ダラヤマです。

二日続けての更新なんていつぶりでしょうか。

前々からプラリンの染色をやってみたいとは思っていたのですが、
鍋とコンロを使ってやるのがなかなかハードルが高くて
手が出せずにいました。
(台所を汚して嫁に怒られては困るので・・・)

どうにか鍋とコンロを使わずに染色できないかと
色々考えて、試しにやってみたら思いのほか上手くいったので
記録に残しておきたいと思います。


用意するもの

・プラリン(ベアリングを外して中性洗剤で洗っておく)
・小瓶(キッチリ密閉出来る物)
・染色剤
・保温できる水筒
・ピンセット

IMG_5110

最初に小瓶の中に染色剤と水を入れ、染色液を作ります。
分量をまったく量らずに作りましたが、何とかなりました。
(説明書に書いてある分量よりは、かなり濃くなっていると思います)

今回、染色剤はコールダイオールを使用しました。
特にこだわりがあったワケではなく、
ホームセンターに売っていたから
程度の理由です。

IMG_5111

染色液が出来たらその中にプラリンを入れます。

今回は試しにそこらへんにあったプラローラーも一緒に入れてみました。
(たぶんMSシャーシ付属のものだと思います)

IMG_5112
プラリンを入れたら中身が漏れないようにしっかり蓋をして

IMG_5113
水筒の中に入れ、

IMG_5114
水筒の中に熱湯を注ぎます。

自分は沸騰したお湯をそのまま使いましたが、
もう少し温度が低くてもよいかもしれません。

IMG_5115
あとは水筒に蓋をして40分くらい放置。
(時間は適当です・・・)

IMG_5117
時間がきたらお湯を捨て、やけどしないようにビンを取り出し、

IMG_5118
ビンの中からピンセットでプラリンを取り出して、水洗いしたら
染色完了。

IMG_5119
一緒に入れたプラローラーは上手く染まりませんでしたが、
プラリンのほうはバッチリ染まりました。

なぜかアルミ部分にも色がついてしまうので、

IMG_4570
アルミ部分をコンパウンドで磨いて完成。



コレなら台所を汚すことも無いので、怒られる心配もありません。

ただこの方法だと、途中で染まり具合の確認がしづらいので
色味の調整をしたい場合とかには向かないと思います。

自分のように黒色染める場合は問題ないのですが。



あとで教えてもらったのですが、小瓶の中に染色剤と熱湯を入れ
タオルで包んで保温して40~50分放置するだけでもイケるようです。

次に染める事があれば、その方法でやってみたいと思います。