2010年07月20日

読書感想とか

 
最近は部屋のネットの繋がりが悪いので、休みの日は
小説やゲーム等で過ごす健全インドア生活を続けておりました。
ネットが繋がらなくっても、容易に外へは出ないぜ!って感じです。

・・・で、唐突ですが、
それら読んだ本やゲームの中で、面白かったモノの感想をつらつらと、
程々にネタバレしつつ(<するのかよ)
ちょこちょこと書いてみようかなと思いました。

※大変長くなったので、お時間に余裕のある方向けです。

  続きを読む
Posted by darattosita at 01:14Comments(9)TrackBack(0)

2009年12月20日

嬉しい買い物

 
ネットブック(モバイルパソコン)を購入しました。
心地良い・・・素晴らしく快適です。

私の部屋からですと、従来使っていたVistaパソコンでは何故か
「ニコニコ動画」や「Fc2ブログ」が見られなかったのですが、
このたびXPモデルを購入したところ、中国でアクセスをブロックしているサイト以外は、
全て順調に視聴出来るようになりました。

なんて便利なんだ・・・XP。

昔付き合っていた人が忘れられなかった・・・でもよりを戻せた! よっしゃー!・・・みたいな?
トランクスのがシャレてるっすよ・・・と中学時代に色気づいた男が、30過ぎてから
やっぱりブリーフのフィット感と温もりがたまらんのですよ・・・と原点回帰するみたいな?
・・・うまく表現出来ませんが、温故知新ってことでしょうか?


DirectX 10以降のゲームをやるときだけVistaを動かす時が来るかも知れませんが
当分必要無さそうです。
(DirectX・・・ゲーム用プログラムソフト・・・みたいなもの。バージョン10以降は
 複雑な3Dゲーム向けに使われており、XPでは動かせなくなっている)

Vistaさん、今まで大変お世話になったYO! 
チェッカーズ風にサヨナラを言うのなら、
嫌いと言うしかなかったよBaby、バカだね男ってー☆


Windows7とかも出ていますが、中国ですと
回線によっては新OSとの相性が悪い場合もありそうですし、
Vista程では無くても重い・・・ということも有りそうですし、
Windows7で、ちゃんとエロゲーが動くのかも良くわからないし・・・
軽くてサクサク動くXPさん最高ー!


でも中国に住んでいる他の方達の話を聞くと、
Vistaでも各種サイトを開くことは可能みたいなんですよね。
何故、私の部屋からだとダメだったのか・・・?
もしかして自堕落な私の為に、Vista君が自主的にネット規制をしてくれていたとか・・・?
・・・ごめん、ネット規制してくれても、ダメダメな私生活は変わらなかったよ・・・



さて・・・ここからが本題です。
このネットブックは、友人に買ってきてもらったのですが、
恐らく世界で一つしか無いモデルです。

特注品とでも言いますか・・・

一言で申せば、神仕様です。

それを皆様に自慢したくて、約4カ月ぶりにブログを更新したわけです・・・

(↑すごく鬱陶しい理由)

どの位の神仕様なのか、「続きを読む」に写真も添えて解説致しましょう。

   続きを読む
Posted by darattosita at 20:31Comments(6)TrackBack(0)

2009年08月30日

児童ポルノ規制について

 
さて本題です。(更新遅い)

最近は、日本の18禁ゲームは世界の恥!!と主張されたり、
だからそんなエロ描写は規制するしかなーい!!と運動されたり、
児童ポルノ改正法案では、現行の18歳未満のポルノだけでなく、
漫画やアニメやゲームも一緒くたに規制したれや〜!
・・・等々と、
声の大きい方達が活発にロビー活動をされております。

ですが、そういった方々の主張自体、かなり根拠と目的が薄弱で、
大変大雑把かつ一方的・主観的な物言いだなぁ・・・と
見受けられる部分もあるわけですね。


・・・ということで反論するしかない!


「そちらが大雑把な主張なら、こちらは適当な屁理屈だ!!」


「筋が通っていなくても、声が大きければ通っちゃう・・・反対!そんな世の中に反対!!」


「義を見て為さざるは、勇なき也!!」 (この際、義が何処にあるのかは置いておきます)


「エロゲーでエロが規制されるのは単純に困る!! ホント、すいません、勘弁して下さい・・・」


・・・と思い立った次第で、つらつらと考察してみました。
まあ、既に多くの方がナイスなロジックで反論されているとは思いますが、
興味のある方、宜しければ「続き読む」からご覧ください。


(今までのブログ記事の中で、一番長くなったかも・・・
 どんだけ情熱注いでいるんだよ・・・
 ネットで資料とか漁ったから書くのに半日以上かかってしまったし・・・)

   続きを読む
Posted by darattosita at 20:56Comments(6)TrackBack(0)

