DAPPIのセイジコウサツ

Twitterで書き足りない事を記載中。

カテゴリ: マスコミ

2019年7月3日に日本記者クラブ主催の党首討論会が開催されました。
その中で朝日新聞の坪井ゆづる記者が露骨な印象操作狙いの質問を行いました。

このやりとりを見てもらうとよくわかるのですが、朝日新聞は各政党内でも議論が別れる【女性天皇賛成・原発新増設反対・夫婦別姓賛成・LGBTの法的権利】を挙手による2択で回答させようとしました。
この手法による是か非の問い方に、安倍総理は『議論中はどうすればよい?』と質問し、朝日新聞は『議論中は挙手しない』で回答。
この安倍総理と朝日新聞のやり取りで決められた挙手しない=反対or党内議論中を切り取られ【挙手しない=反対】と報道された場合、印象がかなり変わったものになります。
ましてや
この質問をした際の朝日新聞記者は、安倍総理の反応に対し『自民党がそういうご意見だっていうことはわかっています!』と決めつけたりと勝手な解釈を連発。

朝日新聞は印象操作目当てでこの質問を繰返したとしか思えません。
まさかマスコミは
挙手しない=反対or党内議論中【挙手しない=反対】と事実を捻じ曲げた報道しませんよね?


【日本記者クラブ主催の党首討論会での朝日新聞記者の質問】
〇坪井ゆづる(朝日新聞)
女性天皇は認めてもよいとお考えの方は挙手をしてください。

〇玉木雄一郎(国民民主党)
男系女性ですか。

〇坪井ゆづる(朝日新聞)
女性天皇は認める。女系は後で聞きます。

〇玉木雄一郎(国民民主党)
どちらですか。男系の女性なのか。女系の女性なのか。
〇安倍総理(自民党)
ちゃんとこれ大事な質問なので挙手どうこうではなく、党として決めていかなければいけない問題で、今議論中です。
 
〇坪井ゆづる(朝日新聞)
はい。その場合は手を上げなければ結構です。
 
〇安倍総理(自民党)
大切な問題なので違いも説明しながら国民の皆さまに説明しないと色んな誤解を招く。
 
〇坪井ゆづる(朝日新聞)
申し訳ありませんが、それでは
(急いで〇×で回答させようとする)
 
〇安倍総理(自民党)
まず意味を説明していただいて質問していただきたい。
 
〇坪井ゆづる(朝日新聞)
女系天皇を認めてもよい?
 
女系挙手
共産党・社民党が挙手

〇坪井ゆづる(朝日新聞)
女系。なかなか他の政党は結論が出てるわけではないと承りました。
それでは、続いては原発の新増設は認めてないという方は挙手をして下さい。

原発新増設挙手
維新の会・国民民主党・公明党・立憲民主党・共産党・社民党が挙手

〇坪井ゆづる(朝日新聞)
公明党さんも新増設は認めないと。

〇山口那津男(公明党)
基準を満たし、地域の住民の理解を得られれば再稼働は認める。
しかし新増設は基本的には認めない立場です。

〇安倍総理(自民党)
自民党も政府も現時点で新増設については想定していない。

〇坪井ゆづる(朝日新聞)
認めるか、認めないかを聞いてる!
※検討・議論中は【挙手しない】前提を無視

〇安倍総理(自民党)
新増設をしない中でエネルギーの安定供給を。
私達はエネルギーミックスを立てている。

〇坪井ゆづる(朝日新聞)
選択的夫婦別姓を認める方は挙手を。
選択的夫婦別姓制挙手
維新の会・国民民主党・公明党・立憲民主党・共産党・社民党が挙手
※党内議論中の自民党は挙手せず

〇坪井ゆづる(朝日新聞)
LGBTの法的な権利を与える方は?
LGBT挙手
維新の会・国民民主党・立憲民主党・共産党・社民党が挙手
※党内議論中の自民党・公明党は挙手せず

〇坪井ゆづる(朝日新聞)
わかりました!よくわかりました! 
(検討中か確認せずに勝手に解釈)

〇安倍総理(自民党)
ちょっとあまりにも単純化してショーみたいにするのはやめたほうがいいですよ。
政策的な。

〇坪井ゆづる(朝日新聞)
自民党がそういうご意見だっていうことはわかっています!
(完全に決めつけ)

〇安倍総理(自民党)
政策的な議論をちゃんとしないと。
YesかNoかっていうことでは政治はないです。
今の段階で答えられなくても直ちにNoではないですから。

〇坪井ゆづる(朝日新聞)
どちらの方向に向かっているかっていうことの確認!

