パタンナーのたまご

みなさま、こんにちは。

東京都も緊急事態宣言が解除されましたね
解除されたからといって何をしてもいいわけではないですが・・・

新橋も徐々に人は増えてきてるように思います

出来る対策は行なっていこうと思います!


夏の釣り用として、動きやすいように伸びる素材で短パンを作ってみました!
今年は行け無さそうですが・・・

パターンは以前、布帛で作った時のパターンを少し修正しました(^^)/

上手く出来るか楽しみです



まずはバックポケットからです。

個人的にですけどバックポケットはパンツの顔だと思っています。

色んなブランドもジーパンのバックポケットにロゴを入れたりしているので重要なんじゃないかな〜っと思い、今回も綺麗に丁寧に縫い付けていこうと思います!
1

まずは生地の裁ち端が結構こぼれてくる素材だったので外周にグルリとロックミシンをかけます。

カットソーの伸びについてくるように、ロックのかがり2本の糸はウーリーに変えています。

ポケットのカーブがきつい箇所にぐし縫いをかっけます。(裁ち端から5mmくらいの所)

ミシンでもできますが今回はしつけ糸でやりました。
あとで外しやすいですしね

ポケット上端は三つ折りにすると生地が厚すぎるので今回は二つ折りSTにしました!
一本だとポケット口が伸びやすいので二本STにしました。
2

3


上端にステッチをかけれたらアイロンで縫代を折っておきます。
カーブ箇所はひとまず置いといて、先に直線箇所だけアイロンをかけておきます。
4


カーブはゲージを作り、カーブ箇所にあてがってぐし縫いの糸を軽く引っ張りながら、プレスしていきます。
今回はパターンを印刷するときにあえて少し厚手の紙で印刷したので、裁断出来たら縫代をハサミでカットし、そのままゲージとして使いました
5


あとは後身頃にたたきつけるだけですが、少し長くなってきたので続きは次回!

ご清聴、ありがとうございました。


みなさま、こんにちは。

今週より授業が再開しました!
約2か月程ぶりにみなさんの元気な姿を見れて嬉しく思います

まだまだ油断はできない状況なのでマスクの着用、手洗い、消毒等できる対策は怠らず続けていこうと思います!!!

今年のGWは帰省も諦め、『おうち時間』を過ごしました。

とても簡単な物しか作っていませんが・・・笑

相変わらず、マスクやアルコール消毒類は無いな〜っと思いながら、スーパーの中のドラッグストアをチラッと見ると、以前インフルエンザ対策として使用したことがある空間や物に付着したウィルス・菌を除去。たかかれた置き型タイプの商品の詰め替え用を発見しました。

4本も入っていたのでとりあえず購入しましたが入れ物ないな
という事で作ってみました!
PhotoGrid_1589269893868

両親が医療現場で働いているので、二つプレゼントしました。
気やすめかも知れませんが無いよりは良いかな〜っと
赤色の方がダブルステッチ。
茶色の方がベースボールステッチ。

新しい縫い方の練習にもなりました!また詳しくこちらのブログでもやろうかと思っています


既に過ぎてしまいましたが、母の日という事もあり、エプロンも作ってみました。
PhotoGrid_1589269942906

今流行っているらしい【ちょいエプロン】
私も全然知りませんでしたがどうやら紐の調節などせず、普通サイズよりも少し小さくてちょっと使いたい時に、サッと着て、チャッと用事を済ませる。みたいな感じのエプロンだそうです。

サイズも色々調べて、パターンも簡単なのでちょいエプロンの作り方もまたこちらのブログで紹介したいと思います!!


最後にOPERA釣り部特別編です。

無論、帰省を諦めたので釣りには行けてません。
地元の釣り仲間に聞いたら渡船屋もやってないし、漁港も7割くらい閉鎖されているそうです。

今年は我慢ですかね・・・

ということで、立派な包丁をプレゼントされたので魚を捌く練習をひたすらしていました。笑
DSC_2452

アジの姿造りです。魚の目が苦手な方、すみません。
ツマも作りました。笑
初めて姿造りに挑戦しましたが、初めてにしては上出来かと

魚って切り方で食感や味も変わるので色々勉強になりました。

そんな感じの2020年ゴールデンウィークでした。

ご清聴、ありがとうございました。

みなさま、こんにちは。

東京も4月に比べると少し電車の人も増えてきたかなっといった感じです。
引き続き、緊急事態宣言は出ているので出来る対策は徹底して行っていこうと思います!!