2009年07月01日

楽しめます・・・

 
唐突ですが、日本へ戻っていた際に電子辞書を買いまして。
これがまた大変便利なのです。
どのくらい便利かと言いますと・・・

〇1秒で起動してくれること、早く深く調べられること、軽いこと
パソコンの辞書ですと、ウインドウズを起動するだけで数分かかりますが、
こちらは画面を開いてキーボードかタッチパネルに文字を打ち込むだけで簡単に短時間で調べられますし、
通常の本型辞書よりも物理的な意味で軽いこともメリットがあります。

〇複数辞書検索があること
私が買った電子辞書は日本語関連メインで100コンテンツ有るのですが、
例えば「おっぱい」と打ち込み、複数辞書検索すると、8辞書くらいに引っ掛かってくれます。
日本国語大辞典では「乳房をいう幼児語」といった意味を用例を交えて解説してくれますし、
類語例解辞典では「おっぱい」の関連語を教えてくれますし、
ジーニアス英和大辞典では「おっぱい」のスラングが、これでもかー!!と出てきます。
(51個もの英単語が「おっぱい」を表すそうです・・・「Apple」の複数形もそうだったりするので
外人さんと話す際、「私はリンゴ達に囲まれても良いくらい大好きです!」と
純粋な気持ちで発言しちゃった日には、「やだ・・・この人、変態?」と思われたり、
「オレも! オレもだよ!! 今日はリンゴ(複数形)について語りあっちゃおうぜ!!」・・・と
アツく食いつかれてしまう可能性があるんだな・・・と知ることが出来るわけです。)

また、NHK日本語発音アクセント辞典では
「おっぱい」の正しいアクセントまで教えてくれちゃったりするわけで、
単語を入力するだけで、どんだけ「おっぱい」に詳しくなれるんだよ!って話です・・・。


他に百科事典や日本歴史大辞典なども入っているので、
移動中などの時間を持て余す際に、「とくがわいえやす」と打ち込むと
ちょっとの時間で彼の凄さを垣間見ることが出来たりもします。

そんなナイスな玩具を手に入れてしまったわけですが・・・
100コンテンツの中に、「みんなで国語辞典!」という辞書が入っていました。

クリックすると、「若者のことば」というジャンルが出てきます。

ほほぉ・・・面白そうじゃないか・・・私がどれだけ若者の言葉を知っているのか
試してみよう・・・といった心意気で紐解きました。

すると、「あ行」の一番最初にですね・・・

I Tする

・・・という言葉がありました。
「アイティする」です・・・・・・皆さん、意味わかります?
ヒントですが、用例では、「今日I Tしようぜ」(鳥取県・高2・女)と書かれています。

私は考えましたよ。
I Tと言えば、インフォメーションテクノロジーの略が一般的だと思いますが、
10代の若者が使う言葉ですし、単純そうで単純ではあるまい・・・。
「インターネットをする・・・」では、捻りが無い・・・。
「それをする・・・」では、イマドキっぽく無い・・・。

むむぅ・・・同性好き、もしくはバイセクシャルな10代の女学生が・・・


A子: ちょっとB子ー、今日I Tしちゃおうよー☆

B子: わー、いいわねぇー☆ 今日は誰にする? C子、D子?

A子: ふふ・・・気分的にはC子かな・・・?
    見た感じ、あの子も成熟してきたしね・・・。

B子: そうよね・・・悪い男に捕まる前に・・・

A子: 女同士の良さに気づかせてあげなきゃ!

B子: ・・・でも、あの子、ザッツデイだったらどうする?

A子: それなら尚更、ザッツデイの難儀さを知っている私達が癒すしか無いじゃない!!


・・・といった風な、「アイツをツマんじゃおう☆」的な意味で、
ソフトな禁断の花園プレイをする合図であったら中々に微笑ましいのですが・・・
世の中そんなに甘くないですよね?


わからん!


答えは何なの!?


・・・


・・・


答え:  「アイス食べに行く」の略


・・・


・・・


・・・はい、分かるわけ有りません。


そもそもですね、このアルファベットを使った略語って
言おうと思えば何でも言えるわけです。
「愛人と続きをする」とか。

「K Y」も「空気読めない」と訳されますが、「空気読める」でも良いはずなのです。

しかし、そうならなかったのは結局のところ、誰がその略語を最初に使ったのか、
どこでその略語が浸透してきたのか、知っている人はどれくらいの数か・・・等の要素によって、
最終的には一番メジャーな使われ方が力を持つことになるのでしょうね。

応用力の半端なさと自由さを根底に置きつつ、
大多数が極力認識出来るように意味を限定させようとするベクトルが働く・・・
それが、日本語が持つ奥深さと成長力の妙味なのだなぁ・・・と
勝手に感動した今日この頃でした。


・・・さて、前置きが長くなりましたが、実はここからが本題でして・・・

最近日本では、
「エロゲームの大部分のエロ要素を規制する動き」・・・があるそうです。

「そ、そんなこと許せーん!! 冗談ではない!! 何を考えているんだ!!」

という熱き想いを、屁理屈こねながら主張してやるー!
と思ったのです。

・・・が、書くと長くなりそうなので、次回で良いか・・・と思いを改めた次第でして、
そういうわけで今日はここまでとなります・・・。(なんだそりゃ)



