パタンナーのたまご

みなさま、こんにちは。

水不足と言う事ですが、本当に雨が降らないですね。
洗濯物干してくればよかった・・・

では続きに参ります!
そうです。やっと縫い付けることが出来ます

やってみると案外簡単!

BlogPaint

まずは手縫いしていく箇所に菱目打ちで穴を開けていきます。今回失敗したな・・・っと感じたのはキワキワ過ぎる所に穴を開けたので後で何箇所か落としてしまいました。

コバステッチ感覚でやると失敗します。笑

ここで、またもやあると便利な道具、通称『馬』らしいのですが、簡単に言うと万力みたいなもので革を挟んで固定し手縫いがしやすくなる。というものです!

革職人でもないので、さすがに買いません。笑
でも縫いやすそうですね〜。

手に持ったままでも出来ましたが、写真に撮るのが難しかったので今回は撮影の時だけ彫刻刀で挟んでます。笑
気にしないで下さいね

BlogPaint

ちょっと説明が難しいですが、針は2本使います!
この糸通しも面倒なので、後に詳しく説明します。

必要な長さの糸を用意できたら、糸の両再度に針をセットして縫い始める穴に通し、右と左で同じきらいの長さになるように調節します。

 〆限Δ凌砲鯔イた覆犲,侶蠅膨未靴泙后糸はすべて抜ききらず、少し残しておきます。

◆ー,鳳βΔ凌砲蘯,侶蠅膨未垢里任垢、針が糸を通らないように,脳し残していた糸を手前に引いておきます。

 手前に引いて、空間が出来たら右側の針をその空間に通し、左の針と右の針と締めていきます。

この繰り返し作業です

同じ力加減で締めないとキレイなステッチができませんね

初めてなので色々苦戦しました。。。

練習、練習です!!!

次回は返し縫いをやりましょうかね〜。

ご清聴、ありがとうございました。





みなさま、こんにちは。

夏が近付くと、何もない田舎へ釣りがしに行きたくなります。
特に今のままだと、ボウズのままなんで・・・

話は戻りまして、いよいよ手縫いというところなんですが、なんと糸を針に通すのにも方法がありました

今回はそちらをお届けします。

単純にいつもの感じで穴に糸を通すだけと思っていました。
BlogPaint

,泙困牢に蝋を塗った麻糸ですが、このままだと太すぎて見た目から穴に通らないことは明確です
ですので、針を使って糸の先を強くなでるようにして、糸をほぐしていき、ボリュームを減らします。

▲椒螢紂璽爐鮓困蕕擦燭蕁▲乾愁乾修靴討い襪里任發Π貪戞∀垢鯏匹蟾みます。

BlogPaint

〇綫茲ら10cm程、離した箇所に針を刺し込みます。

∋紊梁海い討詈向に波縫いの要領で針を糸に差し込んでいきます。

糸先を針の穴に入れます。

BlogPaint

.ューっと画像の矢印方向に糸を寄せ、ズコッと抜き出す。

△海鵑粉兇犬砲覆襦

再び蝋を塗る

これで完成です!!!

二本針で平縫いしていくのでもう片方も同じように糸を通します。


全く初めてなので、革小物に振り回されています。笑

今日はここまで。

ご清聴、ありがとうございました。

みなさま、こんにちは。

梅雨入りしました。
バスタオルを節約して使っていますいやですね。梅雨

では、本題へ。

前回、カシメを打ちパーツ同士を取り付けました。

今回はパスケースが落ちないように、パスケースのフタ自体にバネホックを取り付けようと思います!

まずは以前にも少し紹介しましたが、バネホックのパーツです。
BlogPaint

凸側と凹側とパーツは2つと思いきや、画像の1番2番で取り付けたい生地や革を挟んで、プレスして止めつけます。

まずは凸側パーツから↓
革の取り付けたい箇所に穴を開けて、3番と4番で革を挟んだら前回紹介しました凹んでる打ち具をパーツのボコッと飛び出てる部分に当てはめてハンマーで打ちます。
BlogPaint


凹側も同じようにしてハンマーで打ち付けます↓
打ち具はボコっと出ているものを凹んでるパーツに当てはめて使います。
BlogPaint


本当はハンマーで打つ時も、下に専用の受け皿みたいなのを置いて叩きます。
(フタ部分などが潰れるので)
また手に入れたらご紹介いたします

出来上がった物↓
BlogPaint


外周にレザー用のボンドを塗り、下パーツと上パーツを貼り合わせます。
PhotoGrid_1464003837051


なんかそれっぽくなってきてませんか!?

