パタンナーのたまご

みなさま、こんにちは。

急に暖かくなったり、寒くなったり体調管理が大変です
師走ですが気を引き締めて残りの2016年を乗り切ろうと思います!!!

では、前回の袋縫いからの続きです。

縫い代から5mmの所を縫えたら縫い代をカットして、三角マチを裁ち落とします。
画像は外表の状態です。
なんだかこのくらいの厚地だといけそうなきがしてきました
BlogPaint

次に中表に合わせて出来上がり線を縫います↓(画像赤い点線部分)
BlogPaint

この時点で先に縫っていた裁ち端から5mmの部分は中にくるまれた状態になっています。
この裁ち端を完全に隠すために中表にして出来上がり線で縫っていくワケです
BlogPaint

生地が一番重なる箇所で6枚重なっているのですがなんとか通過して縫えました!
比べてみると・・・↓
PhotoGrid_1478600930844

成功ですね
ただ、下の画像の物はサイドも袋縫いになっています。
一番生地が重なる箇所でも同じ6枚重ねですがこの生地の厚みからいくと職業用ミシンではダメでしょうね
やはり両サイドはパイピングでくるむ布を薄手の物にする必要があります。

今回部分縫いに使ったシーチングもそこまで厚手ではなかったので、もう少し張りが有り自立するくらいのでギリギリ職業用でも縫える生地を選んで本番に挑もうと思います!!!

マチの始末だけ注目してやってきましたが、実生地を使って他の部分の仕様もお届けしたいと思います

ご清聴、ありがとうございました。

みなさま、こんにちは。

先週は雪が降ったりと大変でした。
高校が八王子にあるのですがガッツリ積もっていて靴もビチャビチャになりました。
東京に住んでいても雪用の靴も必要だなっと感じた1週間でした

話を戻しまして、トートバッグの底のマチ部分始末をやってみました!

シーチングは厚地の物を使用しました。

前回トートバッグを作った時に試しもしないで勝手に断念した厚手生地での袋縫いです!
BlogPaint

まずはバッグ両サイドを地縫いして袋状にします。

両サイド拡大画像↓
BlogPaint

両サイドも袋縫いにするとさすがにマチを縫う時に生地が何重にもなってサイドの縫い代を通過できないと思うので両サイドの裁ち端はパイピングにしようと思います。
パイピングも厚みを軽減したいので4つ折りではなく、綿綾テープを使って二つ折りにしてみました。

通過できない箇所↓
BlogPaint


扱う生地で仕様を変えながら、こうするとこうなると頭で先読みして考える。
0から物を作るのは大変ですね
毎回、言ってるような気がします・・・笑

早々と綿綾テープという副資材が必要なことも判明しましたし、縫製・パターン・副資材を考えて作る!重要です

次に問題のマチを作ります。
両サイドを縫った袋状の布を表にひっくり返します。
BlogPaint

出来上がり線とそれに対して縫い代を1.5cm付けます。
袋縫いなので先に縫い代から5mmの所を縫います。
BlogPaint

縫えたら縫い代の所でマチの三角を裁ち落としますが・・・
ちょっと長くなりそうなので続きは次回

ご清聴、ありがとうございました。


みなさま、こんにちは。

前回の金魚のキーホルダー。
紛失したことを意外にも心配して声をかけてくださる生徒様が多かったです。
優しい心使いありがとうございます

話は変わりまして以前に、お弁当入れを作ったのですが、ボロボロになってきました
あれは東京オペラに来てまだ半年も経っていなかったと思います。

ということで新たに作ってみようと思います!
2年前でしたし、前回よりもクオリティの高いもの。
あとは、バッグのマチを作った時の縫い代の始末にイマイチ納得がいってなかったので作り直しがてら、色々実験して前回とは違う仕様で作成しようと思います

お弁当以外の財布、携帯なども入れれたらいいなと思うので色々と調べてみました!

今年は縦長のバケツ型が流行るそうなのでそこらへんも意識してパターンから作っていこうと思います。
パターンと言っても直線の四角なのですぐに出来ると思います

イメージ画像↓
PhotoGrid_1477387458627

こんな感じで、縦に長くハンドルも短めなんですね。

まずはザックリ寸法を決めて、シーチングで形だけ作っていきます。
すぐに外してサイズ修正できるようにしつけ糸で両サイドを縫い、袋状のトワルを組みます。
マチの幅も同じようにしつけで止めて作りたい大きさに持っていきます。
修正は3回くらいでしたがしつけを外してサイズを見ていくだけなので早かったです!
BlogPaint

これで大枠は決まりました!
PhotoGrid_1477397117058

今回は12cmのマチを付けて高さ25cmくらいの物を作ろうと思います。
Scan0001



ここからですね!