お終い

---

ちなみに、件の「みんなで国語辞典!」には、「ノーブラ」という単語があります。
これは・・・やっぱり、そう思いますよね? しかし、皆さんの想像は恐らく間違いです。
これは、「ノーブランド」の略だそうです。
「あれ・・・あなた今日ノーブラ? 珍しいのね・・・でも似合っているわよ」
「今までが贅沢だったのよ・・・これからは、出費を抑えるためにノーブラでいくわ」
的な和やかな会話が若者の間では流通しているのでしょうか・・・?

「モザい」・・・「ウザい」を超えて、モザイクをかけたいほど鬱陶しい様子を意味する。
「お前って何でそんなモザいことばっかり言うネン!」
「お前、存在がモザいわ・・・」 (大阪府・中2・男)

「チョーグンジョー」・・・ブルーよりも激しく落ち込んだ状態。
「あたし、今チョーグンジョーだから」 (北海道・14歳・女)
補注:超群青。ブルーよりも深い。

「リルリル」・・・「わかります」の意。
「リル?」を使って聞かれた時に返す言葉。
「分かリル?」、「リルリル!!」 (奈良県・中2・女)

↑(・∀・)可愛い・・・

日本の若者と接することの少ない私からすると凄く面白いです・・・。
みんな、感性豊かだなぁ・・・。
   
Posted by darattosita at 03:21Comments(7)TrackBack(0)

2009年04月18日

オカマバー その弐

 
あらすじ

「好きな人がチビりそうになったら、お口で受け止めてあげちゃうのが信頼の証☆」
という思想を持っていそうなアイスちゃんと世間話に興じていましたが、
ふとしたことから政治談議へと移行しました。

--

でも、この談議に花を咲かせたのって1月末のことですから、
もう2ヶ月以上も経過しているわけですね。(<更新遅過ぎ)
その間に中川(酒)さんが大臣を辞任したり、献金問題で民主党党首の秘書さんが捕まったり、
麻生さんの支持率も上がってきたりで、旬の話題では無いかもしれませんが、
そちら方面に興味のある方、宜しければ続きをご覧ください。

(ちょこっと長いですけども)
アイスちゃんが中々アツクなってくれました。

   続きを読む
Posted by darattosita at 23:41Comments(11)TrackBack(0)

2009年03月19日

オカマバー その壱

 
さて、他の友人とも合流し、私入れて四名(うち一名女性)にて
新宿二丁目へと足を踏み入れました。

新宿二丁目・・・
ここは、そっち方面のお店が300軒以上並んでいると言われる
日本最大級・・・いや世界最大級のゲイ・タウン。
オカマさん、ホモさん、ゲイさん、ニューハーフさん、トランスジェンダーさんから
レズさん、オナベさん、バイセクシャルさん・・・等と、
様々な呼び名とそれに属する方達が沢山いらっしゃり、夜な夜な妖しく艶やかな
活況を呈する、ピンクとちょこっとのブルーを足したようなアダルトカラーの街・・・。

そんなサンクチュアリに存在するオカマバーへと、
ノンケである我々四名が観光気分で突入するわけです。

オネエ言葉で接してくれるよね・・・?

男言葉じゃないよね・・・?

ボッタクられて、
「銭が無ければ、ボディで払いなー! ボディボディ!」
とか言わないよね・・・?

  ↓
  続きを読む
Posted by darattosita at 01:37Comments(15)TrackBack(0)

2009年02月05日

オカマバーへ行く途中

 
日本一時帰国中の出来事などです。

今回は未体験のオカマバーへ行くことを一時帰国中の課題としておりまして、
それらのお店をネットで検索するなどの下調べをし、
新宿二丁目にある某オカマバーへと足を向ける準備を致しました。

でも夜まで時間があったので、その前に秋葉原へ友人と行きまして、、、
好きなゲームのグッズやら同人誌とか買いたいなあとブラブラ店舗を徘徊している最中・・・
ついに見つけてしまったのです! マイハートにヒットするスペシャルアイテムが!

