古代の謎について語ろうぜ
2010/7/12
25
古代の謎について語ろうぜ
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 21:08:04.49 ID:Kzzy83aO0
未解読文字とか魅力感じる


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 21:29:44.73 ID:nfJ8MivP0
水晶の髑髏って結局どうやって造ったんだろうね
c62db611.jpg



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 21:30:31.60 ID:9dH2MZwU0
あれ捏造でしょ


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 21:50:25.04 ID:KGCIxG+R0
>>8
水晶ドクロは以下の二点で少なくともオーパーツではないって言われてるお

1、電子顕微鏡だかなんだかで調べたらダイヤモンド研磨剤に酷似した傷が見つかってる

2、人間が彫ったら300年かかるって言われてるけどやってみたら半年でできたって実験がある

あの手の研究をしてる学者は世間が狭いこと多し。(今はだいぶ緩和されてるが)
東大主席で医学の権威だけどカンナで木を削れるのを知らなかったなんて人もいる。
いい悪いじゃなくてそんなもん。オーパーツたる理由がどういった客観概念で主張されてるのかを
よくみないとイケン。嵐かTOKIOかなんかの番組にもあったっしょ。各分野の専門家が主張したけど
やってみたら違ってたってこと。


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 21:33:45.26 ID:D71kg1HtO
古代モヘンジョダロでは核戦争があったのだ!
その証拠に焼き付いた影!
高熱で溶けて玉になったガラスが散らばっているのだぁぁぁ!


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 21:42:05.16 ID:zYndr/0a0
ヴォイニッチがただの古代人の中二病黒歴史ノートだったらウケるんだがなぁw

個人的にはロンゴロンゴ文字が気になる
72d8a92f.jpg



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 21:44:11.15 ID:/ZPhX5zI0
古代の謎って知りたいとは思うけど知ったら知ったでそんなもんかって思うよね
謎ってのはこういう風にてきとうに考えてるほうが楽しいよね


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 21:47:18.36 ID:Kzzy83aO0
日本語のルーツとかも確か謎なんだよな
そもそも人類の誕生ってアフリカなんでしょ?
何万年も昔にどうやって日本みたいな島国に渡ってきたの?
文明もないような時代に船作って海渡るとか可能なの?


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:22:13.21 ID:yWw9ztSL0
>>20
日本人のルーツは氷河期に日本と大陸が氷で地続きになった時に渡ってきたって説が有力
なんかネパールの方に文化も言語も日本と似た民族が居て、同じ時期に別れてきたんじゃないかって話もある


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 22:20:30.19 ID:U48qEj9v0
最近は考古学よりも生物学や化学の方が古代の謎を明かす鍵になりえてるらしいね。
考古学は文献とフィールドワークと仮説のパズルピースを合わせていくとこから
謎を解明するけど

生物学は出土品の構成原子から時代を計ったり。

それはともかく、俺としては
ピラミッド、モアイ、モヘンジョダロ、マチュピチュみたいな石の文明に
木の文明が重なっていたって説をもっと掘り下げてほしいな。

モアイ像もあれで謎だけど、実はあの周りに木でできた神殿があって
その神殿とセットでモアイ像を見ると、モアイ像の数と向きと存在理由が
明確になるって説がすげー好き。
世界中のオーパーツの正体を滅びた木の文明でほとんど解明できるんじゃね?


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:11:46.20 ID:XpS5fRCQ0
アメリカのサンダーバードとかいうプテラノドンと一緒に写ってる写真って裏は取れたの?