大枠が決まったので仕様を考えてと副資材があるかの確認作業です・・・。
苦手です・・・笑

今回一番やりたかったのはマチの処理です。
BlogPaint

前回は裏地有なんですがマチの三角はカットしてパイピングにしたました。
個人的には厚みのある箇所のパイピングが苦手で、あまり綺麗に上がらないので嫌いというのも有りますが、今回は縫製工程も減らして縫いやすく綺麗に仕上げたかったので、画像下の袋縫いにしてみようと思います。

ただ、袋縫いにすると中がゴツゴツしてくるので扱う生地によっては無理な可能性もあるのでここはチャレンジですね

でもロックも使わないし、パイピング布もいらないし、パイピング布にアイロンする手間も省けるし、綺麗ですし試してみたいんです!!!笑

一度部分縫いで縫製工程を確認してみます

また次回。

次に作ろうと思っていたラグマット、後回しにしました
すみません・・・


ご清聴、ありがとうございました。

みなさま、こんにちは。

またもや喉をやられてしまいました。
うがい・手洗いは注意してやろうと思います

前回、赤パンツの不思議な力とその赤パンツのハギレを使って魚のキーホルダーを作ろうという所で終わっていたので今回は続きからです!

生地を裁断するとこまで出来たので縫っていきます!

アクセサリーパーツなどを扱ってるお店で簡単に手に入れることが出来るパーツを用意します。
(二つ入って100円くらいでした)
そのパーツと魚ちゃんを連結させるためにループも作っておきます。
BlogPaint

いよいよ縫い合わせですがその前にきちんとお目目も作っておきます。
お目目が出来たら綿を入れる部分だけ開けて縫っていきます。

この時にループ取り付け位置にループを挟んで一緒に縫っていきます。
あとで綿が出てこないように針目も細かめで縫いました。
PhotoGrid_1477388329088

簡単そうに見えますが難しいんですよ!小さ過ぎるので
全長は3cmくらいです。
人形の服を作ってる人ってすごいですね
BlogPaint

縫い合わせれたらひっくり返す前に縫い代がゴチャゴチャするので邪魔になりそうな所をカットします。
カット出来たらひっくり返してピンセットで形を整えて綿を詰めていきます。

なんか魚のハラワタを出してるようですね

開いてる箇所を手でまつって閉じます。

最後にキーホルダーのパーツと連結して完成です
PhotoGrid_1477388539847

ニットで伸びるし、小さいし思っていたより手こずりました。笑



このキーホルダーが完成して2日後に鍵と一緒にぶら下げていたのですが気付いた時には無くなっていました・・・笑
悲しい結末ですが何かの身代わりになってくれたんだと思います

たまにはこんなのも作ってみてもいいかな〜くらいの軽い気持ちでしたが紛失すると結構ショックですね。

次はラグマット作ろうと思います!!!

ご清聴、ありがとうございました。





みなさま、こんにちは。

連休中に風邪をひきました。
なぜかいつも連休になると体調を崩します
身体がダルいな〜っと思ったらやはり熱が出て3日程寝込んでいました。
皆様もお気を付け下さいませ

高校の文化祭も終わり、大変だった分、感動もたくさんいただきました。
皆様、ありがとうございました!

話は変わりまして先日、赤パン健康法という言葉を耳にしたので巣鴨へ赤パンツを買いに行ってきました!

赤パンツをはいてると運気が上がったとかは良く聞いたりしていたのですが、そういう話大好きなんです

早速、巣鴨でも有名な赤パンツの店に行くと『赤パンツの力』という説明書きがありました!

人体のヘソの真下3〜4cmの所に丹田(たんでん)というツボがあります。
PhotoGrid_1477388036240

この丹田のツボは東洋医学で『気』の発信地といわれる大切なツボだそうです。
どうやらこの大切な丹田のツボを刺激して『気』の流れを強くする効果が赤にはあるみたいです

昔からふんどしや腹巻に赤が使われていたのも何か関係しているようです。

ということで、丹田刺激計画が出来たのでレジへお会計しに行くと、私が関西弁だもんでレジのおばさまが観光客と思い面白いものをくれました。
PhotoGrid_1477388142695

この赤パンツのハギレを財布等に入れていても不思議な効果があるそうです。

アイデア作品などもチョロっとレジ前に飾られていたのですが、なんせハギレなので縦横5〜6cmくらいなので作る物も限られてきます。笑

ということで、キーホルダー作ってみました!