ようやく手縫いですね

ご清聴、ありがとうございました。








みなさま、こんにちは。

暑い日が続いていますが、夜は寒かったりと体調管理が重要の気候です。

気を付けます


日焼けパンツの実験も終わり、また革小物に少し戻ろうと思います!

毎度、思うのですが革って本当に色んな道具が必要です・・・
やりたい事が増える分、道具も買い足さないといけないみたいな感じで

本日も裁断が終わり、縫っていこうと思っていたのですが、バネホックを付けるのでまた道具が必要になりました。笑

BlogPaint


以前に副資材編で紹介しました『カシメ』と『バネホック』ですが専用の打ち具が必要になります。
カシメ用は丸く凹んだ形状になっているので、直接ハンマーで叩くとカシメが潰れるのを防いでくれます。

仕上がりにかなり影響するのであった方がいいでしょう!!!

BlogPaint


はじめにカシメで止めておきたいパーツ同士を合わせ、穴を開ける。
スクリューポンチなどがあれば良いですが、また道具ということになるので桐で代用しました。

カシメの底のパーツを、革の裏側になる部分から差込みます。

革の表側からカシメのフタになる部分を被せて、先にご紹介しました打ち具をカシメのフタの部分にのせ、ハンマーで叩いて、カシメを潰します。

BlogPaint


表側にカシメのフタが。
裏側にカシメの底が。

これで革のパーツ同士が取り付けられました!

なんかそれっぽい感じになってきましたよー

次回はさらにそれっぽい!バネホックの取り付けをお届けいたします!

早く縫いたいところですが・・・笑

ご清聴、ありがとうございました。








みなさま、こんにちは。

ゴールデンウィークから3週間ほど経ちましたがどうですか?笑

実は、あまり自らは触れないようにしていたのですが、今回の連休ももちろん釣りに出かけたのですが、人生初のボウズでした・・・。

夏はリベンジして参ります!!!

話は戻りまして・・・

今回はプラスαということで、前回までお伝えしていた脱色したパンツを染める実験に最後の補足があります

まずはこちらの画像を↓
PhotoGrid_1461647881172

カラーストップ!
同じダイロン社から発売されている色落ち防止剤です!

染めの時の粉とは違い、液体になっております。

せっかく染めたのにまた色落ちするのも残念ですし、塩を入れたと言えどやはり心配なのでこちらも試してみます
BlogPaint

,泙困和仂櫃箸覆覦疥爐鮨紊播匹蕕靴討きます。

液体をお湯で溶かしておきます。お湯の温度は繊維表示に記載の最高温度で量は衣類が浸かるくらい。と結構ザックリな説明書きでした。

0疥爐魃嫗里貌れよく混ぜる。

この状態で15分間浸け置きにします。

染める時よりも時間も手間もかかりませんね

BlogPaint

そして、浸け置きからパンツを出した時、液体にかなり色が出ていました

染めたてということもあるのでしょうが、逆に色が抜けたのかと心配になりました

最後は影干しにします。
PhotoGrid_1461648076856

この時にパンツ自体の色は変わってなかったので安心しました!

ちなみに注意書きにこのカラーストップの加工をした衣類は日焼けしやすくなる。と書かれていたので、このパンツは一生、裏返しの影干し人生になります。

また洗濯の回数などで変化したか?など経過もお伝えしようと思います!!!


ご清聴、ありがとうございました。


みなさま、こんにちは。

暖かい日が続いております。
梅雨が来るのがイヤですね


話を戻しまして、いよいよ先日お届けした染色の実験結果発表です!!!