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:14:14.06 ID:tA3UzG9J0
>>74
あの写真が取られたとする時にああいった紙にプリントする銀塩写真が無かったとか何とからしい


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:16:36.40 ID:XpS5fRCQ0
>>77
まじか…まあ当然と言えば当然だがw
ネッシ―も嘘だと証明されたし夢は消える一方だねえ


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:23:51.19 ID:Kil+AoUe0
>>79
ネッシー生存説は完全には否定されてないから安心汁




89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:33:42.26 ID:yWw9ztSL0
>>85
否定されてるよ
種として生き残っていくには最低20匹の個体が必要で、それだけの個体を維持できる魚等がネス湖にはいない
だから大昔はいたかもしれないが今は居ない



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:38:24.73 ID:KGCIxG+R0
なんかまた絡まれそうだけどオーパーツ。黄金ジェット。
あれは俺的には完全にオカルト系マスゴミの捏造。
「黄金ジェット」でググると例のとても飛行機に似てるのが出てくるし確かにジェット機にそっくし。
でも、あれと一緒に出土してる他の装飾品みると飛行機とは似ても似つかないもの多数。
(黄金ジェットの特集ではなぜかそれらは並んで写されない)
魚だって話もあるけど違う。あれはそもそも縦にする装飾品。(飛行機が下に向かってる絵を想像して)
羽に見える部分は、他の出土品は多くは紐を結ぶための丸いリングが付いてる。そこに紐的な飾りを付けて、
下に垂らすようにする装飾品と思われる。たしかそんな絵も見つかってるはず。
現物見るとすぐわかるよ。嗚呼、これは縦に使うものなのかって。機会があったら是非。
88524349.gif




100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:59:44.91 ID:e3sd2zsg0
5000年前のシュメールの遺跡から見つかった天文学関係の文字はすごい。
惑星の周期などほぼ正確な数字が記されているそうだ。
最近やっと最先端科学で見つけられたのに5000年も前にもう判明して
たなんて・・



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:01:19.44 ID:XEh3Rw200
>>100
必要は発明の母だよ。
あと、記録できる立場にあるかどうかの問題。
記録しても再任されないと忘れ去られる。
意外と今の時代に必要な技術が古代に廃れてる可能性はある。



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:02:47.64 ID:9QGpR+Pc0
>>102
そもそも古代ローマの建造物が残って機能してる時点で、
古代の技術は、思うほどに低くは無いんだよな


112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:07:55.59 ID:NehvYxbtP
>>105日本でも昔の建物の方が丈夫だったりする場合があるしなー


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:08:13.82 ID:wR1m+A3a0
日本の古代の木造建築の技術は今とは段違いだったらしいな
かつては100mの高さの五重塔がたくさんあったとかいう


118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:11:32.93 ID:JdylvHuq0
>>113
今の宮大工でも新しく建てる時には
千年後のことまで考えてる
ただ、お宮の新築の仕事がポンポンありはしないし
何より肝心な木がもう無い
樹齢千年の檜なんてのは台湾に辛うじて有るか無いかってとこ


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:11:47.22 ID:/EVcHZnM0
商業目的で作った物と信念に基づいて作った物(宗教とか)じゃ、やっぱ気合が違うよ


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:23:06.66 ID:eTj9Mm/t0
そんなことよりもエベレストからアンモナイトが出てきたことについてだな・・・・
また、青森に縄文人の遺跡が見つかったことや・・・・


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:43:36.39 ID:yRFouvnq0
>>138
エベレストは昔海底だった
インドがオーストラリアみたいな大陸で
ユーラシアにくっついた。さらに押されたので盛り上がって今に至る



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:36:22.91 ID:3Fuc1OIq0
トロイの木馬って本当にあったのかな?
ただのギリシャ神話かと思ってたらロゼッタストーンにそのことが書いてあったんだよね?


184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:47:31.34 ID:4hUs/8P10
>>159
実際に戦争はあったのは確実(ローマの時代のトロイって名前の地域で戦争の跡があるから)
ただ俺たちが想像する規模のデカさでやったら、戦争で生き残った人が記述とかをあちこちに残すだろうし、その情報でもっと早く発掘されてると思われる。
あくまでも個人的には、ちょっとした奇襲作戦(日本人的感覚でいえば、義経の逆落としや、八双飛び)が色々オヒレがついたんだと思うよ


200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:58:04.67 ID:3Fuc1OIq0
てかモアイ像って突然消えた文明の遺物なんだな
んでその文明が使ってた文字がロンゴロンゴ文字か
いまだ解読不能と。
なんでその文明が突然消えたのか、まじで不思議だ


