パタンナーのたまご

みなさま、こんにちは。

4月期も始まりすっかり春になりました

春ですがお届けしていた冬用帽子のブログが中途半端になってしまうので、残り3回を一気見の方式でアップしております。

完成が気になると仰って下さっていた方、一気にアップしましたので、宜しくお願い致します

そしてこちらのブログ【パタンナーのたまご】はしばらくの間、休止致します。

再開は未定ですが、今後もホームページの講師陣スペシャルブログ【パタンナーズライフ】【マイブランド】より、色んな情報を発信していくので宜しくお願い致します!

みなさま、こんにちは。

今回は内側を完成させていきたいと思います!

とは言っても、縫製手順は表側と全く同じなので、ざっと説明でお届けいたします

内側は温かそうなのでボアを使うことにしました!
ボアなんて他で使うこともないので少しだけ欲しいな・・・と思っていたらオカダヤさんは10cm単位でネットでも買えたので助かりました。笑
PhotoGrid_1644630616902

ダーツは同じように割りにしますが起毛が凄いので、起毛も少しカットして平らにしました。笑
プレスもかけすぎると少し黄色くなってきたのでこれが正解かなと思います



手順は同じなので内側完成!!!
PhotoGrid_1644630656186

この厚み分も考えてパターンを作製したので子供には大きいですよ
と言われたりしましたが恐らくこれでバッチリなはず



あとはポンポンを取り付けて、
外側のフリースと内側のボアの外周を縫い、
どんでん口から引っ張り出して、
中綴じとどんでん口の始末をしたら完成です
DSC_6815

DSC_6814

DSC_6813




アゴのベルト部分はマジックテープにしようと思いましたが、フリースやらボアやらが引っ付いてボロボロになりそうだったのでプラスナップにしようと思います。

ちなみにプラスナップが手元に無かったので、止めた時のイメージです。
DSC_6815




ブログではタイムラグがありますが、2月には完成していたので良かったです

長くなりましたが【冬用の帽子】完成です。

冬の釣り用に自分サイズでもまた作ってみようと思います


ご清聴、ありがとうございました。




みなさま、こんにちは。

前回の続きからです!

切替を縫ったところまででした。

こちらの縫代もかなりボリュームがあるので片倒しはできませんでした。
シーチングのトワルでは片倒しにしていたのですが割りに変更です
PhotoGrid_1644046047321




プレスは思っていたよりかかりやすく綺麗に割れました
PhotoGrid_1644046105077

そして、ステッチをたたくかどうか・・・
縫代を安定させて、縫い目が綺麗なカーブになるのなら叩いてもいいけど・・・



論より証拠!!という事で縫い目から5mmのところに両方ともステッチを入れました。
上下で生地の色が違うので、糸の色も変えてます。
せっかくなんでね面倒臭いけど良い物作りたいじゃないですか
PhotoGrid_1644047956730




ステッチ有とステッチ無の比較です。
縫い目の上がりが全然ちがいますね!!!
これはステッチで叩いて良かったです
PhotoGrid_1644049594320

良い感じです



もう片方の切替にもステッチを入れて、右と左を縫い合わせます!
これもまた縫代が色々と重なってきてかなりゴツくなる箇所がでてきそうですね( ;∀;)笑
PhotoGrid_1644049928568




少し長くなってきたのでまた次回にします。

ご清聴、ありがとうございました。





みなさま、こんにちは。

前回は左右を縫い合わせた所で終了だったと思いますのでその続きからです!

左右を縫うとその縫い目の縫代、そしてダーツの縫代。
とかなり色んな縫代が重なってきます。

内側にも生地を入れるので少しでも薄くできる部分は薄くしておきたい

また、後に説明しますがこの左右の接ぎ目にステッチを入れる事を考えて少しでも縫いやすくしたい

そこで重なってきた縫代をカットしていきます。
PhotoGrid_1644803529941

写真は1か所しか写ってませんが、全てカットしました

ギリギリをカットすると引っ張られたときに裂けてしまう恐れがあるので注意が必要です



縫代がカットできたら次にステッチです。

前回の横の切替線にもステッチを入れると縫代が安定して見た目も綺麗になったので、今回も左右縫い合わせの接ぎ目から両方に5mmステッチをいれました。
PhotoGrid_1644803733841

こちらも見比べると一目瞭然です

ステッチを入れる前は盛りっとして菩薩様のような頭頂部になっていますが、ステッチを入れることでかなり綺麗な丸になりました!