大好きな魚の形にザックリと型を作って生地を裁断しました!
PhotoGrid_1477388251886


縫っていこうと思うのですが、長くなりそうなので続きは次回

ご清聴、ありがとうございました。




みなさま、こんにちは。

今週は高校生たちの文化祭があります!
楽しみです

では前回の続きからです。

前回は甲の部分のパーツ、直接足の裏に当たる底のパーツ、その底のパーツと縫い合わせるウレタンパーツが完成したところまででした。

そこまでの画像がコチラです↓
PhotoGrid_1474622552981


イ海海泙能侏茲燭藜,縫Ε譽織鵐僉璽弔繁イす腓錣擦討います。

 (職業用ミシンで縫えるかな〜

 厚地設定で針は家庭用♯14で糸は♯60のシャッペスパンです。

 パイピングの縫い目と同じラインを縫っていきます!

 案外、普通に縫えましたただ、これ以上の厚さは無理そうです・・・
BlogPaint


Υ粟です!
 結構、思い通りにいきました!
 甲の部分のパーツの修正した箇所もカーブを緩くしたのでやりたかった直線ぽいラインになりました
BlogPaint


完成しましたが、生地、資材、芯などが変わると職業用ミシンが使えなくなる可能性もあります・・・。

しかし、実生地を使ってもう少しかかと辺りにもクッション性を持たせて新たに作ってみようと思います!

まずは良い底の部分になるウレタン探しからですね

今回も色々勉強になりました!
とりあえず完結です

ご清聴ありがとうございました。

みなさま、こんにちは。

本日はスリッパ作りの続きからになります!

解体したスリッパから縫製方法、手順、使っている資材などを解明してパターンを作成したスリッパのサンプルをシーチングで作ってみようと思います。

解明とかカッコいい言い方しましたが、いかに安く材料を揃えれて、いかに簡単に縫製できるかの実験でございます

まずは底のウレタンですが近所のホームセンターや手芸屋さんなど見て回りましたがなかなか見つからず、見つかっても極厚な物や硬すぎる物など、調度良い物が発見できなかったので解体したスリッパに使われていた底材を使用してみました!

サイズもキッズなので十分でしたし、150円で手に入った物です。厚さは7mmです。
(解体というのは手間ですが・・・笑)

.好螢奪冂譴離僖拭璽鵑鬟Ε譽織鵑両紊砲里擦謄ットしていきます。
 パターンの縁に印を入れてハサミでカットしたのですが切り口の断面がガタガタになりました。
 革と同じでカッターでやれば良かったです
 しかし、これも発見です。
 
 これで底のパーツはOK!
もう一枚、足の裏に直接当たる底と同じパターンの生地が必要なので裁断します。
 こちらも接着芯を貼っています。

 ドミット芯やキルト芯など少しクッション性のある芯を貼っても良いですね!
 またこの芯については詳しくお届けしようと思います!

甲の部分のパーツです。上下のみ中表で縫い合わせてひっくり返しています。
 ちなみに二枚とも接着芯を貼っています。

BlogPaint


次にパイピング始末ですが、パイピングの前に甲のパーツと底のパーツを仮縫いして止めておきます。
 今回はパイピングが7mm幅なので、くるんだ時に仮縫いが見えないように5mm幅で縫っておきます。

BlogPaint


ぅ僖ぅ團鵐阿魘瓦鵑破イ辰討います。
 パイピング布はバイアスで取り、底パーツの外周よりも長めに用意しておきます。
 
 パイピングの最後の始末は縫い始め位置より少し重ねて縫います。
 1cmほど残してカットし、底パーツの裏側に隠しておきます。

 これでウレタンと縫い合わせた時にこの裏側に隠したパイピングは見えなくなります
BlogPaint



いよいよ底のウレタンと縫い合わせですが、次回!!!

