パタンナーのたまご

みなさま、こんにちは。

台風も過ぎ、また暑い日が戻ってまいりなした。
まだまだ短パン着れます

前回の続きからです。

ファスナーと前股ぐり部分の縫製です。

前回、右前身頃に持ち出し&ファスナーを取り付けた所からでした。

今回はまず反対側のファスナーに見返しを縫い付けます。
BlogPaint

仝返しを出来上がった状態に置き、ファスナー縫い付け位置を確認します。
 この時に見返し端は予め縫い代幅でプレスしておきます。
動かないようにピンで止めておきます。

1本だと強度的に不安なのでコの字型に縫い付けます。
BlogPaint


次に見返しと左身頃を縫い合わせます。
BlogPaint

N側から見た状態ですが左身頃の中心側も股グリまで全て縫い代幅でプレスしておきま
 す。ファスナー止まりまで身頃と見返しを中縫いします。
っ翹イい出来たら表からコバでおさえます。

BlogPaint

ゥ灰个撚,気┐辛修ら見た状態です。
出来あがりに置いた状態の裏側です。黒い点々が見返しの位置になるので今はしません
 が後で見返しと持ち出しを赤い点々の所で縫い付けます。

いよいよ股グリを縫います。
BlogPaint

➆中心がずれないように確認します。
┷諺阿魃α阿両紊暴鼎佑討困譴覆い茲Δ縫團鵑覆匹撚,気┐泙后

最後に重ねた股ぐり部分をコの字で縫ったら前中心は完成です!!!

簡単に言うと切り込みを入れて裁ち端を隠すように身頃を乗せて縫う。という事でした



☆完成品☆

DSC_4460

DSC_4462

DSC_4465


お気に入りに追加です。笑

今回もパンツのラインや縫製など色々と勉強になりました
一回じゃもったいないんでもう一着、色違いを縫おうと思います!

ご清聴、ありがとうございました。








みなさま、こんにちは。

ジメジメしておりますが本日も頑張って参りましょう。

本日はいよいよ短パンを縫っていこうと思います。

生地は細コールを使おうと思います
Jul_18_2017_433

夏なのにコーデュロイ!?
と思われそうですがサマーコールビーチショーツと言って販売されてる商品もあります

元々はサーファーの日焼けした皮膚に対してコーデュロイの肌触りがちょうど適していたことから70年〜80年代のサーファーファッションには欠かせない生地だったそうです。

サーファーじゃないけど夏にコーデュロイでもなんらおかしくない!!!
という事で生地は決定しました

ポケット部分やヨーク部分、脇などはそれほど難しくなかったので今回は省きます

試し縫いをしといて良かった〜っと思った部分があります!
前の股ぐりです!
もうかなり考えました
答えは至ってシンプルでしたがこの〇の部分とファスナーを今回はお届けしようと思います。
Jul_18_2017_210


すでに完成した物が少しネタバレで見えてしまってますが・・・

脇も股グリも要は折り伏せになっているのですが、ファスナーが付くこの前股グリはどうなっているのか↓
BlogPaint

〇ち出しとファスナーを縫い合わせておく。

右前身頃はファスナー止まりから1cm下辺りで切り込みを入れ、切り込みから上側は1cm縫い代を裏側へ折り、切り込みから下側は7mmを表側へ折り込んでおく。

じつはこの△虜邏箸一番重要でした

あとは身頃と持ち出し&ファスナーをコバSTで上から下までたたいて取り付けます。
BlogPaint


ここまでで私の悩みはほとんど解決しました。笑
切り込みを入れるという事が頭になかったのです

続きは次回!

ご清聴、ありがとうございました。




みなさま、こんにちは。

短パンの気候ではなくなってきたような最近の東京ですが続けます!!笑

パターンが完成したら次は副資材集めです。

今回は特にこれと言って入手困難な物はありません。

○金属ファスナー(前明き部分)
○スレキ(ポケット袋布部分)
○アメリカンホック(CFベルト部分)

しかし!!!
ファスナーをみるとSCOVILLの文字が。
BlogPaint

古着界では言わずと知れたファスナーだそうです。

他にもWALDES・TALONなども古着にはよく登場するファスナーだそうですが、私もマニアではないのでそんなとこ全く注目していませんでした

でも、もう見てしまったので気になっちゃうんです
調べました。見つかりましたよ

SCOVILLやTALONに関しては現在製造されていないそうですがWALDES
は現在も製造されているとの事でした。

WALDESは1930年代のアメリカで実在していたジッパーブランドで、時の流れとともにフリーになっていた所『朝日ファスナー』さんが商標権を得てヴィンテージジッパーとして復刻したそうです。

エレメント部分はメッキを施してないそうなので使い込むとアジがでる。。。
まさに栃木レザーと同じじゃないですか!