シーチングの時点でも起きていた不具合でしたが実際使う生地ではどうなるかな・・・と思っていたので綺麗に出来てよかったです(^_-)-☆!!!



PhotoGrid_1644803785989

一応、横からの写真も。
まだ表側だけですが360度、思っていたより綺麗な丸になって良かったです!



PhotoGrid_1644804570490

ちょっと嬉しくなったので、気が早いですがポンポンも乗せてみました。笑
だいぶ形になってきました!
デザインもイメージ通りです

では、また次回。

ご清聴、ありがとうございました。







みなさま、こんにちは。

冬用帽子の縫製の途中ですが、2021〜2022年10月期も終了しました。

ということで、この3月末は4月期からの準備や片付けを行っています!

今期のセミナーは3月23日までです。3月24日〜31日は休講で見学が出来ませんのでご注意ください。休講中の申し込みやお問い合わせのご対応については下記を参考にして下さい。

東京アトリエ、月曜〜土曜日12:00〜20:00迄 ☎03-5473-1519



3月は生地講習と大阪で行われるクリエイティブホリデーの準備がありバタバタとしていました( ゚Д゚)笑


クリエイティブホリデーでは東京から『ボタンホール講習』を持ち込んで行います!

東京校では人気過ぎて2か月連続で行いました!!
その講習を大阪でも実施するのでその準備等もしています。

その時の講習の様子はコチラ↓
https://www.youtube.com/watch?v=2I-0rb9Gfio

こちらでお渡ししたボタンホールキットと何も変わりはないのですが、持ち込みになるのでモバイル用にする必要がありその量産に追われていました(*_*)笑


ジャケットのハトメホールがメインとなるのでウール・毛芯・スレキを3枚重ねて動かないようにしつけをかけていきます。
PhotoGrid_1648097419391

ひとまず参加者数より少し多めの25セット。
大変でしたが、こういう一定の作業は案外嫌いじゃないんです。笑

次に針や糸をモバイル用にするにはどうしたら良いか・・・
凄く悩みました

針を刺しておくフェルトを用意して小袋サイズに裁断。
台紙も用意して針は解決!

かがり糸や本縫い用の糸もボビンに巻き付けて解決!

PhotoGrid_1648097349868

PhotoGrid_1648097376361


なんとか小袋に収めてモバイル版ボタンホールキット完成です(^_-)-☆
PhotoGrid_1648097399230


こんな感じで学期末は色々と地味にやっています。笑

サクッと準備風景でした(^^)/


この後もアイロン台カバーの張替え等、汚れた物は綺麗にしていこうと思います!

みなさま、4月期からもよろしくお願い致します。






みなさま、こんにちは。

今週は寒の戻りのようで雨も降り、少し肌寒い日が続いております。
体調管理に気を付けて参りましょう(^^)/

いよいよ縫製です。

早く仕上げてあげないと冬も終わります

とは言っても、ブログとは多少タイムラグがあるので実際は既に完成しております( *´艸`)

扱いにくい生地でしたが・・・
フリースで帯電防止素材mのものだと思っていたらバチバチ静電気も起きて大変でした
_20220205_145848




まずは切替上パーツのダーツを縫っていきます。
ダーツには少しカーブをつけています。
シーチングの時よりは生地の柔らかさもあって、良くなると信じて縫っていきます
DSC_6738




ダーツが縫えた状態ですが、厚みが凄いです
片倒しだと一方が盛りっとしてしまったのでダーツの縫代中心をカットし、割りにしました!!
PhotoGrid_1644040661841