当然のように購入してしまったわけですが、
先ほど、あまりの気に入りっぷりに、ついついカメラに収めてしまいました。

で、「続きを読む」に久しぶりに写真を貼りました。

ただ、当然エロでは無いですが、会社などから当ブログをご覧になっている方、
「いやだー、あの人、そっち方面の趣味があるのー? きもーい」
と、通りがかった同僚から冷たい目で見つめられる可能性が
ジンバブエのインフレ並に高くなる場合もあると思いますので、
程々にご注意された上でボタンをクリックしてください。

  ↓
   続きを読む
Posted by darattosita at 04:27Comments(8)TrackBack(0)

2009年01月05日

2009年も宜しくお願いします

 
|ω・`)チラ  あけましておめでとうございます。

(↑微妙な出遅れ感が、そよ風の如く顔や心を撫でております)


2008年の下半期は何処のお客さんからも注文が減っている状態になりまして
逃げ場の無い不景気な状況が明確にさらされておりました。

師走は特に注文が減っており、そんな中
私も体調を崩しまして、鼻水ズルズルな状態が続いていたのですが、
お客さんが来社されて、他の日本人社員が出払っている時

「おい、慎。夜もお客に付き合ってあげてな」

・・・と、我社の偉い人から電話で言われたわけです。


「いや、あの・・・僕、風邪引いているんですけど、エスケープしちゃダメっすか?」

「大丈夫大丈夫、ちょっとお酒好きなお客だけど、
 オマエは生姜コーラ飲んでれば良いから」

「え、でも、鼻水ズルズルな状態ですと、お客さんも
 『うわぁ、、、正月前に風邪移されたら嫌だなぁ、、、』
 って思うんじゃないでしょうか? 
 ここは、お互いのため、、、と言うよりも、お客さんの健全なる年越しのために
 僕が同じ空間にいない方が良いのではないでしょうか?」

「・・・・・・おいおい、そんな心配をする前に、
 少しは自分の体調管理の甘さを反省すべきじゃないか?

「う・・・それは重々承知していますが・・・」

「真のチームワークって言うのはな、周りとの協調性を大切にする以前に
 日頃から自分自身を大切にするもんだ。
 イザという時に仲間が欠ける方がチームにしたら痛手なんだよ。
 だから俺は、オマエが自分自身って存在が一番身近な他人なんだと改めて認識し、
 もっと普段の生活を見直して、健勝でいてもらいたいと心の底から思っている。
 ・・・・・・次からな
 あ、もちろん、もう既に風邪を引いちゃったのは仕方がないよな、うん。
 まあ・・・でも・・・いろんな意味で貧乏暇なしって言うし・・・
 不況だけど、売り上げ維持のために新しい注文も取っていかないとならんし・・・
 ・・・・・・次からな
 

・・・的な感じで、良いことを言いつつも、繰り返されるアカラサマな
「次からな」のセリフでもって、私の突っ込む意欲を削ぐところが流石だぜー 
と思わされてしまったわけで、結局生姜コーラを飲みまくることとあいなりました。
お客さんは楽しんでくれたみたいでよかったですー☆
注文ぜひ沢山下さいねー☆


ほのかに矛盾のスメルが漂ってないすか?と感じつつも
説得されてしまう勢いのある偉い人のありがたい人生訓が
寒がりの体と心にしみちゃったりした年末でございました。





祝 新年





お終い


---


当ブログの更新頻度はどんどん遅く、悪くなっていますが、
(一応)今年もひっそりと続けていこうと思っております。
風邪は師走のうちに治りましたし、以前のブログ記事も一部整理したので、
新たな一年をフレッシュな気持で過ごしていこうとも思いますが
昨年はヨレヨレになった下着を処分したがために
勤務中に止むを得ず水着を着てしまった日が多々あったので
とりあえず、平日にも洗濯をするよう心掛けます、、、。
(↑買えよ)
 

それから、、、もう平成21年なんですね、、、。
そりゃ平成生まれのアイドルが多くなるはずですよね、、、。
 

   
Posted by darattosita at 01:27Comments(18)TrackBack(0)

2008年11月14日

もしも願いが叶うなら

 
寝不足な生活が続く中、深センから朝6時に
我社の香港オフィスへ向けて出発したとある日のことです。

午前中の打ち合わせを終えた後 オフィスの机に突っ伏す形にて
お昼寝という名の爆睡をかましておりました。
そして午後の勤めが始まった時間なのに、ずっと微動だにしなかったらしい私も
机にある電話機が突如鳴り響いたため、「ふおぅ!!」とビクついてから
目を覚まし、受話器を取って、「はい・・・?」とダレた返事をすることが出来ました。
すると、
「おはようございます☆」
と聞きなれた香港スタッフの日本語が聞こえてきました。

近くに座っている優しく、ところにより激しく怖い香港スタッフ♀が
モーニングコール(アフタヌーンコール?)をしてくれた模様です。
可愛いところがあります。
「おはようございます☆」と言われた3秒後には、こちらもがんばって
思考能力を取り戻し、ヨダレを拭きながら、「起こしてくれてありがとう」と
感謝の意を彼女に伝えました。

すると、
「慎さん、最近香港へ来るたびに疲れてる感じがしますねー。
 夜更かしのし過ぎじゃないですか?」

と労わりつつも、私の適当極まりない生活習慣を見破っているのか
鋭い感性がもたらした猜疑心をそのまま投げつけてきました。

私は、
「美希ちゃんや霧ちゃん、見里先輩が寝かせてくれないから、、、」

とゲームの話をしますが、誤解しちゃったっぽい先方は
顔色を変え、オマエにそんな甲斐性は無いだろう・・・このホラ吹きが!
ヘタレのくせに・・・言ってろ言ってろ・・・みたいな視線を送ってきます。
が、それを言葉に出さない彼女は淑女であるな・・・と思いました。