さらに調べると朝日ファスナーさんのホームから購入できる事がわかりましたので、せっかくですし頼んでみる事にしました!
(しかも1本から発注できるんです!)

Jul_5_2017_888

BlogPaint


長さはもちろんですが、スライダーの種類エレメントの幅、素材テープの色止めの種類など細かく設定できるので発注してて楽しくなってきました!!!

ただ、見積もりを出してお返事を頂いてから発注になるので今回は2〜3週間程かかりました
興味のある方は時間に余裕を持って発注してみて下さい!

こだわり過ぎてきてしまいましたが、今回はファスナーだけ

資材も揃ったのでいよいよ縫っていきます。

ご清聴、ありがとうございました。

みなさま、こんにちは。

夏!なので短パンを作る事にしました!
もう夏も終わりそうですが・・・
普段は簡単に作れそうな物を多くお届けしておりますのでたまにはこんなのも

お気に入りの短パンの型を抜いてパターンから作ってみました。
古着屋さんで購入したのですが店員さんが言うには40年〜60年代の物だそうです。

お花柄がカワイイですが、どうもウエストがキツいのでこのウエストも一緒に修正してパターンを作成しました

後に気付いたのですがこのパンツ、レディースでした

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint


ヒップ周りがややふっくらした感じの、まーるいシルエットですね
パターンを引き、このパンツを調べることでレディースということが判明しました。
今回はそれだけでも十分、勉強になりました

言われてみれば着用時もポケットも小さいな〜、手がいれにくいな〜と思っていたんです
ウエストも私が太っていたわけではなかったということですね

修正は丈をちょっとだけ出して、ウエストをちょっと出して、脇線をちょっと直線ぽくしました。
股上の深さやシルエットもお気に入りだったので修正と言っても大胆な変更はしていません
BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint


トワルも両身で作って実際に着用して確認しました。

これで作っていこうと思います!!!

ご清聴、ありがとうございました。



みなさま、こんにちは。

連休に釣りに行くことを決めていたのでハットを作ってみました
炎天下では必需品ですね!!!


今回はたまたま歩いている時に出会った可愛い紐!?テープ?!をどうしてもハットのバンド部分に使いたかったのでアレンジしてみました

凄く簡単だったのでハット講習に参加された方もぜひやってみて下さい!
Aug_17_2017_686

画像上が今回バンドに使用したかった材料です。
通常のバンドと同じ手順で縫いますが、縫い代がないのでサイドクラウンの縫い代分1cmは開けて上端のみたたきつけておきます。


Aug_17_2017_407

バンドは下端を縫っていない状態なので下端をめくってクラウンとブリムを縫い付けます。


Aug_17_2017_965

縫えたらめくっていたバンドを降ろして下端にコバステッチをかけます。
以前にもお届けしましたので省略しましたが、この時に内側のサイズテープも一緒にステッチで押さえます

紐はサイズテープを仮止めする段階で一緒に挟んでおきます!


Aug_17_2017_925


バンドとサイドクラウンの接ぎの部分も縫い代が重なってゴツゴツするかなっと思いましたが縫い代カットをしなくても良いくらいに落ち着いてくれました!

あとはハトメを開けて完成
簡単にアレンジできました!!!


このハットを被り、荒れ狂う日本海に立ち向かってきましたよ
Aug_17_2017_370

分かりにくいかもしれませんがこのハット被ってます。

そして1匹も釣れませんでした・・・笑

今回は4日間、京都で釣りをしましたが惨敗でした。

釣り場まで山を越えなければ辿り着けなかったので道なき道を進むと、熊に出会い・蛇に睨まれ・ヒルに刺されて・鹿に見られたりと色んな体験を出来たので釣れませんでしたが楽しかったです

ボウズだったのはこのハットがダメだったのかな?

次はもうちょっとこだわってアレンジしてみようと思います。笑


ご清聴、ありがとうございました。


みなさま、こんにちは。

連休も7日間連続で釣りに行ってまいりました。
熊に遭遇したり大変でしたが・・・

釣り話はまた後ほど

では、前回のハンドメイドインジャパンのレポートの続きです。

今回もオペラの生徒様でコチラのイベントに出店された方がいらっしゃったので突撃してきました!


