ダラヤマです。

サンタ業務はだいぶ前に卒業しているので、
クリスマスイブも通常通りの夜です。

ということで今日もブログを書いていきます。

前回アウターバッフルの加工が終わったところまで書いたので、
今回はレザー貼り。

43EAAE62-B56F-4B39-A4BB-405403783D11
アウターバッフル部分はAピラーで使用したものより濃いめのグレーをチョイス。
ドア内張りの真ん中部分も黒のパンチングスウェードで張り替えます。


51ED45DC-A5E0-4B4B-B6B3-D368409247EA
今回もボンドG17をラッカーシンナーで希釈したものを使用。



43CB132D-54AC-4701-A9F6-E75ECA57857A
希釈したG17をアウターバッフルとビニールレザーの両方に塗布。
特にレザー側はたっぷりと塗布します。

塗り終わったら、手で触ってもべたつかない程度まで乾かします。
乾燥が不完全だと接着力が弱く、貼り付け時に苦労することになるので、
ここはしっかり待ちます。



E991ABD3-3313-4CDB-8EDD-33EC3531B0F8
手で触れるようになったら、レザーの上にアウターバッフルを乗せ
エイヤでひっくり返します。
(可能なら二人でやったほうが良いと思います。僕は一人でやりましたが…)

ひっくり返したら、外へ外へと引っ張りながら
中心付近から外へ向けて貼り付けていきます。



11FAB0ED-1C06-495E-8C77-ADAF56B9F0B8
シワを外の余分なレザーへ逃がすように引っ張りながら…




C7D0B0AD-3100-430E-9A00-782A2010EABC
貼り進めていくとレザーが突っ張る部分が出てくるので、
その時はレザーに切れ込みを入れて…

表面を貼り終えたら裏の折り返し部分にG17を塗り、
引っ張りながらレザーを裏側に回り込ませるように貼りつけていきます。




23F29753-D212-4121-844A-170C6769FA93
貼り終わったら余分なレザーをカット。





C60A5BD1-E3CF-44C8-93EA-7822072EC7EB
裏ができたらもう一度ひっくり返し、
飾り板をはめる段落ち部分を仕上げていきます。

中心を切り抜き、切れ込みを入れながら、
しっかり貼りこんでいきます。
指で押さえられない狭い部分は、内張り剥がしのようなもので
レザーに傷をつけないよう気を付けながら押さえます。


A4E273C9-8DC0-482D-8544-5900D4CFB93D
スピーカー側の段落ち部分も貼り終えたら、

CF317B2E-F904-4750-AF9E-A9C1BC0AFA88
余った部分をカットして完成。

次は内張り側の張り替え。


2555BE3C-8ECE-4646-9CEE-1825CFD82817
こちらは平らなのでサクッと


D85CD594-72A7-4E1D-9B2C-2A3652481E22
外周はどうせ隠れるので、小さくなりすぎないようにだけ気を付けて雑にカット。



9B58CEC2-6203-4504-AD6E-AB4B5DBC80A1
後はドアハンドル等の穴を切り抜き、組み立てたら
レザー貼りは終わり。


次回は残りの作業について書いていこうと思っています。