JPEC/ジュニア打楽器アンサンブルコンクール

2014年01月28日

開催要項および参加申し込み用紙は
PDFをダウンロードしてください。

開催要項(PDF)

参加申込用紙(PDF)














(01:33)

2013年04月09日

4月6日、ジュニア―打楽器アンサンブルコンクールが無事に終了致しました。
中学校25団体、高校22団体の応募があり、それぞれ15校ずつが全国大会に出場しました。
全国大会の結果は次の通りです。


中学校の部

グランプリ 東京都小平市立小平第三中学校
最優秀賞  埼玉栄中学校
最優秀賞  千葉県東金市立東中学校


高校の部

グランプリ 神奈川県立厚木高等学校
最優秀賞  埼玉栄高等学校A
最優秀賞  埼玉栄高等学校C


(12:58)

2012年12月30日

ダウンロード
申込書
開催要項

主催:日本打楽器協会

後援:全日本吹奏楽連盟/東京都吹奏楽連盟/日本管打・吹奏楽学会
(申請中)

協力:株式会社浅野太鼓楽器店/小田急商事株式会社/
株式会社こおろぎ社/株式会社コマキ楽器/株式会社斉藤楽器製作所/
株式会社野毛印刷社/野中貿易株式会社/パール楽器製造株式会社/
有限会社バロック・ミュージック/ヤマハ株式会社

開催主旨
このコンクールは日本打楽器協会が主催し、中学校生・高等学校生の打楽器アンサンブルのサウンド、又、多様な編成について考え、かつ、その場を提供する。

期日
全国大会2013年4月6日(土) 10:00〜18:00(予定)

場所
国立オリンピック記念青少年総合センター・カルチャー棟 大ホール
⇒地図

参加資格
中学校の部・高等学校の部

カテゴリ
打楽器アンサンブル 2名〜15名編成による任意の1曲

演奏時間
6分以内(セッティング時間を除く)

参加費用
1団体につき7000円(一次審査の際、指定口座へ振込みの事)
※本選出演団体の交通費等は、自己負担とします。
※出演者の客席入場は別途入場券が必要となります。

申込み方法
所定の申込用紙に必要事項を記入し
3月1日(金)(必着)までに、カセット、MD 、CD-R のいずれかを郵送、
または宅配便にてお送り下さい。
参加費用は3月3日(日)までに下記の口座にお振込み下さい。
[銀行口座]みずほ銀行 経堂支店 普通預金 1537383 日本打楽器協会
[郵便局口座]郵便振替 00180-8-44842 日本打楽器協会

※カセットテープ、MD 、CD-Rには必ず団体名をご記入下さい。
※申し込みの際、80円切手を貼った返信用封筒を1通同封して下さい。
返信用封筒の宛名は、必ず学校名・学校長名・顧問名のいずれかにすること。
(個人として申し込む事はできません。)
※ なお申込書に記載して頂いたプロフィールは、全国大会に出場が決まった場合、
プログラムに使用します。同様のものを、fumio.y.music@gmail.comまで送信をお願い致します。

審査方法

一次審査
書類(演奏音源)審査(簡易な録音で可)。
録音はカセットテープ、MD 、CD-R、のいずれかを送付。
原則的に録音状態は審査の対象としない。申込み後の曲目、楽章の変更は認められません。
3月3日(日)に一次審査の上、その審査に当られた審査員により
各団体に審査結果及び審査講評を郵送します。

全国大会
一次審査で選考された団体による演奏(中学・高校:合計20〜25校程度)

審査委員
日本打楽器協会役員

審査委員長
山口浩一

審査委員団
上野晃・植松透・岡田知之・定成誠一郎・佐野恭一・菅原淳・
塚田靖・福田隆・藤井むつ子・藤田崇文・目黒一則・百瀬和紀・
森茂・山口恭範・山本真理子・吉原すみれ(予定)
(一次審査員も含まれる)

演奏楽器
本選必要楽器については、日本打楽器協会が準備した楽器または各自持参のものを使用する事。
(特殊楽器は持参の事)
本選出場団体へは、日本打楽器協会より使用楽器・セッティング等について、後日詳細を連絡致します。

全国大会表彰
最優秀グランプリ賞:中学校・高等学校の最高位の団体に贈られる。
最優秀賞:中学校・高等学校の上位4団体に贈られる。
優秀賞:中学校・高等学校とも上記の賞以外の団体に贈られる。

【申込み・問い合わせ先】
日本打楽器協会
〒156‐0051 東京都世田谷区宮坂1‐28‐10
TEL(03)3426‐0288 FAX(03)3427‐5055     
Eメール paukerky@kvf.biglobe.ne.jp

















(21:35)

2012年04月12日

4月7日(土)国立オリンピック記念青少年総合センターで行われた
2012第10回JPEC(ジュニア―打楽器アンサンブルコンクール)
の入賞団体は次のとおりです。

おめでとうございます!

