟性のある
素材でもあります。
クレープソールの靴底は、どんな条件でも履き心地
抜群で、たとえ、すり減ってしまったとしても、
新しいソールに交換して靴やサンダルを
使えるので、長く愛用することが可能です。

ダンスク(DANSKE)の靴やサンダルは、
全てゴム底(アメ底)になっています。
なので、レザーシューズの場合、比較的
重量感ある革靴です。
だいたい革靴の場合は、片足が500g程度になります。

また、ダンスク(DANSKE)の靴やサンダルを
購入する際の注意点は、デンマークのブランドであるため、
サイズがすべてヨーロッパ規格で、
縦長幅細になっているという事です。
なので、DANSKEの革靴やレザーサンダルを選ぶ際は、
通常、利用している革靴やレザーサンダルよりも
0.5cmくらいゆったりめのサイズを選ぶことがおすすめです。

ダンスク(DANSKE)の靴やサンダルは、
解剖学をベースにして開発されています。
なので、靴やサンダルを履いていると
常に快適なフィット感を感じられ、
自然な足の動きを実現します。
DANSKEの革靴やレザーサンダルは、
天然皮革が採用されています。

ダンスク(DANSKE)の靴やレザーサンダルには、
ベジタブル・タンニング法が採用されています、
ベジタブル・タンニング法は、
スカンジナビア地方の伝統の皮なめし方法です。
皮なめし方法の特徴は、人工添加物や
化学薬品を使わずにナチュラルな
植物性なめし剤を採用している点です。

ベジタブル・タンニング法は、
靴やレザーサンダルの皮革が使用されるうちに
次第に味わい深い色合いへ変化させます。
また、DANSKEの靴やレザーサンダルに
採用されているベジタブル・タンニング法は、
細菌の発生を抑制し肌のアレルギーを防止する
効果もあります。

ドイツの人気ブランド、ビルケンシュトック同様に
DANSKEの靴やレザーサンダルは、人にやさしい視点から
作られているので、最近ますます認知度は高まってきて
人気は急上昇中です。