しかも、
「・・・やっぱり慎さんも願い事が1つ叶うなら
 1日48時間になって欲しいとか、そういう願いを望みますか?」

とか話を振ってくれました。

「願い事・・・? 叶っちゃうの・・・? そうねぇ・・・」

・・・

パッと頭に浮かんだのが、

「女性にスカートめくりをして、めくられた女性から『ありがとう』と言われる権利」

ですが、どうもこれを正直に伝えてしまうと、
とてつもない変人っぷりを晒してしまうような気がします。

今後のお仕事に支障をきたしちゃうのも嫌なので
この発言は自粛しましたが、実際問題、
照れ屋な女性のスカートをめくって、
ご丁寧に「ありがとう・・・」だなんて感謝されたら、
今日も良い事したわー☆ っていう風に一日一善的満足感を味わえますよね? 

さらには、気の強い女性のスカートをめくって、
「なにすんのよ、この変態! でも、、、その、、、ありがとう、、、」
だなんてツンツンしてたのに、デレレンとされたら感無量です。

また、誠意のある(?)女性のスカートをめくったら、
「・・・恐縮です・・・
 その優秀な技術と豊富な経験を活かし
 素晴らしい行為(スカートめくり)の完遂に尽力されたアナタの功績は
 誠に大なるものがございます。ここに深く感謝の意を表し、
 記念品(下着)を贈呈させて頂きます。ありがとうございました。」

だなんて言われたらどうしよー! (≧▽≦)キャー 褒められた上にプレゼントー☆

・・・

ふふ・・・こういう妄想はすごく楽しいのですが、
なんというか、自分はちっちゃいなと感じました。


さて、このスタッフとは以前、一緒に飲みに行って微妙なトークをしたこともありますし、
真夏にオフィスのクーラーを切って苦しめた実績もあるので、
(たぶん)色々とぶっちゃけてもかまわない間柄ですが、とりあえず
「ドラえもんが欲しい」
と伝えました。

ドラえもんにエロゲーとか覚えさせて、一緒に作品を語り合ったら楽しそうです。
三食+どら焼きで彼を繋ぎとめておけるのなら安いものです。
「くれるものならくれー!」
と彼女に言いました。


「私は1日48時間でも良いですねー。
 1日がすごくゆったりしそう・・・」 (<ドラえもんに関しては超絶スルー)

「えー? 1日48時間でも寿命が同じだったら意味無くない?
 80歳で亡くなる人が40歳で死ぬかもしれないし」

「じゃあ、1日48時間で、80歳まで生きられる・・・で良いです」

「いや、それだと願い事2つになってない?」

「・・・う、、、それくらい譲歩してもらいたいです・・・」

「ふむ・・・では、それくらい譲歩しよう・・・(<何様)
 でも、もし30歳で不治の病にかかったら、
 80歳になるまでの50年間ずっと苦しみながら生き続けなければならないんだよ?
 それって、むしろ地獄なんじゃないかなー? 辛いんじゃないかなー?
 しんどいんじゃないかなー? かなー? かなー?」

「・・・じゃ、じゃあ、1日48時間で、80歳まで健康に生きられる・・・で、、、」

「そうか、、、何かの理由で80年では返せないような莫大な借金を背負わされて、
 普通の仕事では返済できないから、やむなく夜の仕事、、、しかも
 夜の仕事の中でも一番辛い業界でしか働かざるをえず、
 1日40時間労働してても、健康すぎるから病気で休むことも出来ず、
 一生過酷な仕事を継続することになってもかまわないという強い覚悟を持って
 その3つの願いを叶えたいわけだね・・・」

「・・・」


・・・アフタヌーンコールをしてくれたスタッフに、なにゆえ
ここまで冷たい返答をする最低野郎っぷりを発揮しているのか
自分でも良くわからなくなってきましたが、心のアクセル全開です。


「もちろん色々なチャンスを得る機会も比例して倍になるから
 嬉しいことも、美味しい食事も沢山味わえるとは思う。
 また、君が毎年三回、宝くじを買う習慣を持っていれば、
 人生が倍になった分、宝くじを買う回数も倍に増えたりして
 一攫千金を掴むチャンスは更に広がるかもしれない。
 しかし、人生の時間は倍になっても二度経験出来るわけではないから、
 やり直しはきかないわけで、つまりはd」

「あー、もうわかりましたよ!! 
 じゃあ、彼氏がもっと私を好きになってくれる・・・で良いです!!」

「そうか・・・二人の愛が永遠に続くと思っているんだね・・・。
 だが、その願いは危険だ!!
 もし君が彼を嫌いになり、別れたいと思っていても、
 彼の君に対する好意は既にすさまじく、最悪ストーカーに・・・」

「ふん・・・ドラえもんだって、いねーですよ! 
 作るの無理に決まってますよ!」


「ちょっと! もう少し夢を持とうよ!」

「オマエが言うな!!」

「ひぃー!」 (凄い剣幕です・・・怖!)