【中学校の部】

グランプリ
東京都小平市立小平第三中学校(東京)

最優秀賞
埼玉栄中学校(埼玉)
広島県府中町立府中中学校(広島)
千葉県東金市立東中学校(千葉)

【高校の部】

グランプリ
埼玉栄高等学校(埼玉)

最優秀賞
東京都東海大学菅生高等学校(東京)
埼玉県立松伏高等学校(埼玉)
神奈川県立厚木高等学校(神奈川)



(18:04)

2012年03月10日

2012 第10回ジュニア打楽器アンサンブルコンクール(JPEC)
全国大会出場校(順不同)

中学校の部

東金市立東中学校
会津若松市立一箕中学校
安城市立安城南中学校
板橋区立板橋第一中学校
大沼郡会津美里町立高田中学校
川崎市立東高津中学校
武蔵村山市立第五中学校
函南町立東中学校
板橋区立志村第四中学校
府中町立府中中学校
福岡市立東光中学校
玉栄中学校
鹿角市立十和田中学校
小平市立小平第三中学校
東大和市立第一中学校

高校の部

山村国際高等学校
群馬県立前橋東高等学校
渋谷教育学園幕張中学・高等学校
マリンバンビーノ
千葉県立松戸六実高等学校
千葉県立成田国際高等学校
神奈川県立厚木高等学校
埼玉県立芸術総合高等学校
千葉県立東金高等学校
東京都立小山台高等学校
新潟県立六日町高等学校
埼玉栄高等学校
福岡県立福岡中央高等学校
埼玉県立松伏高等学校
東海大学菅生高等学校

(22:52)

2011年11月02日

※参加費改定のお知らせ
24年3月に、会場の国立オリンピック記念青少年総合センターの施設利用料の改定が行われることになりました。この値上がりに伴い、来年度より、皆さまの参加費も5,000円(現行)か ら7,000円(改定後)への変更をお願いすることとなりましたので、ぜひ、ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


ダウンロード
申込書
開催要項

主催:日本打楽器協会
後援:全日本吹奏楽連盟/東京都吹奏楽連盟/日本管打・吹奏楽学会(申請中)
協力:株式会社浅野太鼓楽器店/小田急商事株式会社/株式会社こおろぎ社/株式会社コマキ楽器/株式会社斉藤楽器製作所/株式会社野毛印刷社/野中貿易株式会社/パール楽器製造株式会社/有限会社バロック・ミュージック/ヤマハ株式会社


●開催主旨:このコンクールは日本打楽器協会が主催し、中学校生・高等学校生の打楽器アンサンブルのサウンド、又、多様な編成について考え、かつ、その場を提供する。

●期日:全国大会2012年4月7日(土) 10:00〜18:00(予定)

●場所:国立オリンピック記念青少年総合センター・カルチャー棟 大ホール
⇒【地図】

●参加資格:中学校の部・高等学校の部

●カテゴリ:打楽器アンサンブル 2名〜15名編成による任意の1曲

●演奏時間:6分以内(セッティング時間を除く)

●参加費用:1団体につき7,000円(一次審査の際、指定口座へ振込みの事)
  ※本選出演団体の交通費等は、自己負担とします。
  ※出演者の客席入場は別途入場券が必要となります。

●申込み方法:所定の申込用紙(だらく101号をコピー)に必要事項を記入し3月3日(土)(消印有効)までに、カセット、MD 、CD-R のいずれかを郵送、または宅配便にてお送り下さい。

参加費用は3月3日(土)までに下記の口座にお振込み下さい。

[銀行口座]みずほ銀行 経堂支店 普通預金 1537383 日本打楽器協会
[郵便局口座]郵便振替 00180-8-44842 日本打楽器協会


※カセットテープ、MD 、CD-Rには必ず団体名をご記入下さい。

※申し込みの際、80円切手を貼った返信用封筒を1通同封して下さい。返信用封筒の宛名は、必ず学校名・学校長名・顧問名のいずれかにすること。(個人として申し込む事はできません。)