ファッション部門でエントリーしたみたいなんですが、オールジャンル部門に配置されたそうで探すのに苦労しました。笑


まずはお店全体を↓

Jul_31_2017_81


子供服とバッグ、小物のお店です


Jul_31_2017_612
Jul_31_2017_613 (1)











作品を作るときに一つ一つタイトルを付けているそうで、このドレスは『木漏れ日』

ウエストの帯を締めることで二つの表情が楽しめますね♫
よく見ると右の服と左の服とで少し色が違うので2色展開です♪

この作品もディズニーのお姫様のようなドレスで反応もとても良いです
という事です👌


次に壁一面に飾られたバッグです↓

Jul_31_2017_596 (1)


このバッグは京都の西陣織を使っており、実際に京都まで買い付けに行ったそうです!
すごいっ👌

Jul_31_2017_915


試しにバッグをかけさせてもらいました。

今の時期だと浴衣なんかに合わせて花火なんて見に行ったらオシャレですよね

『浴衣とかだけじゃなく、普段のカジュアルにも合わせて持ってほしい』

実際に持っているのを見ると確かに違和感なんてなかったです👌


あとは小物類です↓


Jul_31_2017_337



お店全体も夏っぽい雰囲気で清潔感のある仕上がりでした


手に取って見てくれるお客さんも多くリアクションは良いけど成約までは難しい・・・
という事でしたが、2日間参加されて何点か作品も売れたみたいだったので良かったです


実際、お話を色々聞いている時にも何組かお客さんが来ていました。
手に取って興味を持ってくれるだけでも嬉しいですよね〜

Scan0002


ネットの方には出展と同時に登録されたそうで、閲覧数などはまだ伸びていないみたいですがこのイベントに参加するだけでも十分宣伝になりますし、ネットでの販売を考えてる方は是非参加した方がいいと思います!!!

今回の総製作日数は生地の買い付け等も含めて4ヵ月程だそうです。

このHMIJ以外にもハンドメイドのイベントは増えてきているのでどんどん参加してみてください

またイベント情報なんかもお届けしたいと思ってます!


ご清聴、ありがとうございました。

みんさま、こんにちは。

今年もハンドメイドインジャパンに行って参りました。

Jul_31_2017_68


私自身は2015年から生徒さんのレポート等に行っていますが、2013年に始まったコチラのイベントも今年で5回目になるそうです。

Jul_31_2017_815

今年の入場者数などまだ詳細が出てないので細かいデータは分かり次第ご報告いたします!

去年は全体で見てもファッション部門が少ない印象でした。
あったとしても「Tシャツにプリント」が多かったようなそんな2016年でした


今年はファッションエリアも少し増え中衣料だとワンピース、重衣料だとコートやパンツ等もチラホラ見えたので去年よりは盛り上がっているように感じました!
Jul_31_2017_768
Jul_31_2017_929



ただ、圧倒的にジュエリー・アクセサリーが多かったです。
去年もそうでしたが去年よりも確実に増えているように思いました!


たまたま元オペラの男性にも出会ったのですが、その方が服もやっているけど今はほとんど石を磨いてます。笑
生産性がいいのと作業場所もとらないので今はそっち(アクセサリー)メインでやってます。
と言っていました


なるほど。だから増えてるんですね〜
でもライバルが多いアクセサリーより断然ファッションがチャンスだと思うんですよね


ただ、アクセサリーとTシャツやシャツ等一緒に販売されてる二刀流の方もいたのでそれはそれで提案しやすいしいいなーっと思いました。


エリアの大きさのトップ5(ブース数)
会場MAPを見た感じと実際に見に行って感じた大きさランキングです。笑

1位   アクセサリー部門

2位   バッグ・財布・ケース部門

3位   クラフト部門 (陶器・ガラス・木工)

4位   雑貨・人形・イラスト部門

5位   ファッション部門


という感じです。
チャンスですよね!?


あとはワークショップなんかも結構賑わっていました

Jul_31_2017_613

ナイロン?みたいな生地でバッグを作るコーナーです。
夏休みで子供さんも多く居ましたが、ミシン触ってバッグなんか作れたら本当に楽しいでしょうね〜
思い出作りにもなるし、物作りって本当に楽しいですよね!!!!!


あともう一つ!
関係ないですけどビールが高いっ!!!

以上です。

次回はこのイベントに参加されていたオペラの生徒さんに取材致しましたのでそちらをお届けします


ご清聴、ありがとうございました。


みなさま、こんにちは。

めちゃくちゃ晴れていたのに急に雨が降ったり、変な天気が続いていますが夏に負けず頑張って参りましょう。


では、前回からの続きです。

前回は穴開けの重要性に気付いたと言いましたが、もう一つ『コバ磨き』という作業の重要性にも気付きました。

縫いは前にパスケースを作った時にやりましたので今回は省きます
今回の完成形も、もうお分かり頂けたかと思います。笑

コバ処理やります!
Jun_9_2017_826

縫い合わせたら表と裏の微妙なズレが出てくるので紙やすりで削りズレを修正していきます。

ヤスリで削っているので勿論、コバはボロボロの状態ななります。
Jun_1_2017_82

このボロボロにトコノール(コバ処理剤)を縫ってウッドスリッカーでひたすら磨きます。
15分くらい磨きました。
こないだ作った時は軽く磨いて終わりでしたがコバ処理の重要性に気付いた今回の私は違いますよ!笑

Jun_1_2017_288


少し見えにくいと思いますが、違いをご覧ください。

石もそうですが革も輝いてくれるんですね

最後にイリスを縫ってコバに艶を出してコバ処理完成です!
Jun_1_2017_984

初作品より少し成長した私でした。

ご清聴、ありがとうございました。


みなさま、こんにちは。

ようやく東京もセミが鳴きだしましたね。
夏ですよ

今日は前回の続きからでレザーのパスケース、仕上げますよ!!!