その前に、前回の陰干し画像で気づいた方もいたかもしれませんが、ダイロンのパッケージにも書いてる通り、染まりやすい素材と、染まりにくい素材があります。

ポリなどは全く染まりません。

なので、ステッチ糸にポリのものが使われていたら、ステッチ箇所は染まらないので、変に目立つようなら、注意した方がいいですね!
BlogPaint


ちなみに今回のパンツは綿98%、ウレタン2%のストレッチ生地でした。

では結果発表〜!!!!!!!!
BlogPaint


どうでしょうか?
大成功だとおもうのですが

色々調べると、元々生地をそめる段階で黒や紺はそのままダイレクトに染めるとムラができるので必ず下地は赤色で染色するそうです。

脱色した時に赤っぽくなっていたのはそうゆう事だったのですね

さらに、紺と黒は紫外線を吸収しやすい色なので日焼けも進み、同時に汗などをかくと汗の成分も変色に関係するみたいです。

本来はこの色落ちを楽しむみたいなんですが、私みたいに『脱色してる!こんなのはけないわ!』という方は是非、試してみてください!
失敗する覚悟で。笑

ちなみに、裾口も身頃と同じ綿98%ウレタン2%のリブ使用のジョガーパンツだったのできれいに濃い紺色に染まりました!
BlogPaint


プチリメイク、大成功でした。

ご清聴、ありがとうございました。

みなさま、こんにちは。

私事ではありますが本日、東京へ来て3度目の誕生日を迎えました
早いですね。

それでは本題に戻りまして、さっそく前回の続きから。

まずは、40度のお湯を6L用意し、そこへ250gの塩を入れてよく混ぜ、溶かします。
BlogPaint


この食塩ですが色止めの効果があるそうで難しく言うと、染料の水への溶解度を下げて、繊維に対して疎水性吸着するのを促進するため。だそうです。

簡単に言うと、リンゴを切った時に塩水に浸けておくとリンゴの変色を防げますよね?
おそらく、そんな感じです!笑

次にまたまた40度のお湯を500ml用意して別容器でダイロン(粉)とよく混ぜ合わせる。
このときにきちんと混ざり合っていなければ、ダマになって染まり具合にムラができるそうなのでよく混ぜます。

混ざったものを6Lの食塩水に入れ、さらによく混ぜます。

BlogPaint


よく混ざったら、いよいよパンツを入れていきます。

表に変なムラが出来て目立つのがいやなのでパンツは裏返しにして液に浸していきました。

ビニール手袋をして、よくも見込みます。(約15分)

そこからは45分間、浸け置きにします。(たまーに混ぜる)

45分後にパンツを取り出して、いろが出なくなるまで水で流します。

色が出なくなったら洗濯機で脱水し、陰干しにします。
PhotoGrid_1461284423296


ポケット袋布は白っぽいスレキだったのですが、ネイビーブルーに染まってますね
裏側なので気にしない!!

さ〜、どうなるでしょうか!
お楽しみに!!!

ご清聴、ありがとうございました。

みなさま、こんにちは。

徐々に徐々に暖かくなってきましたね
そこで先日、衣替えをしました。

すると・・・ショックな出来事が・・・

お気に入りの紺色のパンツが見るも無残な日焼け、色落ちを起こしていたのです
PhotoGrid_1461283792765


ポケット下から膝辺りにかけて、赤くそして白っぽく変色しているのがお分かりいただけますでしょうか?

以前にも紺色のパンツが同じとうな事になり、諦めていたのですが今回はお気に入りだったので、とりあえずネットで色々検索・・・

染めればいいんじゃない?みたいな話はチラホラ。

しかし、実際に成功したかどうかまでは曖昧な感じ。

周りに聞いても、染まるんじゃない?

しかし、実際にやったかどうかまでは曖昧な感じ。笑

そこで緊急企画と題しまして、百聞は一聞にしかず!失敗覚悟でプチリメイクの実験を行なう事にしました!

