2017年5月1日放送のモーニングショーで玉川徹(テレビ朝日ディレクター・報道局コメンテーター)が複数の病気が同時に発症している方々に暴言を吐きました。


発言後、番組MCの羽鳥慎一が話に割り込みフォローし、あやふやにしましたが玉川徹は一切謝罪せず。
放送翌日もノータッチで謝罪を行っていません。

そもそも玉川徹は3か月前にも「万引きはコストとして考えろ!」「万引きされないように技術で解決しろ!」と物議を醸す問題発言を行いました。


その際も発言撤回や謝罪はなし。
何食わぬ顔でモーニングショーに出演を続けてます。

元々、玉川徹は【自民党以外の政党に投票するように視聴者に訴える】など偏った過激な発言が多いです。
これは偏向報道を指摘されたマスコミが反論の際に使用する『政権ウォッチし間違えを厳しく追及するのがマスコミの役割』という
主張に沿っているので、まだ筋が通ってます。


しかし【複数の病気は発症しない発言
】と【万引きはやられる方が悪い発言】は、その立場の人を傷つけるだけで道義的に許されない発言。


実際にそういう局面に立っている方の心境に立って考えれば、頭に過ったとしても口には出ない筈です。

玉川は自分が暴言や失言を発してる認識はあるのでしょうか?
もし同じ発言を政治家が行ったら玉川はスルーするのでしょうか?
テレビ朝日は社員(玉川徹)が全国生放送のTV番組(モーニングショー)で非人道的な発言を繰り返してることを把握しているのでしょうか?


ニュースに難癖をつける為なら【人を傷つける暴言】を問題ないと考える玉川徹の思想は断じて許すことは出来ません。
テレビ朝日(モーニングショー)は、玉川の発言について、どう考えているのでしょうか?


続きを読む