では、前回の続きです!
折り伏せも出来てカフスを縫い付けれたら、いよいよ完成です!!!


ボタンも元のシャツから拝借しました。
ちょびっと、リメイク?笑

白が元々持ってたシャツで黒が新たに作ったシャツの袖です。

PhotoGrid_1577172177777


第一釦まで閉めると、首が少し苦しかったので首回りも修正しています

_20200106_151950


衿も小さいし、レディスみたいですね

今回は比翼の仕様と折り伏せ縫いにフォーカスしてシャツを作ってみました。


去年作った物と比べるとやはり、年々綺麗に縫えるようになってきました。
当然っちゃ当然なのかもしれませんが折り伏せのコバ一つにしても知ってると知らないでは違いますよね・・・


毎日、勉強です!!!



ご清聴、ありがとうございました。






みなさま、こんにちは。

今回、緊急事態宣言の延長に伴い、5月7日〜開始予定でしたが5月18日〜に変更になりました。

詳しくはコチラをご覧下さいませ。


授業開始日 変更のお知らせ

どこにも行けないGWが終わりました。
私もギリギリまでは帰省し、釣りに行く予定でしたが色々な方に説得され今回は全て自粛することにしました

本当に悔し涙が流れました・・・。

釣りに行けず魚を捌く練習をしていたので、今回のOPERA釣り部は捌いた魚をご紹介する特別編を考えております。笑

僅かにいるOPERA釣り部ファンの為に

では、折り伏せの続きです!

前回、前身頃側の縫代が大きい方をプレスして、折り目にコバSTをかけた所まででした。
PhotoGrid_1577087931771


折り伏せ部分、裏側のアップです。
PhotoGrid_1577088053411


コバがかけれたら、プレスで後身頃側(縫代カットした方)を完全にくるみます。
ここからはいつもと同じで表側から指定の幅でステッチを入れていきます。
今回は7mmです。
PhotoGrid_1577088107314


カマ底付近の寄りの写真です。
裏側はコバを先に入れてるので糸の走ってる箇所が二本あります。

これで折り伏せ完成


縫代を後でカットした事に関しての感想

裁ち端を揃えて縫えてるし、カットも印を入れて切っているので折り込む時もスムーズで、何より縫い目に迷いがありませんでした!

デメリットはやはり切る作業が入るので少しだけ時間がかかる。
特殊ミシンじゃないので仕方ありませんが。


コバをかける方法に関しての感想

これもデメリットは1本多く縫うので少し時間がかかる。

しかし、最後の表側から7mmSTをかける時もピン打ちなしで縫えたのでかなり安定します!

袖山の時はカーブがキツイ頂上付近で縫代を折ると中でゴソゴソ余っていて縫いにくかったですが、これもステッチで押さえる事でかなり安定したのですごく縫いやすかったです!


結果、時間に余裕があれば、あと慣れていなければ両方ともやった方がキレイに仕上がります!!!笑


折り伏せのコバは昔の服にもよく見られるようで、今ほどミシンなどの技術が発達していなかった頃、実際に使われていたのかも知れないね〜。っと古着好きの先輩に教えてもらいました。


皆様もぜひ試してみて下さい(*^_^*)


ご清聴、ありがとうございました。

みなさま、こんにちは。

気持ちの良い天気が続いていますね


前回の続きいきます!!

今回は折り伏せ縫いをいつもと違う方法でやってみたのでそちらを

袖山で写真を撮ってみたのですがわかりにくかったので袖下から脇の一気縫いの方で説明いたします。
ということで、袖山は縫われた所からです。
PhotoGrid_1577087455197


縫代はいつも、くるまれる側の縫代は控えて付けていたのですが裁ち端を合わせて縫うことができないのでなんかズレてるな〜と感じていました。

量産ではないのでどちらが綺麗に縫えるのかな?と思い縫い代は同じ幅で付けてくるまれる側の縫代はカットする方法でやってみました。

縫代は控えていないので裁ち端を揃えて脇から袖下を縫います。
PhotoGrid_1577087542978

PhotoGrid_1577087623034

もちろんですが縫い易いです。笑

次に縫代のカットする部分に印を入れて後身頃側の縫代を半分カットします。
PhotoGrid_1577087698321


カットできたら縫代の大きい方を中縫いの線に合わせてプレスします。
ここからがいつもと違うところで、折れた長い縫代側の折り線にコバステッチをかけます。
PhotoGrid_1577087808282


ひと手間増えますが、これがかなり縫い易い!!!