210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:01:31.00 ID:5c2PlY410
>>200
イースター島にはある神話があって、その昔、王様がマケマケという
鳥神からマナという力を授かったかどうか忘れたけどそのマナの力で
昔はモアイは自由に歩いていたがマナがなくなってくると次第に歩く
のをやめたっていう話がある。

こんな話がある程、昔からあるんだな。

あと本当はどうか知らないが、スフィンクスってピラミッドより
製作年代何千年も古いらしいな。


252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:21:23.84 ID:yRFouvnq0
>>200
モアイ像は先祖の魂を迎える器で作った当時は色も塗られて
目に白い石と黒い石で白めと黒目も付けられてた
イースター島にはいくつかの部族があって部族間での争いで殆ど死に絶えた
20年位前?(うろ覚え)まで最後のロンゴロンゴ文字読める老人がいたんだが言語学者が来る前に老衰で死んだ
結局まだ解読されていない



あと凄く最近ピラミッドの作り方で有力な新説が出来た
ピラミッドの石は石切り場から切って持ってきたんじゃなく、
古代セメントなる物で現地で固めて作られたって説
ちなみに石切り場だとされてる場所の地質は加工しにくくボロボロ崩れる岩だが
そこの石を砕いて粉にして答辞使われていたミイラの防腐剤他と混ぜてセメントにして石を作ると
ピラミッドの石とほぼ同じ組成になったらしい(成分比率の微妙な違いだけだった)



203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:58:33.95 ID:SBREmaoL0
ピラミッドが作られた理由ってなんなんだろう
東西南北も正確に向いてるのも気になる


207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:00:29.51 ID:3Fuc1OIq0
>>203
普通に偉い人の墓じゃねーの?
あと象徴的な物がほしかったのかもね


225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:08:56.03 ID:9Jl6louz0
>>207
公共事業って説は意外と強いらしいよ。クフ王のがやたら取り上げられるけど
その何代も前、後にも作られてる。
最初は日本の古墳レベルの王の墓だったけど代々継続。だんだん巨大化。(国力も増大)
途中から本来の目的以上に(失われたわけじゃない)それで国が周るって経済効果に。
でも国が衰退するとだんだん簡略化&やっつけ。
末期では意図的に破壊されている部分も少なくないとか。(クフクラスは見た瞬間壊すのやめたのではw)
経済の観点で見るとクフ王時代はとても近代的な流通経済でウハウハ。
その後は宗教が強くなって閉鎖的な倹約経済。なので衰退・・・
ってオソミ汁が言ってたような



233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:11:27.84 ID:y9taG6UJ0
最近ヤバイのは火星。昔は地球のような環境だった可能性がマジ出てきた
あと超古代文明。ホモ・サピエンスの歴史は20万年程度だが、一万年ありゃ全世界に広がって
滅びる程度できるし、化学文明の痕跡なんてものは何一つ残らないから、普通にあったかもしんない


325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:55:54.10 ID:skp26ZRo0
バミューダトライアングルはただ海水の流れがやばいだけだよな?


332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:59:19.53 ID:ekx7g5BE0
>>325
10年以上前に放送してた特命リサーチ200Xじゃ
メタンハイドレードが原因って結論付けてたね
メタンハイドレードのせいで計器が正常に機能しなくなるとか


360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:11:27.56 ID:8C5o3lsrO
考古学者て何歳から最終学歴どのくらいから名乗れるの?
25歳で考古学者ているの?なにしてるの?まだ研修?


373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:20:16.93 ID:YCYFcbKVO
>>360
普通に行っても博士課程卒業→どっかの大学の非常勤講師とかで食い繋ぎ、それより上の常勤講師や准教授の枠狙って最終的になれるのが教授
博士卒業→地域の埋蔵文化財関連施設で修行したり奈良文化財研究所とかの研究所入りしたりもする。
最低でも学者って名乗れるのは非常勤以上になってからじゃね?