・・・


・・・と、大変ウザがられてしまいました。
香港女性は相変わらず怒ると怖いです。
オシッコちびりそうになりました。

しかし、いい具合に眠気も吹き飛んだっぽいので、午後のお仕事に没頭することにしました。




この日の夜は、とある方と深センのメイド喫茶へ行く予定ですので、
早めに仕事を終えて帰るぞー! 
といった意気込みで一生懸命仕事をこなすことが出来ました。


メデタシメデタシ




お終い

--

まだ11月ですが、今の段階で2008年を振り返ってみると
私生活はパソコンゲームばっかりだったような気がします。

一段落ついたので、また別の面白そうな遊びに手を出そうと考えておりますー。

将棋か囲碁かなー。(結局ゲーム)



それから最近、「一番になる人」という本(つんく♂著)を読んだのですが、
さすがは敏腕プロデューサーつんく♂さんです。
大事なのは「妄想力」だ! と説得力のある文章で、
われわれに妄想を大事にすることを伝えてくれました。


ただ、禅宗(臨済宗や曹洞宗とか)には、妄想なんかするなー!と言う意味で
「莫妄想(まくもうぞう)」という言葉があるらしいのです。

これは困りました・・・・・・尊敬するつんく♂氏を信じるべきか、
仏教の宗派の中では禅問答などの奥深くて「とんち」の効いた話が
沢山ありそうな禅宗を信じるか・・・悩むぜー!
って話だったのですが、考えてみると禅問答やとんち話って、
つまるところ「処世術」や「方便(手段)」となる、「思考方法」を伝えようと
しているわけですから、あれ?でも、それじゃあ「妄想」も思考方法の1つじゃないの?
と思ったわけで、何故にそれらを重視する宗派が妄想を否定するのだろう・・・。
と気になってネットで調べてみたら、妄想は仏語では
やっぱり「誤った考え。邪念」の事を指していました。
しかも辞書を見ると、精神病の症状としても
誇大妄想や被害妄想という風に使われていたりもするのですが、
単純に「想像」の意味でも使われていたりするわけで、じゃあ結局どれがあってるの!?
となるのですが、どれもあっているという結論が出ました。(なんだそりゃ)

つまり、仏教や医学の世界では妄想は良くない感じですが、
周りから認められないような根拠の無い妄想でも、前向きで楽しくやれば
良いことがあるかも知れないからドンドンやれー、と言うのがつんく♂流であり、
昨今の時代でも、どちらかというと、つんく♂的主張の方(無意味でも楽しい想像)
が広く使われているような気がします。
(そんなことないかしら?)

医学的な意味での妄想患者と思われないよう程ほどにする必要はありますが、
彼のおかげで、何となく、これからも安心して妄想に浸れるぜー!
と思えた今日この頃でした。
また、この本を読んで、「想像」とか「空想」とかと
無意識に使い分けていた「妄想」という言葉の深い意味を
調べるきっかけになったわけですし(莫妄想とか知らなかったですし)、
彼の熱いエピソードも面白かったので、この単行本は見事
マイ本棚の上段に配置されることとなりました。(パチパチパチ)

この単行本の両隣には、「カラマーゾフの兄弟」と「キャバクラの会話学」があって、
どんな配置だよって話ですが、カラマーゾフ実はまだ読んでないです。(<オイ)
何か、山岡荘八の徳川家康を読む前くらいの腰をすえられる余裕のある心境でないと、
手に取れない重厚さがあります。
これはきっと、「名作色の覇気」を放っているからでしょう・・・。(元ネタ:ワンピース?)

ちなみに今読んでいるのは、「人類は衰退しました」という(田中ロミオ著)文庫本です。
くぅ・・・流石は名作エロゲー、「CROSS†CHANNEL(クロスチャンネル)」の
シナリオを手がけただけの事はある・・・・・・ライトノベルのレーベルで出しているのに、
深い・・・巧い・・・面白い・・・スゴク可愛い・・・。

京極さんや綾辻さんらのミステリーに加え、フランス書院文庫もたまっているので、
カラマーゾフさんを読破するのは当分あとになりそうです、はい。

   
Posted by darattosita at 01:08Comments(12)TrackBack(0)

2008年10月13日

香港のメイド喫茶 その参

 
仕事で、金額のすごく大きな案件(注文)を取ってしまった・・・

これからはこの注文を毎月1回もらうだけで、
もう他のお客の仕事をしなくても良いんじゃない?
と言っても過言ではない位の途方も無く大きな売上高が見込める・・・

中小企業の我社始まって以来のビッグビジネス・・・

がんばらないようにがんばった甲斐があった・・・

うおぉーーー!! 冬のボーナスを上げてもらえるよう、
今から我社の偉い人に自分の功績をアピールしとくぜー!!