誰でも手に入れやすい染料、ダイロン。この子を使って実験します。
色はネイビーブルー。隣りはアメリカでのシェア率NO.1らしいRIT。
小さな手芸屋さんだとRITは置いてないので今回はダイロン!
ほかのも色々あるのでNO.1染料選手権もやってみたいですね
PhotoGrid_1461284141689


              必要なもの(パンツ1着分)

〇バケツ・・・6Lの水を使用するのでそれよりも容量の多い物。100均に8Lバケツがありました。

〇ダイロン・・・一袋

〇食塩・・・250g

〇ビニール手袋・・・混ぜ合わせる時に使用

〇混ぜる棒状のもの・・・混ぜれたら何でもオッケー。

これだけあればとりあえず大丈夫。

いよいよ、実験のスタートです

が、今日はここまでにします。笑

ご清聴、ありがとうございました。



みなさま、こんにちは。

気温も上がってきて気持ちのいい天気が続いてますね

では、本日は革の裁断をやってみようと思います!


前回、道具紹介で紹介しました革切り包丁ですが、今回使う革も1mm厚だったのでカッターで代用しようと思います。

生地はパターンを置いて針で止めてハサミで裁断していけますが、革はまず針が打てないですし、一度穴が開くとふさがることもないのでかなり難しいですね・・・

さらに裁断した切り口が斜めになっていると後に行なうコバ処理の時に断面が汚く仕上がります

まず、革にパターンを置いてパターンがズレないようにオモリなどで押さえておきます。
今回はパーツが小さ過ぎたのでオモリが置けなかったため、テープで貼り付けました!
直線だったので定規を置いてカッターの刃を垂直に立てて一気にカットしていきます。

角は丸くしようと思うのですが、とりあえず四角形に裁断します。
BlogPaint



では、角を丸くしていこうと思います

ここで登場するのが彫刻刀です!
彫刻刀は色んな刃先のものがあるので、刃先の丸い物を使って角を落としていきます。
革が厚くなると木づちなどで叩かないと角は落とせませんが、薄かったのでグッと押さえたら簡単に落とせました!
BlogPaint


この方法で型紙通り、革を裁断していきます。
PhotoGrid_1461285062523


以前にもお伝えしましたトコノールで毛羽を抑えます!
BlogPaint


コバ処理をかけて、縫っていこう!
という所ですが今日はここまでにします。
今回は彫刻刀がかなり使えるという発見をしました!

布帛やニットの生地もそうですが、裁断て本当に大事ですね!
数ミリの違いで出来上がりに大きく影響するので神経使います

ご清聴、ありがとうございました。

みなさま、こんにちは。

春、好きですか?

とゆうことで、私は好きなんです。

今回もパスケースの続きをお届けいたします。

道具のお話でしたが、最後になります。

5、ヘリ落とし

必要道具として書きましたが、今回は使いそうにないですね。
コバをキレイに仕上げるとゆう意味合いでは必要かもしれませんが、前回の革のコバ処理の時も使いませんでしたし今回もなしで大丈夫そう。

一応、ご紹介!革の角を削る道具です。↓
PhotoGrid_1458283928180

人によってはカンナ等で代用しているみたいですが。

あとは前回も使いませんでしたが、革切り包丁ですね!
前のはカッターナイフで代用しましたが、切断面が斜めになったりできれいにカットするのに手こずったので一度使ってみようかなーっと思います↓
PhotoGrid_1458283955175

歯の形がイチョウの葉型になっているものや色々ありましたがベーシックなもので。

パスケースの四つ角は丸い彫刻刀なんかも代用できるみたいなので色々試してみて一番良い方法でカットしてみようと思います!

これでとりあえずの道具は揃いました!

オマケで簡単な蝋の塗り方をちょちょっと↓

/道悗撚,気┐覆ら蝋を3〜4回紐にこすりつける。
BlogPaint


▲疋薀ぅ筺爾之擇乾かす。

さらに,汎韻犬2〜3回蝋を引く。

完成↓
BlogPaint

少しわかりにくいかも知れませんが、蝋を塗っていない方は毛羽立っています。

これで強度も上がり、糸の通りも良くなるのですね。

次はいよいよ縫っていこうかな〜。

今日はこの辺で・・・

ご清聴、ありがとうございました。

このページのトップヘ