割りにできた所は厚みも分散できたので見た目も綺麗になりました
ダーツ先の方まではさすがにカットできませんでした。
カットはできてもフリース表面の起毛してる部分が割ろうとしても引っ付きあってなかなか割りにくく、苦戦しました。

表から見るとカットできなかったダーツ先付近もしっかりプレスするとエクボのようなものは消えてきれいになったので良かったです!
_20220205_150202




ダーツが縫えたら切替下パーツと上パーツを縫い合わせます。
裏地といいますか、内側はボアを使おうと予定しているのでロック始末はしません
PhotoGrid_1644043646569




ひとまず、片側完成です!!!
平置きするとしっかり立体になっているのがわかります
ダーツもたっぷり取りましたし、どうやら予想通り綺麗な丸い形に仕上がりそうです
PhotoGrid_1644043711821




少し長くなってきたので続きは次回!
もう片方は今回と全く同じなので省略します。

ご清聴、ありがとうございました。



みなさま、こんにちは。

春ですね
暖かくなってきました!!!

そして、いよいよポンポン作りも最終章になりました。
まさかポンポンにここまで尽力するとは・・・笑

まずは前回の反省より、5cmの毛足設定を3.5cmに変更しました!
これで、ほぐした時の立ち上がりは少し改善されるはずです。

少し大きいかなっとも思っていたのでちょうど良かったですが
PhotoGrid_1643589550551




次に巻き回数です。
50回のボリュームだと全然迫力がなかったので3倍の150回巻き付けました!
PhotoGrid_1643589588542

もはや中心で結ぶスペースが見えていませんが、ギリギリあったのでセーフです


あとは前回と同様の手順でほぐす所までやってみました。
_20220131_094224

一瞬、失敗か!?と思いましたが、私の勘違いはこの時点でポンポン作製は終わりと思っていました。
そうです。剪定という作業が必要だったのです

当たり前ですが150回も巻いたら下の方で巻かれた毛糸と上の方で巻かれた毛糸の毛足の長さは数cm以上も違ってきます!

もっと言うと、巻き付ける厚紙作製の時点で縦の幅を気にしていませんでしたが、縦の幅をある程度とった方が毛足にバラつきは出ず、カットした段階でもある程度は綺麗な状態になるということ。

やはり、色々と理由があるのだと。
甘く見ていただけに勉強になりました。笑


ちなみにこちらが剪定済の完成したポンポンです。
PhotoGrid_1643589717338

数ミリずつカットしてはほぐして、立たせての繰り返しです。

ちなみにその繰り返し作業の中で、結んだ紐を持って軽く振り回す。
この工程を間に入れると遠心力!?でフワッとっ仕上がりやすかったです!

オリジナルです。笑
周囲に気を付けて、是非ともお試しくださいませ

ということで、まさかポンポンにここまで考えさせられるとは思いませんでしたが綺麗に作れたので良かったです(^_-)-☆

次回は帽子を縫っていきます!

ご清聴、ありがとうございました。


みなさま、こんにちは。

気温も10度を超える日が続き、過ごしやすくなってきました

ランニングも気持ちが良いです


それでは前回の続きから〜
前回は細い毛糸を50回巻いたところまででした。

そうです。もちろん大失敗しました
その大失敗から目が覚めたポンポン作りの続きをお届け致します

巻き付けて中心を結んだ毛糸を厚紙から取り外し、輪っかになっている両サイドをカットします。
_20220131_093210

この時点でボリュームの無さに既に気が付きましたが、進めていきます。笑


両サイドがカット出来たものです
PhotoGrid_1643588922313

この毛糸をほぐして、見たことあるポンポンの形に整えていきます。


これはヒドいですよ
本当に自分が作ったのか・・・と思ったくらい酷かったです。

一応、上からと横からの写真です
これじゃ、頭も守れませんよ
_20220131_093235



しかし、失敗は成功のもと。

50回巻いたらどのくらいのボリュームになるのかも確認できました!

今回使用した毛糸では、5cmの毛足は立ちにくい事も判明しました!

