パタンナーのたまご

みなさま、こんにちは。

猛暑日が続いております。
先日、テナガエビを釣りに行きましたが暑さでそれどころではなかったです

暑さ対策必須です。


では、トートバッグの話に戻ります。
ようやく完成品のお披露目ができます!!!笑
PhotoGrid_1519718138514

実は去年くらいにこのバッグが猛烈に欲しかった時期がありました。
やっぱりこのサイズ感は良いです
PhotoGrid_1519718177255

腕を通して肩にかけるのであればもう少しハンドルを長くしたいところですが、とりあえず完成したので良しとします


バッグの両サイドです。
片側は耳で、片側は裁ち端にほつれ止め加工をしています。
PhotoGrid_1519718092256

この生地の耳はモサモサしていたので、見た目を合わせるなら両方ともほつれ止めがキレイだったかなーっと思いました

あともう一つ改良するなら内側ハンドルですね
画像の矢印部分のように所々隙間が空いてる箇所があります。
PhotoGrid_1519719409027

内ハンドル二枚と外ハンドル二枚を5mm幅のステッチで一気に縫ったので、外側が浮いてしまっています。

なので先に内ハンドルにコバステッチをかけておけば良かったな〜っと思いました

このハンドル部分はPPテープなど出来上がった状態の物を使う事が多いのでやってみないとわからないポイントでもありました。

実際縫ってみてわかった部分は改良点として次回の参考にもなりますので、またそれらを応用して良い物を作れたらいいなっと思います


ご清聴、ありがとうございました。






みなさま、こんにちは。

聞き飽きたかもしれませんが『暑い』ですね
夏の釣りに向けて体力作りも頑張っております!
炎天下に何時間もいるのでスタミナ大事です

話を戻します。
前回の続きからです。

ステッチ前のセッティングまで出来ていたので、今回はいよいよ仕上げていきます


まずは,離好謄奪舛任喉
PhotoGrid_1519709385653

矢印の方向にステッチをかけていきます。
白糸なので見にくくてすみません
後半に図解も貼り付けますのでご了承下さいませ

次に△離好謄奪舛任喉
PhotoGrid_1519709128615

こちらも矢印の方向にステッチをかけていきます。



図解で説明しますとこんな感じです↓
g03

太い矢印が,凌聞塋向です!
薄いですが細い矢印が△凌聞塋向になります。

,楼貪戞下まで縫って返し縫いで戻ってき、三角の先まできたらマチをステッチ。と言った感じです。



ステッチの出来上がり図です!
g02

撮影してもわかりにくかったのでこちらも絵にしてみました



ステッチはバッグの底、3cmくらいまでかけたら返し縫いをして完了です!
PhotoGrid_1519709543911


この底までステッチがかなり難しく、何かゴールの印などを入れておいた片が縫いやすかったかもしれません

試作品みたいな物なので次回への改良点ですね!


もったいぶるつもりはなかったのですが、長くなったので今回はこの辺で

次回は必ずや完成品をお届けします!!!


ご清聴、ありがとうございました。

















みなさま、こんにちは。

7月になりました!
2018年も半年が過ぎました!

早いですね

ではバッグ製作に戻ります。

途中にはなりますがサイズをお伝えしてなかったな〜っと思ったので載せておきます↓
g01


● 底布・・・横51cm、縦22cm

● 本体・・・横51cm、縦78cm

● 外側・・・横3cm、長さ116cm

● 内側・・・横3cm、長さ52cm

● マチ・・・16cm

(縫代分は含んでいません)

結構、大きめサイズです。
ノートパソコンは余裕でいけますね
あと、1泊旅行くらいならいけそうです


では、前回の続きから。

ハンドルがたたき付けれたら底布パーツをのせてたたきつけます。
PhotoGrid_1519438040540

たたき付けるステッチは矢印の部分にコバステッチをかけます。
PhotoGrid_1519649024739

ここまで出来たらあとは両サイドを縫い合わせて完成ですがこのサイドの縫い合わせが結構ややこしかったです


まずはバッグ両サイドを4.5cmずつ重なるようにセットします。
ピンだけではズレそうだったので重ねた生地の中心を仮止めとして押さえておきます。
(白糸で見にくくてすみません
PhotoGrid_1519710539677