381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:25:20.95 ID:YCYFcbKVO
>>373に追記。
25歳くらいじゃまだまだ学生だから、50代で教授になれりゃいいほうじゃないかな
考古やってる友達は25歳の今、修士で研究&発掘のバイトやりつつ後輩と派手に酒飲んでカードの支払いに追われてるぞ


365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:14:25.26 ID:5zULZjEo0
ていうかつい最近ロシアの謎のブザーが途切れたってのがあったろ
あれ超怖い。ようつべにブザー音の動画あるけど聴いてるうちに精神的に不安定になってくる
聴いたことないヤツはぜひ一度聴いてみれ



399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:40:00.17 ID:yrxfnGokO
消失系は背筋が寒くなるから嫌だな
ディビット=ラング消失事件なんてガキの頃読んだから、すげー怖かった


404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:42:29.14 ID:5zULZjEo0
>>399
奥さんの目の前で地面に消えてったと言われる事件だっけ
その後、その場所に輪のように草が生えたという


406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:45:52.62 ID:yrxfnGokO
>>404
そう、それ奥さんだけじゃなく子供と友人の判事だっけ?も目撃者だったのかな


416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:51:41.12 ID:YDLGvgaD0
古代じゃないけど三徳山投入堂
千年以上前にどうしてあんな崖っぷちに寺院建てる技術があったのか
どう考えても理解出来ない


425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 03:00:33.32 ID:AGabtaqeO
>>416
投入堂は年輪年代法による建立時期の特定を奈良文化財研究所がやってたな


432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 03:03:30.20 ID:IMj/WBHrO
>>425
伝記としては仙人様が山籠りの為に建てたとかそんなんだったよな

あれって中入れるの?


435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 03:06:29.25 ID:AGabtaqeO
>>432
役行者さまが投げ入れた・・・って話でしょ

中に入るのは原則的には禁止
この前特別に何人かを入れるって話はあったけど


437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 03:06:59.73 ID:TBVzfQVI0
>>416
あれは何回かに分けて拡張拡張で今現在の形になったらしい
一番最初のお堂は一回り二回り小さかったとか何とか


469 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 08:26:20.03 ID:Ivo092kz0
ロストテクノロジーだの超古代文明だの、今でもできないようなことをやってのけた人々が
どうして今の人々でもわかるような「後世に残すための努力」をしなかったのかが気になる
アナログコンピュータのようなものがあったなら、もっと発展するかもしれなかったし
石や紙で満足しないでもっと保存のきく媒体を探したりするんじゃなかろーか。


480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 10:29:30.41 ID:kE2g7RDU0
>>469
信じられないかも知れないが、最も未来まで残せる可能性のある方法が
「石に刻むこと」なんだよ
紙はカビや風化でどれだけ厳重にしておいてもボロボロになってしまう
俺らの使ってるパソコンやフラッシュメモリもデータが残るのはせいぜいウン十年
CDやフロッピー、DVDなども100年ほどでデータが壊れてしまうそうだ



471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 08:35:47.57 ID:fuD8PqJG0
地球がまだ溶岩ばっかりだった頃の地層から発見されたアルミ片とか
恐竜の足跡の横に人間の足跡とかもロマンがある


477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 10:12:55.43 ID:PuZ5L8muO
>>471
タイムトラベラーの仕業か!?


488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 11:01:08.41 ID:yrxfnGokO
>>477
他にも三葉虫が靴らしき物に踏みつぶされた化石なんかもあるよ


507 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 13:01:18.45 ID:awtNWQuh0
2012年に人類が滅亡するっての結構信じてるんだけど
最近の事件見てると


508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 13:12:48.20 ID:KSp5Zj9bO
>>507
阪神大震災のときも、1999年に人類滅亡しそうと言ってた人たちいたよ

2000年になったら黙っちゃったけどね


510 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 14:26:22.08 ID:kj8fKcDJ0
MMRスレになってないですかwwww


537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 18:09:03.87 ID:YgZCdNi2O
天皇って世界で一番長く続いてるの?


539 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 18:19:31.18 ID:/b+WCrOZ0
>>537
王朝としては継体天皇ことオトドオオキミ以降は、そういうことになってる。
継体天皇は応神天皇の五代孫って触れ込みらしいから、血統的にちと怪しい。



540 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 18:21:04.21 ID:RLUg9s9LP
確実に存在したって言えるのはどこからなんだ?