ちょっと長くなってきたので続きは次回に!

ご清聴、ありがとうございました。

みなさま、こんにちは。

外出自粛が続く中、4月も間もなく終わりますね。
体感的にはすごく早く感じました。

私も家にいる時は工作をしていましてハンダゴテやピンバイス等、気付いたら色々購入していました。

気晴らしには工作も良いですね



では、さっそく前回の続きからです!

左前立てにステッチをかけていきます!
やはり全てぶち抜きの貫通ステッチよりも縫い易かったです
PhotoGrid_1576890472824


少しステッチがわかりにくいですが裏側はちょうど比翼を開いた所に縫い目がきています。
_20191221_101006


ここまで来たらあとは簡単♪
白丸印の箇所を口の字ステッチで押さえていきます。
しかし、今回は本番なのでステッチ前にボタンホールを開けた方が断然開けやすいので先にホールを作っておきます!
_20191221_101141


完成です!!!
PhotoGrid_1576890784297


いや、最後にホールとホールの中間にカンヌキ風ジグザグミシンをかけて完成です!

家庭用ミシンの運針を小さくしてジグザグモードで縫います。
厚手のときは無理でしたが、シャツ生地くらいなら余裕でした
PhotoGrid_1576890828115


これで比翼が全てみくるなくなったので中のステッチも見える事はありません
左前立てで見えているステッチは表側のみです!

比翼完成!!!

あとは折り伏せで試してみたい事もあるので引き続きシャツ縫っていきます!


ご清聴、ありがとうございました。




みなさん、こんにちは。

新型ウィルスの影響で東京アトリエのある新橋も驚くほど静かです。

私もストレスは溜め込まないように、人の少ない時間帯にランニングしています。

我慢の時という事で頑張って参りましょう(^^)/


では前回の続き、今回は比翼の前立て部分です!

以前にお伝えした縫い方と少し違う方法で縫ってみました!

左前立て・右前立て中縫い
PhotoGrid_1576887269006


三角切り込みをいれる
PhotoGrid_1576887347717


右前立て、ひっくり返して貫通ステッチ
PhotoGrid_1576887446944


ここまでは前回お伝えした部分縫いの時と同じです

次に左前立てです!
まずは端から山折りにしていきます。
矢印の方向に折ります。
_20191221_095308


次が前回と少し違う部分です!
一番初めの山折り→次に谷折り→さらに山折りの順番で折っていきますが前回はそのまま身頃に前立てを挟み込んで裏側まで一気に貫通のステッチでたたいていました。
_20191221_092807

ステッチをかけたのは、ちょうどピンを刺してる赤い矢印の箇所です。
見えにくいですが裏側にピンで掬ってる所が見えています。

これでも良いのですが裏に見えているステッチが安定しないのと、生地が厚くなるので少しズレたりしてしまいます

なので身頃を丸ごと挟み込む時に縫い代を谷折りした所に流し込みます。
_20191221_100410

白い矢印の箇所が流し込む縫い代になります。
☆印が同じ裏側の面になります。

裏側の比翼部分とホールを開ける部分は開いて、表側からステッチをかけます。
ピンを刺しているところがステッチの通り道です。
PhotoGrid_1576890407975

これで、縫う時の生地も薄くでき、比翼部分を閉じるとステッチも裏側ですが見えなくなります。


少し長くなってきたのでこの辺で・・・。

次回、縫っていきます!!!