※また、参加申込書に団体または学校のプロフィール(300字以内)も記入してください。
 (このプロフィールは、全国大会に出場が決まった場合、プログラムに使用されますので、打楽器協会までメールでお送りください。)

●審査方法
一次審査:書類(演奏音源)審査(簡易な録音で可)。録音はカセットテープ、MD 、CD-R、のいずれかを送付。
原則的に録音状態は審査の対象としない。申込み後の曲目、楽章の変更は認められません。
3月4日(日)に一次審査の上、その審査に当られた審査員により各団体に審査結果及び審査講評を郵送します。

全国大会:一次審査で選考された団体による演奏(中学・高校:合計20〜25校程度)

●審査委員:日本打楽器協会役員
審査委員長:山口浩一
審査委員団:上野晃・植松透・岡田知之・定成誠一郎・佐野恭一・菅原淳・塚田靖・福田隆・藤井むつ子・藤田崇文・目黒一則・百瀬和紀・森茂・山口恭範・山本真理子・吉原すみれ(予定)(一次審査員も含まれる)

●演奏楽器:本選必要楽器については、日本打楽器協会が準備した楽器または各自持参のものを使用する事。
(特殊楽器は持参の事)
本選出場団体へは、日本打楽器協会より使用楽器・セッティング等について後日詳細を連絡致します。

●全国大会表彰
最優秀グランプリ賞:中学校・高等学校の最高位の団体に贈られる。
最優秀賞:中学校・高等学校の上位4団体に贈られる。
優秀賞:中学校・高等学校とも上記の賞以外の団体に贈られる。

(22:42)

2011年03月18日

4月9日(土)に予定しておりました日本打楽器協会主催のジュニア打楽器アンサンブルコンクール(JPEC)の本選は、東北関東大震災のため、中止となりました。

一次審査の結果、次の中学校15校・高等学校15校の本選出場が決まっておりました。
参加準備を進められている皆さまには、お詫びを申し上げますとともに、何とぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。

被害に遭われた皆様に心よりお見舞いを申し上げると共に、 お亡くなりになられた方々には心よりお悔やみを申し上げます。

-----------------------------------------
中学校の部

愛知県 愛知淑徳中学校
愛知県 岡崎市立美川中学校
茨城県 境町立境第一中学校
神奈川県 川崎市立東高津中学校
静岡県 富士宮市立富士宮第四中学校
千葉県 東金市立東中学校
千葉県 松戸市立金ヶ作中学校
東京都 板橋区立志村第五中学校
東京都 小平市立小平第三中学校
東京都 調布市立第三中学校
東京都 調布市立調布中学校
東京都 東大和市立第一中学校
東京都 日野市立日野第二中学校
新潟県 田上市立田上中学校
福島県 会津若松市立一箕中学校
-----------------------------------------
高等学校の部

愛知県立 明和高等学校
石川県立 金沢二水高等学校A
鹿児島県立松陽高等学校
埼玉県立 芸術総合高等学校
埼玉県 埼玉栄高等学校A
埼玉県立 松伏高等学校A
静岡県立 伊豆中央高等学校
静岡県立 富士高等学校
静岡県 富士市立高等学校
東京都 東邦音楽大学附属東邦高等学校
富山県立 高岡商業高等学校
長野県 松本深志高等学校
福島県立 若松商業高等学校
北海道 滝川高等学校
山形県 鶴岡東高等学校

(50音順)

jpec2011


(17:59)

2010年04月14日

2010年4月10日(土)
国立オリンピック記念青少年総合センター
カルチャー棟 大ホール

入賞団体の結果

■中学校の部

グランプリ受賞団体
広島県 府中町立府中中学校
そして静けさは森の中へ・・・
作曲:天野正道

最優秀団体
東京都 小平市立小平第三中学校
独奏マリンバ、独奏ティンパニと5人の打楽器奏者のためのマートラ
作曲:西村朗

審査委員特別賞
東京都 板橋区立板橋第一中学校
Afta-Stuba!
作曲:Mark Ford


■高校の部(審査結果が僅差のため最優秀を3団体
グランプリを1団体と致しました)
 