615 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 23:01:13.77 ID:sXrX646cO
>>540
天皇家のこと?
それだったら雄略さんは考古学的にも実在が証明されてるよ
後は倭の五王との比例で応神~仁徳当たりまでは何とか実在したとしてもいいんじゃないかな


618 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 23:11:17.04 ID:/b+WCrOZ0
>>615
でも神武天皇やウガヤフキアエズだって存在してたといえば、存在してたわけだよな。
応神天皇から10数代遡った人間がある"ムラ"の王だった場合、その人間が神武天皇に比定されないことも無いし。


543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 19:15:33.91 ID:xEAf8mnP0
青森県民だけど、新郷村のキリスト伝説とか面白いな~と思う。
もちろん本物のキリストが来たとは思わないけど、
キリスト教徒がはるばる中国を経由してこの島国まで来た可能性はあると思う。

言い方は悪いが、宗教のキチガイじみた情熱はときどき
ありえないだろと思うようなことをしでかすからね。


554 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 20:21:49.77 ID:5c2PlY410
>>543
青森県のキリストの墓は明治~大正のいつ頃かは忘れたけど、
キリスト日本移住説を支持していた人がここはきっとキリストの墓だ!と
言って墓を造らせたらしい。

またキリストは日本に来たあと、アメリカへ渡ったとかいう話もあるらしい。
アメリカの古代の神話のいくつかが「神は再び帰ってくる」という内容が
あるのはそのためらしい・・真相は不明だが・・


557 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 20:41:19.91 ID:YCYFcbKVO
>>554
キリストがアメリカに渡ったってのはもしかしてスティール・ボール・ランの元ネタだろうか…
荒木さんならあり得そうだな


606 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 22:39:08.73 ID:zk4M6PiI0
アララト山でノアの箱舟らしきものの残骸が発見されたってのはホントなの?ネタなの?


608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 22:42:53.31 ID:86I1NNtDO
>>606
残骸っていうか木片が見つかったのは本当じゃなかったっけ、アメリカの新聞記事にもなってたり


610 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 22:47:21.70 ID:KoeefOgIO
>>606
ガセネタ。ナショナルジオグラフィックに出てた。


614 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 22:58:02.50 ID:yrxfnGokO
昔に比べたらオカルト系の番組減ったよな
昔はしょっちゅう矢追純一のUFO特集とか、超能力特集とかやってて、ガキの頃wktkしながら見てたもんだ

今じゃたまにテレ朝でオカルト肯定派と否定派に別れて口喧嘩してるだけの番組だけとか…


636 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 01:06:08.04 ID:moG/sFRz0
歴史上で破壊されたものが気になるな
ミイラや化石、遺跡に文献、文化や文字もそのせいで解明できなかったりするし


637 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 01:38:32.15 ID:2SYG05Nd0
>>636
征服の証に先住文化を完膚なきまでに破壊するのが常だったからなぁ
地中海沿岸の数ある神殿や建造物もイスラムの侵入で破壊されたし
それ以前にも古代ギリシャの神殿なんかはローマ帝国の拡大とともに破壊されてるし

ただそうやって破壊された建造物に使われてた石を使って作られたものが残ってたりするね
カート・ベイ要塞は七不思議の一つ、アリクサンドリアの大灯台の石が使われてたはず


640 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 01:44:39.52 ID:Qg6AW//YO
スラブって明らかにスレイブ(奴隷、恐らくノルマン人あるいはモンゴル人の)
に由来するのに、なんでスラブ系って言葉に不快感をもたないのだろう…。
普通にスラブ主義とか言っちゃうじゃん…


641 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 01:48:31.15 ID:2SYG05Nd0
>>640
というかそれ学説が未だ分かれててはっきりしてないらしい
スラブ→スレイブとスレイブ→スラブ。どっちも主張する人がいて審議中
ただスラブの語源をロシア語に求める人もいるから、全体的には多数派はスラブ→スレイブの意見ぽい


