2008年08月07日

SODではなくSSMF

映画を撮っていたら、AVの撮影と間違えられた。
それだけでなく、散々な撮影だった。
説明しておくと、ショートショートムービーフェスティバルという映画祭に、「ゴジゲン」として参加させてもらっている。その今月末に行われる予選会に、「ゴ」というタイトルで、5分以内の映像を出品しなければならないのだ。
難しい。
何一つ方向性がまとまらない。
響きで攻めるべきか、形で攻めるべきか、音で攻めるべきか。「ゴ」ってなんだよ!
しかし、時は残酷だ。
方向性は結局定まらないまま、撮影日を迎えてしまった。
借り物で、今日しか機材が使えるチャンスがなかったのだ。
無理やり集合して、悩みながら撮影をする。
しかも撮影していると突然雨が降ってきて、借り物のカメラを守ろうと必死で、気付いたら履いていた雪駄がどこかにいっていた。
雨を待つこと1時間。ああ時間がないっ。
やんだ瞬間に撮影しようとすると、真横で道路工事を始めた。
声が全然聞こえない。
本当に困ったので、工事の人に頼みこんで、少しだけ作業を中断してもらった。
ようやく取り掛かろうとしたら、そのタイミングで、警察がやってきたのだ。
「ちょっとすみません。それは何を撮ってるの?んん?」
まるで犯罪者を扱う態度。
もう完全に僕らをソフトオンデマンドか何かと勘違いしている。
でも確かに無理もない。
少女ともっさりした男3人が、物静かな公園でずぶ濡れで必死に撮影しているのだ。
気まずい取り調べを受ける松居監督。
「いや、僕ら、サークルです。サークルのイベントなんです」
「イベント?」
まずい、言葉がまずかった!変にごまかすんじゃなかった!
ここで今さら正直にヨーロッパ企画とか言ったところで、なんかアロマ企画みたいな感じでAVと勘違いされかねない!!
「あの、大学生です、僕たち。エヘ…エヘヘッ…」
半笑いながら、学生証をちらつかせたら、ようやく理解してくれた。
危なかった。
しかし、取り調べに時間をとられてしまい、撮影は強制終了。
機材は返却しなければならない。見事に撮影は終わらなかった。
いっそ捕まえてくれ。

daradaradayo at 01:17│Comments(6)TrackBack(0)映画など 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by TOKUO   2008年08月07日 11:29
>響きで攻めるべきか、形で攻めるべきか、音で攻めるべきか。「ゴ」ってなんだよ!


心の叫びを共有できて嬉しい!
2. Posted by 松居   2008年08月08日 00:58
そうなんすよね!
共有できて嬉しいです!

もはやどうしたらすべらないかだけを考えてますっ
3. Posted by ザキさん   2008年08月08日 01:05
僕はすべったとわからないくらいでいこうと思う
4. Posted by 松居   2008年08月08日 01:58
ちょっときたねえ!
きたねえっすよそれ!
5. Posted by Lawncare   2009年12月02日 05:35
I take it seriously.
6. Posted by 松居   2009年12月09日 02:10
ですよね!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字