グランプリ受賞団体

埼玉県 埼玉栄高等学校A
ストロベリーフィールズの薔薇〜9,11 平和への祈り〜
作曲:天野正道

最優秀団体

東京都 東京都立小山台高等学校
ソナチネ
作曲:金田真一
    
埼玉県 埼玉県立松伏高等学校
そして静けさは森の中へ・・・
作曲:天野正道

千葉県 千葉学芸高等学校 
Trio per uno
作曲・編曲:N.J.Zivkovic

-------------------
■審査委員長:山口浩一

■審査員
中学校の部

岡田知之、藤井むつ子、山口浩一、山本真理子、渡辺由美子、
高校の部
岡田知之、佐藤英彦、塚田靖、藤田崇文、山口恭範

司会:小川佳津子
舞台監督:松本英之
製作:山下しづか



(20:35)

2009年04月25日

第7回JPEC(2009)の結果
2009年4月11日(土)
国立オリンピック記念青少年総合センター・カルチャー棟 大ホール

入賞団体の結果
-----------------------
■中学の部

1位:広島県 府中町立府中中学校
Portico for Percussion Orchestra
作曲:Tom Gauger

2位:小平市立小平第三中学校
The WAVE
作曲:安倍佳子/和田薫

3位:埼玉栄中学校
The WAVE
作曲:安倍佳子/和田薫

4位:境町立境第一中学校
マリンバコンチェルティーノ「ザ・ウェーブ」
作曲:安倍佳子/和田薫

-----------------------
■高校の部

1位:栃木県 レ・ウォーヴァ
(栃木県立栃木翔南高等学校・国学院大学栃木高等学校 合同)
オーケストラ・カルテット
作曲:カール・シュッターミッツ

2位:鶴岡東高等学校
ラ・マレー・エ・ラルグ
作曲:天野正道

3位:神奈川県立厚木高等学校
ゲインズボロー?,?
作曲:トーマス・ゴーガー

4位:神奈川県立立川和高等学校
Afta-Stuba!
作曲:Mark Ford

----------------------
■審査委員長:山口浩一

■審査員
中学の部:杉山智恵子、藤井むつ子、藤田崇文、
山本真理子、渡辺由美子
高校の部:上野晃、永曽重光、岡田知之、小川佳津子、山口浩一

司会:百瀬和紀 舞台監督:目黒一則 製作:五味克典


(01:11)

2008年03月29日

今、ここにいる全員が、太鼓叩きの仲間だ。
太鼓をこよなく愛するものが集って、日本打楽器協会を設立し、かれこれ20年となる。
このコンテストは、協会員である打楽器奏者・音楽大学の学生が中心となって、楽器の手配から、審査の全てに至るまで、
皆が協力して開催の運びとなった。私も太鼓を叩くことをこよなく愛する一人として、とても嬉しく思っている。
今日、ステージで演奏してくれる若い人達が、我々の仲間の一員となること心から歓迎したい。
さあ、今日は十分に楽しもう。
(審査委員長:岩城宏之/第1回JPECプログラムより)

**************************************************
これまでの受賞校

●2007年

中学校の部
第1位
境町立境第一中学校「そして静けさは森の中へ・・・」(天野正道作曲)
第2位
狭山市立入間中学校「6人の打楽器奏者のためのターラ」(西村朗作曲)
第3位
小平市立小平第三中学校「最後のロマンス」(宍倉晃作曲)
第4位
笠間市立友部中学校「6人の打楽器奏者のためのジャグラー」(高橋伸哉作曲)

高等学校の部
第1位
千葉学芸高等学校「Trio Per Uno 」(N.J.Zivkovic作曲)
第2位
埼玉栄高等学校 8重奏「鳩の翼」(宍倉晃作曲)
神奈川県立厚木高等学校「KU-KA-ILIMOKU for Percussion Ensemble 」(Christopher Rouse)
第4位
富山県立富山商業高校「ラッシュ・アワー」(高橋伸哉作曲)


●2006年
グランプリ受賞
中学校の部
愛知県岡崎市立矢作中学校「最後のロマンス」(穴倉晃作曲)
高等学校の部
埼玉県埼玉栄高等学校「Freedom」(穴倉晃作曲)


●2005年
グランプリ受賞
中学校の部
中学校
高等学校の部
高等学校


●2004年
グランプリ受賞
中学校の部
埼玉県上福岡市立福岡中学校「6人の打楽器奏者のためのケチャ」(西村朗作曲)
高等学校の部
埼玉県大宮光陵高校「ポルティコ」(作曲:Thomas Gauger)


●2003年
グランプリ受賞
中学校の部
富士宮市立富士根南中学校「打楽器アンサンブルのための組曲『古事記』より? 八俣大蛇」(林圭一郎作曲)
高等学校の部
埼玉栄高等学校 「そして静けさは森の中へ・・・」(天野正道作曲)

(15:23)