慎:    ・・・という経緯でこの仕事を取ってきたんですよ。


副社長: いやー、オマエ、やるよな。 
      オレも正直ビックリしたわ (^_^)


慎:    ふふふ・・・たゆまぬ努力の結果と言うやつでしょうか?

      ・・・副社長。
      次に頂くボーナスで、僕、何回セクシーキャバクラへ
      行けることになっちゃうんでしょう? 
      あざーすっ!

      
副社長: うーん、、、、、、そうだな、、、、、、
      今までオマエのボーナスはサイコロで決めてたけど、
      次回は・・・


慎:    次回は・・・?


副社長: ・・・よし、こうしよう。
      これからオマエのボーナスを日経平均に連動させてやる。


慎:    ・・・?

      日経平均ですか・・・?


副社長: そうだ。
      前回のオマエのボーナス額を日経平均12000円を基準にしたとする。
      そして次回オマエがもらう額は、今年6月頭から11月末までの
      日経平均最安値と最高値を足して2で割り出した数字を
      根拠とするわけだ。
      
      ・・・オイオイ、日経平均が来月末までに30000円越えたら、
      それだけでオマエ、超勝ち組よ? 
      笑いが止まらんことになるなー。 うらやましいなー (^_^)


慎:    本当ですか?! ありがとうございます!
      サイコロから脱出したー☆


副社長: ははは・・・これからもはげめよ (^_^)


慎:    はい、了解です、副社長!


副社長: ・・・しかし、我ながらサイコロ以上に平等な
      ナイスアイディアだな、こりゃ、うん。


慎:    そうですね・・・・・・あ、そうだ、副社長。

      僕、彼ほど有能では無いでしょうけれども、
      明智光秀が織田信長を打倒しようとした時の気持ちが
      何となくですが、今うっすらとわかったような気がしました。

      副社長殿のおかげです!
      

副社長: そうか・・・オマエも成長したな。
      よいよい、ヨキニハカラエ・・・

      オレは神を信じてないが、、、オマエは、
      そう、せめて、祈っとけ、オマエが信じる株の神様とやらにな。

      だははははー (^□^)


慎:    ふははははー 




・・・





・・・





・・・といった内容の夢を先日見ました。
(マジです)


いや、まあ、夢の中ではここまで細かい会話は無かったのですが、
おおよそこんな内容でした。

目覚めたときは、ついつい
「敵は歌舞伎町(のキャバクラ)にありー!、、、、、、なの?」
とか、つぶやいてしまったのも、あれ・・・ ?夢・・・?と、寝ぼけて
混乱してたので最後に疑問符を足してしまったのも極自然なことでしょう。

このとき悲しかったのは、
金額のすごく大きな注文を取れたのが、実は夢だった・・・という事では無く、
我社の偉い人の性格を、夢の中でも見事にそのままを描けていたという事です。
現実世界でも彼なら言いそうです。
どんだけ深層心理下で、彼をトレースしているんだよ私。

・・・もしかしたら昨今の日経平均大暴落という風潮の中、
ご多分にもれていなかった涙そうそうな私の保有株の
価格を見た時に感じた衝撃が、こんな夢を見させたのかも知れません。

・・・しかし、アメリカって国は迷惑極まりないですよね?
えーい、日本も核保有じゃ、核保有〜! (<飛躍)


---


さて、閑話休題ですが、香港のメイド喫茶話の続きです。

・・・

でも、このお店へ行ったのって3ヶ月以上前の事ですから、ここだけの話
内容を忘れてきてしまいましたよ・・・・・・ううう、私のおバカ。

前回のブログ記事でも何で、
「続く  ひっぱる程の展開も無いのですが、お風呂に入ってきます」
とか書いたのか、、、、、、? (<オイ)


確か、注文したアイスカプチーノとお茶請けが来るまで、窓際の席から
ボケーッとメイドさん達や窓の外を眺めていたんですよ。

その間にせっかくですので、メイド耳掻き、メイドマッサージ、メイド美容室などなど、
今あるメイドさんブームから派生した各商売の中で、
まだ未発表のモノって何か無いかしら・・・とか考えたような気がします。


・・・


最初は「メイド☆歯磨き」だったような・・・。

その名の通り、メイドさんが歯を磨いてくれるわけですが、
駅前とか、歯医者さんとかでやったらウケそうかなと。
オプションで「メイドさんのエアブレス」とかやったらドキドキ感アップ。
歯を磨く前にご主人様のお口にハア〜と
ストロベリーな息を吹きかけて消毒効果、みたいな?みたいな?
さらに特別料金でメイドさんのクチビル&舌でご主人様の歯を全て舐め舐めしt(略)


他には・・・


・・・


「メイドさんが手料理と付き添い☆」
とか?