〇安倍総理(自民党)
あまり印象操作するのはやめてもらいたいと思います。何か意図を感じる。

〇山口那津男(公明党)
手を上げないから否定してると受け止めないでいただきたいと思います。

〇安倍総理(自民党)
そういう意図を感じるな。

マスコミも殆ど報じない関西生コンによる恐喝事件。

逮捕された武委員長を『大阪のお父ちゃん』と呼んでる辻元清美に注目しがちですが、その他の議員も繋がってないか調査結果したところマスコミが報じてない繋がりを確認出来ましたので相関図を作りました。


ssss

【マスコミが報じてない関西生コンと議員の繋がり】
・辻元清美(立憲民主党)が2014~15年の間にも関西生コン関係者から寄付を貰ってる
・岸本周平(国民民主党)は確認出来ただけでも2012~15年の間に関西生コン関係団体から寄付を貰ってる
・武健一が辻恵(元民主党副幹事長)のパーティ券を198万円分購入
・福島瑞穂の夫が関西生コン幹部を恐喝容疑で逮捕している警察に対し『弾圧』と抗議してる


これまで関西生コンと関係がある辻元清美と福島瑞穂は逮捕者続出の件について沈黙を貫いてますが、辻元清美は関西生コンのドンである武健一のことを『大阪のお父ちゃん』と呼ぶくらい親しい関係。
関西生コンのホームページにも辻元清美のホームページへのリンクが掲載されてるのですし辻元清美は今回の逮捕劇について説明をすべきと思います。




以下、今回ブログを書く際に集めた情報の備忘録です。
まず関西生コン幹部や関係団体を調べる為に恫喝事件での逮捕者や関生コンが出版してる本(関西生コン産業60年の歩み1953~2013)を参考にしました。

【逮捕された人物】
武建一(関西生コン執行委員長)
湯川祐司(関西生コン執行副委員長)
城野正浩(関西生コン執行委員)
松尾鉱輔(関西生コン執行委員)
武洋一(関西生コン連帯生コン支部書記長)
西山直洋(幹部)
柳充(幹部)
七牟禮時夫(関西生コン副執行委員長)
大原明(関西生コン執行委員)
木下俊介(関西生コン 京津ブロック長)
奥宗樹(湖東生コン協同組合理事長)
北川義博(湖東生コン協同組合理事長)
朝夷健治(湖東生コン協同組合理事長)
伊谷彰久(湖東生コン協同組合理事長)
金子寿男(近江アサノ生コン 代表取締役)
平元良治(近江アサノ生コン 代表取締役)
中村正晴(大津生コンクリート協同組合 元幹事長)



【“関西生コン産業60年の歩み1953~2013”より】

ISBN978-4-7845-1348-2
武建一(関西生コン執行委員長)
髙井康裕(兵庫県中央生コンクリート協同組合連合会副会長)
小田要(大阪兵庫生コン経営者会会長)
中西正人(和歌山県生コンクリート協同組合連合会会長)
岡本幹郎(連合・交通労連生コン産業労働組合書記長)
門田哲郎(大阪兵庫生コン経営者会副会長)
増田幸伸(近畿生コン関連協同組合連合会専務理事)


上記の情報を元に近畿地方の国会議員の収支報告書とすり合わせ。
その結果、辻元清美(立憲民主党)・岸本周平(国民民主党)・辻恵(元民主党副幹事長)が関生関係者から献金を受けてることが判明


■辻元清美(立憲民主党)
関西生コン関係者である小田要(大阪兵庫生コン経営者会会長)から2年間で合計27万円の寄付金を受け取っていたことが判明。
つじもと
上が2014年 下が2015年の収支報告書

【確認出来た寄付】
2014年:15万
2015年:12万

尚、辻元清美はこれまで98年分収支報告書に「政治資金パーティーの対価に係る収入」として、「全日本建設運輸連帯労働組合」から50万円を受領していたことや、99年分の収支報告書に個人の寄付として連帯労組や関生支部の関係者とみられる5人から50万円ずつ、計250万円を受け取っていることを指摘され、当初は『ご指定の人物、団体から献金を受け取った事実はありません』と嘘をつくも、結局事実であることが即バレて「すべて収支報告書に記載されてた通りです」と回答。