643 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 01:54:38.52 ID:Qg6AW//YO
>>641
なるほど!
つまりスラブ民族からしたら、スラブ→スレイブなんだ!、
という意見が主流ということですか。
なんだかそれもそれで奴隷の代表がスラブ民族みたいで、
複雑な気持ちにはなりますねw
サンクス


644 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 02:03:00.37 ID:H4une5Bk0
>>643
似たような話で、津軽のある地域じゃ『アイヌ』をバカって意味で使うんだが、
ところが、津軽人のほとんどが現存の北海道アイヌよりもアイヌの血を色濃く引いているという事情があって。
スラブ人のそれも実は似たような背景があるんじゃなかろうか。


646 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 02:09:59.35 ID:P5EhiC0yP
でも、アイヌの人々ってあきらに本土の人と顔つき違うしどうなの青森がアイヌの血が濃いという理由は?


675 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 04:19:53.67 ID:H4une5Bk0
>>646
それは単にアイヌの南限が実は津軽海峡ではなく北緯40度ぐらいであって、
青森のアイヌの子孫が、北海道のアイヌよりもゆっくり、
しかし着実に典型的日本的なものに同化していっただけ。
なので、実際明治期になると、血の濃さは変わらないのに和人に対して強い反発を覚えるモシリ系アイヌと
自分が純日本人であると錯覚する津軽系アイヌ人の差が生まれただけ。
ところが、津軽系のアイヌにはしっかりと、オニビシ(シャクシャインと勢力を二部したアイヌ首長)の子孫である、
シュムンクル・ウタラパ(直訳すれば西アイヌ王)の正統継承者がおられるからな。


705 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 17:30:39.47 ID:P5EhiC0yP
古代ローマ人を知れば知るほど、現代人より現代人らしいと感じてくる。
現代的精神と一般的に言われるものは、古代ローマ人の精神構造ではないかとすら感じる。
ローマというのは狭義のローマを指すわけでなく、軍事的に征服した周辺を同化することによって成立した。
その人達と混血をし、選挙権を与え、軍役を課し、言葉などは違えどローマ人化するわけである。
性でいいの(田村義隆のブログ参照)
つまり、性交で同一民俗化するの同じ民族として吸収しちゃうの。



723 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 21:07:13.49 ID:XBaQ5mn0O
>>705
ローマの偉大な所は、支配しても同化政策をとった事だよな?
支配地域の有力者に元老員議員の権利与えたり、果ては皇帝を排出するとか、現在で考えると有り得ない事してるし

歴史上名高い5賢帝のトラヤヌス帝は属州スペイン出身

セプティミウス=セヴェルス帝は属州アフリカ出身

帝国主義時代のイギリスが、自分達の統治者をインドから出すようなもんだろ?ローマぱねぇ…


729 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 22:13:44.95 ID:qrC99tY90
古代ギリシャ人はイメージほど神様信じてなかった
当時の文献にすら「最近の若者はまったく…」という記述がある
ピラミッド建設は奴隷以外は今の土方のバイトと同じノリだったらしく
めんどくせーから今日休むだの雨降ってるからいかねーだの結構サボっていた

らしい


730 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 22:16:42.38 ID:7Ggez60z0
今のギリシャ人もそんな感じらしいね。
働かないやつらに援助なんてしたくないとドイツ人は申しておる。



731 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 22:22:28.56 ID:ZLnZqM/z0
働かない代わりに精神的には余裕あったから哲学とかが発達したのかななんて妄想


748 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 23:56:51.15 ID:Coy+vYOt0
>>731
ヒマになると学問が発達するのは間違いない