ご清聴、ありがとうございました。





みなさま、こんにちは。

今月の第三日曜日にリフォーム講習があったのですが、1回目は体型補正。

2回目に洋服のリペアなどやるのですが、タイムリーに生徒さんがリペアした作品を見せてくれたのでご紹介したいと思います

子供服のカットソーですが、海外ブランドの物で頭周りが小さく被れなかったそうです

その話を聞いて、昔販売をしていた時に 『兄ちゃん!これ頭が入らへんわ!返品できる!?
と頭が入らないカットソーを被って頭だけ襟ぐりから出して店に来たおばちゃんを思い出しました。笑

海外ブランドは結構多いですよね

話が反れてしまいましたが作品はこちらです↓
PhotoGrid_1476771095474

キャラクターのプリントがあったのでそのプリントを避けるようにハサミでカットしていったそうなんですが、デザインぽく仕上がってオシャレですよねー!!!

BlogPaint

裁ち端を3mm折り込んで裏側からバイアステープを重ねて叩きつけています。
考えましたね〜さすがです!
前にスナップボタンを付けて完成!!

子供服って見てるだけで可愛いですよね〜
私も何か作ってみようかな〜

結果的には折り込み分の3mmは左右身頃で縮んでしまいました。。。とおっしゃっていましたが着れない物が着れるように作り直すなんて最高ですよね

講習の内容とマッチングしたのでご紹介いたしました!

ちなみに私のプチリメイクしたパンツは半年経って色落ちも激しくなってきました・・・
PhotoGrid_1476771481738


以前は赤くなっていましたが、今は白っぽくなっています。
また染め直してみようと思います。

ご清聴、ありがとうございました。


みなさま、こんにちは。

先日、オペラに向かう途中でアントニオ猪木さんに道でバッタリ会いました
目力がすごかったです!!!

東京って感じですね


では、久しぶりにスリッパ作成に戻りたいと思います!

前回はスリッパの底のパターンを作成しました。

あとは足の甲の部分のパターンですが、こちらも解体したパーツから大体の数字を測ってパターンを作りました。
底パーツと縫い合わさる箇所は寸法を合わせて合印をいれて、とりあえず完成!
PhotoGrid_1471692551829


ということで、ひとまずトワルを組んでみました!

縫い代は7mmでそれぞれのパーツには張りを持たせるため一応、芯を貼りました。
ピン打ちすると浮いて形が見にくかったので、しつけで止めました。
本当は実際に使う資材でやるのがベストですが、とりあえず形だけみたかったのでシーチングで作ってみました!
(ちなみにサイズはキッズの18cmで作っています)
BlogPaint


足先を全て包むタイプにすると蒸れるのが嫌なので足先カットの修正と、デザイン的な話ですが甲の部分のパーツの履き口部分のカーブがきつくみえたのでもう少し真っ直ぐ見えるように修正しようと思います。

甲高の人は足を突っ込んだ時の空間はもう少しあった方がいいと思います。
パターン上で切って開いてやれば空間は大きくできますよね

BlogPaint


足先部分はカットすればいいだけなのですぐに修正できました!
カーブの部分はパターン上で直します!

今回は無難でベーシックな形にしましたが、この二枚のパーツで形は見れるので好きな形に色々できますね!!!

トワル組みの重要性と面白さを改めて感じました

次回はパターン修正からやりたいと思います

ご清聴、ありがとうございました。

みなさま、こんにちは。

台風が来ると言われたり、来なかったり。

昼間の気温が30度を超えたり、夜は寒かったり。

気候に振り回され、体調を崩されてる方も多いのでみなさまもお気を付け下さいませ。

10月期が始まりまして1週間ほど経ちましたが、今週金曜日のソーイングの初回授業の様子を少しだけお届けいたします

今期から新しく通われる方と、パターンを半年間勉強し、10月からソーイングもプラスで受講しているオペラ最年少の高校生と二名が初回の授業を受けてくれた様子です

二人の方はほとんどミシンに触ったことがないという話を聞いていたのですがまずは手縫いからなので安心してください!笑
PhotoGrid_1475842659092

生地の裁断の重要性を語ると、すごく丁寧に裁断をしてくれました感激!!!

裁ち端を揃えて縫うということは生地を切りすぎても、少し余らしてもいけませんよね

PhotoGrid_1475842943351

裁断が終わったらいよいよ手縫いです。

継続の方に星止め覚えてますか?と聞くと苦笑いでした。
初回授業でやりましたよー!!!!!笑
BlogPaint


ロックミシンの初体験もやっていただきました!
恐る恐るのロックミシン。早く慣れてカーブもスイスイかけれるようになりましょうね
PhotoGrid_1475843799014


来週からはミシンですね!
とりあえずスカート縫製を目指して頑張りましょー!!!

10月期もよろしくお願い致します。
ご清聴、ありがとうございました。

このページのトップヘ