カシメを打ったので、ドットボタンも打ちます。
Jun_1_2017_927

キリで印を付けてボタンがズレないように確認して打ちます。

話がはずれますが、カワという文字をこのブログで打つ時にいつも皮か革かで迷っていたので調べてみました。

皮→動物の原皮そのものを指す

革→人が身に付ける衣服や道具の材料として生まれ変わった皮を指す

なんか出世魚みたいですね

話を戻します。笑

久しぶりにやってみて思ったのは穴を開けるという作業の重要性でした。
Jun_1_2017_520

レザーボンドで二枚のパーツを貼り合わせます。
※あとでカードが入らなくなるので端に薄く塗るようにしてます。

前回のパスケース作りでもやりましたが菱目打ちで穴を開けるラインをかいておきます。
この線も重要ですね!
Jun_1_2017_346

一定間隔にするため、菱目打ちは穴を開けては一つ戻りを繰り返しズレないように慎重に開けます。
この時点で前回より意識ははるかに上です。笑

この穴あけ作業、もう一つ発見がありました!!!
が、完成してから気付いたのでまた今度お伝えいたします
やればやるほど発見がありキレイに仕上がる、パターンも同じだなーっと感じた今日この頃でした。

続きは次回!

ご清聴、ありがとうございました。


みなさま、こんにちは。

最近、レザークラフトの好きな生徒さんより、色んな作品を見せてもらいジワジワとまたレザーで何か作りたいな〜っと思うようになっていました。

私の初レザークラフト作品『パスケース』を久しぶりにじっくり見ると、味が出てきたというより汚れてきたな・・・と感じたので前回の革も残ってるし、約2年ぶりに作ってみました!!!
BlogPaint

デザインは同じですが使う革の色を変えたりちょっとだけオシャレにしてみました!
オシャレでしょ?

ただ、なんか物足りなかく感じたんです。
同じデザインだし、本当に欲しい色でもないし、作成手順も前回と同じだし・・・

デザインから新たに、革の事も前回より勉強してさらに新作を作る事にしました!!!

まずは革の調達から!

革も奥が深いという事は分かっていたのであまり深入りはしたくなかったのですが、買いに行ったお店で気に入った革を手に取ると『栃木レザー』と書いておりました。
値段も倍くらい違います

素人目にはしっかりとした”硬さ”くらいしか違いが分かりませんでした。

店員さんに聞くと『植物タンニンなめし』という加工が施されているそうです。

(※なめし・・・動物の皮を腐らないように、叩いたり・乾燥させたり・揉んだりして加工すること)

なめしも大きく分けて二つあるそうで一つが先ほどの『植物タンニンなめし』もう一つが『クロムなめし』というもの。

植物タンニンなめし・・・天然由来の植物の渋に漬け込み、じっくり時間をかける

出来あがりは、硬くて丈夫でハリ・コシもしっかりある。
脂分などを吸収しやすいので使い込むと深い味わいが出る。

クロムなめし・・・化学薬品を使い、短時間で仕上げる。

出来あがりは、軽くて柔らかく伸縮性に優れている。発色が良く、変色しにくい。
燃やすと有害物質が出るそうで近年問題になっているそうです。

やはり時間と手間がかからない分、植物タンニンなめしよりも安く手に入るのがこのクロムなめしちうことですね。

話を聞き、納得したので買いましたよ!
わくわくしながらで裁断もしましたよ!
Jun_1_2017_133

今回のデザイン的に最初にカシメで本体とベルトを止めておいた方が良いのでカシメも打ちました!

次回は縫っていこうと思います


あと・・・本日は久しぶりのOPERA釣り部です!!

最近、テナガエビ釣りにハマっていまして近所の河口によく出かけています。
なぜにハマったか語りだすと長くなるのでやめますが、針がしっかり口に掛かるのがザリガニ釣りなんかと全然違うのと、うまいんです!
Jul_18_2017_31

Jul_18_2017_915

大漁だったので塩焼きと素揚げにしました。
最高でした。

以上、久しぶりの釣り部でした。笑

ご清聴、ありがとうございました。

このページのトップヘ