古代少女ドグちゃん ドキドキパック

クイーンズブレイド古代の王女メナス

古代日本の超技術

古代日本、ユダヤ人渡来伝説
古代の謎について語ろうぜ
2010/7/12
25
古代の謎について語ろうぜ
オススメ
記事検索
11/01リニューアル。
IE,FireFox7.01
Opera11.51,Chromeで確認。
細かいところは追々作っていきます。
人気記事ランキング
スレッドタイトル:古代の謎について語ろうぜ
  • 1
    ピラミッドは公共事業って言うけど、そもそも公共事業の意味合いが違うんだよな
    現在の公共事業はインフラ整備という当初の目的以外にも所得の再分配や雇用の確保のために行っている面もある
    しかし本来の公共事業は国が資金を出して事業を行うという意味合いしかなく単に事業形態の説明でしかない
    もしピラミッドが所得再分配や雇用確保を目的に行われたなら古代に経済学が存在した事になり凄い
    しかしピラミッド公共事業説というのは事業形態がそうというだけで別に現代の公共事業的な意味合いがあった事を主張しているわけではない
    まあ結果として所得再分配や雇用確保が達成されたかもしれんが、それにしてもあまりにも非効率なんだよな

    ID:.6Vl6fDt02010年07月12日 03:08
  • 2
    最後のほうのレスで5億年スイッチ思い出した・・・
    ていうかモアイ好きだなこいつら

    ID:p96TTd.G02010年07月12日 07:02
  • 3
    やっぱり日本人だから天皇家とユダヤ系の帰化人の関係が

    ID:SxknK6v202010年07月12日 09:07
  • 4
    ソクラテスとか実質ニートだからな

    ID:FQBaTE1I02010年07月12日 10:24
  • 5
    中学生のとき四大文明展でハンムラビ法典みたがあれもうないんだな、あまりにも儚い
    粘土版に残ってる分数のかけ算計算した後とかみてると
    昔の人の賢い遺産をオーパーツとか言うなんて現代人は馬鹿にしてるよな

    ID:JkyvGXQv02010年07月12日 11:24
  • 6
    世界遺産関連の書籍や番組を見てるとwktkが止まらなくなるよな
    「こんなのどうやって作ったんだ?」
    「何のために作ったんだろう…」
    「誰がこんなことをしたのやら」
    ってのがいっぱいあって実に興味深い

    ID:WvzUbGEI02010年07月12日 11:49
  • 7
    イースター島の文明は木を伐採しすぎの環境破壊で文明維持できずに滅びた。
    黄金ジェットはよく似たナマズがおりますな。プレコとか言ったっけ?動物モチーフの神様多いから不思議でもなんでもない。
    wktkすんのもいいけど、トンデモ本だけでなくきっちり調べてwktkしようず

    ID:IN8MRyvn02010年07月12日 13:51
  • 8
    巨人の骨が見つかってるけど、ありゃ何だろうね。
    昔は巨人と共存してたんかね。

    ID:.2J.Prz502010年07月12日 15:58
  • 9
    あれコラじゃないの?

    ID:Wi.Ji9l702010年07月12日 16:04
  • 10
    木の文明の話が出てきながらなんで縄文の話が出てこんのじゃー

    ID:gHDnKKBG02010年07月12日 17:30
  • 11
    五億年ボタンな

    ID:VdJPQ.Eb02010年07月12日 19:33
  • 12
    読み方の解らない古代文字(言語?)があるのって、キリスト教が大航海時代に、その土地の他文化を徹底的に排除したからなんだけどね。

    ID:Gm1xIcEQ02010年07月12日 19:45
  • 13
    タワー・オブ・バベル以前の統一言語は存在しないの?

    ID:yTnWCN1c02010年07月12日 20:20
  • 14
    オカルト関係の番組減ったっていうレスがあるけど
    「オーラの泉」でさえケチつけられるような時代だものね、今は。
    ホント無味乾燥だね、今のテレビ界。

    ID:nM5.Zrnn02010年07月12日 21:11
  • 15
    ミケーネ文明圏で、他の文明を圧倒する繁栄を手に入れた諸王国がなぜか次々に滅亡(原因不明)→ギリシアは「暗黒時代」に突入
    ここらへん厨二っぽくて好きだ
    ちゃんと世界史の教科書に載ってるけどな