■岸本周平(国民民主党)
関西生コン関係者の中西正人(和歌山県生コンクリート協同組合連合会会長)より毎年献金を貰ってたことが判明。

kisimoto
上が2012年 下が2016年の収支報告書

【確認出来た寄付】
2012年:36万
2013年:26万(+和歌山県中央生コン協同組合より30万)
2014年:24万
2015年:24万
2016年:10万
2017年:0万

注目すべきは最近公開された17年の収支報告書で献金が0円となってます。
野党による森友大キャンペーンが始まった年に0円になるというのは…


■辻恵(元民主党副幹事長)
辻氏は2014年の衆院選で落選の元議員ではありますが、全日本建設運輸連帯労働組合が武建一名義でパーティー券を合計198万円分購入
つじ
※98年の辻元清美と同じパターン


また関西生コン幹部を調べてる最中に連帯広報委員会のホームページ内に福島瑞穂の夫である海渡雄一が関西生コンの大弾圧に強く抗議するという声明秘密保護法対策弁護団の共同代表として発信してることを確認
海渡
以上、今回の考察結果でした。
とはいえこれも氷山の一角だと思います。

【関連記事】
辻元清美と関西生コン

2018年3月14日の朝日新聞の記事をよく見ると姑息な印象操作を多岐に亘って行っているのがわかります。

まずは2面の【なぜ改ざん 野党「首相答弁に合わせたのでは」】という記事について。

2men


【内容要約】
・佐川氏の答弁に合わせて書き換えた”と麻生大臣の説明に対して、野党は首相答弁に合わせてると主張
・17年2月17日に総理が「私や妻が関係していたら、首相も国会議員も辞める」と答弁している
・この2月17日は財務省が改竄時期は2月下旬と説明している時期と一致してる
共産党の辰巳孝太郎が先日の国会で【昨年3月に佐川氏が「売買契約締結をもって事案は終了してるので、記録が残ってない。速やかに事業終了で廃棄してると思う」】と事前交渉を否定した
・だから2月17日の総理の「私や妻が関係していたら、首相も国会議員も辞める」と答弁に合わせて改竄された


こう見るとまるで佐川氏は17年3月まで答弁してないような印象となる文章になってます。
しかし実際の時系列と比べると…

■17年2月17日
福島伸之の質問に対して安倍総理が「私や妻が関係していたら、首相も国会議員も辞める」と答弁
https://twitter.com/take_off_dress/status/832486919304990722

■17年2月24日
佐川氏が「売買契約締結をもって事案は終了してるので、記録が残ってない。速やかに事業終了で廃棄してると思う」と答弁

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/193/0018/19302240018015.pdf
※18ページ

■17年3月15日
佐川氏が「こちらから価格提示したこともないし、先方からいくらで買いたいという希望もなかった」と答弁
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/193/0095/19303150095008.pdf
※5ページ


実際には佐川氏は2月24日に「売買契約締結をもって事案は終了してるので、記録が残ってない。速やかに事業終了で廃棄してると思う」と答弁してます。
麻生大臣は『佐川氏の答弁に合わせて書き換えられた』と言われてましたが、財務省はこの佐川氏の『廃棄した』と答弁してしまったことに合わせて書き換えたのではないでしょうか?
ましてや書き換えられたのが2月下旬というなら2月17日より2月24日の方を怪しむのが普通の流れではないでしょうか?
朝日は2月24日の佐川氏の「記録が残ってない。速やかに事業終了で廃棄してると思う」という答弁に触れないことで、総理の答弁に合わせて改竄されたのでは?と報じているとしか思えません。



そして39面の【昭恵氏の写真 風向き1変】という記事について。

1
3


画像をみていただければわかると思いますが、昭恵夫人が陳情して事態が動いたというような印象操作近畿財務局が最初は難色を示してたと印象操作してます。


朝日新聞は印象操作までして倒閣しようとしてるのは明らかです。
もはや報道機関ではなく倒閣運動活動機関と呼んでいいと思います。

加計学園の獣医学部新設に関し、玉木雄一郎と文科省前次官の前川喜平が「総理の意向」文章があると主張したことにより、マスコミは【安倍総理が友人の加計氏のために働きかけをした】かのような報道に終始一貫しています。