一応、内側はこんな感じになってます↓
PhotoGrid_1519710775119


マチ16cmを測ります。
三角形の先がくる位置にチャコで印を付けておくとわかりやすいですね

あとはマチを折り返します。
この時、生地が厚くてプレスも利きにくいので手縫い糸で点止めしておくと後のステッチがやりやすくなりました


実際もこのセッティングにかなり時間を取られましたが、ステッチにいく前のセッティングの話で長くなってしまったので本日はこの辺で・・・


ご清聴、ありがとうございました。









みなさま、こんにちは。

ワールドカップが盛り上がっていますね
前回大会の時に東京にやってきたので、あれから4年。早いですね〜

では、本日はいよいよ縫っていこうと思います

本体の両サイドですが片側は生地の耳を使い、もう片側はほつれ止めを使用しました!
左右で少し変わりますがそれも味かな〜っと

まずはハンドルをたたき付けていきたいのですが、バッグの上端を処理しておかないとたたき付けれないので表側に向かって三つ折りステッチにします。
PhotoGrid_1519437014234

少し見にくいのでアップも↓

PhotoGrid_1519437111589

次にハンドルを作っていきますが、今回のハンドルは外側と内側の二枚構造になっています!
講習でもやっていない仕様なのでまさに応用編です
PhotoGrid_1518572024269


内側ハンドルは、下画像のような以前にカメラストラップを作った時のPPテープ等を利用しても良いのですが、柔らかくてクタッとしてしまうので同じ帆布の8号を二枚重ねて張りを出したバージョンで作ってみました!
Mar_20_2015_203


外側1枚、内側2枚で1セットです。

PhotoGrid_1519436368361

内側ハンドルは2枚重ねて1枚ですが両サイドのステッチは外側ハンドルもすべて一緒にたたくのでズレないように内側ハンドル二枚は仮止めしておきます。
PhotoGrid_1519436758677

まずは外側ハンドルをセットします。
ステッチは一気にかけるのでまだピンで止めた状態にしておきます。
PhotoGrid_1519437185027

外側ハンドルがセットできたら内側もセットしていきます。
内側は身頃に4cm重なるようにセットしますが生地の厚みで内径・外径差が多少が出てしまうのでセットしながら調整します。
PhotoGrid_1519437375759

セットができたら一気にステッチをかけていきます。
この時、一番生地が重なる箇所で9枚なのでミシン針も14番にしてゆっくり慎重に縫っていきます。
PhotoGrid_1519437528016

ステッチ完了です!!

PhotoGrid_1519438040540

果てしないステッチと所々厚みが異なるので糸調子を合わせるのにかなり苦労しました
しかし、ここまできたら50%は完成なので残り半分は次回にします!!!


ご清聴、ありがとうございました。

みなさま、こんにちは。

大阪でトートバッグ講習を行った際に仕様やサイズを変えると色々アレンジできますよ!
というサンプルを作ったのでそのバッグをご紹介したいと思います

今回はあるブランドのトートバッグを参考に作ってみました

もちろん、100%は真似できませんが・・・

そこはトートバッグ講習でもやった縫代始末だったり、ハンドルの取り付け仕様だったりを応用して作成していこうと思います!


さぁどうしてくれようと仕様を見ていると、本体のサイド部分が切りっぱなしです!
生地自体が密に織られてるのと何か特殊な加工が施されているのか。
とにかく厚くて張りがあり硬くてしっかりした生地でした。

裁ち切りにしないと縫代が重なってかなりゴツゴツするのだと思います
PhotoGrid_1518572178448

たとえこの生地が手に入ったとしてもこれを縫いきるミシンがないです

使うのは8号帆布とはいえ縫代などは極力重ならないようにしたいので、ほつれ止めを試してみました。
PhotoGrid_1518573575264

乾燥後、思っていたより硬くしあがり無色透明になったのでいけると思います!
ただ結構、量が必要ですね

ロックでもいいんですが、個人的にロックが表の見える所に出てるのはイヤなのでほつれ止めでいこうと思います!