これだけの情報を得て、次に失敗するはずがありません!!!笑



次回、ポンポン作製最終章です。

『本気』出しましたので、乞うご期待!!!笑

ポンポンも奥が深い・・・と思いました


ご清聴、ありがとうございました。

みなさま、こんにちは。

東京都の日の入り時刻が17:31になりました。

今週末は気温もグッと上がるみたいです!!!
春ですね(^_-)-☆


本日より、いよいよ実生地を使って縫っていこうと思います!

その前に!
頭の上に取り付ける『ポンポン』を作ってみようと思います

毛糸で作った玉のような物ですが、元々は船乗りが陸橋等の下をくぐる時に頭を守るための物として取り付けられていたそうです(*_*)

そしてこのポンポン作製を甘く見ていたので、少し濃いめにお伝えしようと思います。笑



まずは毛糸を巻き付けるために使う厚紙を用意します。
PhotoGrid_1643588437273

横幅は作りたいポンポンの毛足の長さ×2の幅に設定します。
今回は少し大きめの5cmに設定しました。
中心の赤い線はあった方が良いかなと思います。また後程

縦は毛糸が巻ければ良いか。と思い6〜7cm程にしましたが、この縦の幅も案外重要でした。
また後程。笑



次に巻き付けた糸を中心で結びやすいように3cmくらい厚紙をくり抜きました。
_20220131_093112

3cmに設定していますが最終的に毛糸が結べるくらいの余裕は必要なので狭すぎるのは良くないと思います。

そして中心の線(赤線)があると、巻いた毛糸を結ぶ時の中心の目安にできるので便利かなと
無くても大体中心が分かるという場合はわざわざ入れなくてもいいと思います。



スタートは結んだりせず厚紙の端に合わせて巻いていきました。
PhotoGrid_1643588753589

後で説明しますが巻いた両サイドはカットするので、端合わせスタートにしておけば大丈夫です。



そしてここからは本当にポンポン作りを甘く見ていたのでザっとみた作製手順通りに何も考えず50回程巻いてみました。

巻けたら中心を結びます。
この結ぶ糸も毛糸で結んでしまいましたが、もう少し強度の高い糸で結んだ方が良かったです
_20220131_093149

この巻きの回数は無論、毛糸の太さにより調整が必要でしたが本当に何も考えていなかったので、使用していた毛糸が結構細いものだったにも関わらず50回巻きした結果が・・・笑


ということで、続きは次回にします

ご清聴、ありがとうございました。

みなさま、こんにちは。

前回の続きからです。

ダーツ量やダーツの場所、結構重要だったのがダーツの長さだったような気がします!

タイトスカート原型をつくるイメージですね

ちなみに現状がこちらになります。
前回アシュラマンみたいと言いましたが、側面が平なので被ると頭の横に当たり、上は余るが横はギチギチになりました。
_20220201_171116



側面にゆとりが必要ですがこれ以上ダーツを延長しても今度はトップがどんどん尖ってくるのでさらに角張った形になります。

ということで、丸さとゆとりが欲しい側面に切替線を入れることにしました。
ついでに縦の寸法も多すぎたので少し小さくしています。
_20220204_142347



前から見るとわかりやすいと思いますが、切替線でダーツを取ることで側面にも立体が作られ、以前のものより丸くなり、頭の横に当たる事もなくなりました
_20220201_170422



あとはステッチを入れる事でどうなるかの実験も行ってみました!

頭頂部の接ぎ部分を縫代割りにして接ぎ目から5mmの所に2本ステッチを入れてみました。
(白糸で見えにくくてすみません)
PhotoGrid_1643702786251



割りにした縫代も安定して尖って見えていた頭頂部も丸く綺麗になりました!!!
_20220201_170829



ダーツにもカーブを付けるとさらに丸みは作れるでしょう

シーチングには張りがあるので実際に使うフリースだと、見た目はより丸くなるかなと思います。

あとはフリースで実際に縫ってみてから決めようと思います!

ということで、次回から縫製編です(^^♪

ご清聴、ありがとうございました。

このページのトップヘ