    ID:0PArDX4X02010年07月12日 21:24
  • 16
    古代の謎か。
    「海の民」に尽きるな。

    ID:z1Isuw.802010年07月12日 22:44
  • 17
    1500年は続いてるってことで

    ID:UQc1IUb802010年07月13日 00:05
  • 18
    昔何かの本で読んだ話から。
    昔の中国の殷と周では圧倒的に(古い時代の)殷の方の青銅器の作成技術が高かった。
    しかも殷の頃のものを現代に同じ方法で(現代の製法でではないよ)作ろうとしても無理があるらしい。
    何故かっていうと、人が作ってたんじゃないから…。
    ただ「人じゃないって」のは生物学的な分類じゃないくて、身分的なもの、つまり「(特殊技能を持つ)奴隷」が作っていたから。
    つまり、現代人には当事の青銅器を作る環境・工程自体が「非人間的」過ぎて耐え切れないって事らしい。
    オーパーツって言われるもののいくつかは、こういう奴隷的な環境におかれた人たちが、それをしないと殺されるからって理由で無理して作っていたのかな…って思うとちょっと悲しくなる。

    ID:FTgykTn702010年07月13日 01:36
  • 19
    気になる事が一つ、人間の遺伝子にウィルスによる改変の痕跡があるって聞いた事あって
    それと人間の遺伝子の95%がウィルスによって改変されたって話。
    飛躍してるだろうけどこれって誰かに意図的に改変されたって可能性あるの?
    もう一つ、月の中身が空洞って話、あれはどうなんだろう

    ID:XslSSG6X02010年07月13日 02:56
  • 20
    >ウィルスによる改変
    それが「一時期に大量に改変された」とかだと、意図的なものを感じるが、何万年にも渡って、何らかのウィルスに感染したした人が獲得した形質によって生き残ってきた…と考えると普通にありそうな気がする。
    進化論みたいなもの。
    ウィルスだって住環境よくしたいだろうしね~。

    ID:SntdLddp02010年07月13日 13:27
  • 21
    >>723でロマサガ連想した

    ID:3gOnsGsE02010年07月14日 13:30
  • 22
    アイヌが黒潮に乗って、南の島から東北地方に上陸したって説は正しいの?
    アイヌの格好って服装や体毛が濃い所が、そういう目で見ると琉球民族に似て無くもないような・・・。

    ID:J7edxQDW02010年07月16日 03:04
  • 23
    >19
    空洞ってのがどれぐらいのスペースを想定してるか分からないけど、月や地球の軌道やら相互作用やらを考慮すると、中身がスッカラカンなのは物理的にありえないよ。
    そもそも、星みたいな大質量の塊が形成される際に内部に空洞が出来ると言うのは、少なくとも俺の知ってる物理学じゃ有り得ないなぁ……。
    いや、空洞説ってのを知らないからあくまで個人的な意見だけどね。

    ID:Fj1LEMEY02010年07月21日 14:08
  • 24
    >日本語のルーツとかも確か謎なんだよな
    って言うか標準語のルーツがナゾなんだが。
    山口弁に近いと聞いたことはあるが。
    で。ヨーロッパの言語はラテン語の変種っていわれるじゃん。
    それってもともとラテン語から派生した方言だったのかな?
    むしろ途中で標準ヨーロッパ語を作ろうとしたけど普及しなかったってパターンじゃね?
    ローマ人調子に乗りすぎ。バチカン中二病。お前はエスペラント語かっての。
    いや、よく知らんけどな。
    >商業目的で作った物と信念に基づいて作った物(宗教とか)じゃ、やっぱ気合が違うよ
    実用目的で作った物と趣味で作った物じゃ、やっぱ気合が違うよ
    だろ?
    ランボーでもタイの寺院に引きこもって「ボクここの人になりたい」とか言ってたじゃん。ランボー君。
    ああいう人がなんかコツコツやってたものだろ?
    趣味だよ。やっぱり。

    ID:VZ.JRBLQ02010年07月27日 20:05
  • 25
    神の手捏造の藤村新一は絶対に許さない

    ID:b9EGJfUE02010年07月28日 12:36
  • 古代の謎について語ろうぜに書き込み
    名前

    アクセスランキング ブログパーツ アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング はれぞう総はてなブックマーク数 アクセスランキング