ちなみにほつれ止めを塗った上からジグザグミシンも試してみました。
PhotoGrid_1518572739747

確実なのは確実ですがこれならロックでいいやろって話ですよね。笑



本番は塗布したすぐ横にステッチが通る予定なので、ほつれ止めのみでやってみます!
洗濯することもないと思うので

次回、縫っていこうと思います。

ご清聴、ありがとうございました。

みなさま、こんにちは。


梅雨に入り、雨でランニングが1週間程出来ていなくてウズウズしております。
早く梅雨明けしてほしいです・・・


では本題に。
以前に革で作成しましたタオルホルダー。

少しアドバイスを頂いたので改良してみました


革に切り込みを入れた今回のタオルホルダーですが切り込みそのままだと裂けてくるので切り込みの端に穴をあけるといいよ!

ということでやってみました

確かに革小物のカードを差し込む所など切り込みがあって端に穴があいています。
こちらは手帳のカード差し込み口ですが↓
PhotoGrid_1527587869521


アップにすると↓
PhotoGrid_1527587948945

切り込みの端に小さな穴があいています。

この穴がこれ以上は裂けないように止めてくれるという事ですね!

これは穴をあけるポンチが必要だということで買いに行ったのですが穴の大きさが0.5mmピッチであるのでどれが良いのか・・・状態でしたがなるべく小さいのがいいかなっと思い、今回は1.5mmの大きさの物を購入しました!
PhotoGrid_1527588158239

400円くらいで売ってました。
穴が大きくなると値段も上がるんですよ。笑


こちらが穴をあける前です↓
PhotoGrid_1527588042139

確かに2、3回使いましたがすでに切り込み端が弱っているように感じました。

そしてこちらが穴をあけた物です↓
PhotoGrid_1527588318125

1.5mmでちょうど良かったような気がします

これで切り込みの裂けは少しでも抑えられたと思います。

以上、革小物の改良編でした。

ご清聴、ありがとうございました。




みなさま、こんにちは。

ちょうどハットカスタムのブログを載せている時に生徒さんがご自身で作ったハットを持ってきてくれました

以前にハット講習を受けられた生徒さんです。

普段からよく帽子を被るという事でブリムの幅をもう少し大きくした方が私は好きです
など色々アドバイスをくれていた生徒さんです

PhotoGrid_1527587756513


生地は可愛らしいプリントです!!
私好みです


画像ではわかりにくいですがパターンも修正して、ブリムの幅も大きくして日除け率もUPさせてあります
これは講習前からずっとおっしゃっていました。笑


ブリム周りは綿の綾テープでパイピング始末されています。
縁も硬くできるしボロボロになってもテープを縫い変えれるのでいいですね


さらに隠し仕様があります!

PhotoGrid_1527587722636


後ろに日除けのツバが仕込まれていました!!!
少しでも紫外線を遮る徹底っぷりです!!!笑

首の後ろが焼けるのを防ぐために考えた仕様だそうです

ブリムと内側のテープを縫う時に間に挟んで縫われていました!


考えましたね!!!

また夏がくるので私も紫外線対策に実用的なアレンジを考えようと思います

おすすめはやはり紐をつけて風で飛んでいくのを防ぐ!
これですね
PhotoGrid_1528195462826

PhotoGrid_1528195518409

内側のテープと帽子本体に挟み込むだけなので簡単にどのタイプの物にも取り付けられます

お子様用には首に引っかかってしまうと危険なので考えようですけど
また良い案が浮かんだらご報告いたします!

ご清聴、ありがとうございました。










みなさま、こんにちは。

気温も上がってきてランニングが気持ち良い季節です!
先日も特別講習後に『気』の不思議な力を使った運動をしてたくさん汗をかきました
汗をかくって気持ちいいですね!!!