しかし加計学園の獣医学部新設を巡る経緯を見るとそうではないと明確に判ります。

kakei

自民党政権時に15回も却下されていた今治市を構造改革特区に格上げしたのは民主党政権
今治を国家戦略特区に引き上げ獣医学部新設を嘆願していたのも民進党議員(高井たかし)。
この件に関しては国会で日本維新の会の足立康史議員も指摘してます。

足立議員は「後から総理になった安倍総理が問題になるのがおかしい!」とも指摘。
確かに後から出てきた人が主導で獣医学部新設に大きく関与したは無理がある話です。

また民進党は「なぜ京都産業大じゃダメなのか!」と加計ありきのように物事が進んだと主張してますが、2015年6月に今治市が国家戦略特区での獣医学部新設を提案していたのに対し、京都が提案したのは2016年3月と一年後。
つまり加計の為にというよりは当初、獣医学部新設に関して熱意があったのは今治だけだったという事です。


そんな中で、岸博幸氏が「総理のご意向があっても岩盤規制改革では?」と指摘しました。


かねてから安倍総理は「自分がドリルとなって岩盤規制に穴を開ける!」と発言したり岩盤規制改革を推進しようとしてたのは周知の事実。

前川氏が本物を主張する「総理のご意向」文章の有無はさておき、「総理のご意向=加計学園の優遇」ではなく、「総理の意向=岩盤規制に風穴を開ける」であれば官僚がそのような発言を行っても納得できます。


そもそもマスコミは加計学園だけじゃなく森友学園の時も「安倍総理が自身の関係者に優遇するように働きかけしてる」ような報道に終始一貫してますが、それは正しい報道姿勢なのでしょうか?

国政政党(民進党・共産党など)は自らが政権与党になるのが最終目標なので陰謀論や憶測で政権批判するのは100歩譲って良しとしても、それをメディアがやるのは本末転倒。
サンデーモーニングなどで
岸井成格や田原総一朗は「【政権批判と権力の監視】がメディアの役割!」「偏向しても大した問題じゃない」と主張してますが陰謀論や憶測だけで批判するのはどうなのでしょうか?




マスコミの【政権批判と権力の監視】の対象は現政権だけではなく、将来政権を担うかもしれない政党にも行うべきではないでしょうか?

2017年5月1日放送のモーニングショーで玉川徹(テレビ朝日ディレクター・報道局コメンテーター)が複数の病気が同時に発症している方々に暴言を吐きました。


発言後、番組MCの羽鳥慎一が話に割り込みフォローし、あやふやにしましたが玉川徹は一切謝罪せず。
放送翌日もノータッチで謝罪を行っていません。

そもそも玉川徹は3か月前にも「万引きはコストとして考えろ!」「万引きされないように技術で解決しろ!」と物議を醸す問題発言を行いました。


その際も発言撤回や謝罪はなし。
何食わぬ顔でモーニングショーに出演を続けてます。

元々、玉川徹は【自民党以外の政党に投票するように視聴者に訴える】など偏った過激な発言が多いです。
これは偏向報道を指摘されたマスコミが反論の際に使用する『政権ウォッチし間違えを厳しく追及するのがマスコミの役割』という
主張に沿っているので、まだ筋が通ってます。


しかし【複数の病気は発症しない発言
】と【万引きはやられる方が悪い発言】は、その立場の人を傷つけるだけで道義的に許されない発言。


実際にそういう局面に立っている方の心境に立って考えれば、頭に過ったとしても口には出ない筈です。

玉川は自分が暴言や失言を発してる認識はあるのでしょうか?
もし同じ発言を政治家が行ったら玉川はスルーするのでしょうか?
テレビ朝日は社員(玉川徹)が全国生放送のTV番組(モーニングショー)で非人道的な発言を繰り返してることを把握しているのでしょうか?


ニュースに難癖をつける為なら【人を傷つける暴言】を問題ないと考える玉川徹の思想は断じて許すことは出来ません。
テレビ朝日(モーニングショー)は、玉川の発言について、どう考えているのでしょうか?


続きを読む

↑このページのトップヘ