ご清聴、ありがとうございます。

みなさま、こんにちは。

前回、アイロン台を綺麗に張り替えたので4月からも楽しく勉強しましょう!と言いましたが、LE・OPERAでも4月の授業を見送る事になりました。

皆様、お身体をお大事にお過ごしください。

詳しくはコチラのブログでご案内しております↓
新型コロナウィルスの影響により、5月開講になりました。"> http://www.leopera.com/pl/?p=9668


少し前のブログで比翼前立ての仕様の勉強としてラウンドカラーのパターンを作製していましたが、今回はそのシャツを縫ってみました(^^)/

前回と同じく、長くなってしまうので何度かこのブログでもやった箇所は省いていこうと思います


まずは衿ですが、縫製は特になにも変わりません。
ただ、初ラウンドカラーだったのでトワルをくんで入念にチェックしました!
_20191221_105127

衿の甘い、辛いも修正しましたがラウンドカラーと言っても、ほぼ台衿サイズくらいの小さな羽衿だったからか、意外とすぐにうまくいきました

_20191221_101606

先程も言いましたが縫い方は何も変わりませんが衿先が角じゃなくてカーブになっているので、地縫い後、縫代をカットしてひっくり返して形を整えるのもラクでした

いつも衿先にこだわってしまい、かなり時間をかけて角を作っていたのでそれを考えるとラウンドカラーはいいですね!!!笑

PhotoGrid_1576891150911

着用前に軽〜く羽衿の返りでプレスをかけると、着た時にすぐに馴染んでくれるます。

返りの設定に合わせて後中心で5mm程、前にいくににつれて徐々に返りを少なくする感じで3〜4mm程。
あくまで軽〜くです!

PhotoGrid_1576891206110

まだ身頃と縫い合わせていませんが、良い感じです

ただトワルをきた時に衿が小さくて、顔がデカく見えるのが少し気になりました・・・
顔がデカいのではなく、衿が小さいんですよ!?

今日はこの辺で。

ご清聴、ありがとうございました。

みなさま、こんにちは。

今週は授業準備ウィークでした。

明日31日火曜日は授業はお休みですが、入学受付や説明等は行っております。
(14:00〜20:00)

また何かございましたら東京校までお問い合わせ下さいませ。
(LE・OPERA東京校 03-5473-1519)

現在、4月期から気持ち良く授業ができるようにボディの修繕やアイロンカバーなどをきれいな物に作り替えたりしています!

まずは半年で汚れる物、第1位です。

アイロン台はほぼ毎日使うので水がこぼれてこぼれた所にアイロンをかけて焦げたり・・・
アイロン台2



そして第2位も同率1位でもよかったかもしれませんが、工業用アイロンの台です。笑
アイロン台1



そして第3位は鉄マンです。
立体になった物や、立体にしたい時に重宝する道具ですのでこちらもよく汚れます!
PhotoGrid_1585293671043



今期もお疲れ様でした!
4月からもよろしくお願い致します。

ご清聴、ありがとうございました。


みなさま、こんにちは。

いよいよ今期も3月30日の月曜で終わりです!
2020年4月期からもよろしくお願いいたします(^^)/

では、前回の続きからです。

前回は縫いも終わり、バネホックも取り付けれたのでコバ処理です!

コバ処理とは生地でいうところの裁ち端ですが、今回は特別な道具等も使わずいつも通りに磨いたので飛ばします

ただ、ヘリ落としを使ったことで本当に2度塗りの3分程磨いただけでかなり綺麗になりました
PhotoGrid_1582284740195



最後にメガネ留めゴムと紐を合体させて終了ですが、どうやって合体させるか・・・

ここで釣りで使う針をつい最近、自作した時のをヒントに結束してみました!

使うのはセキ糸という糸です。
DSC_2122

大型のブリなんかを釣る時のフックにも使ったりするのでかなり強度が高い糸です!


ちなみにヒントをもらった自作のフックです。右側の小さい方が私の手作りフックです。笑
グルグル巻いてるのがセキ糸です。
IMG_20191117_221940_877


こちらが実際にメガネ留めゴムと紐を巻きつけた物です。
結び方も釣り針と同じにしました
PhotoGrid_1582357930838


そしてついに完成しました!!!
PhotoGrid_1584751439180


バネホックを付けたのは紐を収納できるようにしたかったからです
バッグの中にそのまま入れると紐が他の物に絡まったり大変なので・・・
PhotoGrid_1584751498735


今回は全くのオリジナルデザインです!!
(探すと既にあるかも知れませんが笑)

久しぶりのレザークラフトは、やはり楽しかったです

ご清聴、ありがとうございました。






このページのトップヘ