話は戻りまして、前回の続きです。

一番やりたかったパーツの取り付けは完了したのですが、ベルトループなる物も付けようと思います


パンツ作製の時と同じようにベルトループを作っていきます!
PhotoGrid_1524547476534

幅を決めたらあとは縫代を折り込んでステッチでたたいていくだけなんですが・・・
口で説明しにくいので図にしてみました!
7

裁ち端ロック始末より厚くなりますが、キレイに仕上がるので今回はコチラにしました


まずはベルトループの上側を取り付け位置と合わせて縫いつけます。
少し奇妙な形ですがパンツにベルトループを取り付ける時と同じですね!
PhotoGrid_1524547768887



上側が取り付けれたら、下側を取り付けます。
ジグザグミシンでたたき付けれたら一番良かったんですが、厚みがあったので今回は諦めて直線ミシンで何回か返し縫いをして縫い付けました。
PhotoGrid_1524547814284



あとはブリムを取り付けて完成です!
縫製手順は以前にもお伝えしましたので今回は省略いたします
PhotoGrid_1524548170097


こんな感じで使えたらいいな〜っと思ってます↓笑
PhotoGrid_1524547965655



また、ハット講習を行う機会があるかも知れないので興味のある方はぜひ

ご清聴、ありがとうございました。





みなさま、こんにちは。

昼は夏のように暑く、夜は秋のように肌寒い気候が続いています。
体調管理、しっかりしようと思います

では、前回の続きからです!


ハットのバンド周りのパーツが完成したので取り付けていこうと思います。

バンドの取り付け位置にパーツをセットします。

その前にバネホックを取り付けておきます。(凹の方のみ)

ホックを打つ時の力加減がイマイチまだコツを掴んでいないようで3回やりなおしました・・・
PhotoGrid_1522911580309



バンド&止めパーツをサイドクラウンに乗せます。

止めパーツを避けてバンドとサイドクラウンをコバステッチでたたき付けます。
この時に止めパーツは裁ち端から5mmの所でズレないように仮止めしておきます。
PhotoGrid_1522911987336



次に凸側のバネホックを取り付けます。

そのまま取り付けると内側で金具が直接、頭部に当たって痛いかなっと思ったのでバンドとサイドクラウンの間に納まるように取り付けました
PhotoGrid_1522912116459



とりあえずは部分的に完成です
PhotoGrid_1522912200553



ここまでは、思惑通りです。
レザークラフトをやるとカシメやハトメ、バネホックなど金属のパーツをよく使うのですが洋服や服飾雑貨でもかなり使われているので色んな種類を見て触って取り付けて。

レザクラでの知識も活かせれたので良かったです


次回、完成!?させたいです。笑

ご清聴、ありがとうございました。

みなさま、こんにちは!

今回もハットにプラスαしてゴールデンウィークに釣りに行ってきました!
実際は悪天候続きで被るというより首からぶら下げてる事が多かったんですけど・・・笑

前回、ハットアレンジでブッシュハットというバンドパーツをグルリ一周ベルトが付いている物を作ってみました!
このベルトの隙間に木の枝や葉っぱを差し込んでカモフラージュするというものです。

PhotoGrid_1489750964171

現在のハットにも名残として残るデザインですが実際、木の枝付けてカモフラージュする事なんて滅多にないんですよね・・・笑

熊に出くわした所で葉っぱ付けて隠れても手遅れですし


ということで、もう少しアウトドアでも使えてタウンユースな感じに変更してみました!

まずはサイドにしっかり挟める何かを付けようと思い色々探しているといいのがありました
PhotoGrid_1522909657207

大枠のハットパターンは有るのでこれに付け足していくだけです。
早速やってみました
PhotoGrid_1522910803367

太いキーリングなんかも挟めるように幅は2.5cm、長さは3cmに設定しました。
縫い代は下は1cm、他は全て5mmです。

生地を二枚重ねるとかなり厚みが出てブリムを挟んで縫う時に縫いにくいので、薄い裏地(一応、カモフラ柄♡)を使いました。
裏地は表より1mm小さく作り、表側からはみ出ないようにしています。

縫い代を折って二枚を外表に重ねてステッチでたたいていこうと思ったのですが、アイロン温度を低くしないといけないのと縫い代が5mmという事もあり、裏地になかなかプレスがかかりません!笑
PhotoGrid_1522910889088

なんとかプレスしてズレないようにピンで止め付けました。

表側からステッチをかけたので少しズレましたが4回やり直して1番良い出来のものです。笑
PhotoGrid_1522910957095


これでひとまずパーツは完成です!

長くなりそうなので次回!!

ご清聴、ありがとうございました。



このページのトップヘ