・・・ただの手料理には興味ありません。
この中に、「熱い料理をフウフウ」、「ご主人様あーん」
「もう・・・ホッペにご飯粒がくっ付いてますよ、パク」
が出来るメイドさんがいたら私のところに来なさい。以上!

・・・

・・・おいおい、どんだけ殿様なご主人様だよって話ですが、
独身男性にとって女性の手料理というのは
ほんのりとした憧れ要素というか、ドリームのまたドリームというか、
バファリンみたいに半分くらいは優しさで出来てそうみたいな、
お腹だけでなく精神も癒してくれそうな、そういった特別の趣があります。

ですので需要はありそうです。

まあ、もう既に日本のどこかでこれらのサービスを行っているお店があるかもしれませんが、
「変わらなきゃも変わらなきゃ!」と、確か昔の日産のCMで、イチローが言ってたような
気もするので、日本がんばるべし!


・・・とか、そんなことを思っていたんですね。

それで、そんな妄想にも飽きて、メイドさんと戯れようと思いつつも、
誕生日パーティをやっているお客の方が忙しいためか、相手してくれる素振りも無いし、
仕方が無いので、そごうで買った初期のワンピースを流し読みとかしてたら、
何、この漫画? やっぱり目から液体が出てくる・・・(T T) とか思ったり、
島耕作の専務での仕事っぷりは如何・・・・・・
ふむふむ、相変わらず面白いけれども
郡山社長、脇が甘すぎるのでは!? とか思ったり。
社長だから女性関係はもうちょっと用心しなきゃいけないのに・・・。
物語の展開上、島さんを社長にするのは規定路線だとしても、
あんなに凛々しかった郡山社長が、女性が原因で会長にもならずに退陣しちゃうのは
如何なものかしら・・・
下手に社内にいる(しかも自分が引っ張ってきた)女性へ手を出す位なら、
高級クラブのママさんとかにしとけば、何かあっても痛手が少なかっただろうに・・・
・・・というか、この漫画に出てくる(結婚しているであろう)偉い人は、
なんやかやと他の女性に手を出すエロい人が多いよ! ほとんどだよ!
関係無いけど、「エラい=エロい」って語呂も似てるし。
つまりこの漫画が伝えたい事はアレだ。
結婚という形式に縛られず、恋愛を謳歌する様を描写することで、
戦国時代の頃に伝わって来た、ヨーロッパのキリスト教的な一夫一婦制度を
暗に批判しているのだ! (どーん)
枠にとらわれずに自由な男女交際をするよう社会へ問いかけているわけですな。

私もその批判の同意にやぶさかではない! (<オイ)
でも、偉くなるほどの経済力が無ければ、事実上の一夫多妻は不可能なのであった。(完)

あと、「英雄色を好む」ということわざがありますが、
思うに、通常は、別に英雄でない人だって色を好むのではないかと。
ただ英雄と呼ばれたりする人っていうのは、
得てして権力者(経済力を有する人を含む)ですから、
奔放に精力的なことを行える立場や環境にあるだけではないかと
島耕作を読んでいて感じたり感じなかったり。


・・・・・・って、おや?
注文を頼んでから40分位経ったのに、まだアイスカプチーノすら来てない状況になってる・・・
あれあれ、どういうことかしら? って、はっと気づいて、メイドさんに苦情を言う準備を
しました。ご主人様を待たせるとは良い度胸してるメイドさんじゃあないですか。


慎:     すいませーん、アイスカプチーノとスイーツがまだ来てないですよー!


メイドさん: ご、ごめんなさい。 ジャスト モーメン。


慎:     ・・・も、もしや、窓際に座らせているからって、窓際族プレイとかを勝手に
       はじめてないでしょうね!?


メイドさん: はい?・・・ごめんなさい・・・なに? (<意味が通じてないっぽい)



そうでした。
つまり、前回のブログ記事を「続く」にした理由は、
窓際に座っているからか、窓際族プレイを味わっちゃいましたー (≧▽≦)
つまり放置プレイですー (≧▽≦) ワシャシャシャ、もうわろとけわろとけー!

・・・ということを伝えようと思っただけでした。







お終い (終わりかよ)


---


メイドさんからずっと放置されつつ、ようやくやって来たドリンクも
ココナッツ風味なコーヒーで、おや? と感じましたが、飲み続けてたら
別のメイドさんが、
「こちら、アイスカプチーノです・・・・・・あら? あー!」
とか言ってきて配膳ミスをしておりました。

武士っ娘もいて、メガネっ娘もいて、配膳ミスをするドジっ娘もいましたが、
全体的にご主人様に対しては無関心っ娘達が多く、
私の所感としては、やっぱり香港のメイド文化は発展途上だなぁー
という風に感じたわけでした。
(本当はメイドの本場なはずなのですけれども、サービス的な意味では
 あと3歩といったところでした。でも目の保養にはなりました)

これからのレベル向上に期待しています。

   
Posted by darattosita at 04:00Comments(12)TrackBack(0)